広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「目標は、全国射精大会優勝」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 19:48:34.87 ID:pg3hfwgk0

~包茎高校入学式~

ワイワイ ガヤガヤ

女「ネーネー!みんなこの高校に入学したってことは、アレが目当てなんでしょ!?」

女2「あたりまえじゃない!ここに入学した女の子は全員そうよ!」

女3「あぁ・・・私も早く見たくてウズウズしちゃう~!」

女4「全国大会9回優勝、どんな女も惚れてしまう、包茎高校射精部!!」

女5「マネージャーになるのは私よ!」

女6「だめー!私ー!」

男「・・・・」スタスタスタ



引用元
男「目標は、全国射精大会優勝」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339843714/
3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 19:50:12.94 ID:pg3hfwgk0

チンポ-「なぁなぁ!そこのお前!俺の名前はチンポー!お前さっきの女の子の会話聞いてただろ!?」

男「・・・・」

チンポー「おいおい無視かよ~!なぁなぁ!お前もこの高校に入ってきたってことはアレが目当てなんだろ!?」

男「・・・・」

チンポー「包茎高校射精部!男のあこがれだもんな~」

男「お前、うるさいよ」

チンポー「えっ」



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 19:51:27.65 ID:pg3hfwgk0

チンポー「ちょ・・・なんだよいきなり・・・」

男「・・・・」

チンポー「俺は射精部に入るぜ!なんたって俺はこの部活に入って男になるんだ!」

男「・・・射精部、ね」

チンポー「あ、無理無理!お前の体系からして射精部は向いてない向いてない!」

男「・・・・」チラ

チンポー「貧弱な体してるお前なんて射精を何回もすることだって無理そうだもんな~」

男「で、そこの部室はどこ?」

チンポー「えぇえええ!!お前射精部入るのぉ~!?」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 19:53:17.77 ID:pg3hfwgk0

男「・・・・」

チンポー「やめとけお前!あの部活はつらいんだぞ!俺みたいに中学からしてる奴でもそうそう・・・」

男「・・・・」テクテクテク

チンポー「ちょ、ちょーい!どこいくんだよお前!」

男「腕試し」

チンポー「はぁあ!?まさかお前部室に行くんじゃ・・・」

男「・・・・」テクテクテク



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 19:54:38.38 ID:pg3hfwgk0

ガラララララ!

2年男子「なんだぁお前達は?」

男「・・・・」

チンポー「ボ、ボクたちは射精部に入部しようと思う人たちでして・・!」

男「あんた、部長?」

2年男子「なにぃ!?てめぇ・・・口のきき方はどうしたぁ!!」

男「これ予想だけど、あんた弱いね」

2年男子全員「!?」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 19:56:11.22 ID:pg3hfwgk0

2年男子「なんだお前・・・!」イライラ

男「タバコ吸ってる奴なんて、眼中にない」

2年男子「・・・本気でムカツクガキだな。そこまでいうんだったら、脱げよ」

男「・・・・」ヌギ

チンポー「やめろよ男!チャラそうに見えてもこの人たち本気で強いんだぞ!」

男「・・・・」

2年男子「勝負はノーマルに射精の飛距離対決だ。いいだろ?」

男「いいよ」

チンポー「どうなってもしらないぞ・・!」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 19:58:17.74 ID:pg3hfwgk0

2年男子「へへ、じゃあまずは俺からイクぞ!」シコシコシコシコ!

2年男子2「でたあ!男子の必殺技、テクニカルピストン!」

2年男子3「おいおい!いきなり本気かよw」

2年男子4「あいつ終わったな」

2年男子「うぉおおおおお!!!!」ドピュ

2年男子2「・・・飛距離、1メートル3センチ!」

チンポー「1メートル、、、3センチ・・!? 僕の倍は飛んでるぞ・・・!?」

2年男子2「ぎゃははは!勝負はついたな小僧!」



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 20:00:01.58 ID:pg3hfwgk0

男「・・・・」

2年男子「さぁーて!次はお前の番だ!」

2年男子2「どうせ負け決定だけどw」

男「・・・・」シコシコシコシコ

2年男子3「へえ。格好だけは一丁前じゃん」

男「・・・・っ!」ドピュ

2年男子2「・・・飛距離、1メートル3センチ」

2年男子「ほお。俺と同じとは少しはやるようだな。2回連続は当然できるよな!?」

男「・・・・」

2年男子「できると解釈するぜ。2回目イクぞ!」シコシコシコシコ!!



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 20:02:58.29 ID:pg3hfwgk0

2年男子「うぉおああああああああ!!!!」ドピュ

2年男子2「・・・98センチ!」

2年男子「くっ!さすがに連続だと飛距離は落ちるな・・」

2年男子3「お前の番だぜ」

男「・・・・」シコシコシコシコ

チンポー「(たのむ・・!)」

男「・・・・っ!」ドピュ

2年男子「何センチだ!?」

2年男子2「・・・98センチ・・です」

2年男子「・・・なに?」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 20:47:21.06 ID:pg3hfwgk0

2年男子2「また・・・同じです・・・」

2年男子「ば、バカな!偶然に決まってるだろ!正確に飛ばすなんて部長ぐらいしか・・!」

男「そろそろ本気出していい?」

2年男子「!?」

男「あんた、弱いよ」

2年男子「・・・ふざけんなよクソガキがあああ!!!!」シコシコシコシコ!!!!



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 20:48:07.60 ID:pg3hfwgk0

2年男子「うああああああああ!!!」ドピュ!!

2年男子2「1メートル15センチ!」

2年男子3「うおお!さすが男子!自己記録たたきだしたぞ!」

2年男子「どうだ貴様・・さすがにこれは・・・ !?」

男「」ドピュ

チンポー「・・・1メートル16センチ! やった・・・!勝ったんだ僕たち!」

2年男子「な、、なんなんだ貴様・・・なんなんだよ・・・」ガクガクガク



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 20:49:36.52 ID:pg3hfwgk0

ガララララ!

鈴木「ウーッス。ん?どうしたんだお前ら」

2年男子「鈴木先輩!助けてくださいよ!」ブルブル

鈴木「なんなんだお前ら~、お?新入生か?」

男「・・・・」

チンポー「は、初めまして!名前はチンポーといいます!中学は射精部で精をだしてました!」

鈴木「元気のいいやつだなお前は!・・・けどいけすかない奴が1人」

男「・・・・」チラ

鈴木「怖い目しやがって~」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 20:50:47.10 ID:pg3hfwgk0

2年男子「あいつなんです!調子こいてる1年坊主!」

鈴木「まあたしかに生意気そうだけど、俺はそこまでムカツキはしないけどね。むしろ好きなタイプだわ」

男「・・・鈴木先輩、勝負しませんか?」

チンポー「ば、バカやめろ!射精部3年の先輩は今までのレベルと違うんだぞ!知ってるだろお前ぐらい!」

鈴木「へー。お前、俺の実力わかっていってんの?」

男「はい。俺より少し弱いぐらいですね」

2年男子全員「~!!」



31:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 20:52:20.37 ID:pg3hfwgk0

鈴木「はは!いいねーお前みたいなやつ!最近こういう奴いないからな!」

男「・・・・」

鈴木「いいぜ、勝負してやるよ。同じ飛距離でな」

男「先輩。ここは『5分間で何回射精できるか』に変更しませんか?」

2年男子「てめぇ・・!鈴木先輩の専門競技だぞそれ・・!」

鈴木「おいおい、時間内に何回射精できるかは俺の得意分野だぞ?」

男「言い訳されると嫌なのでね。やるからには徹底的にしましょうよ」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 20:54:16.54 ID:pg3hfwgk0

チンポー「で、でわ・・・5分間で何回射精できるかを致します・・・」

鈴木「」ヌギ

男「」ヌギ

チンポー「レディー・・・ゴー!!」

鈴木「イクぞ!」シコシコシコシコ

2年男子「鈴木先輩いけー!」

2年男子2「先輩はなぁ!俺達にはない才能があるんだよ!こんな1年に負けるわけがねえ!」

鈴木「おら!」ドピュ!

2年男子「まずは先輩が1発目!時間は15秒!いい出だしだ!」

男「っ!」ドピュ!

チンポー「男も負けてない!」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 20:55:45.74 ID:pg3hfwgk0

鈴木「やるなぁお前!いうだけあるぜ!」ドピュ!

男「・・先輩もね」ドピュ!

2年男子「すげぇ・・・あれから3分たったけどお互い14回も出してるぞ・・・」

鈴木「(ちっ!そろそろチンコがこすれて痛くなってくるな・・)」シコシコシコ

2年男子「なんてペースが早いんだこの2人・・・まるで決勝戦みたいだ・・」

男「くっ・・!」ドピュ!

チンポー「男が一歩リードした!」

鈴木「させるかよ!」ドピュ!

2年男子「先輩が負けるわけねえ!!」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 20:58:17.57 ID:pg3hfwgk0

鈴木「(くっ!きたかついに・・)」

チンポー「あぁ!4分間ずっと手を動かし続けてきたから疲労で先輩の手のスピードが落ちてきた!」

2年男子「先輩!!!」

鈴木「(それはあいつも同じことだろ・・・!)」シコシコ・・・

男「ねえ、そろそろ本気でいっていい?」ドピュ!

鈴木「なにっ!?」

チンポー「なっ!?嘘だろぉおお!?遅くなるどころか男のスピードがあがってるぞ!!」

2年男子「ば・・化け物かあいつ・・」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:03:49.22 ID:pg3hfwgk0

男「・・・」ドピュ

鈴木「(しゃーねーな・・本気なんて1年には出したくなかったけど・・・)」キュィィーン

2年男子「あ、あれは!?」

キャプテン「やめろ鈴木」

2年男子「!?」

チンポー「キ、キャプテンンンン!!チーッス!!」

2年男子全員「チーッス!!!」

キャプテン「1年相手に何をしてる、鈴木」

鈴木「・・わり。ついつい興奮しちゃって・・」

キャプテン「1年にあの技なんて使うな」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:07:15.55 ID:pg3hfwgk0

2年男子「先輩の必殺技を・・・こんな所で使わせようなんて・・」

2年男子2「それほどの奴だってことかあいつは・・」

キャプテン「お前か、鈴木を本気にさせた奴は」

男「・・・・」

キャプテン「あまり3年を怒らせない方がいい」

男「・・・・へえ」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:11:32.03 ID:pg3hfwgk0

男「・・そういやあんた、ここのキャプテンらしいね」

キャプテン「ああ、そうだが?」

男「いいよ、今から俺、あんたとやっても」

チンポー「おいおい無茶いうな!何回お前は射精したと思ってんだよ!」

キャプテン「ふっ。やめておく」

男「逃げんの?」

キャプテン「お前の体調が万全の時戦ってやる。それまでお預けだ。いくぞ鈴木」

鈴木「はいはい」

バタン

男「・・・・」



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:15:12.73 ID:pg3hfwgk0

~帰り道~

チンポー「にしてもお前すごいなー!選抜メンバー相手にあそこまでやるなんて!」

男「・・・・」

チンポー「お前が入ったらもっと強くなりそうだなぁ~!俺もまだまだ頑張らないと!」

男「で、なんで着いてくるの」

チンポー「わ、悪いかよ!」

男「(一人で帰りたいんだけど)」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:17:01.14 ID:pg3hfwgk0

次の日

2年男子「チーッス!」

クリス松林「鈴木ー!お前昨日1年の奴に本気だしたんだってなw」

鈴木「うるせー!」

副キャプテン「なんだなんだー。新人がもうきたのか?」

クリス松林「らしいっすよw」

佐藤「・・2年に挨拶なしとは・・ムカツク野郎だな」

副キャプテン「そんな怒るな佐藤。それにまだまだ相手は1年だ」

鈴木「副キャプテン、そいつあんまりなめない方がいいよ。マジで」

キャプテン「・・・・」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:20:09.49 ID:pg3hfwgk0

チンポー「チーッス!」

鈴木「お、噂をすればだな」

クリス松林「この馬鹿そうな顔が、噂の1年か?w」

鈴木「ちげーよ!」

チンポー「(う、射精部選抜メンバーばっかりだぞ・・?)」

鈴木「おい!昨日の奴はどこいったんだ?」

チンポー「お、遅れてくるらしいっす!」

クリス松林「早くあいてーなーw」



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:22:05.40 ID:pg3hfwgk0

キャプテン「1年もいいが、お前らもう少しで全国大会が始まるのも考えておけよ」

クリス松林「わかってますよwけど敵はひとつ、あの高校じゃないですかw」

鈴木「去年はおしいところまでいったんだけど・・・」

副キャプテン「大丈夫、みんなで力を合わせれば優勝できる!」

クリス松林「おうwもちろん俺も去年戦ったあいt」

ガララララララ!

男「・・・?」



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:23:45.93 ID:pg3hfwgk0

チンポー「あ、先輩方、こいつです!」

男「・・・なんすか」

クリス松林「なんか生意気そうw」

チンポー「なにしてたんだよ男!遅刻だぞ!」

男「悪い悪い」



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:27:34.79 ID:pg3hfwgk0

佐藤「」グワシャ!

副キャプテン「おい佐藤!やめろ!」

佐藤「・・・遅刻したんなら遅れましたぐらい言えよ」

男「胸ぐらつかむのやめてくれません?制服汚くなるんすけど」

キャプテン「やめろ佐藤」

佐藤「チッ!」パッ

キャプテン「だがたしかに遅刻は遅刻だ。男、お前は学校の周り80周だ」

男「・・・・」

クリス松林「80周wwwwwwww」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:30:42.41 ID:pg3hfwgk0

男「たったの80周でいいんすか?」

キャプテン「なら160周だ」

クリス松林「お前らw」

鈴木「でもこんな奴でも射精部に入りたいからそれなりの理由はあるはずだよな」

クリス松林「たしかにw教えてくれよw」

男「嫌だ」

副キャプテン「いいじゃないか。これから一緒に活動していくんだし」

男「・・・目標は、全国射精大会優勝。それだけ」

副キャプテン「へえ。大きな目標だね」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:32:56.86 ID:BE9Km2ei0

ペニプリか



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:37:59.37 ID:pg3hfwgk0

男「俺がこの部活に入った理由はこれだけ。あとはどうでもいい」

鈴木「おい男!走りに行く前に言っておく!来月大会だ!お前の本気楽しみにしてるぜ」

男「・・・・」

チンポー「ぼ、僕も走ってきます!」

バタン

クリス松林「面白い奴じゃんw」

副キャプテン「生意気だけど、たしかに嫌いではない」

佐藤「俺は嫌いだ」



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:38:52.34 ID:KTdPM7Um0

ペニヌwww



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:39:14.30 ID:pg3hfwgk0

ミーティング


キャプテン「大会までもう少しだ。大会の内容を説明する」

クリス松林「はーいw」

部長「競技は全部で4つだ。射精をしてどれぐらい飛ばせるか、時間内に何回射精できるか、
TENGAを使われてイクまでの時間、早く射精をするの4つだ」

キャプテン「TENGAに関して、毎年女がやってくれる。どれだけ射精をしないでいられるかを試す競技だ」

キャプテン「あとはそのままの意味だ」

副キャプテン「種目人数は、飛距離が3人、何回射精できるかが1人、TENGA1人、早く射精も1人だ」

クリス松林「俺はいつも通りTENGAにするぜw」

鈴木「俺は何回射精するかだな」



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:41:12.02 ID:pg3hfwgk0

副キャプテン「あと残りは・・・」

キャプテン「俺と、副キャプテンと、男と佐藤だ」

チンポー「あれ、僕は?」

鈴木「お前はベンチだ」

チンポー「」

男「俺は飛距離しか受け付けないよ」

佐藤「俺も飛距離だ」

副キャプテン「自分とキャプテンも飛距離がいいんだよなー」

佐藤「おい1年、お前が手を引け」

男「嫌だ」



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:45:20.32 ID:pg3hfwgk0

佐藤「てめえ!」

副キャプテン「いいよ、自分が早く射精をするのを担当するよ」

鈴木「でも・・去年のことで・・」

副キャプテン「大丈夫。もう乗り越えたさ」

キャプテン「では役割は決まったな。あとは大会目指すだけだ」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:46:46.14 ID:pg3hfwgk0

教室

女子「キャー!男君ってあの鈴木先輩と互角にやりあったんでしょ!」

女子2「もうすごい噂よ!鈴木先輩すごく強いのに!」

男「・・・・」

男子「クソ!たかが人より射精技術が高いだけだってのにもてやがって!」

女子「男君!メルアド交換してくれない!?」

男「ごめん、俺携帯持ってないんだ」

女子「えー!せっかく勇気出して言ったのにー・・あ、チャイム鳴った!」

女子2「次は理科室だっけ?急いでいこ!」

男「ふう」ブゥゥン ブゥゥン

カチャ

男「(なんだ、鈴木先輩からメールか)」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:49:24.22 ID:pg3hfwgk0

鈴木「よお。よく来たな男」

男「なんすか呼び出しなんて」

佐藤「・・・・」

男「なんであんたがいるの」

鈴木「いやー!みんなはお前の事認めてるんだけど、こいつだけは全く認めないんだよね~」

佐藤「おい。俺と勝負しろ」

男「・・・・」

佐藤「どんなに人から評価されようと、実際に自分で体験してみなきゃお前のすごさはわからない」

男「・・いいよ。やってやる」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:52:28.78 ID:pg3hfwgk0

鈴木「勝負はお互い得意分野の飛距離だ。それでいいだろ?」

佐藤「問題ない」ヌギ

男「いいよ」

佐藤「じゃあ俺からいくぜ・・」キュィィーン

鈴木「(どんな勝負でも本気か。佐藤らしい)」

佐藤「おおおおおおおお!!」シコシコシコシコシコシコ!!!!

男「へぇ、1年相手に本気なんだね。先輩」

佐藤「ああああああああああああああああああ!!!!」ビュルルルルル!!!!!!!!!!

ビュォオオオオオオオオオオオオ!!!!!!

鈴木「くっ!すごい風だ!」 



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:54:49.94 ID:pg3hfwgk0

佐藤「はぁ・・はぁ・・」

鈴木「飛距離、29メートル35センチ」

佐藤「くっ・・」ドサッ

鈴木「(佐藤の必殺技、『マスターオブインパクト』 限界まで射精感覚を保持し、精巣が破裂寸前にいっきに出すという技)」

佐藤「ぐぉお・・・」

鈴木「(しかし反動が大きく、すぐに復帰することはできない)」

男「さすが先輩」

佐藤「・・お前のような奴にはできない技だ・・・もう決着はついt

男「けど、勝つのは俺」ヌギ

佐藤「!?」

男「本気でいくよ、先輩」キュィィーン



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 21:58:31.28 ID:pg3hfwgk0

鈴木「ま、まさかその技は・・!」

男「試合前に本気は出したくなかったんだけどね、しょうがないか」

佐藤「な・・てめぇ・・!」

男「・・・舞え、子供たち!」ドピュウウウウウウ!!!!!!!!!

鈴木「ぐああああ!!!」ガシャアアアン!!!!

佐藤「うぉおおお!!」ビュオオオオオ!!!!!!



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:00:44.37 ID:pg3hfwgk0

鈴木「はぁ・・はぁ・・・飛距離・・34メートルジャスト・・・」

佐藤「ぐっ・・こいつがあの『absolute shot』を使えるなんて・・」

鈴木「absolute shot、通称『絶対的な射精弾』・・これを使える奴がいるとは・・」

佐藤「やるじゃねえか1年・・」

男「先輩もね」

鈴木「・・間違いない。こいつがいたら勝てる・・!宿敵、非童貞高校に!」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:03:03.81 ID:pg3hfwgk0

朝練

キャプテン「2年男子!もっとローリングを使ってシコれ!」

2年男子「うっす!」

クリス松林「大会まであと1週間かw」

副キャプテン「ああ。みんなのやる気もわかる」

佐藤「ふ!ふ!ふ!」シコシコシコ!!

副キャプテン「あれから佐藤も真面目に練習してるしな」

鈴木「あいつが入ったおかげですよ」

副キャプテン「ああ。今年こそ優勝だ」



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:05:00.95 ID:pg3hfwgk0

昼休み


男「・・・兄貴」ボソ

ガチャ!

チンポー「男ー!」ドタバタ

男「・・?」

チンポー「また屋上にいやがって!さっきの授業はどうしたんだよ!」

男「だるくていかなかった」

チンポー「おいおい!先生めっちゃ怒ってたぞ!」

男「・・・あっそ」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:07:23.47 ID:pg3hfwgk0

チンポー「にしてもお前は俺ら1年の期待の星だからよ!いっちょ優勝してきてくれよ!」

男「できたらね」

チンポー「なんだよ。お前らしくないな。いつもだったら『はいはい』なのに」

男「大会はそう甘くない」

チンポー「お前に勝てない奴なんていんのか?」

男「・・・・」

チンポー「おいおい!不安なこと思わせんなよ!」

男「・・・・」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:10:44.39 ID:5hY8zc8X0

非童貞高校…
いけすかねぇ名前の高校だぜ…



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:10:46.86 ID:pg3hfwgk0

大会前日

キャプテン「ついに明日だな、お前ら」

クリス松林「ですねw」

鈴木「ああ!」

佐藤「・・・死んでも勝つ」

男「・・・・」

副キャプテン「みんな、勝つこともそうだけど楽しんでいこう!」

キャプテン「今日はあえて練習しない。自由時間を与える」

クリス松林「よっしゃ!今日は帰って早く寝るぞーw」


キャプテン「・・・男、ちょっとこい」

男「・・・・」



90:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:14:17.66 ID:pg3hfwgk0

キャプテン「お前はこの大会初めてだ。しかも選抜メンバーとしてでな」

男「・・・・」

キャプテン「周りは3年でお前だけ1年かもしれない。だが気合で負けてはそこで終了だ。お前のもてる力すべてをぶつけてこい」

男「・・・去年」

キャプテン「?」

男「去年、副キャプテンと戦った相手も1年でしたよね」

キャプテン「・・・ああ」

男「今年もそいつが出てくるはずです。もしでてきたら俺とぶつけてください」



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:16:14.30 ID:pg3hfwgk0

キャプテン「なぜだ」

男「俺しかそいつを倒せない」

キャプテン「・・たしかにお前の実力もわかる。しかしあいつの・・・」

男「そいつ、俺の兄貴です」

キャプテン「!?」

男「100年に1人の天才と言われています。けど、俺ならあいつに勝てる」

キャプテン「お前・・・」

男「あの男と対等にやりあえるのは俺だけです、キャプテン」



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:20:17.80 ID:pg3hfwgk0

キャプテン「・・・わかった。やらせてやろう」

男「ありがとうございます」

キャプテン「しかし、ひとつ条件がある」

男「・・?」


キャプテン「・・死んでも勝て」

男「もちろん」



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:24:03.38 ID:pg3hfwgk0

大会当日

観客「きたー!優勝候補、包茎高校の入場だあぁあああ!!」

女子「キャー!キャプテンー!」

女子2「クリスー!!」


クリス松林「へへwやっぱこの瞬間が一番幸せだなw」

佐藤「・・・うるせえ奴らが!」

鈴木「まあまあ。応援してくれることはありがたいだろ?」

副キャプテン「みんなそろったね。今日は1日大変かもだけど頑張っていこう!」

一同「おう!!!」



101:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:28:12.58 ID:pg3hfwgk0

審判「ゲームセット!ウィナー包茎高校!」

キャプテン「ありがとう、いい試合だった」

相手「くそっ!くそ!・・・これで俺達3年最後の大会が・・」

相手2「先輩・・・うぁ・・グスッ・・」


鈴木「お疲れさん。順調だなここまで」

キャプテン「ああ。しかし相手も強かった」

鈴木「非童貞高校、さっき見たけどあいつらも勝ってたよ」

キャプテン「やはりな」

男「・・・・・」



102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:29:54.31 ID:pg3hfwgk0

佐藤「うぉおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」ドピュウウウ!!!!!

審判「ゲームセット!ウィナー包茎高校!」

観客「きたああああああああ!!!!!」

女子「これで包茎高校は決勝進出ね!」

女子2「相手はやっぱり・・・」

女子3「そうね。非童貞高校よ」

女子4「勝てるかな、、、」

女子「何言ってんのよ!私たちの先輩が負けるわけないでしょ!」

女子2「先輩・・・がんばって!」



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:33:28.34 ID:pg3hfwgk0

キャプテン「ついに決勝戦だ。お前ら準備はいいだろうな?」

鈴木「ああ。バッチリだぜ」

キャプテン「苦しい戦いになるかもしれない。だが俺達最後の大会だ」

副キャプテン「長かったな・・・この3年間」

クリス松林「俺は楽しかったぜw」

キャプテン「全力でいくぞ!」

一同「おお!!!」



106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:34:45.60 ID:pg3hfwgk0

その頃

男「」ガコン!

???「誰かと思ったらお前か」

男「・・・へえ。誰かと思ったらあんたか」

兄貴「ちょうど俺も販売機でポカリ買おうと思ったんだよね」

男「・・・今日、あんたを潰す」

兄貴「我が弟ながらそんなに怖い顔すんなって」

男「本気、出してないだろここまで」

兄貴「ああそうだな。ザコばっかだし。お前も含め」

男「なめるなよ兄貴・・・!」



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:37:43.87 ID:pg3hfwgk0

兄貴「なめてなんかない。事実をいっただけだ」

男「・・俺達を甘くみるな」

兄貴「俺の先輩たちも甘くみちゃ困るな」

男「・・・決勝戦、必ずお前に勝ってやる」

兄貴「ふふ、待ってる」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鈴木「にしても決勝前なのに男はどこいってんだよ~」

佐藤「おいキャプテン。なんであんな奴メンバーにいれたんだよ。強いだけじゃダメなのはお前だって・・」

キャプテン「いや、あいつは強いだけじゃない」

佐藤「どうだか」

キャプテン「(・・負けるなよ、男)」



109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:40:42.13 ID:pg3hfwgk0

審判「ではこれより決勝戦、包茎高校、非童貞高校の試合を始めます。両者例!」

お互い「お願いします!」


ロリ婚「兄貴、お前の弟ってあいつダロ」

熟女マニア「へー。天才の弟っていったから見てみたいとは思ってたけど、普通じゃね?」

兄貴「あいつを甘く見るな」

熟女マニア「へいへい」

ニコ厨「俺の相手はまたクリスかよwwwwwww」



イケメン「去年は副将戦で負けてしまったけど、今年は私たちが勝ちますよ」(握手)

キャプテン「ああ。いい試合にしよう」グッ



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:44:09.56 ID:pg3hfwgk0

審判「第一試合、クリス松林、ニコ厨、前へ!」

ニコ厨「早く終わらせようぜww歌い手の動画見たいんだよw」

クリス松林「歌い手とかきめえw」

ニコ厨「88888888888wwwwww」

審判「試合はTENGAとローションを使ったものだ。女の子、対戦者の前へ」

女1「お願いします」

女2「お願いします」

審判「この試合は早く射精した方が負けだ。では、始めるぞ」

クリス松林「負けねえからw」

ニコ厨「あっそwww」

審判「ではいきます。 レディー・・GO!!!!!!」



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:47:31.38 ID:pg3hfwgk0

クリス松林「くっ!ww」

ニコ厨「へぇ!wwwこの子うめえじゃんw」


キャプテン「今年は勝てよ、クリス」

鈴木「負けんなよクリスー!!」


イケメン「ニコ厨、お前の遅漏は学園一だ。負けるはずない」

ロリ婚「優勝はボク達のものダヨ」


クリス「(やべえ・・イボイボやらヒダの感触が・・w)」

ニコ厨「(しかもかわいい子が上目でこっちを見てくんのもたまんねぇwww)」



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:53:34.47 ID:pg3hfwgk0

審判「5分経過!」

クリス松林「うあああ!ww」キュポキュポ

ニコ厨「もう出ちまうのかクリスぅ!」ヌポヌポ

クリス松林「ふざけんなよニコ厨wwwお前みたいなムカツク野郎に負けるわけねえだろ!ww」

ニコ厨「お前の強さは認めるぜwけどまだまだ!w」


鈴木「・・強いね、ニコ厨」

キャプテン「海外遅漏選手権3回優勝。実力はある」

佐藤「・・・負けんじゃねえぞクリス!」



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 22:57:55.06 ID:pg3hfwgk0

クリス松林「(はぁ・・はぁ・・もうダメだ・・)」

クリス松林「(キャプテン・・・やっぱり俺、今年もこいつに負けるのかな・・)」

キャプテン「・・・・」

クリス松林「(俺は・・俺は・・・!)」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2年前

クリス松林「もう無理ww」ドピュ

キャプテン「・・・」シコシコシコ

クリス松林「(あいつすげえな・・同じ1年とは思えないw)」



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 23:01:45.41 ID:pg3hfwgk0

放課後

クリス松林「くっそーやっぱすぐ出ちゃうw」ドピュ

キャプテン「」スタスタ

クリス松林「お!いいところに!おーいwどうやったら遅漏になれるんだ?w」

キャプテン「部活はもう終わっただろ」

クリス松林「練習だよw今のところ部活内で俺が一番ひどいしなw」

キャプテン「・・そうか」

クリス松林「なあなあw教えてくれよwどうやったら遅漏になれるんだ?w」

キャプテン「そんなこと俺にもわからない。けど」

クリス松林「けど?w」

キャプテン「お前は強くなる。必ず」



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 23:06:52.98 ID:pg3hfwgk0

クリス松林「嘘つけw」

キャプテン「毎日部活終わっても練習してるのはお前だけだ」

クリス松林「ちょw恥ずかしいw見てたのかw」

キャプテン「クリス。3年最後の大会、一緒に出て優勝しよう。俺とお前の約束だ」

クリス松林「うぇw選抜メンバーになるのかw夢の話だなw」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

クリス松林「(キャプテン・・俺はあれから努力をしてきた・・)」

クリス松林「(お前を信じて!お前の言ったこと信じて!)」キュィィーン


鈴木「あ、あれは・・!」



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 23:12:12.33 ID:pg3hfwgk0

クリス松林「うああああああああああ!!」

ニコ厨「!?」

キャプテン「・・・・」

イケメン「あれは・・ナーバスデストロイ!?」

ロリ婚「なにアレ?」

イケメン「全身の射精に関する神経伝達を麻痺させ、数時間射精感覚をなくさせる技!」

熟女マニア「おいおい。なんなんだあいつ?」


ニコ厨「ふざけんなwwww」

クリス松林「お前の負けだニコ厨」

ニコ厨「俺が負けるなんてwwwwwwwwwww遅漏の俺があああああwwwww」ドピュウウウウウ!!



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 23:16:02.50 ID:pg3hfwgk0

審判「ウィナー、クリス松林!」

観客「うわあああ!!まずは包茎高校が1ポイント選手したああ!」

副キャプテン「お疲れ、クリス」

クリス松林「ああw」


キャプテン「クリス」

クリス松林「なんだ?w」

キャプテン「俺の言った通りだ。お前は強い」

クリス松林「へへw今頃かよww」



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 23:17:01.19 ID:r8v60qjb0

クリスかっけーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



126:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 23:21:42.15 ID:pg3hfwgk0

審判「第二試合、副キャプテン、根暗、前へ!

佐藤「・・根暗?去年いなかったよなあいつ」


副キャプテン「初めましてだね。よろしく」

根暗「・・・・ぅ」ボソ

審判「試合は早く射精した方が勝ちです」

副キャプテン「」ヌギ

根暗「」ヌギ

審判「レディー・・GO!!!」



129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 23:26:03.89 ID:pg3hfwgk0

副キャプテン「(いくぞ!)」

根暗「」ドピュ

一同「!?」

副キャプテン「な・・・に・・?」

女子「え・・今なにが・・?」

審判「・・・ウ、ウィナー・・根暗」

観客「うあああああああ一瞬で射精したぞあいつ!!!」

観客「ありえねえええええ!!」



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 23:32:14.23 ID:pg3hfwgk0

根暗「・・・ぅす」ボソ

イケメン「さすがだね。根暗。世界早漏選手権の優勝者だけあるよ」


鈴木「相手が悪いよ副キャプテン!ドンマイ!」

副キャプテン「あ、ああ・・・」

鈴木「次は俺ですんで、1勝してきますよ」

審判「第3試合、鈴木、熟女マニア、前へ!」

鈴木「うっし!イクか!」



134:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 23:37:27.44 ID:pg3hfwgk0

審判「試合は10分間で何回射精できるかだ」

鈴木「よろしく」

熟女マニア「はいはいよろしくよろしく」

審判「ではいきます。 レディー・・GO!!!!」

鈴木「おらぁ!」シコシコシコ!!

熟女マニア「・・・」シコシコシコ・・・


イケメン「悪いが鈴木、熟女マニアには勝てないよ」



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 23:41:02.91 ID:pg3hfwgk0

鈴木「」ドピュ!

男「1発に9秒ですか。俺とやったとき本気じゃなかったのね」

観客「はやい!なんてペース早いんだ鈴木!」

熟女マニア「・・・・」ブツブツブツ

鈴木「(なんかブツブツ独り言話してるな。なんだ?)」ドピュ

熟女マニア「・・・すずよ・・・すみれ・・」ドピュ

鈴木「(まさか・・あいつ・・?)」

イケメン「気づいたか鈴木。お前と俺たちの違い、それはセックスを今までしてるかしてないかだ!」

イケメン「熟女マニアは記憶がよく、今までのセックスを今やってるかのようにできる」

ロリ婚「ソれが熟女マニアのトクギ、『仮想現実(バーチャルリアリティ)』」

イケメン「はたしてこいつに勝てるか鈴木!?」

鈴木「くっ!」シコシコシコシコ!!



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 23:48:23.37 ID:pg3hfwgk0

熟女マニア「・・・みみこ・・くみ・・」ドピュ

観客「5分間で鈴木が33回、熟女が38回だぞ!」

鈴木「くそっ!」ドピュ

熟女マニア「俺のこの特技を出して勝てた奴はいない。無駄だ鈴木ぃい!!」ドピュ!!

審判「6分経過!」

女子「残り4分!頑張って鈴木様~!」

鈴木「・・あーあ。ほんと強い奴がいるからやめられないんだよね。射精ってさ」ドピュ

熟女マニア「どうした?もうギブアップか鈴木?」ドピュ!

鈴木「その逆だよ。・・だからやり甲斐がある」キュィィーン

男「・・やっと見れるっすね。鈴木先輩の必殺技、『国士無双』が」



144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 23:55:56.83 ID:pg3hfwgk0

熟女マニア「・・ゆうこ・・みどr !?」

鈴木「あぁああああああ!」ドピュ ドピュ ドピュ!!!!

観客「な、なんだあれは! 1秒に1回のペースで射精してるぞ!?」

熟女マニア「バカな!そんな事人間にできるわけが・・!」

鈴木「悪いけど、どんどんイクよ」キュィイーン

キャプテン「国士無双第2段階、もうあいつはとめられない」

鈴木「ダスぜ!イクぜ!ヌクぜ!!」ドピュ!ドピュ!ドピュ!!!

熟女マニア「イ、イカン!仮想現実を・・!?」

熟女マニア「な・・、発動しない・・だと・・?」



146:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 23:59:41.51 ID:pg3hfwgk0

イケメン「熟女、まさか鈴木に勝てないと頭では思ってないが、体が思ってしまったのか?」

熟女マニア「嘘だ・・この俺が・・この俺が勝てないと思うなんて・・」ガクガクガク

鈴木「ヌク!!ダス!ヌク!ダス!!!」ドピュ!ドピュ!ドピュ!

熟女マニア「あ・・・あぁ・・・」

ピー!

審判「試合終了! 試合結果を発表する。熟女マニア72回、鈴木134回!」

女子「キャー!さすが鈴木様ー!」

女子2「かっこいいー!」



148:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 00:00:38.94 ID:vapTfMgY0

もうこいつら人間じゃないだろ



154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 00:04:45.59 ID:dcHIdslL0

キャプテン「鈴木、よくやった」

鈴木「ふぃー、もうだめだ、2か月は射精できない」

男「鈴木先輩、あんたやるね」

鈴木「本気だしたらこんなもんよ。・・それより次はお前ら飛距離組だぞ?」

キャプテン「わかってる。佐藤、男、いくぞ」

男・佐藤「ウス!」



158:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 00:09:53.18 ID:dcHIdslL0

審判「最終試合、選手はそれぞれ前へ!」


イケメン「負けないよ、ここまで来たら」

ロリ婚「まあ、勝つのはボクらだネ」

兄貴「・・・・」


キャプテン「これで最後だ。優勝しよう」

佐藤「・・ああ。やってやる」

男「・・・・」



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 00:13:41.47 ID:dcHIdslL0

審判「最初にいっておきますが、今2対1で包茎高校が勝っています」

審判「これで次の飛距離対決で3対3の同点になったらサドンデスを行います」

審判「以上です。最初の選手は前へ」


佐藤「いってくるぞ」

ロリ婚「へー。図体デかいお前がボクの相手ネ。ケケ」

佐藤「」ブチ



163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 00:18:07.00 ID:dcHIdslL0

佐藤「ぶっ潰す」

ロリ婚「無理だネ」

審判「では、発射用意!」

佐藤「ふぅー・・・」キュィィーン

ロリ婚「なんだなんダ?」

佐藤「うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!」ブワァアアアア!!!!

観客「!?いきなり風がすごくなったぞ!!」ビュゥウウウウウウ!!!

佐藤「イクぞおおおおああああ!!!!!」ドッピュウウウウウ!!!!!!!

鈴木「でた!佐藤の『マスターオブインパクト』!」



167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 00:22:03.71 ID:dcHIdslL0

審判「記録、52メートル22センチ」

佐藤「はぁ・・はぁ・・・」

ロリ婚「やるネ。」

観客「うおおおおお!!いきなりすごい記録でたぞ!!」

女子「佐藤先輩のマスターオブインパクとはいつみてもすごいわね」

ロリ婚「サて、ボクの番か」

佐藤「気持ち悪い顔しやがって。お前の実力見せてみろよ」

ロリ婚「イイよ。どうせ勝つけド」キュィィーン



171:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 00:31:24.22 ID:dcHIdslL0

ロリ婚「ねえねえ。ボクがどうしてロリコンかわかル?」シコシコシコ

佐藤「しらねえよ」

ロリ婚「幼い子のあシやおナカ、わキやクび、ありとあらゆる場所がかわいいと思えるんダ」シコシコシコ

佐藤「・・・」

ロリ婚「でも触るのはNGダヨ。あくまでも見るだけなんダ。そんなこと毎日思ってル」シコシコシコ

ロリ婚「自分でも変態だと思うヨ。でもしょうがないよね。これがボクなんだかラ」シコシコシコ



172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 00:35:33.83 ID:dcHIdslL0

ロリ婚「ウウ、ほんとはこんな人間にはなりたくなかったのにナああ!」シコシコシコ!!

佐藤「(あいつシコりながら笑ってやがる・・・)」

ロリ婚「あはハは。ああああああああああ!!!!!!!!!」シコシコシコシコ!!!

佐藤「基地外野郎が」

ロリ婚「ボクはロリコンだヨ!!!!エヘエヘああああイクゥアああアアあアアあアアあああああ!!!」ドピュウウウウ!!!

佐藤「なっ!?」



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 00:39:28.28 ID:dcHIdslL0

審判「記録、58メートルです」

ロリ婚「ケケ。ボクのかちダ」ニコォ

佐藤「ぐ・・・こんな変態やろうに負けるなんて・・」

審判「これで2対2です」

キャプテン「佐藤、よくやった」

佐藤「くそ!くそ!!今最高に死にたい!」

キャプテン「次は男がやってくれるはずだ。だから、」

男「いや、そうでもないみたいだよ」

イケメン「・・・・」



182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 00:45:54.15 ID:dcHIdslL0

キャプテン「・・・・」

観客「どういうことだ?もう大将戦なのか?」

イケメン「きなよキャプテン。あんたも最後に兄弟対決みたいんだろ?」

キャプテン「・・・・」スッ

審判「2試合目、キャプテン、イケメンの試合を始めます」

非童貞高校女子「キャー!イケメン様ー!勝ってー!」

女子「キャプテンー!勝つのはキャプテンよー!」

イケメン「やっとあなたと戦える」

キャプテン「ああ。そうだな」

イケメン「ええ。去年の屈辱を今晴らす時がきた!」キュィィーン



186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 00:51:04.11 ID:dcHIdslL0

イケメン「はあああ!!!」シコシコシコシコ!!!

鈴木「あの構え!白精桜(はくせいおう)か!」

熟女マニア「精子は通常塊として出るが、それを細かくバラバラに出すことで重力の影響を少なくする技、それが白精桜」

イケメン「散れ!桜のように!」ドピュウウ!!!!

非童貞高校女子「すてきー!イケメン様ー!」

非童貞高校女子2「距離もすごくいったわよ!」

審判「記録、67メートル45センチです」

観客「うわあああ!!ついにここまできたぁああ!!」



192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 00:56:06.57 ID:dcHIdslL0

イケメン「前よりは強くなっただろ?なあキャプテン」

キャプテン「・・・・」

鈴木「キャプテン・・・」

クリス松林「たしかキャプテンの最高記録は65メートル21センチ・・w」

部長「なかなかやるな、イケメン」

イケメン「と言っておきながらお得意のポーカーフェイスですか。焦ってくれればうれしいんだけどね」

部長「いや、焦ってるよ。・・これをついに使う時が来るなんてね」ピイイーン



195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 00:59:57.54 ID:dcHIdslL0

すまん、寝ぼけて部長なんて書いてたキャプテンな



196:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 01:00:31.09 ID:dcHIdslL0

クリス松林「なんだあれは・・・?w」

鈴木「『覚醒』だ・・」

クリス松林「え?w」

鈴木「世界で数人しか使うことができない技・・『覚醒』。あれを使えば通常の何倍もの力を出すことができる・・」

キャプテン「・・・・」キュィィーン

鈴木「!? 覚醒した状態でキャプテンの必殺技なんて!俺でもみたことないぞ!」

兄貴「やるな。さすがは包茎高校のキャプテンだ」

キャプテン「・・・イケ!」ドピュウウウ!!!!

鈴木「出たぞ!部長の必殺技『千億匹への鎮魂歌(レクイエム)』!」



199:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 01:07:06.18 ID:dcHIdslL0

ドピュウウウウウ!!!!!

イケメン「な・・・!早すぎていつ出したか見えない・・!」

審判「記録、83メートル55センチです」

女子「きゃああああ!!キャプテンー!!!!」

女子2「素敵ー!!!」

クリス松林「はは・・さすがキャプテンw」

熟女マニア「は・・・! フォーム、出す瞬間、スピード、あまりにも綺麗すぎて見とれてしまった・・・」



201:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 01:12:01.79 ID:dcHIdslL0

鈴木「これでついに最後か・・・」

審判「では最終試合、兄貴、男の試合を始めます」

兄貴「久しぶりにするね、男」

男「悪いけど勝つよ」

兄貴「今まで俺に勝ったことないのに?」

男「勝つ」

兄貴「え?」

男「お前になんて負けない」

兄貴「口ごたえすんの?ザコのくせに」



203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 01:17:23.69 ID:dcHIdslL0

男「ザコかどうかはやってみなくちゃわかんないだろ」

兄貴「じゃあ、お前も親父のように潰してやるよ」

男「父さんの悪口を言うな・・!」

兄貴「俺にズタボロにされて精神病にかかった親父だろ?」

男「やめろ!」

兄貴「だっていつもお前にしか興味しめさなかったんだもん。そりゃムカツクよ俺だって」

男「だからって・・!父さんの弟子がいるみんなの前で・・!」

兄貴「世界チャンピオンだっけ?のくせにメンタル弱いよな。まあ世界チャンピオンというプライドがあるからか」

兄貴「そんな奴を弟子達の前で「お前、親のくせに弱いよ」って言われちゃそうなっちゃうか」



204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 01:22:27.31 ID:dcHIdslL0

審判「では準備をしてください」

兄貴「じゃあ、俺からするか」

男「・・!」ビクッ

兄貴「ハァア・・・!」ドクン!

ザワ・・・

観客「!? な・・なんだ・・いきなり鳥肌が・・!」

女子「なに・・この感じ・・?」

熟女マニア「(気分悪いぜ・・こいつの技はよぉ・・)」

兄貴「お前には俺の本気をぶつけてやる」キュィィーン

クリス松林「やばい!みんな伏せろ!!!!!」

兄貴「『stealth shot(ステルスショット)』!!」ドピュウウウウウ!!!!!!!!!!!



205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 01:26:14.29 ID:dcHIdslL0

ドゴオォオオオン!!!!!!!!

観客「うわぁあああああああああ!!!!!!」

女子「きゃあああああああ!!!!!!!!!!!」

鈴木「ぐああああ!!!!」

審判「ゴホッ・・き、記録・・245メートル・・」

観客「な・・!ありえない・・・」

イケメン「・・もうあいつに勝てる奴はこの世にいない・・」

兄貴「さあ、お前の番だぞ男」



208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 01:29:36.26 ID:dcHIdslL0

男「・・・・」

鈴木「無理だ・・次元が違う・・・」

ロリ婚「勝てる確率は0%だネ」

キャプテン「・・・・」

男「なあ、兄貴」

兄貴「どうした?あまりの強さにびびって・・!?」

男「お前の力ってそんなものなの?」キュィィーン!!!!!

兄貴「な・・これはどういうことだ・・!?」



211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 01:31:52.51 ID:dcHIdslL0

男「案外弱いんだね、お前」ピィーン!!

鈴木「男の・・体が光って・・!」

イケメン「共鳴だ・・今、あいつはこの戦いの中で進化してる・・!」

男「・・・まだまだいくよ」ビュン!

キャプテン「!? あの技・・!『森羅万象』か?」

鈴木「森羅・・万象・・?」

兄貴「こ、この技は親父の技・・!いつの間に・・!」

男「・・お前、弱いよ」シュン!

ロリ婚「早イ!そしてなんて滑らかにシゴくんダ!」



214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 01:36:28.91 ID:dcHIdslL0

兄貴「(あれは親父の森羅万象じゃない・・!いやむしろそれより・・!)」

男「俺の勝ちだ、兄貴!!」ゴゴゴゴゴゴ!!!!

キャプテン「いけ、男!」

男「『森羅万歳(しんらばんざい)!!」ドピュウウウウウウウ!!!!!!!!

ドゴオオオオオオオオ!!!!!!!!!!

兄貴「うぐぅぁああああ!!!!!!!!」ブシュウウウウ!!!



216:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 01:39:46.39 ID:dcHIdslL0

審判「記録・・・439メートルです・・・」

観客「うぉおおおお!!!!包茎高校が勝ったぁあああ!!!!」

女子「きゃー!勝った!勝ったのよー!!」

イケメン「バカな・・・あんな奴がいるなんて・・」

ロリ婚「・・そりゃ勝てないヨ」

兄貴「・・・・」ガクッ

男「ひざまずくぐらい悔しいの?兄貴」

兄貴「お・・俺が負けただと・・俺が・・」ブルブルブル



219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 01:42:38.05 ID:dcHIdslL0

男「これが負ける悔しさだ」

兄貴「・・な・・に?」ガクガク

男「昔のあんたは好きだった。俺に射精術も教えてくれたし、『absolute shot』も教えてくれた」

男「・・けど、いつからかあんたは変わった。性格もすべて真逆に」

兄貴「・・・・」

男「俺は前みたいな兄貴になってほしかった。それにはあんたに勝つしかない」

兄貴「・・・く・・」



220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 01:47:29.76 ID:dcHIdslL0

兄貴「おい・・男」

男「なに?」

兄貴「『森羅万歳』、良かったぜ・・」

男「・・兄貴もね」


観客「うわああああ!!!!すげえ試合だった!!!」

女子「私・・もうダメ・・」フラ

女子2「キャー!あまりのすごさに失神しちゃってるー!!」

女子3「歴史に残る試合だわ・・・」



222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 01:53:36.13 ID:dcHIdslL0

キャプテン「男、いくぞ」

男「・・・」スク

兄貴「待て」

男「?」

兄貴「もう一回・・今度もう1回俺と勝負するぞ!弟!!」

男「・・・いいよ。いつでもやってやる」



225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 02:00:41.83 ID:dcHIdslL0

~2年後~

チンポー「おいおいおい!2年の男子!大会まで近いんだぞ!もっとしゃきっと勃たせろ!」

2年男子「先輩!もう無理っすよ!ちんぽイカれちまう!」

チンポー「あー?なに言ってんだよ!お前はあと30回射精しろ!」

2年男子「鬼かよあんた!」

ガララララララ!

男「・・・おはよ」

チンポー「てめえ!また遅刻かよ!」



226:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 02:04:55.47 ID:dcHIdslL0

男「あぁ、ごめん」

チンポー「お前はこの部の副キャプテンなんだからしっかりしろよ!」

チンポー「ちなみにキャプテンは俺な」

男「どうでもいい」

ガララララ!!

チンポー「なんだお前達はぁ!?」

美少年「・・・・」



228:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 02:07:13.25 ID:dcHIdslL0

マンコー「ボ、ボクたちは射精部に入部しようと思う人たちでして・・!」

美少年「あんた、部長?」

チンポー「なにー!?てめえ・・・口のきき方はどうした!!」

美少年「これ予想だけど、あんたら弱いね。俺が倒してやるよ」

男「・・へえ。いいよ。できるもんならね」


・・包茎高校射精部の戦いはまだ始まったばかりである




おわり



229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 02:08:19.16 ID:mkz5iSo+0

おつ



230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 02:09:31.10 ID:KbV3izhc0

感動で射精した



233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/17(日) 02:11:15.56 ID:SAPIccLs0

面白かった



引用元
男「目標は、全国射精大会優勝」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339843714/
[ 2012/06/17 19:45 ] その他SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。