広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

魔王「勇者よ、ここで終わりだ!」勇者「ちいぃッ……!」

2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:11:00.73 ID:LbkbGV2AO

訂正

魔王「無謀で稚拙で不甲斐なき傀儡よ…我輩の情けだ、一撃で終いにしてやろう!!」

勇者(私もここまでか………ッ!)ギュッ


魔王「死ねえええええ!!!!!!!」ブワッ

勇者「………クッ」



ガチャ


「あれ、お父様なにやってるんです」



魔王・勇者「!?」



魔王娘「朝っぱらから騒がしいですよ…もう……」ぷりてぃー

勇者「……」

勇者「……えっ」



引用元
魔王「勇者よ、ここで終わりだ!」勇者「ちいぃッ……!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1338120631/
3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:11:40.07 ID:LbkbGV2AO

魔王「我が娘よ、下がれ!今は……」あたふた

魔王娘「いや、お父様うるさいですよって言ってんじゃないですか。日曜日なんですからね、静かにしてくださいよ」

魔王「いや、だからだな」

魔王娘「うっせんだよクソジジイ」

魔王「…ごめん」


勇者(う…うわ……)



4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:12:07.19 ID:LbkbGV2AO

魔王娘「とりあえずおはようございます、お父様」

魔王「お……おはよう…」

魔王娘「で、この方は」

魔王「ゆ…勇者……私を倒しにきた……だよね?」

勇者「あ……ああ……まぁ」

魔王娘「その様子じゃ勝ったんですか…」チッ

魔王「ちょ、ちょっとひどいよ…パパン泣いちゃうよ…?」

勇者「あ……あの…大丈夫か……」

魔王「貴様は黙っておれ!」ぐわっ

勇者「……はい」



5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:12:38.02 ID:LbkbGV2AO

魔王「あのね、パパンは今仕事中なんだよね、あとね、ちょっとこれからね、そのね、お前の教育上あんまりよろしくないからね、パパンとしてはお部屋にまだいてて欲しいっていうか」

魔王娘「……」ジーッ

勇者「……」

魔王「き……聞いてる?」

魔王娘「………いけめん」

魔王「えっ」

魔王娘「この勇者さま、すごくイケメンですお父様!」パアァ

勇者「えっ」

魔王「えっ」



6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:13:29.32 ID:LbkbGV2AO

魔王娘「やだ、すごいカッコいい、すごい男前」

勇者「……えっ、あの」

魔王娘「ああ、素敵です勇者さま!ああんその……困った表情も///」

魔王「いや、しかしだな」

魔王娘「お黙りになって!」

魔王「………はい」

魔王娘「好きです勇者さま……」ポッ

勇者「えっ、えっ」

魔王娘「付き合ってください勇者さま!!!キャッ!」

勇者「ちょ……えっ?えっ?」

魔王「ちょっと、ひ、人が死ぬってのに冗談は……」

魔王娘「だまれジジイ」

魔王「………」



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:14:14.17 ID:LbkbGV2AO

魔王娘「冗談ではありませんわ!私は本気です勇者さま!」

勇者「いや……しかしだな、そのだな、君はまだ……幼いだろうに。残念ながら私に少女趣味は」

魔王娘「今年120になりました!むしろ、あたしのが年上です勇者さま!」

勇者「………そうなのか」

勇者「………」チラッ

魔王「  」

勇者(ああ……)

魔王娘「ってなわけでお父様、勇者さまは私が貰うんで殺さないでね!んじゃ行きましょ勇者さま!」

勇者「いや……しかし……」

魔王娘「お父様なら無言の同意をしてくださってますわ!行きましょう!」ガシッ

勇者(ぬわっ!ぬわぁんだというのだこの馬鹿力!馬鹿力!)ズルズルズルズル……



魔王「 」



▼そんなこんなで、勇者と魔王国のお姫様の奇妙な日常が始まった……


魔王「 」



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:14:54.39 ID:LbkbGV2AO

【魔王娘の部屋】

魔王娘「………」

勇者「………」

勇者「あの……」

魔王娘「キャッ!いやだ、勇者さまったらそんな……まだ早いですってば!」

勇者「……は?」

魔王娘「でもでも、私勇者さまの為なら、…がんばっちゃいますわっ!勇者さまチュー」チュー

勇者「い、いや、だから私は少女趣味では……」

魔王娘「まっ、安心して勇者さまったら……むしろ、ロリコンは私のほうで・す・わ///95歳差の恋愛とかキャー!キャー!」グルングルン

勇者(………まるで話が)



9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:15:36.34 ID:LbkbGV2AO

魔王娘「ごめんなさい。私ったらはしたない……きゃっ///」

魔王娘「なにはともあれ、勇者さまとあたしの気持ちが一緒でうれしいですわ」

勇者「いやだな、それはだな」

魔王娘「えっ、勇者さまのが私のこと大好き?キャー!キャー!キャー!」

勇者「……」

魔王娘「とにかく、勇者さまは私に恩を売られてるわけです。誰のおかげでアホ面ひっさげてベッドの上に座ってられると思ってるんです?」

勇者「ああ、それなんだが、さっきから聞こうと……何故私達はこんなところで」

魔王娘「いけません?」

勇者「ソファーのほうが会話すべき環境なのではないかと……」

魔王娘「やだ勇者さまったら、そういうシチュエーションが好きなんですのっ///」
勇者「……何をいってるんだ君は」

魔王娘「キャー!キャー!」ぐるりんぐるりん

勇者「……」



10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:16:16.99 ID:LbkbGV2AO

勇者(…しかしこの娘、相当な妖気を感じる)

勇者(表面はこんな感じだが…侮れん。一体皮の下はどうなっている。偽る為自らを傀儡にしようとも、この私には通用せんよ!)

魔王娘「……勇者さま、あたし、本心を言えば…しっ、してもいいんです」

勇者「………へっ」

魔王娘「だから、そのですね、若者風に言うとですね、や、や、や、や、『やっても』いいんです勇者さまなら………///」

勇者「なっ……!」

勇者(『殺っても』……いい……だと?)

魔王娘「で、でも誰でもじゃないです!その……やったこと……ないから……うまく言えないな」

勇者(私をオーディンの宮殿へ誘うつもりだな!ちいっ、手軽なウォーミングアップというわけか!)

魔王娘「ストレートにいえば結婚を望みます」

勇者(けっ……)

勇者(血痕………!やはり血をすすり足りないと!)



11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北陸地方):2012/05/27(日) 21:16:34.77 ID:PrDIHOv40

勇者は何歳なんだ



13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:17:28.40 ID:LbkbGV2AO

>>11
勇者25さい



12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:16:37.61 ID:LbkbGV2AO

魔王娘「で、でもやっぱダメです!緊張しちゃいます……///」

勇者「………」

魔王娘「こ……今度でもいいですか?」

勇者「……そうしてくれると私もありがたい。身辺整理も必要だからな。ワルキューレへの土産もある」

魔王娘「真剣に考えてくれてるんですね……うれしい」

勇者「人生に関わることだ。致し方ない」

魔王娘「……でも、できれば式は早くしたいなーって。ツバつけとくって意味でも……」

勇者「『死期』!?」

魔王娘「そうです。早めがいいです」

勇者「い…いつくらい?」



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:18:18.19 ID:LbkbGV2AO

魔王娘「まあ積極的……///でも準備とかやっぱりありますから……特にわたし、ケーキカットとかド派手にしたいですし」

勇者(景気カット!?なんだ、という事は私を殺す前に人間の経済システムを崩壊させ、徐々に破滅する人々の姿の前で何も出来ずに無力な我が身を呪わせながらなぶり殺しにするというのか下郎!)

勇者(精神と肉体…二度の殺戮を望むのか……この野蛮は!)

魔王娘「で……でもでも、やっぱり死期まではダメですよね。一緒に寝るのは…きっと過ちとか起きちゃいます!キャー」



15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:19:46.37 ID:LbkbGV2AO

ガチャッ

魔王娘・勇者「?!」


「なぁに、やってんですかぁ!」

魔王娘「……!」びくぅっ

「もっ、殿下ったら結婚前ですのよっ!はしたないっ」

魔王娘「で、でもメイド長、あたしは……」

メイド長「でももデーモンもありません。はしたないです。全く見ず知らずの殿方と……」ギロッ

勇者「えっ、いや、私は……」

魔王娘「結婚を約束したんだから、いいじゃないですか……」ぽそっ

メイド長「ああん?」ギロッ

魔王娘「……ごめんです」



16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:20:25.74 ID:LbkbGV2AO

メイド長「わかりゃいいんです。さっ、殿方、お出になって」

勇者「あ……ああ」

魔王娘「……」グッ

メイド長「……」グッ

勇者「……」

メイド長「お離しになってください殿下」ググッ

魔王娘「……」ググッ

勇者「い、いたいのだが……」

魔王娘「……」ググッ

メイド長「フンッ!」グググッ

勇者「ひゃあ!」グイッ

魔王娘「……ああっ」

メイド長「んじゃ、勇者様はいただいてきます。おやすみなさい」



ガチャン……


魔王娘「……むぅ」



17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:20:51.49 ID:LbkbGV2AO

カツ……カツ…

勇者「……助けてくれたのか」

メイド長「ごめんなさいね、あの子ったら。まだお子様なので許してくださいまし」

勇者「あの……」

メイド長「あなたがあの子に手を出してないことくらい分かります。て言うか、逆でしょう」

勇者「ああ……」

メイド長「でも、幸運ですわね。……といっても殿下に目を付けられたのは幸運中の不幸ってやつかしら」クスッ

勇者(……この女からは妖気がしない)

勇者(唯一の味方か?いやでも妖気を忍ばせて…いや、でも助けてくれたし…いや、でも油断させるために…いや…)



18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:21:17.23 ID:LbkbGV2AO

メイド長「私から妖気が感じられないのは、元人間ですから。といっても人間の時の記憶はまるでありませんけど」

勇者「!?」

メイド長「お顔に書いてありましたわよ?」

勇者(……読心術か!やはり……いや、しかしだな、それだけで敵だとは)

メイド長「私はあなたの敵じゃありません。まさか殺しはしませんわよ。それもお顔に書いてあります」

勇者「……」



19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:22:54.23 ID:LbkbGV2AO

メイド長「あなたはどうしてこちらへ?パーティーも無しとは珍しい方」

勇者「……政府からの依頼だ。そこそこ名は知れているからな」

メイド長「しかし…お一人では、流石に旅路は厳しかったことでしょう」

勇者「政府が言うには人材不足らしい。勇者が帰って来たことはないからな、臆病になるのだろう」

メイド長「でも、人間国は軍を持ってるんでしょう、ならば勇者様お一人を寄越してわざわざ魔王様を討つような真似をなさらなくとも」


勇者「出兵に長らく国民が反対しているのだ。魔王国とは睨み合ってはいるが、事実上の衝突がないからだ…と。ならば個人として出るしかなかろう」

勇者「……期待する割には何もしないのだから、嫌になる」

メイド長「色々おありなんですのね…そうですわ、お飲みものをお持ちいたします」

勇者「コーヒーをいただけるかな」

メイド長「承りましたわ。お持ちしますから少々お待ちを」

勇者(あの女は……やはり味方か?いや、しかしだな、油断させてだな、しかしだな、)

勇者(しかしだな……いやしかしだな……)



20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:23:51.46 ID:LbkbGV2AO

―キッチン―

メイド長「らーららー♪おきゃくさまーがやってきたー♪」

警備隊長「こ、こんばんはメイド長殿」

メイド長「あら隊長さんこんばんは。泥だらけでどうなさったの?」

警備隊長「どぶさらいをな……」

メイド長「あら嫌だ、雑務なら私が」

警備隊長「め、め、メイド長殿の、その真珠の如く白く美しい御指を煩わすわけには……」ゴニョゴニョ

メイド長「?」

警備隊長「体力を維持するのも騎士の重要な役目であるからな!良いトレーニングである!」

メイド長「そうですか。あまり無理なさらないでくださいまし」



警備隊長「御意!」



21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:24:32.19 ID:LbkbGV2AO

警備隊長「それよりメイド長殿、やけにご機嫌でらっしゃる」

メイド長「ええ、勇者殿が殿下に見初められて、暫くはこちらでお暮らしになるみたいですのよ」

警備隊長「なる程、殿下は器が大きくてらっしゃるな。で、何をしているのかな」

メイド長「コーヒーを所望してらして、お持ちするところです」

警備隊長「ほう…コーヒーか……」

メイド長「……怪訝なお顔をしてらっしゃいますけど……何か問題がありました?」

警備隊長「いやですな、我々の飲んでいるコーヒーと人間のコーヒーは一緒なのかなと」

メイド長「恐らく、調べましたから……ほら、色はおんなじでしょう?」

警備隊長「メイド長殿は人間の言葉はお読みになるのかな?」

メイド長「会話は出来ますが解読までは……ですから作り方は」

警備隊長「ならば、色が同じだからと言って、これが豆を煎ったものとは限りませんぞ」

メイド長「確かに…」

警備隊長「これだけ人間と魔族は相反しているのだから同じ物を食べているわけが」
メイド長「ありませんわよねぇ……」



22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:25:11.31 ID:LbkbGV2AO

メイド長「同じ釜のなんとかって言いますしねぇ、ちょっと意味違うかもですけど」

警備隊長「むむっ、しかし豆を煎ったもの以外でこんなに黒い液体を……」

メイド長「………」ジッ

警備隊長「………」ジッ

警備隊長「………いやまさか」

メイド長「そうですよね、まさか」

警備隊長・メイド長「………」



23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:25:38.05 ID:LbkbGV2AO

―10分後―

コンコン

メイド長「失礼します」

勇者「どうぞ」

ガチャ

メイド長「お持ちしましたわ勇者様」

勇者「ああ、ありがとう」

メイド長「たんとお飲みになってくださいね!」ニコリ

勇者「ああ……」

勇者(なんと美しい笑顔だろう)

勇者(この笑顔に一寸の淀みがあるだろうか?否。彼女は……)

勇者(いやしかし、そう油断させておいてだな……いやいや……いや……)

メイド長「勇者さまのお気に召しますように」ニッコリ


勇者(もう面倒だ!メイド長に悪意はありません!私の味方であります!本当にありがとうございます!)



24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:26:11.55 ID:LbkbGV2AO

勇者「……では戴こう」

メイド長「どうぞ」



カチャッ

ぷぅ~ん……


勇者「………」

メイド長「うふふっ、どうぞ」ニコニコ
勇者「いや…あの……」



ぷぅ~ん………




勇者(な、な、な、な、なんなのだこれ!く、く、く、く、臭い!臭いぞ!臭いぞこれは!!!)

メイド長「あら……お飲みにならないのです?」

勇者「いや……だってこれドブ」

メイド長「……お気に召さなかったんですか」シュン

勇者「……そう言う問題じゃ」



25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:27:20.49 ID:LbkbGV2AO

メイド長「もしや温め具合かしら…いやミルクの……いやそれは完璧だろうし…砂糖が……いや……」あわあわあわあわ

▼メイドちょうは こんらん している!

勇者「………」

勇者(と、とりあえずメイド長にはすまないが今のうちにひっそり流しに……)

狼男「………」ジッ

勇者「ぬぁ!ば、ば、ばけもの!」

警備隊長(狼形態)「……おっとすまない。興奮のあまり狼形態になってしまっていた」

勇者「い、い、いつのまに……」

警備隊長(狼形態)「貴様はそれを流しに捨てようとしているのか」

勇者「いや……まあ……」

警備隊長(狼形態)「………」ジャキッ

勇者「ま、ま、待ちたまえ!待ちたまえ!何故剣を突きつける!なんで!」

警備隊長(狼形態)「もう一度問おう」

警備隊長(狼形態)「 捨 て る の か ? 」

勇者「………ぃぇ」



26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:27:46.74 ID:LbkbGV2AO

フッ

警備隊長「そうか、やはり私の勘違いだったか!公明正大な勇者殿がそんな!すまなかったな!ハッハッハッハッ」

警備隊長「メイド長殿、勇者殿は懐かしき郷里の匂いに感極まっていただけのようだぞ!」

メイド長「あらそれは良かった」

勇者「…………」

警備隊長「さあ遠慮なさるな!」

メイド長「さあ!」

警備隊長「さあ!」

メイド長「さあ!」

勇者「…………」



27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:28:13.91 ID:LbkbGV2AO

勇者「………」ゴクッゴクッゴクッ

勇者「………」

メイド長「いかが?」

警備隊長「美味だろう!美味だろう!」

勇者「 」フルフルフル

警備隊長「ほらっ!美味しすぎるあまり白目を向きながら痙攣しているぞ!羨ましいなおい!」


勇者「 」フルフルフルフルフルフル



28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:28:39.70 ID:LbkbGV2AO

――――――――



チュンチュン

警備隊長「いっち、に!」

警備隊員A「さんっ、しっ!」

勇者「………」

勇者(昨日、あまりにひどい悪夢にうなされた気がする)

勇者(魔王と魔王の娘に殺されかけた挙げ句の果てに、メイドと狼男に無理やりドブ水を飲まされる……)

メイド長「おはようございます」

警備隊長「ごー、ろく!」

警備隊員B「しち、はち!」

勇者「そう……こんな想像の翼で妄想の宇宙にでも………」

勇者「………!?!?」ズサササッ



29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:29:19.93 ID:LbkbGV2AO

メイド長「…ご気分は?」

勇者「……すこぶる悪い」

警備隊長「もっと汗出せ!」

警備隊員A・B「はい!」

メイド長「でしょうね…ごめんなさい、私が素人知識で変なものをお出ししたばっかりに」

勇者「あの………」

メイド長「殿下なら縛り付けてありますからご安心くださいね。横になってらして……いま、お飲みものをご用意いたします」

勇者「……の、飲み物?」

メイド長「うわごとで、『ホカリスエットがのみたい』ってずっといってらしたから」

勇者「ま……まあ、水分を吸収するにはそれが一番だが………」

メイド長「我が国にも『ホカリスエット』なる清涼飲料水が存在しますが、でもまさか人間が我々と同じく水に塩と砂糖を混ぜてイオン分解したそれを飲むわけがないので」

警備隊長「お待たせした!昨日はすまなかったな!勇者殿!」

ぷぅ~ん……

勇者「………えっ」

警備隊長「我々の汗水だ!」

メイド長「スエットです。どうぞ」

勇者「えっ」



30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 21:30:09.68 ID:LbkbGV2AO

―――――

かくかくしかじか

メイド長「あらやだ、そうでしたの…」

勇者「ああ、しかし驚いたな、我々と食生活がほぼ同じだとは」

警備隊長「ハハッ、とんだ偏見というものだったな!すまなかったな、勇者殿!」

メイド長「でも無駄になっちゃいましたわね、朝食の材料」

勇者「……と言うと」

メイド長「丸ごとトマトを煮込んだミネストローネなんて飲むわけがないと思って、丸ごとドブネズミをオークの臓物で煮込んだスープに」


メイド長「それからピーナッツバターなんてパンに付けるわけがないと思ってオークの脳みそをすりつぶしたものを……」

勇者「……いい、それ以上はもういい」ウップ




第1話おわり



33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 22:45:49.30 ID:LbkbGV2AO

【第2話】

―――――


魔王娘「ゆ・う・し・ゃ・さ・まー♪」スタタッ

勇者「ゲッ」

魔王娘「いきなりキーッス!」チューッ

勇者「……」サッ

魔王「えっ」


ぶちゅー!


魔王・魔王娘「!!!」ブチューッ

魔王娘「いやあああああ!!!生魚の味がするうううう!!!!」



34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 22:46:41.42 ID:LbkbGV2AO

魔王「50年ぶりだなぁ!もっとパパンとスキンシッp…………」ガスッ

▼むすめの きょうれつな はらパン!

魔王「 」ぶくぶく

▼まおうは あわをふいた……



35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 22:47:15.52 ID:LbkbGV2AO

―――

魔王娘「ってことがあったんですメイド長!」

メイド長「あらまあ大変。洗濯物干さなくっちゃ」

魔王娘「ちょっと真面目にきいてよぅ!」

メイド長(そりゃ、勇者様だって恐ろしいでしょうねぇ……)

メイド長(……なんて言ったら殿下のことですからまたややこしいことにしちゃいそうですし)



36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 22:48:06.88 ID:LbkbGV2AO

勇者「やあメイド長、朝食の皿を戻しに……」

魔王娘「キャア勇者様!私に会いに来てくれたんですか!」

勇者「ゲッ」

メイド長「勇者様。お皿はそこに置かれて、お部屋にお戻りになってもよくってよ。」

勇者「あ……ああ!では失礼する」スタターッ

魔王娘「……ああ、勇者様!」

魔王娘「………勇者様」しょんぼり

メイド長「………殿下」カチャカチャ

魔王娘「あたし、やっぱり勇者様に嫌われてるのかなぁ……」

メイド長「え…いや……まあ……」



37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 22:49:07.89 ID:LbkbGV2AO

魔王娘「でもでも!結婚の約束までしてくれましたし!」

メイド長(……確実に殿下の勘違いでしょうね)

魔王娘「……男の人ってよくわかんないな。いっそ媚薬とか使っちゃおうかな」

メイド長「そんなもの、あるんだったら誰も苦労しませんわよ」

魔王娘「メイド長はなんでも出来るんだから媚薬くらい作ってよぉー」

メイド長「無茶いわないんです。ほらほら、これから魔王様のおやつを作るんだから出てった出てった」

魔王娘「はーい……」

バタン

メイド長(……はぁ、良いんだか悪いんだか。ってあらお砂糖の袋…緑色ね…いつものピンク色のと違うわね)

メイド長(大臣、新しいメーカーに変えたのかしら……)



38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 22:50:23.78 ID:LbkbGV2AO

―――

魔王の部屋

大臣「報告いたします」コツ

魔王「はいはいどうぞ」コツ

大臣「ただいま、人間国から小規模ながらも、連隊がこちらへやってきているようで」コツ

魔物「名目は」コツ

大臣「ええ……偉大なる勇者の追悼ならびに復讐戦であると」コツ

魔王「偉大なる勇者って……あっいまの手なし」

大臣「あの男です……なしはなしですぞ」コツ

魔王「じゃあコテンパにやっちゃっていいよ……ちえっ」コツ



39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 22:52:01.78 ID:LbkbGV2AO

大臣「しかし魔物部隊を第一次防衛ラインとして投入してますが……まあどうなんでしょうねぇ…」コツッ

魔王「ああ………」

大臣「よわっちいので警備隊長を出すまではないですけど…はいチェックメイト」

魔王「……どうなんだろうなぁ……チッ」
大臣「魔王さまこそ、チェスよわっちいですなー」



40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 22:52:34.78 ID:LbkbGV2AO

ホー…ホケキョ…チュンチュン……

魔王「あー……」

魔王「勇者死なないかなぁ……」

大臣「……物騒なこといいますなぁ」

魔王「しかし我が娘がうるさいのだ。ああ、そうだ大臣、貴様トリカブト買ったとか言ってたな」

大臣「ええトリカブトは非変化型の魔物達にはご馳走ですからな」

魔王「くれ」



41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 22:53:51.73 ID:LbkbGV2AO

大臣「……どうするおつもりですか。料理に混ぜるにもメイド長が許さないでしょうに」

魔王「ふふふ……我ながら天才的で凶悪な謀略を思いついてしまったのだ…さすが歴代最強の魔王!」


大臣「って言っても、まだあなたで二代目ですけどね」

魔王「ふふふ……ふふふふ!ふははははははははははははは!!!」


大臣(……でましたな、嬉し恥ずかし三段笑い)



42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 22:54:40.75 ID:LbkbGV2AO

―魔王娘の部屋―

魔王娘「はぁ……超メランコリーです」

魔王娘「勇者様に嫌われる要因が見当たりませんよ。容姿性格含めて私はこんなにプリティーで、チャーミングなんですから」

魔王娘「力が強いって言っても、ちょっとつついた程度でレンガが吹き飛んじゃうくらいだし、胸以外はグラマラスだし」

魔王娘「……やっばクソジジイのせいか」チッ

コンコン

魔王娘「やだ勇者様!?」

魔王「あ…あの、入っていい?」

魔王娘「チッ」

魔王「……入るよ」



43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 22:55:30.79 ID:LbkbGV2AO

ガチャ

魔王娘「なんですかお父様」ツーン

魔王「あ……あのだな、娘よ、心して聞くがよい」

魔王「我が魔王国は約1200年もの間、国を統治し、並びに人間国と対峙し……」

魔王娘「………ZZZ」

魔王「ってパパンが話してるのに寝ないでよぉ!」

魔王娘「とどのつまり何がおっしゃりたいんですかお父様」

魔王「……つまりだ」ゴホン

魔王「勇者とお前の間をとりもってやろうかなぁとか思ってる」

魔王娘「ほんと!」

魔王「ほ、ほんと」



44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 22:56:01.63 ID:LbkbGV2AO

魔王娘「キャーパパン大好きです!」

魔王「………う、うむ」

魔王(あれ、ちょっと我輩罪悪感感じてる?)

魔王「と言うわけでこれは我が家に伝わる媚薬である!」

ガバッ

魔王娘「ってことはこれを使って勇者さまを、いてこませば良いんですね!」グッ

魔王「い……いてこますって」

魔王娘「ぐへへ……勇者様、身ぐるみ剥がしてやりますよぅ………」

魔王娘「ってことで行って参ります!」タタッ

魔王「う……うん」



45:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 22:57:32.07 ID:LbkbGV2AO

バタン!

魔王「………ぐふふ」

魔王「ぐへへ……」

魔王「グハハハハハハハハハ!!」

魔王「我輩だって飲んだらお腹を壊しちゃうトリカブト!勇者が飲めば確実に…」

魔王「愚かな勇者よ!お前の命日は今日である!!」ビシッ

魔王「………あれ、なんかさっきの我輩超魔王ぽかったぞ//」



46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 22:58:23.47 ID:LbkbGV2AO

―廊下―

魔王娘「らーらんらんらー♪勇者さまーとーあんなことやーこんなことぉー♪」

警備隊長「ご機嫌ですな、殿下」

魔王娘「あっ、勇者様にコテンパにやられた警備隊長」

警備隊長「……腹を下してトイレに行ってる間に先に行かれちゃっただけで、私はコテンパにはやられてません」

魔王娘「……うわ、もっとだせぇ」

警備隊長「しかし勇者殿がお強いことには変わりありませんな。お許しがあれば彼を警備隊の一員に加えたいものであります」

魔王娘「オッケーです」

警備隊長「えっ」

魔王娘「ですからオッケーです。警備隊でもなんでもやらせちゃってください。」

警備隊長「そ、そうですか…まぁ殿下のお許しがあれば…」

魔王娘「その代わり条件があります」

警備隊長「……条件?」



47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 23:02:41.50 ID:LbkbGV2AO

10分後


勇者「んぐぅ!んぐぅ!」 モゴモゴ

警備隊長「殿下の御前だ。静かにしたまえ!」

魔王娘「やだ……そんな、そんな既に猿轡の上に縛られてるなんてハレンチですっ///」

魔王娘「でも私はむしろ縛られるほうが…ってキャー///」

勇者「ふぐぅ!ふぐぅ!」モゴモゴ

魔王娘「えっ、超チャーミングな私のことが好き過ぎる?もうやだぁーッ」バシィッ

勇者「ぬぐぅ!?」ボキッ



48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 23:04:00.66 ID:LbkbGV2AO

魔王娘「それではええと、手始めに、この水にお父様から頂いた媚薬を溶かしまして……」サラサラー

魔王娘「ぐふふ………ぐへへへへへ!!!!!これで勇者さまと私はあんな過激なことや、こんな過激なことを!」

勇者「ふぐぅ!ふぐぅ!ふぐぅ!」

魔王娘「さあ、猿轡をお外しなさい」

警備隊長「御意!」

勇者「ぶはっ!…なに!なに!なに!」



49:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 23:04:38.75 ID:LbkbGV2AO

魔王娘「お飲みになって勇者さま(はぁと)」

勇者「ぬぇっ……」

魔王娘「飲んで!飲んで!飲んで!」ぷりてぃー

勇者(さ……殺気っ!そうか!)

勇者「とうとう私を……それで殺る気か……」

魔王娘「そんなぁ……ヤる気なんてあからさまですよ……ほらっ、の・ん・で」

警備隊長「あっそれ!勇者殿のいいとこ見てみたい!」

魔王娘「のーんで!のんで!のんで!はいはい!」

警備隊長・魔王娘「うぇーい!!」

勇者「否!否!そんな飲み会みたいな雰囲気にしたって、飲まぬものは飲まんと……」

魔王娘「どうやって無理矢理飲ませましょうか」

警備隊長(狼形態)「やはり剣で脅すのが一番じゃありませんかね」 ジャキッ

勇者「ひぃぃっ!」



50:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 23:06:55.20 ID:LbkbGV2AO

―――――

こっそり

魔王「ぐへへ……いいぞいいぞぉ…そのまま地獄へずり落ちろ勇者ぁ……」

メイド長「あら、魔王様よだれなんか垂らして、どうかいたしました?」

魔王「ぎくっ!め、め、メイド長……」

メイド長「『ぎくっ』ってなんですか魔王様。クッキーが焼き上がりましたわよ。」

魔王「そ、そう、そうなのだ、我輩クッキーが楽しみで楽しみで仕方なくって思わずよだれをだらりとだな…」

メイド長「あらあら、じゃあ大臣様もお呼びになってテラスまでいらして下さいな。美味しいお紅茶入れてお待ちしてますわ」

魔王「う、うむ!楽しみにしておるぞ!」
魔王「……行ったか」

魔王「何気にメイド長を怒らせたら結構怖いんだよなぁ………」ぶるぶる

魔王「でもまぁバレてないみたいだし結果オーライだな。バレたら大臣のせいにすればいいし!」

魔王「おーい大臣!お茶だよー!一緒に飲もー」タッタッタッ



51:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 23:07:59.62 ID:LbkbGV2AO

――――――

ドゴォ!

勇者「ぬふっ!」

勇者「 」

警備隊長(狼形態)「気絶しましたぞ殿下ぁ!」

魔王娘「全く、このあとの『じょーじ』を想像して興奮して暴れちゃうなんて勇者様ったらお盛んですこと…///」キャッ

魔王娘「どゅぅふふふ…これで勇者様と骨まで溶けるような熱いキーーーッス!!」
魔王娘「飲んでいただきますわよ」ハァハァ

勇者「  」ゴク……ゴク…

勇者「  」


魔王娘「ぐへへへへへへ!!!!!!」



52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 23:08:43.91 ID:LbkbGV2AO

魔王娘「起こして下さいまし」

警備隊長(狼形態)「御意!」

ゴキッ

勇者「ぬふぅっ!?」

魔王娘「さ!さ!さ!勇者さま、どう、どう、どう、熱くなってきました?私をめちゃくちゃに……ってなに言わせんですかキャー!」ドゴォ!

勇者「ぬふっ!?」ボキッ

勇者「 」

魔王娘「あれ、あれ、また気絶しちゃいました……?」



53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 23:09:14.16 ID:LbkbGV2AO

―――――

魔王娘「しかしおかしいですわね、媚薬だってのに何の反応もないとか」

警備隊長「……あれでは反応もなにもないと思いますがね」

魔王娘「うーん、これ偽物なんじゃ…飲んでみようかしら…」

警備隊長「いっ、いけませんよ殿下!」

魔王娘「いっそ私も飲んだ方が盛り上がるはずです……って恥ずかしいですキャー!」ゴクッ

魔王娘「ってあれ……なんともない?」

魔王娘「……それに甘い」



54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 23:09:42.21 ID:LbkbGV2AO

―――――

テラス

メイド長「………」コポポ

大臣「チェックメイト」

魔王「そうかチェックメイトか。仕方あるまいな」

大臣「……何だかやけに機嫌がよろしいですな」

魔王「成功したのだよ、例のプロジェクトがな」

大臣「……プロジェクトってほどでもないでしょうけど」

メイド長「紅茶が入りましたわよ」

魔王「じゃあ我輩のには大量に砂糖をいれてくれ」

大臣「私のにも頼むよ」

メイド長「もう…糖尿病になっちゃいますわよ」

魔王「我輩この国で一番偉いから大丈夫大丈夫」サクッ

魔王「ん?」



55:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 23:10:14.08 ID:LbkbGV2AO

大臣「どうしました」ゴクッ

大臣「……あれ」

メイド長「なにか不都合でもありました?」

魔王「……クッキー、味がないんだけど」

大臣「紅茶も甘くない」

メイド長「あらごめんなさい忙しくって味見しなかったので……新しいメーカーの砂糖がいけなかったのかしら」

大臣「………新しい砂糖?そんなもの仕入れた記憶はないのだが」

メイド長「あら、緑のパッケージの……見慣れない感じでしたが」

大臣「えっ」

魔王「えっ」

メイド長「えっ?」



56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 23:10:54.35 ID:LbkbGV2AO

―夜―

魔王「 」ぎゅるるるるるるる

大臣「 」ぎゅるるるる

メイド長「お二人を治せるのは殿下だけなんですから魔術、使って差し上げたら?」

魔王娘「やです」

魔王「お゛願い゛ぃ……あ゛やまる゛がらぁ………………」ぎゅるるるるるるる

魔王娘「絶対やです」

魔王「ど……どう゛じでごう゛な゛っだ………」ぎゅるるるる

大臣「 」 ぎゅるるるるるるる

勇者「何があったというのだ一体全体」

警備隊長「さ……さぁ」



59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/27(日) 23:59:42.58 ID:LbkbGV2AO

【第三話】

――――――

【運動場】

勇者「…で、何故私がこのような場所に引っ張りだされたのかな」

警備隊長「まあまあ、外に出るのもよかろう。ほら!勇者殿大きく息を吸いたまえ!さあ!すぅぅぅぅはぁぁぁぁぁああああああ!!!!」

警備隊長「……んがはぁ!!息が!がほっ!変な!変な方に!!♂♀℃¥$¢£%!!!!!」

警備隊員A「隊長!隊長おぉ!!」

警備隊員B「水を!水を用意してさしあげろ!!!」

勇者(この男も大分…アレだな……)



60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 00:00:08.47 ID:XpDwnlbAO

警備隊長「……と、言うわけでだ!!」


警備隊長「勇者殿!今日は我々の訓練にお付き合い頂く!!」

勇者「……承知した」

警備隊長「おや!意外とノリノリですなぁ!このっ、このっ」ツンツン

勇者(……敵国の警備隊に参加するなど、非常に馬鹿らしい話であるが)

勇者(……あんなことを言われてしまっては)



61:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 00:00:39.06 ID:XpDwnlbAO

―回想―

勇者「……私が警備隊に?正気か?そのような反逆行為を」モグモグ

魔王娘「誰のおかげで、首が繋がってられるんですか?」

勇者「………頼んだわけでは」モグモグ

魔王娘「誰のおかげで、アホ面さげてご飯が食べられれるんですか?」

勇者「………だから頼んだわけでは」

魔王娘「誰のおかげで、アホ面さげて椅子に座ってられるんですか?」

魔王娘「誰のおかげで、アホ面さげてトイレにいけるんですか?」

魔王娘「誰のおかげで、アホ面さげて」


以下、割愛

勇者(……言われてはな)



62:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 00:01:54.57 ID:XpDwnlbAO

警備隊長「我が警備隊の特長は強さ!そして逞しさである!見たまえ!!形態変化!」パアァッ

警備隊長(狼形態)「どうだ!この肉体美!」 ムキムキッ

勇者「………毛が邪魔でイマイチ」

警備隊長(狼形態)「………そうか」

勇者「それから根本的な問いをしてしまって些か申し訳ないのだが」

警備隊長(狼形態)「………なんだ」

勇者「狼形態になるメリットはなんなのだ」

警備隊長(狼形態)「……えっ」



63:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 00:02:54.68 ID:XpDwnlbAO

警備隊長(狼形態)「……メリットなら、そうだな……まず暖かい。が、この辺は冬などないからな……暑いだけか」

警備隊長(狼形態)「力も……別にそんな増大せぬな……私は剣派だから牙とか爪とか使わないし」

警備隊長(狼形態)「……ちょっと強そうに……見えるとか」

勇者「……大したメリットはないのだな」
警備隊長「……うむ」ぷしゅう…



64:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 00:03:20.24 ID:XpDwnlbAO

警備隊長「さて、元に戻ったところでまず勇者殿には……」

魔王娘「がんばれ!がんばれ!勇者さま!がんばれ!がんばれ!勇者さま!」デンデンデン

勇者(また娘……!一見俺への叱咤激励と見せかけて、何かの呪文なのだな!みすみすやらせるものか!)

警備隊長「腕立て伏せを……」

魔王娘「キャー!勇者さまと眼があった!キャー!」

勇者(……こちらが視線を送りつづければ魔術回避が可能なのか!)

警備隊長「……私がいいと言うまで」

魔王娘「キャー!そんなに見つめないで!キャー!」

警備隊長「………」



65:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 00:33:35.41 ID:XpDwnlbAO

メイド長「何やってんですか殿下」

魔王娘「げっ!メイド長!」

メイド長「ほら、勉学の時間です。行きますわよ」ズルズル

魔王娘「やだやだやだ!やだやだやだ!」ズルズル

メイド長「それから魔王様」

魔王「ぎくっ!」

メイド長「こっそり勇者さまを暗殺しようとしてないで、今日までの書類を終わらせてください」ズルズル

魔王「やだやだやだ!やだやだやだ!」ズルズル

魔王娘「やだやだやだ!やだやだやだ!」ズルズル

魔王「やだやだやだ!やだやだやだ!」ズルズル

勇者「……似たもの親子だな」

警備隊長「……否定はしない」



67:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 11:54:15.07 ID:XpDwnlbAO

警備隊長「と、言うわけだ。大体10分後に声をかける。スタート!」

勇者「10分か、余裕だな」グイッ

警備隊員A「……そう思っていられるのは今のうちだけですよ」グイッ

勇者「……なに、特別な妨害や負荷があるのか」グイッ

警備隊員B「いいえ。普通に腕立て伏せですけど」グイッ

勇者「ならなぜ怖じ気つく。お前たちのトレーニングは横たわりながらベルトで腹に振動を与えるとかなのか」グイッ

警備隊員A「そんなワケはありません。見てくださいこの筋肉」ムキムキッ ムキムキッ

勇者「お……おお………」



68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 11:54:51.86 ID:XpDwnlbAO

警備隊員B「我が警備隊が最強であるのは……あの人が隊長だからです」グイッ

勇者「……想像の翼を羽ばたかせてもさっぱりわからん。あの男は意外にもスパルタ主義者なのか?」グイッ

警備隊員A「いいええ。優しいお方です。いや、むしろ甘さすら見え隠れする程ですから」グイッ

警備隊員B「でなければ、腹をくだしてあなたを見逃したなんてことにはなりません」グイッ

勇者「…それを断罪しない魔王も魔王な気がするが」グイッ



69:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 11:55:18.65 ID:XpDwnlbAO

警備隊員A「あなたは否定するでしょうが、魔王様はお優しい方です。あなたに異様に厳しいのは殿下をお思いになられる故の事でして」グイッ

勇者「……そんなに素直に娘に殺されない私が憎いのか」グイッ

警備隊員B「……はっ?」グイッ

勇者「先ほどの行動もアレだろう、私を[ピーーー]ためのアクションだろう」グイッ

警備隊員A「……どうしてそんな解釈になるんですか」グイッ

警備隊員B「……お可哀想な殿下」グイッ

勇者「なぜだ!なぜ私が悪いみたいな空気になっているんだ!」グイッ



70:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 11:55:44.38 ID:XpDwnlbAO

勇者「……しかしいつまで腕立て伏せをやっていればいい!もう10分は……警備隊長!」グイッ

警備隊長「………」ボケーッ

勇者「おい!おい!」グイッ

警備隊員A「……聞いちゃいませんよ」グイッ

警備隊長(ああ…メイド長殿は今日も超華麗でらっしゃる)

警備隊長(洗濯物を干す様は羽衣を纏った天女のごとく……)

警備隊員B「……今日は二時間かな」グイッ

警備隊員A「だったらいい方さ」グイッ

勇者「えっ、えっ」グイッ



71:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 11:56:11.13 ID:XpDwnlbAO

―三時間後―

勇者「 」

警備隊員A「……三時間か」

警備隊員B「まだ……この間の4時間よりはマシさ」

警備隊長「いやぁ、すまなかったな!アハハ!」

警備隊長「10分のつもりが……と、おや勇者殿大丈夫かな?」

勇者「………まあ、平気だ」ハアハア

警備隊長「では、水分を取ったことだし次はマラソン、1時間だ。スタート!」


勇者「……次は何時間だ」


警備隊員B「………6時間で済めば儲けもんです」

勇者「 」



72:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 11:56:47.43 ID:XpDwnlbAO

6時間後

勇者「………6時間経ったが」はぁはぁ

警備隊長(メイド長殿は……メイド長殿は……)キョロキョロ

警備隊長「………」ボケーッ

勇者「………」タッタッタッタッ


7時間後

勇者「………どうしたというのだ」ぜぇぜぇ

警備隊長(狼形態)(はああん!メイド長殿!メイド長殿!私は洗濯物になりたああああああい!!!しごかれたい!しぼられたい!のばされたい!干されたい!!!)

警備隊員A「……興奮のあまりに狼形態になっちゃってますね」タッタッタッタッ
勇者「………」タッタッタッタッ



73:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 11:57:13.08 ID:XpDwnlbAO

8時間後

勇者「オオエエエエエェェェ……」ゲロゲロゲロ

警備隊長「いや、すまなかったすまなかった。多少ボケッとしていたら時間が」

勇者(……多少ってレベルじゃ)ゲロゲロゲロゲロ

警備隊員A「……だから我々は最強なんです。隊長は元々強いですし」

警備隊員B「ちなみに週5です」

勇者「………えっ?」

警備隊長「では!最後に耐暑訓練も含めてサウナに入るぞ!1時間半だ!」

勇者「  」



74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 11:58:18.93 ID:XpDwnlbAO

―――――――――

翌朝


警備隊長「……メイド長の幻影が見える」ぐったり

メイド長「嫌ですわ。無茶をしすぎです隊長さん」

メイド長「あらあら……のぼせちゃっていけませんわ」ふきふき

警備隊長「……すまない」

メイド長「お水も飲んでらして。飲ませて差し上げます。あーんして下さい」

警備隊長「………うむ///」


魔王娘「いやあああああ!!死なないでぇえええぇぇ!!勇者さま死なないでええええ!!!」ゆっさゆっさ

勇者「 」チーン



78:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:08:08.89 ID:XpDwnlbAO

【第4話】

―とある早朝―

メイド長「おはようございます勇者様」

勇者「………うむ」

カチャッ

メイド長「本日の朝食は味噌汁『風』スープと白米『風』炭水化物と納豆『風』タンパク質になります」

勇者「……『風』ってのはなんなのだ」

メイド長「精神衛生上お聞きにならない方がよろしいかと」

勇者「………」



79:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:08:57.36 ID:XpDwnlbAO

メイド長「ごめんなさいね、最近少し物資が少なくって」

勇者「……何かあったのか」

メイド長「毎年のことですわ。お気になさらず」

勇者「……毎年?」

メイド長「ええ。この時期になると必ず…なんででしょうかね」

勇者「…例え陰謀だろうと私にはもうどうにも出来んことだな」

メイド長「ですね」にっこり

勇者(……多少は否定してくれたって)



80:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:09:29.48 ID:XpDwnlbAO

メイド長「では失礼しますわ」

ガチャン

勇者「……いい女性だ」

勇者「警備隊長が思うのもわかる気がする……あの男も気持ちがよい“騎士”だ。」
勇者(……あのもの達はあの魔王親子を良きものと判断している)

勇者(意外と……いや!騙されてはダメだダメだ!)ぶんば

勇者(いっそ殺される前に自害を………)チラッ

勇者(……ナイフは痛いな。やめておこう)



81:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:10:16.51 ID:XpDwnlbAO

きゃあああああああああああ!!!!


勇者「!?」


勇者「………あちらの部屋からか」


勇者「今行くぞ!待っていろ!」



82:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:11:13.24 ID:XpDwnlbAO

タッタッタッタッ!




ガラッ



勇者「大丈夫かぁ!」




うふ~ん♪

魔王娘「勇者さまぁ!」すっぱだかー





勇者「………」

勇者「えっ」



83:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:11:52.50 ID:XpDwnlbAO

魔王娘「助けに来てくれたのね勇者さま!勇者さま!」ギュッ

勇者「いや、ちょ、はだか………」



ガラッ


メイド長「大丈夫ですか殿下!」

メイド長「って………」





勇者「………」

魔王娘「ああーん勇者さまぁー」ギュッギュッ




メイド長「………風呂場で何やってんですか」

勇者「……私にもよく状況が」



84:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:12:18.04 ID:XpDwnlbAO

―――――――

メイド長「とりあえず…今は部屋で服を着せていますが」

勇者「す……すまない。女子の浴場だとは全く」

メイド長「いいですわよ。どうせ想像はつきますから」

勇者「しかし理解しがたい。なぜあの娘は私に裸で抱きついてきたのか……」

勇者「……なんらかの示唆か、それとも準備儀式か……」ブツブツ

メイド長「………私は勇者様のことが一番理解しがたいんですけどね」



85:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:12:55.17 ID:XpDwnlbAO

ガチャッ

魔王娘「……着替えました」

メイド長「で、なんで裸で叫んでらしたんです殿下は」

魔王娘「………これです」

メイド長「これは……」ジーッ



勇者「……下着?」



86:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:13:23.66 ID:XpDwnlbAO

魔王娘「………あんまりジロジロみないでくださいよぅ」

メイド長「しかしゴムの入ったヤケに肌触りの良い生地に、うさぎのプリント。随分子供らしいですけど」

魔王娘「私の趣味じゃありません!もともと履いてたパンツは黒のティバックです!」ぷんすか

勇者(………その顔で黒の)


メイド長(Tバックって殿下………)



87:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:14:31.51 ID:XpDwnlbAO

魔王娘「それがいつの間にか、こーんな!うさちゃんパンツにすり替わってたんです!誰だこんちくしょう!!!」

メイド長「まあ殿下の趣味は置いといて、確かに元のパンツは持ち去られていたんですから変態の仕業と言うことには違いはありませんわ……」

勇者「……わかった。私が犯人を探そう」

メイド長「ゆ、勇者さま?」

魔王娘「マジですか!」

勇者「ああ、任せておけ。メイド長、すぐに辺りを封鎖してくれ!」

メイド長「既に封鎖済みです」

勇者「では、ここへ容疑者を集めてくれ」

メイド長「りょ、了解です」


魔王娘「ゆ……勇者さま………////」



89:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:15:40.31 ID:XpDwnlbAO

訂正

魔王娘(てっきり最近勇者さまに嫌われてるとかおもってましたけど、やっぱり勇者さま私の事が………///)

勇者(このまま俺を犯人に仕立て上げて殺す口実を作るつもりだろうがそうは行くかっ………!)


メイド長「思惑は様々ですわねー……」タッタッタ



90:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:28:30.64 ID:XpDwnlbAO

――――――

メイド長「さて、閉鎖したエリア内に残されていた者達を一斉に集めましたが……」

大臣「やれやれ、私は忙しいのだがね」

警備隊長(め、メイド長に呼び出された……///)ドキドキ

オーク「グリュリュリュリュ……」

ゴブリン「ガウッ!ガウッ!ガウッ!」

勇者「全て男か……」

メイド長「ええ。怪しいっちゃ怪しいですね……」



91:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:29:45.24 ID:XpDwnlbAO

大臣「それで、なんでこんなところに私達を集めたのかね」

メイド長「実は殿下のパンツが盗まれ、変わりにお子様パンツが現場に残されるという凶悪事件が発生いたしました」

一同「おおっ!」

魔王娘「………『おおっ』ってのはなんなんですか」



93:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:30:56.54 ID:XpDwnlbAO

勇者「そしてだ、犯行時刻から封鎖された時間を考え、間違いなく犯人はこの中にいる!」ビシッ

大臣「!」バン!

警備隊長「!」バン!

ゴブリン「!」バン!

オーク「!」バン!

勇者「まずは大臣、あなたの行動を伺いたい」

大臣「………お前に話すことなど」

魔王娘「………」ギロッ

ぎゅううううううっ

▼むすめの あしをふむこうげき! 

大臣「んぬううぅぅぅぅぅ!?」

魔王娘「……そりゃ痛いように踏んでますから」



94:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:31:23.76 ID:XpDwnlbAO

勇者「再度お聞きする。あなたの行動を伺いたい」

大臣「…あー、私は魔王陛下に国防の状況をご報告に参ろうとする途中、たまたまこのエリアに足を踏み入れただけだ」

メイド長「確かにいつも大臣はこの時間帯に報告なさりますから自然なことですわよ」

大臣「でしょう、メイド長!」

勇者「しかし、その自然さを犯行に利用することも考慮しなければならん」

メイド長「ま、それもそうですわね…怪しいかも」

大臣「めっ、めっ、メイド長ぉ……」

大臣「いや、メイド長!それ以前に私とあなたは……」



95:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:32:58.15 ID:XpDwnlbAO

魔王娘「確かに大臣は前々から怪しいかもとは思ってたんです。なーんかスケベそうな顔してるし」

大臣「……聞いてる?」

勇者「確かに若い愛人の二、三人は囲ってそうな面構えだな」

警備隊長「夫人の尻に敷かれているからな、アレだ、性の獣と化してらっしゃるのだろう…」

メイド長「確かに髪の薄い方はそう言う気がお強いとかなんとか」

魔王娘「目がやらしいものね」

勇者「口も破廉恥だな」

警備隊長「そう言えば鼻の下が若干長い」

メイド長「その上髪も薄くてらっしゃるわ」

魔王娘「まあ、いやらしい」



大臣「……ただの悪口大会になってないか」



96:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:34:16.35 ID:XpDwnlbAO

魔王娘「と言うわけで大臣が犯人よ!」

大臣「ちょ、殿下っ!?」あせあせ

メイド長「あっ、そうですわ」

勇者「……何かなメイド長」

メイド長「そう言えば、大臣様と殿下がお叫びになるまでの間中ずーっと喋ってたんでしたわ」

大臣「そう!そうなのだよ」

メイド長「ですから大臣様には犯行は不可能です」

大臣「ねっ!」

一同「ええっ……」

大臣「……ええっ、とは何だね」



97:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:35:09.28 ID:XpDwnlbAO

勇者「……となると大臣の線は無くなったか。となると」ジッ



警備隊長「わっ、私か!?」




警備隊長「い、いや、しかし……私は騎士であるからしてそのような破廉恥な愚考は…」

魔王娘「騎士だからってなんの証明にもなりませんよ隊長」

勇者「そうだ。オークやゴブリンよりか怪しい。下着を盗むという点においてやまして!」

大臣「そう言えば警備隊長は『狼男』だからなぁ……狼と言えばもう獣そのものだ。」

魔王娘「そう言えばこう言う季節だから獣は発情期真っ只中ですもんね」

警備隊長「ち、ち、違う!違いますぞ!ただ、形態として狼っぽくなるってだけで別に私は人間ですから発情期とかそういう」
勇者「つまり年中発情期という事か」

警備隊長「違う!違う!違うー!」



98:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:39:04.00 ID:XpDwnlbAO

魔王娘「そんなにパンツが欲しかったんですか?で、お子様パンツとすり替えればバレないと思ったんですか?ていうか隊長はこんなパンツをわざわざ買いに言ったんですか?」

大臣「うわ、いい大人が……キモッ」

警備隊長「なんで……私が犯人という前提なのか」

魔王娘「もしかしてあんましメリットない狼形態にしたのも、そういう為だったりして」

警備隊長「そう言うってどういう!」

大臣「うわっ、引きますぞー」

勇者「……ちょっと子孫繁栄に必死過ぎるというか」

警備隊長「だから……」



99:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:39:31.28 ID:XpDwnlbAO

警備隊長「違います!違いますぞメイド長!」

メイド長「ふふ……まあ……」

メイド長「男の方ですから、仕方ないと言えば……」

警備隊長「  」



100:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:39:59.75 ID:XpDwnlbAO

るーーるーるーるー…るーーるーるーるー……

大臣「……憲兵隊には連絡を入れた。あと少しすれば到着する」

勇者「……悲しい事件だった」

魔王娘「そうですね。魔物中にも更なる魔物が住んでいるのかも知れません」

メイド長「これも人の……いえ、魔物の世の常なのかもしれません」

警備隊長「ちょっと!ちょっと!本当に私が犯人みたいな扱いじゃありませんか!ちょっと!」


魔王娘「だって」

勇者「そうだろ」




警備隊長「ちがぅぅ……」ぐすっ



101:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:53:35.83 ID:XpDwnlbAO

オーク「ウォウ!ウォウ!ウォウ!」

ゴブリン「バウ!バウ!バウ!」

メイド長「あら、お二人が何か言いたげですわ」

勇者「と、言われても私は魔物の言葉は分からん」

オーク「ウォウ!ウォウ!」

勇者「通訳していただけないか」

メイド長「その必要はありませんわよ」

勇者「へっ?」

ゴブリン「バウ!バウバウバウ!」

魔王娘「二人とも、戻ってないですよ」

オーク・ゴブリン「ウォウ!(あ、いっけね!)」



102:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:54:03.01 ID:XpDwnlbAO

パアァ………

警備隊員A「すいません、ついつい戻るの忘れてまして」

警備隊員B「訓練の後でしたからつい」

勇者「ぬぁ!?」

警備隊員B「隊長だけでなく、僕たちも形態変化出来るんですよ」

メイド長「っていうか魔王国のほぼ全てのモンスターは住民か兵士が形態変化した姿なんですわよ」

勇者「……しかし、なぜ隊長だけがきちんと言葉を喋れるんだ」

一同「隊長……だから?」

警備隊長「そうだな、隊長だからだな」

勇者(よ……よくわからん)



103:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:58:06.09 ID:XpDwnlbAO

警備隊員A「それでです!僕たち三人は汗を流そうと男子浴場に向かってたんですよ!」

警備隊員B「で、殿下の叫び声を聞くまで僕たち一緒に居たんですから隊長には犯行は不可能です!」



勇者「しかし三人共犯という可能性は」



警備隊一同「えっ!?」



魔王娘「あり得なくないですわよねー」

警備隊長「い、いや!まあ、いえなくはないでしょうけど、その辺追求されちゃったら我々は……」



104:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/28(月) 23:58:50.48 ID:XpDwnlbAO

メイド長「ありえませんわよ。だって三人がこの辺りに来たのは本当に殿下が叫ぶ直前でしたでしょうから。」

勇者「なぜ分かる」

メイド長「トレーニングルームの使用記録です。退出時間を考えると、殿下の下着を盗むまではとても」

警備隊長「流石はメイド長殿!ありがたい!」ぎゅっ

メイド長「いやですわ、隊長さん」

警備隊長「あっ……///」

一同(なら最初から教えてやってれば……)



106:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 00:31:19.55 ID:fuHWIWsAO

警備隊長(ああ、やっぱりメイド長殿は天使であらせられるなぁ……この私ごとき、小さな身に手を差し伸べてくださるとは、流石はメイド長殿と言わざるを得ないな!私は幸せである……幸せの極みである!!)

魔王娘「……幸せの形は人それぞれですもんね」

勇者「………だな」



107:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 00:31:55.04 ID:fuHWIWsAO

魔王娘「大臣も違う、警備隊長も違う、警備隊の二人も違うとなると」

メイド長「事件は迷宮入りかしらね」

魔王「いいや!ちがーう!!」バーン

魔王娘「おっ、お父様!?」

メイド長「……いままでどちらにいらしたんです」



108:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 00:32:29.28 ID:fuHWIWsAO

魔王「タイミングがわからなくて、ずっと隠れていた。そんなことはさておいて!」

魔王「……我輩はよく推理小説の類を熟読玩味するのだが、そこに興味深い記述がある」

魔王「『犯人は第一発見者を装い、現場に必ず戻って来る』とな。そしてこの中で疑わしい人間は消去法でただ1人!そうだ…」



魔王「つまり!勇者!お前が犯人である!!!」ビシッ



警備隊長「なっ!」

警備隊員A「ぬぁっ!」

警備隊員B「なにっ?」

大臣「まさか……!」

メイド長「……そんな!」



勇者「……えっ」





勇者「えっ?」



109:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 00:42:31.19 ID:fuHWIWsAO

魔王「この獣め!貴様のような恥知らずには裁判無しの速攻死罪がふさわしい!我輩が傷心の娘君に変わって成敗……」




魔王娘「うれしい!」





魔王・勇者「……はっ?」



110:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 00:43:07.46 ID:fuHWIWsAO

魔王娘「私の下着をいつも懐に納めていつでも私を思い出していただけるなんて……私、愛されてますよね!」

勇者「いや、ちが……」

魔王「我が娘よ!こいつは変態、変態なんだぞ!犯罪者だぞ!」

魔王娘「パンツの1つや2つどってことありませんわ。それに勇者様は親族も当然。親族相盜で無罪でしょ。ねー勇者さまぁ♪」

勇者「……いやそれはそれで困るっていうか」



111:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 00:43:53.07 ID:fuHWIWsAO

メイド長「まあ、お互いがいいんじゃいいんじゃないんですか?」

警備隊長「そうだなメイド長殿がそう言うなら」

警備隊員A「そうですねメイド長さんが言うなら」

警備隊員B「ですよね、仕方ないですよね」

大臣「メイド長が言うなら仕方ない」

魔王「ちょっ!ちょっ!魔王がこんなに怒ってんだよ?なんなの?メイド長の意見のが優先されるの?ねぇ!」あせあせ

勇者「わ、私にしてもそう言う結論にされるのは!」あせあせ



メイド長「解散」
一同「了解」



魔王・勇者「ちょっ!」



112:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 00:44:54.19 ID:fuHWIWsAO

魔王「待ってえ!待ってえ!!!!!!」

ブラーン………



魔王娘「……ん、お父様ポケットから何かはみ出してますよ」



魔王「ゲッ」



魔王娘「……ゲッってのはなんなんですか?」



113:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 00:45:32.45 ID:fuHWIWsAO

魔王「いや別に大した……」

魔王娘「取り押さえてください」

警備隊長「御意!」グイッ

魔王「ちょ、ちょ、警備隊長無礼であるぞ!一番偉いのは私で……」ジタバタジタバタ

魔王娘「階級無罪なんて制度、我が国にはありませんよお父様」

メイド長「ポケットの中身失礼いたします」ひょいっ

魔王「だ、だめえええええっ!!!!!!!」



114:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 00:45:58.52 ID:fuHWIWsAO

メイド長「………これは」




うっふ~ん



魔王娘「あ、あ、あ、あ……」

魔王娘「あたしのパンツ!!!」




魔王「 」



115:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 00:47:14.79 ID:fuHWIWsAO

魔王娘「お父様……」





魔王「悪気は……悪気はなかったのだ!本当だ!信じてくれ!」ガバッ


魔王「ただ……娘がTバックを履いているのが許せなかっただけなのだ……!」

魔王娘「じゃあ、直接言ったらどうです!」



魔王「……聞いてくれたか?」

魔王娘「いいええ」



魔王「……」



116:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 00:48:16.00 ID:fuHWIWsAO

メイド長「だからっていくらなんでもあのパンツのセンスはないですわよ」

魔王「でもでも似合うと思って特別に作らせて!」

魔王娘「……とにかく、お父様の」

魔王「し、親族相盗!親族相盗!」


魔王娘「ばかああああああ!!!」パアァ
魔王「ちょ、ちょっ!」




▼まおうむすめの かえんまほう!



▼まおうに ちょくげきした!





魔王「ぬあ゛あああぁぁぁぁ!!?」

大臣「わたしもおぉぉお゛ぉ!!?」




▼まおうは とんでいった…
▼だいじんも とんでいった……



メイド長「たーまやー」



117:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 00:48:43.38 ID:fuHWIWsAO

魔王娘「……まったく!」ぷんすか


警備隊員「ま、そんなとこでしょうな」

警備隊員A「疑う余地もありませんよね」

メイド長「お疲れさまでした。さ、気が済んだでしょう殿下。とりあえずもうお眠りなさい」

魔王娘「はぁい……」

メイド長「勇者様もお疲れでしょう」

勇者「あ、ああ…だが勢いで来てしまったので部屋の場所が」

メイド長「なら、ご案内いたしますわ」

勇者「………」

メイド長「どうしました浮かない顔して」



118:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 00:49:39.64 ID:fuHWIWsAO

魔王娘「あっ、そう言えば忘れてましたね!お休みのキーーーッス!!!!」

勇者「……」サッ

魔王娘「なんで避けるんですか!キーーーッス!」

勇者「………」サッ




魔王娘・メイド長「………」


ぶちゅっ


魔王娘「 」


メイド長「…もう寝なさい」ふきふき



魔王娘「いやあーーーっ!!!!!!!!」



119:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 00:50:05.60 ID:fuHWIWsAO

―――――

メイド長「はぁ。まったく親子共々…お騒がせして申し訳ないですわ」カツカツ

勇者「あの……だなメイド長」

メイド長「なにか?勇者さま」

勇者「………この間、確か私に出そうとした食事だがアレって」

メイド長「うふふ」

勇者「いや、うふふじゃなくて」



120:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 00:50:40.72 ID:fuHWIWsAO

メイド長「……ジョークですよジョーク」にっこり

勇者「……ジョークか」

メイド長「ジョークです。うふふふ……」

勇者「………」



【第四話・おわり】



123:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:45:56.58 ID:fuHWIWsAO

【第5話】


――――――




勇者「………」

警備隊長「やあ勇者殿!一向に来ないから迎えに……って」

警備隊長「どうしたのかね。珍しく考え込んで」

勇者「……私はこのままで良いのだろうか」ハァ

警備隊長(な…何を今更……)



124:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:46:25.28 ID:fuHWIWsAO

勇者「………ハァ」

警備隊長「悩んでらっしゃるなら勇者殿!なんでも私に!さあ!」

勇者「……隊長は元々敵だった私に親しくしてくれるが、何故か」

警備隊長「まあ、同郷のよしみというヤツかな」

勇者「……同郷?貴方は人間だったのか」

警備隊長「そうだ。私は元々人間であった。形態変化と言う奴は、魔王陛下に忠誠を示すために後付けで行っていただいたのだよ。」

勇者「……だから他の者に比べて使い物にならんのか」

警備隊長「……それは言わない約束です」



125:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:46:53.28 ID:fuHWIWsAO

警備隊長「私の首の後ろには…ほら、傷がある。これは多分、人間の国にいるときにつけられたものだろう」

警備隊長「……私は、人間時代の記憶は全くないし、魔王国の兵士だ。だから戦う。が、人間を憎んだりはしないぞ、勇者殿」

勇者「……警備隊長は立派な方だ。素直に感心する」


警備隊長「とはいえ、勇者殿の私とは共通点も多いですからな!容姿端麗!勇猛果敢!獅子奮迅!不撓不屈!和顔愛語!花鳥風月!恪勤精励!眼光炯炯!精力絶倫!」

勇者(……よくもまあここまで自画自賛出来るものだ)



126:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:47:20.61 ID:fuHWIWsAO

ガチャ……

メイド長「勇者様、いらっしゃいますか」

メイド長「ってあら、隊長さんこんにちは」

警備隊長「メイド長殿こんにちは」ビシッ

メイド長「なぜ……こちらに?」

警備隊長「勇者殿は本日我々と共に鍛錬に励む予定なのでな。お迎えにあがったのです」

メイド長「あら……困りましたわ……」

勇者「どうかしたのかメイド長」

メイド長「………それが、その殿下が風邪をひかれて」

勇者「………風邪をひくのか」



127:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:47:58.14 ID:fuHWIWsAO

メイド長「是非、勇者様にお見舞いに来ていただきたいと。お嫌ならば、そのまま警備隊長さんと鍛錬に……」

勇者「……わかった」

メイド長「そうですか。残念ですわ」

警備隊長「ではいこうか勇者殿」

勇者「いやいや、だから『わかった』と」
メイド長「……そうですか。そうお伝えしときます」

警備隊長「いこうか勇者殿」

勇者「だから行く!娘の所に行くと!」

メイド長・警備隊長「………」



メイド長・警備隊長「えっ」



128:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:48:26.14 ID:fuHWIWsAO

―――――

魔王娘の部屋

メイド長「……本当によろしいので」

勇者「……よろしい」

勇者(……警備隊長に付き合うよりかは幾倍程度マシだからな)

勇者(病とあれば、まさか襲っては来んだろうし……)



129:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:51:39.70 ID:fuHWIWsAO

ガチャ……

メイド長「殿下ー、勇者様をお連れしましたわよー」


魔王娘「うん……」ガハッゴホッ

勇者「……お、思ったより弱っているな」

魔王娘「ま、まあ!勇者ざば、あ゛たしのだべに!!」ガバッ

魔王娘「オオオオエエェェェ………」

勇者「……うわぁ」



130:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:52:32.88 ID:fuHWIWsAO

メイド長「魔族は風邪なんてめったにひきませんからね、だから引いたときは酷いんですわよ……」

魔王娘「………ぐすっ」

勇者「と、とりあえずなんだ、まあ、しっかり静養して元気に……」

勇者「あんまり元気に……なられても困るな」

女「ほ~んと、普段が元気すぎるから丁度いいくらいよ~、あなたは~……」

勇者「そうだな些か………」



131:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:52:59.76 ID:fuHWIWsAO

勇者「……って!」

女「あらこんにちは勇者さま~」ふりふり

勇者「だぁ!誰だ貴様は!!どこの刺客!」ジャキッ

女「どうしよう~、メイド長、私剣向けられちゃったぁ~」

メイド長「……どうしようじゃありませんわ、普通びっくりしますわよ」

魔王娘「そうですわよお母様」

勇者「お……『お母様』?」

魔王皇后「どうも~、母です~」ふりふり

勇者「 」



132:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:53:30.49 ID:fuHWIWsAO

魔王皇后「風邪引いたってパパから聞いて急いで帰って来たのよ~」

大臣「いやはや、皇后君久しぶりですナマコの酢の物!」

警備隊長「ご無事でなにより…り…り……リュウキュウアユは食べられない!」


魔王皇后「あら二人とも、お久しブリの食べ頃は12月!」



魔王皇后「うふふふふふふふふふふふふ!!!!!!」
大臣・警備隊長「ぬははははははははははは!!!!」



魔王娘「……もうやだこの人達」



133:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:54:02.49 ID:fuHWIWsAO

魔王娘「それにしてお母様、どこから入ってきたんです……」

魔王皇后「やだ企業秘密よぅ~」

勇者「……ま、まさか、普段は居ないものだからてっきり離別したものかと」

メイド長「まさか。魔王様と皇后様は大変仲がおよろしいんですのよ?普段は諜報のお仕事をしてらっしゃるのでお城にはいらっしゃいませんけれど」

勇者「……諜報?しかし」

魔王皇后「あらスパイの割には厚着してる~?もう勇者さんのエッチぃー!キャー」バシッバシッ

勇者「ぬふぅ!」メキッ

魔王皇后「あ…あらやだごめんなさい加減が分からなくって…」



134:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:54:28.83 ID:fuHWIWsAO

勇者「……そ、そっくりな親子だな」ゼェゼェ

魔王娘「……よく言われまs…ゴホッゴホッ!」



135:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:55:34.27 ID:fuHWIWsAO

魔王皇后「さて、せっかく帰ってきた事だし、今日はメイド長に変わって私が看病するわ~」

魔王娘「ゲッ!」

魔王皇后「……何か言った~?」

魔王娘「……いいえお母様」

魔王皇后「それじゃーあ、誰か手伝ってくれるひと~」

シーン……

魔王皇后「……あらぁ?」



136:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:56:08.00 ID:fuHWIWsAO

大臣「隊長、お前が行け!メイド長にアピール出来るチャンスではないかっ」ヒソヒソ

警備隊長「いやいや、私には荷が重すぎます。大臣殿のような剛健な方が相応しいでしょう!」ヒソヒソ


大臣「わ、私は動けない方の魔族なんだ!そ、やはりメイド長、君が…」ヒソヒソ



メイド長「……ららららー♪サキュバスパブー♪ららららー♪奥様に報告ー♪」

大臣「……メイド長は忙しいやうだ」

警備隊長(……どんな秘密を握られてるんだこの人は)


勇者「そんなに揉めることは無かろう。婦人の手伝い一つ出来なくては」



大臣・メイド長・警備隊長「ゆ、勇者(さま)(殿)!?」



137:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:56:41.94 ID:fuHWIWsAO

勇者「私が引き受けよう、奥方」キリッ

魔王皇后「あら~、勇者さん~」



勇者(この女は比較的妖気が薄い。それに……)

勇者(……魔王に恩が売れるぞ!!)グッ



138:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:57:07.91 ID:fuHWIWsAO

魔王娘「……ゆ、勇者さまぁ、マジでお止めになったほうg……ガハッ!ガハッ!オオオオエエェェェ…!!」

勇者「止めても無駄だぞ娘」

勇者(せっかくの機会だ。この娘も妨害出来ないことだし、逃すわけには参らん!!!)

魔王皇后「まあ!素敵な勇者さん!!」パアァッ

勇者「ぬはははははは!!!任せたまえ!任せたまえ!」

メイド長・大臣・警備隊長(バッカだなぁ……)



139:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:57:44.12 ID:fuHWIWsAO

―キッチン―

魔王皇后「ええと、風邪の時は……栄養つけなきゃね~」ガサゴソ

勇者「……そうだな」

魔王皇后「ないわねぇ~」ガサゴソ

勇者「……ところで何を作るのだ」

魔王皇后「おかゆ」

勇者「冷蔵庫に鶏卵と調味料、右に米があるぞ」

魔王皇后「そんなもの探してどうするのよ~」

勇者「えっ」
魔王皇后「えっ?」



140:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:58:13.89 ID:fuHWIWsAO

勇者「…い、いや、材料なしでどう作るのだ奥方」

魔王皇后「……あ、あった!」パアァッ
勇者「……何が」

魔王皇后「魔術書とロウソクね~…それからそれから~」

勇者「い、いや!いや待て!奥方は粥を作りたいのだろう?」

魔王皇后「そうよ~。魔法陣で食べ物を出しちゃうのよ~!私料理苦手だからそっちの方が早いのよ~?」ニコニコ

勇者「……そっ、そんなことが出来るのか」



141:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:58:39.56 ID:fuHWIWsAO

魔王皇后「そうよ~?じゃ勇者さん、魔法陣を描くの手伝って~」

勇者「……うむ、どこにだ」




魔王皇后「グラウンド一杯に~、白線引きで~」ニコニコ




勇者「うむ、グラウンド一杯に、白線引きで……」


勇者「……って、えっ?」



魔王皇后「大変だろうけど、よろしく~」ニコニコ



勇者「いや……えっ、えっ」



142:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:59:05.24 ID:fuHWIWsAO

―グラウンド―

10分後



勇者(3000m四方に魔法陣なんて正気の沙汰かッ!)タッタッタッ



ザザザザザザ!



勇者「……これで良いか!」ハァハァ

魔王皇后「う~ん……もっと星が左かなぁ~……」



勇者「……わかった」タタタッ



143:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 15:59:36.98 ID:fuHWIWsAO

30分後

ザザザザザザ………



勇者「……あのこれで」ハァハァハァハァ

魔王皇后「ちょっと星がずれてるわ~」ニコニコ




勇者「………ぅぅ」ハァハァハァハァ



144:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 16:00:03.24 ID:fuHWIWsAO

2時間後

ザザザ……ザザ……ザ……


勇者「こ、これで!」 ゼェゼェ!

魔王皇后「うん!完璧~っ!あっ、これおいし~」パクパクゴクゴク

勇者「……あのだな」ゼェゼェ

魔王皇后「あ、お紅茶飲む~?クッキーもあるわよ~」ニコニコ

勇者「………」



145:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 16:00:30.17 ID:fuHWIWsAO

―――――――

勇者(……確かにこの婦人の手伝いを避けたがる訳が分かったような気がしなくもなくも)

魔王皇后「では準備が出来たところで、行きますよ~勇者さ~ん」ニコニコ

勇者「……了解した」

魔王皇后「………魔法陣発動!」



ポウゥッ


魔王皇后「出でよ!おかゆ!出来れば卵が入ってるとなおいいわ!!!」



パアアアアッ!!!



勇者(……呪文というより注文だな)



146:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 16:01:03.51 ID:fuHWIWsAO

カッ!

モクモクモク………


魔王皇后「うんうん~!バッチグーよ~勇者さん~!」ニコニコ

勇者「あ、ああ………」

勇者(っていうかこれ、絶対普通に作った方が早かったような……)



147:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 16:01:32.46 ID:fuHWIWsAO

プシュウウ………


魔王皇后「ふぅ、ようやく終わったわ~」
魔王皇后「さーて、美味しく仕上がってるかしら~♪」てってってっ



『ウオォォォオオォォ!!!!!』





魔王皇后「ふんふんふーん♪猫のふーん♪」

勇者「……お、奥方、少しよいか」

魔王皇后「なぁに?」ニコニコ



148:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 16:02:00.50 ID:fuHWIWsAO

勇者「……魔王国の粥はその」

魔王皇后「その?」

勇者「き、牙が生えてたり、角が生えてたり翼が生えてたり……」

勇者「……獰猛だったりするのかな?」

魔王皇后「まっさか~。お米が獰猛なわけないじゃなぁい~。」

魔王皇后「ほら、喜んで~。卵入りのお粥、出来てるわよ~。おいしそ~」ほかほか

勇者「じゃ、じゃあ…アレは…………」





ドラゴン『ウオォォォオオオォォォ!ウオ!!!』バッサバッサ!



149:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 16:02:54.93 ID:fuHWIWsAO

魔王皇后「あらやだ~!またついでに伝説のドラゴンまで召還しちゃったわぁ~」ニコニコ

勇者「つ……ついで?」

魔王皇后「食べ物を作ろうとすると、いつもこうなっちゃうのよね~。困ったわぁ~……」ニコニコ

勇者「困ったって……奥方」

魔王皇后「じゃあ、私はあの子にご飯を届けなきゃいけないからぁ~、頑張って倒してね~♪」タタタッ

勇者「が、頑張ってと言われても……」


ドラゴン『グリュリュリュリュ………』



▼ドラゴンは いかりくるっている!




勇者「………言われてもな」



150:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 16:03:30.82 ID:fuHWIWsAO

―勇者の部屋―



勇者「 」チーン


▼ゆうしゃは ちからを つかいはたした……


魔王娘「ゴホッ!勇者さまあああああ!!いやああああ!ゴホッ!ガハッ!ガハッ!」

警備隊長「…しかしやるなぁ、まさか一人でドラゴンを片づけるとは」

大臣「まるで屍だがな……」


メイド長「……仕事が増えましたわ」ハァ

ガラッ

魔王皇后「えっ、勇者さんがお怪我?なら私が直々に~……」



魔王娘・メイド長・大臣・警備隊長「……もう、勘弁してくださいっ!!」



151:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 16:04:01.42 ID:fuHWIWsAO

――――――

魔王の部屋

魔王皇后「って事があったの~」ニコニコ

魔王「……」

魔王(流石にこれは勇者に頭を下げねばならんか……)



152:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 16:04:34.81 ID:fuHWIWsAO

魔王皇后「勇者さんの件ですけどね~、私気に入りましたわ~。だからあなた」

魔王「……な、なんだ」

魔王皇后「私はこのままで良いとおもいますの~。つまり~」

魔王「……つまり?」

魔王皇后「勇者さまに何かしたらぁ、ただじゃおきませんわ~」

魔王「……そ、そういうものでは」


魔王皇后「 た だ じ ゃ お き ま せ ん わ 」

魔王「はい」



153:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 16:05:55.98 ID:fuHWIWsAO

魔王「……しかし、どうしてメイド長や警備隊長、それにあの子やお前までが勇者の肩を持つのかてんでわからん」

魔王皇后「悪い人じゃないし、何にせよイケメンじゃありませんか~」

魔王「……どいつもこいつもイケメンイケメンって」ぶつぶつ

魔王皇后「でも、旦那さんはあなたで大正解でしたわ~。大好きよっ」

魔王「ええ~///」でへり

魔王皇后「………今日こそ二人目、どう~あなた///」

魔王「う、うむ///」


魔王(すまなかった勇者。そして……)


魔王(ありがとう勇者!!!!)


▼まおうと ゆうしゃのきょりが すこしちぢまった!


【第5話・おわり】



156:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:34:37.76 ID:fuHWIWsAO

――――――


警備隊長「と、言うわけでだ、勇者殿」
警備隊長「本日は貴殿に、この国の仕組みとか、政治とかを学んで頂こうと思う」
勇者「断る」

警備隊長「な、なんで」



157:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:36:13.35 ID:fuHWIWsAO

【第六話】

勇者「常識的に考えて見ろ。勇者は魔王を倒す為に存在する。そんな男が魔王国の仕組みだとか、政治だとかを学ぶのは些か道理に反するとは思わんかね」

メイド長「ではお言葉ですが」ヌッ

勇者「ぬわっ!」

メイド長「その敵の城で三食昼寝付き、やることと言えば週一度の訓練くらいのもの…そして挙げ句の果てには、そのお言葉」

メイド長「これは道理に反さないと仰るので?」

勇者「…ま……ん」ボソボソ

メイド長「聞こえませんわよ」

勇者「……すいません」ボソッ



158:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:36:39.53 ID:fuHWIWsAO

メイド長「……隊長さん、お続けになって」

警備隊長「……」ハァハァ

メイド長「…ど、どうかなさったの?」

警備隊長「い、いえ!」ビシッ

警備隊長(……自分に置き換えたらいきり立ってしまった///)



159:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:37:14.88 ID:fuHWIWsAO

警備隊長「で、我が国には人間国と同じように様々な省庁、隊が存在する」

警備隊長「まずは補給庁、これは物資の補給や人間国からの輸入を担当する。」

勇者「……そんなことは可能なのか」

警備隊長「まあ、特殊なルートを用いればな。服や靴、小麦なんかを仕入れている」

勇者「なんでわざわざそんなことをするのだ?それくらいお前達の国でも生産できそうなものだがな……」

警備隊長「そんなこと、私に聞かれたってこまりますよ!!」

勇者(ぎゃ、逆ギレされた……)



160:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:38:35.18 ID:fuHWIWsAO

警備隊長「そして宮内省…この長が、大臣殿ですな。それから経済省、魔法庁、武器省に法務省、財政省に人事委員会、王立魔王軍……ま、警備隊はそこの出がほとんどだな」

警備隊長「それから……公安局、ここの憲兵隊がまぁ我々と色々あるのだが」

勇者「ん?では、警備隊は軍、憲兵隊というのは……言わば警察のようなものか」

警備隊長「そうだ。で、軍と公安局は自らの管轄で大分揉めていてな。原則、人間国から城までは我々が取り持つようにはなっているのだが」

警備隊長「憲兵隊は城内の警備に関して、法を持ち出してちょっかいを出すのだ。」

勇者「なるほど、どこでも管轄争いと言う類はあるのだな……」

警備隊長「しかも、憲兵隊長が融通の効かない人間と来た…もうアイツは一回頭でもうったらいいんじゃないかと!」



161:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:39:01.02 ID:fuHWIWsAO

ガチャン!

大臣「大変ですぞ!大変ですぞ!」

警備隊長「どうかしたか、大臣殿」

大臣「それが……」




ドンッ!ドンッ!ドンッ!




大臣「ひゃあ!もう来てしまった!来てしまったぁ!!」



162:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:40:19.18 ID:fuHWIWsAO

警備隊長「て、てててて、敵か!」

勇者「……貴様は警備隊長だろう、少しは落ち着いたらどうだ」

大臣「て、敵ではないのだが……」




ガチャン……

バンッ!




???「銃、構え…!」

???「……」ジャキッ!

???「……」ジャキッ!



勇者「……って、なに私?私狙いか!?えっ?」



163:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:41:08.73 ID:fuHWIWsAO

憲兵隊長「…久しぶりだな警備隊長」

警備隊長「………憲兵隊長!」


勇者(……け、けんぺいたいちょう?)



164:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:41:59.66 ID:fuHWIWsAO

警備隊長「何をしに来た!ここは警備隊の管轄だ。その中で銃を客人に向けるとは…愚弄!恥を知らんか!」

憲兵隊長「破廉恥なのはどちらかな。警備隊長とも在ろう者が、犯罪者の肩を持つとは失笑物だ……」

警備隊長「犯罪者?客人であられるぞ勇者殿は!」

憲兵隊長「いや、魔王陛下の命を絶とうとした不届き者だ。国家転覆罪が適用され、裁判なしの即銃殺が彼には相応しい…」

勇者「じゅ、じゅじゅ、銃殺?い、痛いのか!痛いのかそれは!」

メイド長「……意外とチキンですよね、勇者様って」



165:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:42:58.80 ID:fuHWIWsAO

憲兵隊長「とにかく、ここで彼を銃殺する……」

警備隊長「何を戯れ言を!勇者殿は殿下のお眼鏡にかなったのだ!貴様こそ国家反逆の罪に問われるのではないか!」

憲兵隊長「それは更に問題だな。我々の王に反逆者がなるとなれば、国民の感情はどうなる……」

警備隊長「お前の言う国民は随分頭の堅いウスラトンカチだな!」

メイド長「ちょっとお二人とも……」


勇者「 」



166:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:43:46.38 ID:fuHWIWsAO

憲兵隊長「感情で仕事が勤まる警備隊の長とは違うのだ……。」

警備隊長「だまれロボット人間!」

憲兵隊長「……ヒステリックに何を言われても……」



メイド長「おやめなさい二人とも!!!!!!!」


警備隊長・憲兵隊長「めっ……メイド長……!」



167:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:44:47.57 ID:fuHWIWsAO

メイド長「どうしていつもいつもケンカ腰なんです?少しは仲良くなさったらいかがです」

憲兵隊長「め、め、め、メイド長…!い、い、い、いらっしゃったのでありますか……!!!!!!」あたふたあたふた

メイド長「お久しぶりですわ憲兵隊長さん」

憲兵隊長「こ……こちらこそ……その……メイド長がお元気であ、あ、あら、あらせられて………////」

メイド長「あらやだ、お顔が真っ赤よ」

警備隊長 「………」チッ

勇者(……成る程そう言う)



168:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:45:47.78 ID:fuHWIWsAO

ガチャ

魔王「なに、どうしたのだ騒がしい。我輩お昼寝中だったんだけどぉー」

魔王娘「勇者さま、こんにちはーのキーッス!」ガバッ

勇者「…………」サッ

魔王娘「ちぃぃ!」

魔王娘「キーッス!キーッス!」ガバッ

勇者「………」サッ



メイド長・魔王娘「………」ブチュッ




魔王娘「……やるな勇者さま」ふきふき

勇者「伊達にお前の相手はしてきてはいない」キリッ

魔王「………」チッ

メイド長(当の本人がこれじゃあ……)ふきふき



169:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:46:27.23 ID:fuHWIWsAO

かくがくしかじか

ドンッ!

憲兵隊長「以上が私の主張であります…魔王陛下」

憲兵隊長「是非、ご決断を…」

魔王「う…うん、お前の言うことは尤もだし、まあ私もそうしようかなとか思うこともあったんだけど……」

魔王(そんなことしたら、嫁(皇后)に殺されちゃうし……)



170:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:46:53.14 ID:fuHWIWsAO

憲兵隊長「市民への見せしめとして行うべきかと。これでは、市民からも反逆者を生み出す結果になりかねません……」

魔王「ま……まあそうなんだけど……」

警備隊長「魔王様!勇者殿は我々の訓練にもよく耐えてくださる!最早処罰する理由はないと言うもの!」ドンッ!

魔王「うん……まあ………」

警備隊長「それに、臣下には元人間も多い!彼らに決してよい影響は……」

憲兵隊長「私も人間出だが、そうは感じぬな。だから貴様はヒステリックと言われるのだよ、警備隊長…」



171:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:47:20.62 ID:fuHWIWsAO

警備隊長「ハァ?ナメクジロボットには聞いとらんのだがぁ?」

憲兵隊長「貴様のようなヒステリックが国を潰してきた記述で歴史の図書館は埋まっているのだよ……」

警備隊長「人は気持ちの上でだな!成り立っているのだと……」


ワーワー!クドクド…ワーワー!クドクド…

魔王(面倒事になったなぁ………)



172:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:47:48.38 ID:fuHWIWsAO

メイド長「お二人の話を総合すれば、警備隊長さんは勇者様の無実を主張されていて」

警備隊長「当たり前だ!」

メイド長「憲兵隊長さんは勇者様を即刻死刑にすべきだと」

憲兵隊長「当たり前だ…」

メイド長「で、当事者である勇者様は……」



173:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:48:14.67 ID:fuHWIWsAO

魔王娘「今度こそ……キーッス!」

勇者「………」サッ

魔王娘「くらえ、キーッス!キーッス!キーッス!」

勇者「……甘いぞ」サッサッサッサ

メイド長・憲兵隊長・警備隊長「………」



174:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:50:22.54 ID:fuHWIWsAO

メイド長「……とりあえず、魔王様に最終的に決めていただきませんと」

魔王「えっ、えっ、我輩?我輩決めるの?」

警備隊長「さあ!」

憲兵隊長「さあ…」

魔王「いや……まあ……」

警備隊長「さあ!さあ!」

憲兵隊長「さあ…さあ……」

魔王(……我輩の威厳的には決めちゃわないとまずいよね…いや、まずいのは分かってるんだけど)

魔王(怒られるのやだし、かといって憲兵隊長は我が国にとって欠かせない人材だし……)

魔王(なんとか有耶無耶にならないかなぁ……なんないよなぁ……)



175:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:50:52.28 ID:fuHWIWsAO

魔王「憲兵隊長は勇者の何が気にくわない」

憲兵隊長「存在そのものです…」

魔王「それは我輩も全くもって一緒なんだけど、特に何が気にくわないとかはあるだろう、例えば顔とか顔とか顔とか」

憲兵隊長「そうですね私も男前は大嫌いですが……まあ敢えて言うならば、『器』ですかね……」

警備隊長「器なら十分だ!それは私が………」

憲兵隊長「確かに未熟者の言う器なら、一滴の雫で溢れてしまうだろうな……」

警備隊長「……貴様はイヤミしかいえんのか?」



176:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:52:06.59 ID:fuHWIWsAO

憲兵隊長「どうみてもあの男、脳天気な小物にしか思えぬのです……」

警備隊長「勇者殿は本当はすごい方なのだぞ!私は知って……」

警備隊長「……知ってる……わけではないが」

憲兵隊長「知らんのか………」


警備隊長「………」

魔王「とにかく、その勇者の器とやらを鑑みる事が出来れば…憲兵隊長の気も少しは変わろうか」

憲兵隊長「……私の行為は法によるものです。法そのものに従う姿勢は代わり在りません……」

憲兵隊長「しかし…解釈を違える程度は出来なくは……」

魔王「うむ…では、勇者の器を確かめてはどうかな」

憲兵隊長「と、仰いますと………」

魔王「私に良い考えがある」



177:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:52:38.65 ID:fuHWIWsAO

――――



魔王「ただ今より!魔王国憲法第267条に基づき擬似決闘を……

警備隊長「オイコラ憲兵隊長、かかってこいや!」バチバチ

憲兵隊長「望むところだ……」バチバチ

魔王「擬似決闘をおこn

警備隊員A「くたばれ憲兵隊!」

警備隊員B「死刑はんたーい!!」

憲兵隊員A「くたばれ勇者!くたばれ警備隊!」

憲兵隊員B「し・け・い!し・け・い!」

魔王「……擬似決闘を執り行う」



178:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:53:04.48 ID:fuHWIWsAO

魔王「説明を頼んだぞ、メイド長……」

メイド長「了解しましたわ。まず魔王国憲法の記載により、魔王の特別の配慮があった場合、及び憲兵隊長の同意のもとで恩赦を与えると言うものがありますが」

メイド長「今回の場合、憲兵隊長の同意を得られないケースにあてはまります。その場合、擬似決闘を持って、仮に被告側が勝利すれば同意を得たとみなすというものですわ」

メイド長「過去何度か恩赦はありましたけど、憲兵隊長が拒否なさるケースは初めてですわね」

警備隊長「成る程、歴代の憲兵隊長の中でもこいつが一番無粋だと」
憲兵隊長「歴代一無能な輩にそのような発言をする権利はないと思うのだが」


メイド長「お二人とも、みっともありませんわよおやめなさい」

憲兵隊長・警備隊長「………すいません」



179:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:53:30.21 ID:fuHWIWsAO

メイド長「と言うわけで今回の擬似決闘はモデルガンで行います。当たれば死亡扱いとなり……」

警備隊長「い、異議あり!それでは普段から銃を使う憲兵隊長に有利ではないか!」
メイド長「と言う意見もおありかと思い、ハンディキャップをつけました」


憲兵隊軍
・憲兵隊長さん

勇者軍
・勇者様
・警備隊長さん
・警備隊員A・Bさん
・殿下

警備隊長「で…殿下まで?」

メイド長「やりたいやりたいと、延々だだをこね出したので仕方なく……」



180:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:53:57.10 ID:fuHWIWsAO

魔王娘(むふふふ……私が勇者様をお守りすれば!更に恩が売れるチャーンス!)

魔王娘(お、恩を売ればあんなことや……こんな……そんな……いやああん!)

魔王娘「ぐへへへへ………」


勇者(む、娘からとんでもない量の妖気が………)



181:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:54:24.07 ID:fuHWIWsAO

警備隊長「しかし、これでは逆に憲兵隊長から不満が出るのではないか?」

憲兵隊長「お気遣い結構。素人が何人束になった所でどうということもあるまい」

警備隊長「ハアア?べっつに憲兵隊長の事とか気遣ってないしぃ~、お前が後でうるさいと困るから言っただけだしぃ~」

メイド長「………ですからおやめなさいと!」

警備隊長・憲兵隊長「はっ!」ビシッ


メイド長(もう、返事だけはいいんだから……)



182:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:55:12.05 ID:fuHWIWsAO

憲兵隊長「と、言うわけで武器はこちらで用意させていただいた。好きな物を選びたまえ……」

魔王娘「じゃあ私はマシンガン!」

勇者「では私はこのライフルとかいう長いもので…」

警備隊長「我々は余りの自動小銃でかまわない」

憲兵隊長「私も貴殿と同じ規格のもので構わない」

メイド長「ってことで再度ルールの確認を致します。」

メイド長「弾は怪我をしない特殊なものを使用し、一発でも当たった時点で死亡扱いになります。死亡した者はゲーム終了まで公正を期すために原則として動かないこと。」



183:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:56:16.24 ID:fuHWIWsAO

メイド長「それから憲兵隊長を仕留めれば勇者軍の勝ち、勇者軍が全滅となれば憲兵隊長の勝ち……お分かりになって?」

警備隊長「実に明快な説明であったぞメイド長殿!」

憲兵隊長「沈黙は金と申すが、貴殿の的確な説明は、例えるならばプラチナですな……」

メイド長「もう、お二人ともお上手なんですから」

警備隊長「憲兵隊長、貴様の悔しがる表情が今から目に浮かぶようだな!」バチバチ

憲兵隊長「頭をすりつける貴様の姿の方が鮮明だぞ……」バチバチ

メイド長「………もう」

勇者「……盛り上がっているなぁ」

魔王娘「置いてきぼり喰らっちゃってますよねあたしたち」



184:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:56:43.40 ID:fuHWIWsAO

メイド長「と、言うことで開始します!」

魔王「じゃあ我々はテラスで茶でもするかな」

大臣「よろしいんです?ご覧にならなくって」

魔王「やってる間に目的なんて有耶無耶になっちゃうってぇ。大臣、今日こそは負けないぞー!」タタッ

大臣「望むところですぞ!」タタッ



メイド長「……スタートですわ」



185:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:57:38.17 ID:fuHWIWsAO

勇者「し、しかしどう使うのだこれは……」ブン!ブン!

勇者「いくら振っても弾は出てこないぞ!不良品ではないか!」

警備隊長「……勇者殿はあんな様子であるからして戦力は4名となるわけだが」

警備隊員A「殿下は、こう言った類の物はお使いに?」

魔王娘「なれますよ。一応一通りの訓練は受けてるつもりです。」

警備隊員B「……いっそのこと殿下の魔術でどうにかするとか」

警備隊長「駄目だ。あの男は魔術の心得が一通りある。ルール違反だなんだとイチャモンを付けかねない」

警備隊員A「ならばやはり我々が攻めて、殿下と勇者様にはお逃げいただくと」

警備隊長「……そうだな。殿下には万一の際勇者殿のボディーガードを勤めていただく」

警備隊長「だが、我々がここで決めるぞ」
警備隊員A・B「はっ!」



186:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:58:04.74 ID:fuHWIWsAO

憲兵隊長「相談は終わったかな?」

警備隊長「その偉そうな面に、弾丸を叩き込んでくれるわ!」

警備隊長「勇者殿、殿下!今のうちに!」


魔王娘「参りますわ勇者さま!」ギュッ

勇者「あ……ああ!」グイッ



タッタッタッタッタッ………



187:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 20:59:40.41 ID:fuHWIWsAO

憲兵隊長「成る程。賢い作戦だな警備隊長」

警備隊長「戦略に関しては貴様よりかは場を踏んでいるからな。我々も銃の訓練くらいは受けている事だ」カチャッ


憲兵隊長「確かに……戦略的には間違ってはいない。一気にカタをつけることを狙い、同時に不要な人員を上手い具合に割いた。戦いは人数ではないからな……」

警備隊長「……だr」



憲兵隊長「……」バン!バン!バン!




警備隊長「………えっ」



188:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/29(火) 21:01:51.26 ID:fuHWIWsAO

▼けいびたいちょうは ひだんした!

▼けいびたいいんABは ひだんした!


警備隊長「い、いや、ちょっと話の途中じゃ……」

憲兵隊長「………」スタスタ


警備隊長「ちょ!ちょ、まっ!」

メイド長「警備隊長と愉快なお仲間の皆さん、即死です」

警備隊長「…………」




▼勇者最大のピンチ!憲兵隊長の魔の手が迫る!!第七話に続く!

【第六話・おわり】



193:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:44:22.75 ID:AnFwfWPAO

―そのころ―



タッタッタッタッタッ……

魔王娘「……ここね」



ガチャッ

魔王娘「お入りになってください」

勇者「……ここは」

魔王娘「お父様の部屋です。ここなら、城の一番奥ですし多分安心できますわ。勇者様」ニコッ

勇者「あ……ああ」

魔王娘「………勇者様、その」

勇者「なんだ」



魔王娘「は、初めて私の手を……とってくださいましたね………///」




勇者「!!!」



194:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:44:59.18 ID:AnFwfWPAO

勇者「あ、あれはだな!そのだな!ゆ、油断したのではないぞ!!なんとなくだな!」カクカクカク

魔王娘「……私にも分かりますよ、本当は勇者様のお気持ちが」

勇者「………えっ」

魔王娘「私のお父様は…私に固定観念を植え付けない人ですから、在る意味私は私として物事を見れたのです。でもそれは…お父様が強くて、私が恵まれているからってことも知ってますわ」

魔王娘「だけどきっと人間が強い世界で、人間は嫌なものだと、言われ続けていたら…私だって勇者様を怖がっていたと思います。」

勇者「………」



195:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:45:52.06 ID:AnFwfWPAO

魔王娘「でも、それでも私は思うんです。にらみ合いながらも共存出来ていたのだから…どこか、私達は同じなんだと思います」

魔王娘「私だって悲しいときには泣きますし、嬉しいときには笑います。」

勇者「……ああ」

魔王娘「そして頭に来るときは発散させます」ジャキッ

勇者「………えっ、な、なに?」



196:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:47:13.57 ID:AnFwfWPAO

魔王娘「………こないだのパンツの件の恨み!はらさで置くべきかァァアア!!!!」バババババババババ!!!!




パリーン!パリーン!パリーン!パリーン!パリーン!


勇者「ぬわあああ!?へ、部屋の中だぞぉ!?」


魔王娘「お父様のバカぁ!!!!!!」バババババババババ!!



パリーン!パリーン!パリーン!パリーン!パリーン!パリーン!パリーン!パリーン!


勇者(………や、やっぱり怖い、この娘)



197:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:48:35.34 ID:AnFwfWPAO

………ズキューン!




魔王娘「!?」


勇者「なっ!」



▼まおうむすめは ひだんした!



198:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:49:27.59 ID:AnFwfWPAO

憲兵隊長「いけませんな殿下。そのような使い方をすれば道具が泣きます……」ニヤッ


▼けんぺいたいちょうの つめたいわらい!


勇者「け、憲兵隊長いつの間に……!?」

魔王娘「っていうか、どうしてここが!」

憲兵隊長「アレだけ派手な音がすれば……」

勇者「………」ジッ

魔王娘「……てへっ☆」



199:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:51:36.79 ID:AnFwfWPAO

勇者(ど……どうする!ろくに銃の使えない私だけが………)



勇者(いや……もしやこれが娘の狙いだったとか…いやしかし……いや………)



憲兵隊長「すまないが、君の死罪は確定した。しかし即刻とは言わない…身辺整理をする時間くらいはやろう………」ジャキッ

勇者「……ぐっ」

憲兵隊長「では………」





勇者(ここまでか………ッ!!!)



200:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:52:27.10 ID:AnFwfWPAO

カチャッ

メイド長「あらあらすごい音がしましたけど」

憲兵隊長「!」

メイド長「あら、憲兵隊長さんこちらに?探しましたのよ」ニコッ

憲兵隊長「め……メイド長……///」ドキドキ

メイド長「それにしてもこの部屋だれが……」

魔王娘「はい!憲兵隊長がやりました!」

憲兵隊長「えっ」



201:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:53:13.21 ID:AnFwfWPAO

メイド長「あら……それはいけませんわねお話聞かせていただけます?」

憲兵隊長「い、いや!私では……」

メイド長「なら殿下が嘘を?」

憲兵隊長「ま……まあ………」

魔王娘「ふえっ、酷い!酷いです!」

憲兵隊長「い、いや、その……」

メイド長「どうなんです?」

憲兵隊長「それは…ですな……」あわあわあわあわ



202:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:54:34.12 ID:AnFwfWPAO

メイド長(……勇者さま、今のうちになんとかお逃げになって)ウィンク

勇者(し、しかし、正面は憲兵隊長が……気づかれない逃げ場所が……)


魔王娘「勇者さま」ヒソヒソ

勇者「……む、娘か」ヒソヒソ

魔王娘「お父様がもしものために出口をこしらえてらっしゃるんです。そこからお逃げになって…落ち着くまで一旦身を隠してください」ヒソヒソ

勇者「あ、ああ……」

魔王娘「…そこの机の一番下の引き出しです」ヒソヒソ

勇者「…………」


ガラッ……

ヒュオオォォォ………


▼かいだんがあらわれた!

勇者(な、なんと!階段が………)



203:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:55:00.90 ID:AnFwfWPAO

勇者「………」チラッ

憲兵隊長「ですから私は無実だと!」

メイド長「そうなると殿下が……」

魔王娘「勇者さま、お早く」」


勇者「………ああ」



▼ゆうしゃは にげだした!



204:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:55:26.70 ID:AnFwfWPAO

―階段―

カツン……カツン……



勇者「……ライティング(小)!」ポウッ

勇者「……しかし、上とは違い、いかにも悪の本拠地と言った趣であるな」

勇者(………出口があると言った。娘はてっきり私が戻ってくる前提だが、やる気になれば…これで私は自由の身になれるかもしれんのだな)

勇者(………知れんのだが、何故だか他人ごとのように思えてしまうな)ふっ



カツン……カツン……



勇者「ふむ、広間…のような場所に出たな」

勇者(……少しばかり明るくなったかな)



205:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:55:56.98 ID:AnFwfWPAO

勇者「書物……薬……剣……」

勇者(………いかがわしいものばかりならぶな)

勇者「……即席魔法陣、中央に椅子、テーブル」

勇者(そのうち拷問器具くらいは……)

勇者「それから紅茶に……スコーン?」


ポンッ

勇者「ひゃああああああああ!!?」 ビクゥッ

皇后「いやだ~かわいい~」ニコニコ

勇者「お、奥方!?」



▼まおうこうごうが あらわれた!



206:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:56:22.24 ID:AnFwfWPAO

勇者「なっ……何故ここに」

皇后「帰って来たんだけど、なんか出にくい雰囲気だったから~」

勇者「………ご、ごもっともで」

皇后「でも私こそびっくりだわ~、まさか、ここを知ってるのは私か主人か、大臣か娘くらいのものだから~」ニコニコ

勇者「あ、ああ……」

皇后「ってことはなるほど、あの子が教えたのねぇ~」

勇者「………ああ」

皇后「もしかして、あわよくば人間国に逃げちゃお~とかかんがえてな~い?」

勇者「ま、まさか……」



勇者(か……考えなくもないのだが)



207:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:56:49.01 ID:AnFwfWPAO

皇后「まあ、勇者さんがお逃げになりたいんだったら私は止めませんけどね~」

皇后「そうね~、じゃあ逃げるついでに~……」

皇后「面白いもの、みせてあげるわ~」

勇者「………えっ?」

勇者(ま、まさか、ごっ、拷問器具とかじゃあ………)



208:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:57:28.57 ID:AnFwfWPAO

皇后「はい、この虎だかチーターだかヒョウだかの置物のおちんちんの部分、蹴ってみて~」ニコニコ

勇者「お、おち…って奥方………」

皇后「……蹴らないの?なら蹴っちゃうわね~。え~い」

チーン!

勇者(………痛ぁ)


ガコン!

勇者「!」ビクッ



ガガガガガガガガガガ………



▼とびらがひらいた!



皇后「ほら、開いた~」

勇者「………」



209:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:57:54.18 ID:AnFwfWPAO

皇后「べつに、この仕掛けにイヤらしい意味なんてないわよ~?鍵がおちんちんだとか、おちんちんで扉をこじ開けるとか、扉の奥がどうとか~」

▼こうごうの しもねたこうげき!

勇者「……顔に似合わず、えげつないことを仰るな」

▼ゆうしゃは とまどった……



210:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:58:23.75 ID:AnFwfWPAO

――――


勇者「………ここは」

勇者(実験施設か何かか?更に複雑な魔法陣だとか…それから……棺桶か?)

皇后「びっくりした~?ごめんなさい期待に添えなくて~。私と主人のプレイルームじゃないのよ~」

勇者「………はい」

皇后「これはね…一子相伝、それは世の中に一人しか知らない奥義。そしてこれもその一つ。」

勇者「お……奥方?」

皇后「これはね、黄泉がえりの儀式をする場所なのよ」

勇者「よ、黄泉がえり……?」



211:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:59:11.92 ID:AnFwfWPAO

皇后「そう。肉体は一度だけ魂をもう一度定着させることが出来る。……その技術さえあれば肉体はどうとでも回復させられるから心臓を2つ、持てることになるわよね」

勇者「そ、そのような事が出来るのか、魔王には…」

皇后「もちろん。但し、完璧にはいかない。記憶と引き換えよ」

勇者「………」

皇后「あの人も破壊するだけが能なわけじゃないのよ、一応。ただし、一度にかなりの魔力を消耗する。」

皇后「と、なれば魔王としては、まずいかもしれないわね。実際あの人はあなたとの戦いで随分消耗してしまっているくらいよ」

勇者「………そうなのか」

皇后「ただし、警備隊や防御システムも大変優秀だから、並大抵では主人にはたどり着けない。“素質”があるなら別だけど」

勇者「………こんなものを私に見せて、いかがするつもりかな」

皇后「さあ~どうしたかったのかしらね~……う~ん、一種のノロケかしらね~」ニコニコ

勇者「………いいのか」


皇后「いいのよ、将来の魔王さまだし~。そ、れ、に、まあ~見ちゃったからにはそう簡単には魔王国からは逃がさないわよ~?」ニコニコ


勇者(そういうことか………)



212:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 00:59:46.40 ID:AnFwfWPAO

皇后「さて、憲兵隊長がこっちに来るらしいわ。どうする?一旦身を隠して事態の鎮静を待つか、それとも広間に戻るか」

勇者「……ただの時間稼ぎのつもりだ、奥方」

皇后「そう。じゃ、頑張ってね、勇者さん」ニコッ

勇者「……ああ」



勇者(やはり、この奥方が一番掴みきれんかもしれんな……)



213:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 01:00:17.21 ID:AnFwfWPAO

―広間―


勇者「………」

カツ……カツン……

勇者「………来たか」

勇者「…………」



勇者(どうやら、腹を決めねばならんようだな)



214:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 01:01:45.63 ID:AnFwfWPAO

憲兵隊長「ほぅ……待っていたとはな………」

勇者「………ああ」


憲兵隊長「……行くぞ、勇者」

勇者「……では、まいr」





魔王娘「キャー!頑張れ!頑張れ!勇者さま!くたばれくたばれ憲兵隊長!」パフパフッ!





憲兵隊長・勇者「………」ズコーッ



215:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 01:02:16.62 ID:AnFwfWPAO

勇者「な……何故ここにいる!死んだはずでは!」


メイド長「まあ、幽霊扱いで、応援だけなら………」

憲兵隊長「も、もしやメイド長は私の応援に……」

メイド長「いいええ」ニッコリ

憲兵隊長「………そうですか」

魔王娘「ガンバー!キャー!勇者さまと目があったー!」きゃぴっ


勇者(………調子が狂うな)

魔王娘「オイコラ憲兵隊長!テメー、×××マグナム×××使ったことねーんだってな!くたばれ!×××!!」ブーブー

メイド長「お下品な野次する人は退場ですわよ」ギロッ

憲兵隊長(調子が狂う………)



216:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 01:02:45.62 ID:AnFwfWPAO

憲兵隊長「とにかく、もう終わりにしよう………」チャキッ

勇者「ふっ、武器の使い方は一つではない!」チャキッ

メイド長(……なるほど、銃を剣代わりにしましたか。ライフルが功をそうしましたわね)

憲兵隊長「そんなものでいかがするつもりかな?勇者。私は正規の銃、貴様は剣のなり損ない。勝負は見えている……」




勇者「剣に、刃がなければならぬと誰が決めたか」




憲兵隊長「………何?」



217:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 01:03:12.32 ID:AnFwfWPAO

勇者「我が手に届くものは僅かだ。しかし、我が手に届くものを広げうる、それが剣だ」

勇者「石ころでもよい、木の枝でもよい。我が手に収めれば…」

勇者「そして、鋭さと輝かしささえ胸に持ち合わせれば、それは最早、剣である」

勇者「そして剣を収めた我に恐れるものなど……ない!」ジャキッ

憲兵隊長「………」パチパチパチパチ

憲兵隊長「ご立派な御託でありますな、勇者殿……」

憲兵隊長「しかし、御託を並べて無罪を勝ち取れるならば、司法などいらんのだよ、勇者!」カチャリ



218:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 01:03:40.90 ID:AnFwfWPAO

バン!バン!バン!バン!

▼けんぺいたいちょうの すばやい じゅうこうげき!

勇者「!」

憲兵隊長(………終わりだな)ニヤッ





魔王娘「勇者さまぁああああああ!!!!!!」


ブワッ………




「…………」





憲兵隊長(こんなものか………)



219:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 01:05:26.60 ID:AnFwfWPAO

サアアア………



憲兵隊長「では、出頭の準備をするように……」

メイド長「ヒット、確認されず!」

憲兵隊長「って、えっ………!?」



カラン…カランカランカラン……



勇者「………」




▼ゆうしゃは ひだんしなかった!



220:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 01:05:52.44 ID:AnFwfWPAO

憲兵隊長「!」

勇者「言っただろう?私が恐れるものなどないと」

憲兵隊長(ま…まさか、弾丸をライフル本体で全て受け止めただと…?)


▼けんぺいたいちょうは すこしひるんだ!


勇者「……今度は私だああああああああ!!!!」

▼ゆうしゃの ぜんそくりょく!


タッタッタッタッ!!!!


憲兵隊長「ぐっ……!まだ弾はある!」

バンッ!バンッ!

▼けんぺいたいちょうの じゅうこうげき!

勇者「………」サッ

▼ゆうしゃに よけられた……



221:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 01:06:53.76 ID:AnFwfWPAO

憲兵隊長「っ……!」バンッ!

▼けんぺいたいちょうの じゅうこうげき!

勇者「………」サッ



▼ゆうしゃに よけられた……



憲兵隊長「よっ、避けた………」カチッカチッ

憲兵隊長「………」カチッカチッカチッカチッ

▼たまぎれだ!
▼たまぎれだ!
▼たまぎれだ!
▼たまぎれだ!


憲兵隊長「なぁっ………」


勇者「毎日無駄に娘の相手をしている訳では……」バッ

勇者「ない!!」ブワッ

憲兵隊長「この…私がぁ……!?」


ドゴオオオォ!!



▼ゆうしゃの だげきこうげき!
▼きゅうしょに あたった!


憲兵隊長「………」

憲兵隊長「 」バタン




▼けんぺいたいちょうは めのまえが まっしろになった……



222:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 01:07:47.56 ID:AnFwfWPAO

勇者「………」スタッ

魔王娘「や……」
魔王娘「やったあ!勇者さまが!勇者さまがやりましたああああ!!」

勇者「……私の勝ちでよいな、メイド長」ドヤッ





メイド長「うーん…………」




勇者「えっ…な、なんだその予想外のリアクション」



223:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 01:08:16.91 ID:AnFwfWPAO

魔王娘「なにか問題があるんですか?こーして憲兵隊長は気絶しちゃってるじゃありませんかー」

メイド長「いえね、弾丸が当たった場合死亡扱いなんですけど……これは打撃じゃないですか」

勇者「……えっ」

メイド長「ただ続行不可と言えば不可なので………」

メイド長「引き分けってことで」ニッコリ

勇者・魔王娘「ひっ」

勇者・魔王娘「引き分けぇぇぇ!?」



224:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 01:08:42.49 ID:AnFwfWPAO

メイド長「あ、救護に連絡しなくっちゃと……」ピッポッパッ

勇者「………」

メイド長「ま、戦いは何も生まないってことですわよ」プルルルル……

勇者「………」

魔王娘「ええー……」



225:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 01:09:38.91 ID:AnFwfWPAO

――――――――


カァカァカァ………


警備隊長「我々は……いつまで死体をやってればいい」

警備隊員A・B「………さあ」



一方…


魔王「よーし、そろそろうやむやになってるころであろうなー」ルンルン

魔王「とりあえず一旦部屋に戻って面倒だが書類を書かねばなー…メイド長がうるさいからなー……」

ガチャ……

魔王「なああああああああ!?」



ボロ!ボロッボロ!ボロッボロボロッ!!



魔王「我輩の部屋がぁ……部屋がぁ……」

魔王「あああ………」


▼たたかいは やはり なにも うまないのであった…


【第七話・おわり】



231:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 14:08:36.40 ID:AnFwfWPAO

▼以下に記すは魔王城史上最大にして、最凶のミステリーである…



メイド長「………」ザーッ


勇者「皿洗いか、メイド長」

メイド長「あら勇者様。そうだわ、これ頼まれていた本です」


勇者「ああ、すまないな。姿を見ないと思ったら買い出しに行っていたのか…」

メイド長「ええ。皆にも色々頼まれてましたから。掃除に洗濯をやりつつ、いまさっき配ってきたんですわよ。」

勇者「メイド長は働き者だな」

メイド長「そうですね、勇者様よりかはずーっと」ニコニコ

勇者「………」



232:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 14:10:02.61 ID:AnFwfWPAO

キャアアアアアアア!!!!!!


勇者・メイド長「!」


メイド長「さ、叫び声!」

勇者「あっちからだな!!!」



タッタッタッ……



233:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 14:10:32.21 ID:AnFwfWPAO

――――――

ガラッ

勇者「な、何があった!どうした!不審者か!」

魔王娘「うっ……ひくっ………」

勇者「………なんだ娘か」クルッ

魔王娘「ちょっと!何だとはなんですか!!」ガシッ



234:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 14:11:38.68 ID:AnFwfWPAO

メイド長「まーた、くっだらないことなんでしょう」

魔王娘「くだらないとは失礼な!すっっごい大事件なんです!!!」

メイド長「忙しいんです。くだらない話でしたら、いい加減はたきますよ殿下」



魔王娘「なんと!!!私の!!!」


メイド長・勇者「………」ゴクリ















魔王娘「ドーナツがなくなっちゃったんです!!」













メイド長「………」ペシッ

魔王娘「あうっ」



235:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 14:14:28.56 ID:AnFwfWPAO

メイド長「はいはい解散解散」

勇者「解散だな」

魔王娘「待って下さい!待って下さい!あれは、すっっごく美味しくて!並ばないと買えない貴重なドーナツなんですよ!」

メイド長「……並んだのは私ですけどね」
魔王娘「しかもしかも!せ……精力もついちゃう秘薬入りって言う///」

メイド長「………そんなのつけてどうすんです」

魔王娘「言わせないでくださいよキャーっ///!!」バシッ

勇者「ドゥフ!」ボキッ



236:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 14:14:57.91 ID:AnFwfWPAO

ガチャッ!

大臣「メイド長!大変だメイド長!!!」

メイド長「どうしました大臣」

大臣「もう、すっっっごい大事件だよ!!!!!!」

メイド長「………くだらなかったらビンタしますわよ」


大臣「それが!!!!!!!!」

勇者・メイド長「…………それが?」















大臣「私のアイスクリームがなくなっちゃったのだよ!!!!!!!!!!!!」











メイド長「………」バシッ!!!

大臣「oh……!」



237:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 14:16:02.02 ID:AnFwfWPAO

大臣「で、でもでもでも!ただのアイスじゃなくって、サキュバスの母乳入りで精力がつくっていう、すごく高級で、たくさん並ばないと買えない貴重なアイスなのだぞ!!!」

メイド長「並んだのは私ですけどね」

メイド長「第一、精力をつけるようなお仕事ではないでしょう」

大臣「そ………それは私の口からは…………キャー!」バシッ!!!

勇者「ぬぅふ!」ボキッ



238:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 14:16:54.90 ID:AnFwfWPAO

ガチャッ!

警備隊長「大変だ!大変だ!メイド長殿!!!!!!」

メイド長「………大事件なんですわよね」

警備隊長「ああ!!」

メイド長「………私が並んで買ってきた精力のつく、貴重なケルベロスの心臓入りプリンがなくなっちゃったんですわよね?」

警備隊長「ああ!!!!!!大変だろう!」

メイド長「…………」バシッ!バシッ!

警備隊長「どぅふっ!?」

勇者「お、往復ビンタ………」

魔王娘「きょ、キョーレツー……」

大臣「………ですなぁ」


警備隊長「はぁ…………////」


魔王娘・大臣「うわっ………」



239:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 14:17:21.99 ID:AnFwfWPAO

警備隊長「あ、ちなみに誤解しないでくださいよメイド長殿!べ、別にそういう感じのアレじゃっ////」ドゴォ!

勇者「どぅぬふぅ!?」ボキッ

勇者(な……なんで私は毎回…………)



240:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 14:18:29.22 ID:AnFwfWPAO

ガチャッ

魔王「メイド長大事件だよ!!!!!!!」


メイド長「…………」ドスッ!!


魔王「おぇぶっ!!!!!!?」


魔王「 」チーン……




魔王娘「ひ……ひええ………」ぶるぶる

大臣「な、なんか今日のメイド長はひどく好戦的だな………」ぶるぶる

勇者(溜まってたんだろうなあ………)



241:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 14:42:22.41 ID:AnFwfWPAO

メイド長「………とにかく、事情を伺いますわ」


魔王娘「14時30分にメイド長からドーナツをもらって……部屋に置いたまま、私がトイレに行ってる間にドーナツがなくなっちゃったんですよ!」

大臣「14時40分、私が給湯室でお湯を沸かしている間に……テーブルからアイスがなくなったのだぞ!!!」

警備隊長「15:30にプリンを食べようと冷蔵庫を覗いたら無くなっていて……」

魔王「右に同じだ!16:00くらいにケーキを食べようと思ったら跡形もぉ…………」
メイド長「なるほど。殿下はお部屋、大臣は給湯室、警備隊長と魔王様はキッチン………ですか」



242:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 14:43:53.15 ID:AnFwfWPAO

魔王娘「私はお父様が怪しいと思います」

魔王「………なっ!」

魔王娘「お父様ってば食い意地が張ってるんですもん!お父様に決まってます!お父様が犯人です!」

魔王「ち、違うもん!パパ偉いからそんなことしないもん!!!」

魔王娘「どうだか!私がトイレに行くときすれ違ったじゃないですか!!」

魔王「そ………それはだな………」あたふたあたふた


大臣「犯人は魔王様ですな」

警備隊長「ま、前科がありますしな……」
メイド長「魔王のくせに、やることしょっぼいですね…」

魔王「ち、ち、ちがうぅ!!!そんな目でみるなぁあ!!!!!!!!!」



243:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 14:44:19.46 ID:AnFwfWPAO

魔王「い、いや………そ、そうだ!警備隊長、お前がプリンがあると最後に確認したのはいつだ?」

警備隊長「………午後3:00ですが」

魔王「無くなったのを発見したのは」

警備隊長「15分後です」

魔王「そ、その時間私はメイド長と喋っていた!!!完璧なアリバイだ!ねー?」

メイド長「ええー………」

魔王「ええー……とはなんだ……」



244:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 14:49:17.27 ID:AnFwfWPAO

警備隊員A「あの………」

メイド長「なんです?」

警備隊員A「その、15分間の事なんですけど」

警備隊員B「僕たち……キッチンの前をうろうろする大臣の姿を見たんです」

大臣「なぁ!」

大臣「な、な、なにを!なにを言ってる!う、う、うそだ!げ、げ、減給だぞ!減給!!!!!!」あたふたあたふた

一同(………こりゃ間違いないな)



245:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 14:49:44.59 ID:AnFwfWPAO

大臣「い、いや!し、しかしだな!逆に殿下が盗まれた時間!その時間は、私は警備隊の訓練を視察してただろう!!!なぁ!!!!」

警備隊長「それは……間違いありませんよ」

大臣「まあ……大変いい辛い事なのだが、私が給湯室に行くとき………殿下とすれ違いましてな」

魔王娘「えっ………!」



246:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 14:50:14.52 ID:AnFwfWPAO

大臣「いいんですぞ殿下、お年頃ですからなー…こんなに沢山いただければブクブクお太りになるでしょうが」ぷっ

魔王娘「ち、ちがーう!ちがうもん!警備隊長のプリンが無くなったとき、現場にいたもんね!!!」

警備隊長「あ……ああ………」

大臣「どうですかな、警備隊長と殿下が共犯というケースもありますからなぁ」

魔王娘「だったらヒゲとハゲが共犯って場合のほうが現実味があります!!!」

魔王「ひどい!大臣がハゲなのはともかく我輩がヒゲって!!!」

大臣「ひどい!魔王様がヒゲなのはともかく私がハゲって!!!!」

ヤルカゴラァ!!!キャーキャー!!!ハンニンハオマエダ!!!!イヤイヤオマエダ!オマエダ!オマエダ!

勇者「………何が何なんだか」

メイド長「醜いですわね、食べ物が関わると」



247:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 14:50:40.65 ID:AnFwfWPAO

勇者「とにかく、ほぼ全員にアリバイがあるのではどうも…誰かが嘘をついているのか………」




皇后「やだ、だれも嘘はついてないわよ~」





勇者「おっ、奥方!!」

メイド長「……いつの間に」

皇后「実は偶然、偶然ここに事の一部始終を収めたビデオがここにあるのよ」

メイド長「………偶然、ですか」

勇者(だったら最初から出しておけば……)」



248:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 15:14:22.78 ID:AnFwfWPAO

皇后「じゃあスイッチー♪オン!」

魔王「………」

魔王娘「………」

大臣「………」

勇者「どうした、急にだまりこくって」



249:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 15:14:53.91 ID:AnFwfWPAO

―魔王娘の部屋―

ガチャッ……


魔王『……………』 こっそり


魔王『………』パクッ

魔王『………』ササッ


魔王「………」

魔王娘「ああ!やっぱりお父様!!!」

魔王「い……いや、た、食べないのかと思ってだな………」

魔王娘「人の部屋に入ってまでいうセリフですか!死ね!!!!」

魔王「しねって………そこまで酷いこといわなくったってぇ……」グスン

勇者(俺には散々言ってきたがな……)



250:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 15:15:39.64 ID:AnFwfWPAO

勇者「ん……でも、メイド長と話していたのだよな、メイド長が嘘をつくとは到底」

皇后「ええ、二人とも嘘はついてないわ。これが警備隊長のプリンの件の映像だけど……」

ポチッ

大臣「………んああっ!」



―キッチン―


大臣『………』パクッ

大臣『………』ニヤリ



大臣「………」

魔王娘「…………」ギロッ



251:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 15:16:11.52 ID:AnFwfWPAO

魔王娘「自分が犯人だった癖にぃぃ!私に罪をなすりつけようとしましたよね!!!」

大臣「い、いや……あれは可能性を申し上げただけで…………」

魔王「給料50パーカット、半年」ポン

大臣「えっ」



252:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 15:16:37.34 ID:AnFwfWPAO

皇后「で、次に大臣の件ですけどね」


―給湯室―

大臣『あ、お湯が無くなったな……水を入れ替えねば』

ガチャッ


魔王娘『…………』

ガチャッ

魔王娘『……アイスいただきです』パッ


ササッ

ガチャッ


大臣「…………」ジロッ

魔王娘「えへっ☆」ぷりてぃー



253:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 15:17:04.38 ID:AnFwfWPAO

るーるーるーるーるー………


メイド長「なーんでこんなことしたんです」

魔王「……ドーナツが食べたかったからです。でも一口だけですから!」

魔王娘「……ドーナツが無くなっちゃって……どんな手を使っても甘いものが食べたかったんです……私だって一口だけです!」

大臣「……アイスが無くなっちゃって、悔しくなってやりました……私も一口だけ!」

魔王娘「いや、一口なわけないです!」

大臣「いや殿下こそ随分大きな一口ですな!」

ワーワーキャーキャーキャーキャー


勇者「……悪の心が悪を呼び寄せた悪の連鎖だな」



254:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 15:17:30.50 ID:AnFwfWPAO

勇者「しかし、警備隊長まで盗み食いするとは意外だったな」


警備隊長「い、いや!私はやっていないぞ。ですよねぇ!」

大臣「ああ、16:00くらいといえば、警備隊長から報告を受けていたぞな

魔王娘「あたしだって違いますよ。遊んでましたよね!」

警備隊員A「ええ……」

警備隊員B「間違いなく」

魔王娘「そうだ、お母様のビデオを見れば………」

皇后「それが……」

皇后「調度テープが無くなっちゃって~」てへっ

一同「………」ズコーッ



255:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 15:17:57.70 ID:AnFwfWPAO

魔王娘「でもお母様自身が犯人を……」

皇后「ごめんなさい、見てないのよ~………ちなみに私は甘いもの苦手だから違うわよ」

魔王「じゃ、じゃあ勇者!お前だな!お前だけアリバイないしな!!うっわ最低!」
大臣「そうだ、憲兵隊長呼んでやりましょうよ!!!!!!」


一同(………棚にあげたな)



256:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 15:18:25.32 ID:AnFwfWPAO

勇者「い、いや私はずっと部屋に………」

魔王娘「間違いありませんよお父様!その時間勇者さまは部屋にずっといました!」
大臣「確か殿下は遊んでましたんでしょう?なぜわかるのです」

魔王娘「勇者さまをウォッチングして遊んでたんですよ!!!!ねー?」

警備隊員A・B「………ねー」


勇者「う…うわ……」ゾクッ



257:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 15:19:11.00 ID:AnFwfWPAO

じゃあ………

だれが魔王のケーキを食べた………?




一同「……………」ゾクゥッ



魔王娘「ゆ……幽霊」ポソッ




大臣「や、や、や、やめ!やめてくだされ殿下ぁ!」

魔王「幽霊だ!幽霊だ!き、き、祈祷師を呼べ!祈祷師をよべええええ!!!」あたふたあたふた

警備隊一同「かかってこい!幽霊かかってこい!」ブンッ!ブンッ!

魔王娘「おば、おば、おばけは……おばけだけは無理ですぅ…………」ぶるぶる



勇者(…………幽霊は偉大だなぁ)



258:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 15:21:16.76 ID:AnFwfWPAO

勇者「幽霊かはともかく、結局この事件は迷宮入りかなメイド長………」

勇者「ってあれ、メイド長?」



メイド長「~♪」


勇者(やけに……楽しそうだな)




魔王「来るならこい!来るならこい!」ブンッ!ブンッ!



【第8話・おわり】



261:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 23:46:37.52 ID:AnFwfWPAO

【第9話】

カチャ

メイド長「お紅茶をお持ちしましたわ」

勇者「ああ……ありがとう」ペラッ

メイド長「あら、読書ですか?」

勇者「そうだな……読書と言うより調べものだな」

メイド長「『図解魔王国史第128刷』……私が買ってきたものですわね。」

勇者「ああ。気になることがあってな。ま、人間国と比べるのもまた一興かと思ってな」

メイド長「ふふっ……そうですわね」

勇者「なにかおかしいかな」

メイド長「いいえ。勇者様は適応がお早いと思いまして。ふふっ」

勇者「…皮肉か」

メイド長「いいええ。最大限の賞賛ですわよ」

勇者「……そうか」むっ



262:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 23:47:03.51 ID:AnFwfWPAO

勇者「そうだ、メイド長」

メイド長「なんです」

勇者「一部読めない文字があるのだ。手伝ってはくれないかな」

メイド長「承知しましたわ。そうですわね……私も人間国に関しては興味がありますから勇者様のお話も伺いたいですし」

勇者「ならお互いに利が得られるな……で、この部分なのだがな」ペラッ

メイド長「ええと……この部分ですわね」



263:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 23:48:17.87 ID:AnFwfWPAO

魔王国の歴史は意外に短い。
言い伝えによれば、昔は全ての生き物は共に暮らしてきた。
人と魔物という区別はなかった。
しかし、突然…現在ではまだ解明されていないが、何らかの“要因”により、“魔術”が生まれ、
また、一部の人間や動物は魔物と呼ばれる存在に変化した。
そのうち変化したもの、しなかったものは互いに争うようになった。
その結果、誕生したのが魔王国と人間国という二つの国であった……

魔王国には現在までに二代の国王が存在する。
と、言えども我々魔王国の民は人間よりずっと長生きであるので、彼らの国と同じ視点で物事を考えてはならないのは賢明な読者諸君にはおわかりだろう。

初代魔王は、何千年~1万年に渡る長き戦いにピリオドを打ち、人間国からの独立を宣言したのである。
一代でこの国を作り上げ、現在の国のシステムの根幹も彼が完成させた。
娘は一人。愛妻家であったと伝えられ、側室は迎えなかった。
また、彼を倒そうと幾度となく何千人もの勇者達は魔王国へやって来た。 その中でも魔王にたどり着いた勇者はたった1人だったと伝えられる。



264:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 23:49:13.57 ID:AnFwfWPAO

メイド長「勇者と呼ばれる方々が魔王国へやって来たのは、御爺様…初代の魔王様が勇者にのみ、魔王様を倒しさえすれば国を譲渡すると両国に布告したことが始まりですわ」

勇者「しかし…初代の魔王を倒すことは結局のところ、一度も叶わなかったのだな」

メイド長「そうですわね。私がここへ来た翌年にお亡くなりになられてますから。」

勇者「個人的な興味ですまないが…どのような人となりだったのだ?」

メイド長「その頃には結構魔力を使い果たしちゃってるみたいだったので、豪傑と言った感じはありませんでしたわ。と言うより」

勇者「……言うより」

メイド長「私の下着を盗んでは嬉々と履いているような方でした」

勇者「………変態一家なのか」



265:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 23:49:43.56 ID:AnFwfWPAO

勇者「あれ、しかし『娘が一人』とあるな……」

メイド長「あら、今の魔王様は婿養子なんですのよ」

勇者「えっ、じゃあ娘って」

メイド長「皇后様ですわ。」

勇者「……マジで」

メイド長「マジで」



266:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 23:50:15.21 ID:AnFwfWPAO

二代目の魔王は初代魔王の作り出したシステムをより発展させた。
また、富の再配分を完璧に成し遂げた事も彼の功績である。
また個人についてであるが、彼は婿養子であり、初代魔王が才能を見抜いたという。
その後は警備隊長として活躍し、数年後には結婚。100年程前から魔王の座についている。

彼のもとに現在まで何十人もの勇者が現れ、うち1人が魔王のもとにたどり着いたとされる。


メイド長「この本は勇者様がいらっしゃる以前のものですから、+1、しませんとね」

勇者「ふっ……。たどり着いたのは良いがまさかこんな事になるとはな」

勇者「まさか、な………」



267:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 23:50:53.83 ID:AnFwfWPAO

メイド長「勇者さまは歴代勇者様の中でも随分な有名人みたいですけれど……」

勇者「25年ぶりの勇者だからな。国民の期待がでかいのだ……」

メイド長「25年前?」

勇者「たどり着いたかは分からんがな、べらぼうに強い勇者がいた。」

メイド長「25年前か……」

メイド長「私が働きだしたのも、確かそのくらいでしたわね……その前の記憶はまるでありませんですけど」

勇者「……め、メイド長、あなた」

メイド長「変化しなくとも、一応魔族契約はしていますから、老化は遅いんですのよ。」

勇者「20で働き出せば、だいたい、よんじゅう……」

メイド長「……計算しなくてよろしい」ガスッ



268:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 23:51:20.28 ID:AnFwfWPAO

勇者「で、話の続きだが、そのべらぼうに強い勇者は昔からすごくてな。幼少時にクマを素手で倒したらしい。ま…首の後ろに傷は残ってしまったらしいが」

メイド長「………ん?」

勇者「その勇者にはライバルがいた。銃士でな。それはそれはもう…根暗なやつだったらしい。で、その二人は1人の僧侶の少女を取り合っていたらしい」

メイド長「……んっ?んっ?」

勇者「で、あらゆる手段で決着をつけようとしたが、決着がつかず、結局魔王を倒した方が僧侶と付き合うと二人は勝手に決めたらしい」
勇者「そんなこんなで旅立つのだが、責任を感じた僧侶がこっそりついてきた……と言う話だ。」

メイド長「………なんか、似たような状況の人達を、知ってるような気がするんですが」

勇者「………まさか」

メイド長「まさか……」

勇者・メイド長「まさかねぇ!!」



269:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 23:51:46.90 ID:AnFwfWPAO

勇者「んで余談なんだが、その村には大量の物資が毎年送られてくるらしい」

メイド長「へえ……誰からです?」

勇者「それが分からないらしい」

勇者「……そう言えばちょうどこの時期城の物資が若干減るんだったな」

メイド長「え?」

メイド長「いやいやいやまさか!」

メイド・勇者「まっさかぁ!!!!!!!」



270:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 23:58:05.89 ID:AnFwfWPAO

【魔王の部屋】

大臣「どうしました、お悩みになって」

魔王「いっそ殺して黄泉がえりに掛ければ記憶もまっさらになるし、教育しなおして人間国との交渉材料にできるのになーって」

大臣「まあ……それが一番楽ですよねー」

魔王「でもな……我が妻がなぁ………」

皇后「だーめっ」ニコニコ

魔王「ひぃぃ!?」ビクッ

大臣「………いつの間にいらしてたんですか」

皇后「ず~~~~っと」ニコニコ

魔王「………そ、そうなんだぁ」ゾクリ



271:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/30(水) 23:59:25.82 ID:AnFwfWPAO

皇后「そんなこと、私が許しませんよ~?」

魔王「でもほら……人間国との話し合いの材料にさ」

皇后「 絶 対 に 許 さ な い 」
魔王「ぅぅ………」



272:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/31(木) 00:00:50.75 ID:vsHLbnzAO

皇后「………あなた、不安なのでしょう~?」

魔王「…………」

皇后「もし、勇者さんが、あのままでも私達を…あの子を理解出来るのか…自分に置き換えると」

魔王「………」

皇后「だけどあの方なら大丈夫よ、あなた。きっと……」




皇后「ううん……絶対に」


【第9話おわり・最終話に続く】



279:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/31(木) 23:45:29.75 ID:vsHLbnzAO

【最終話】

ザー……ザー……

ゴロゴロゴロゴロ……

ピカッ!

憲兵隊長「勇者の断罪にまんまと失敗してしまった……」

憲兵隊員A「私達が至らないばかりに…」
憲兵隊長「いや、君達の責任ではあるまい……」


憲兵隊長「単に私の力が及ばなかっただけなのだ……」

憲兵隊員B「とか何とか冷静っぽく装ってますけど、内心とてつもなく悔しがってますよね隊長」

憲兵隊長「は、なんで悔しがる必要とかあるのだ?結果的に負けてないし?だから全然悔しくないし?……」



280:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/31(木) 23:46:00.18 ID:vsHLbnzAO

ピカッ!

憲兵隊長「しかし、憲兵隊の威信にかけてただ勇者の死罪を免除するわけには参らん……」

憲兵隊員A「……と、申しますと」

憲兵隊長「あのとき、負けておけば良かったと……」




ゴロゴロ………

ピッシャアアアアン!!!






憲兵隊長「後悔させてやるのだ………!」



281:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/31(木) 23:46:26.43 ID:vsHLbnzAO

―ある日の昼下がり―


ミーンミンミンミーン……

勇者「……ううむ」

メイド長「どうしたんでしょうかね勇者様。暑さで頭がやられたんでしょうか」ヒソヒソ

警備隊長「……そう言えばこの間も悩んでらっしゃったような」ヒソヒソ

勇者「………うぅ」

メイド長「ゆ、勇者様、悩みが有るなら遠慮なくお話になってください」

警備隊長「け、憲兵隊長に何か嫌がらせでもされたのかな?」

勇者「いたのか……いや、そのだな」

メイド長・警備隊長「………」コクコク



282:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/31(木) 23:47:23.34 ID:vsHLbnzAO

勇者「……どうにも理解できんのだ、娘が」

メイド長「娘……と言うと、殿下のことが?」

勇者「先日の話だ。あのとき、娘が私を手助けしたのは、あくまで自身の手で私を殺したいのであって、憲兵隊長に殺される事を良しとしないだけだ…と思うのだが」

勇者「一瞬いかにも慈悲深い表情を私に向けたのだ。その意味が分からんのだよ」

メイド長・警備隊長「………は?」



283:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/31(木) 23:48:08.07 ID:vsHLbnzAO

勇者「いや、だからだな、娘から慈悲深いというかだな……何というかだな……暖かいものを感じたのだ。これから殺そうと言う相手にそんなものを向けて何の意味が」

警備隊長「わ…わたしは貴方の発言の意味が分からんのだが」

勇者「しかも最近あまり殺気を感じられなくなったのだ…というか、だな」

勇者「殺される危険性すら初めから存在しなかったのではないかと錯覚してしまうのだ。どういうメカニズムでそんなことを……まさか幻術か何かで私の危機感を……」

警備隊長(……幻術でも錯覚でもないぞ)

メイド長(『事実』ですのよそれは……)



284:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/31(木) 23:48:34.47 ID:vsHLbnzAO

メイド長「勇者様、殿下についてよーくお考えになってくださいませ」

メイド長「………殿下に命を助けられた」

勇者「ああ」

メイド長「………殿下は勇者様に抱きついてくる」

勇者「ああ」

メイド長「………殿下は勇者様といるとき大抵笑顔です」

勇者「ああ」

メイド長「………殿下は勇者様を救おうとした」

勇者「ああ」


メイド長「そこから普通に考えればどうなります」



285:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/31(木) 23:49:00.42 ID:vsHLbnzAO

勇者「……いや、それはおかしい」

メイド長「…なにがおかしいんですか」

勇者「そう言われたら、まるで娘が私に惚れているような印象を受けてしまう」

警備隊長「いや、だからだな……」

勇者「ワッハハハハ!そんなアホな!!」

メイド長・警備隊長(……アホはお前だよ)



286:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/31(木) 23:49:26.16 ID:vsHLbnzAO

警備隊長「少々失礼する勇者殿」

勇者「……どうした警備隊長」

警備隊長「…………」ガシッガシッ

▼けいびたいちょうの なぐるける!

勇者「ちょ、ちょっ……」

警備隊長(立場が逆ならば!逆ならば!)ガシッガシッ

勇者「な……なぜなぐるのだ!なぜなぐるのだ!」



287:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/05/31(木) 23:50:02.82 ID:vsHLbnzAO

憲兵隊長「………」ガシッガシッ

警備隊長「………」ガシッガシッ

警備隊長「………ん?」

憲兵隊長「………」ガシッガシッ

警備隊長「……なんで貴様がここにいる」ガシッガシッ

憲兵隊長「勇者の監視の為だ。まだ決着がついた訳ではないから、違法行為があればすぐに連行するつもりだ………」ガシッガシッ

警備隊長「相変わらずのナメクジっぷりだな」ガシッガシッ

憲兵隊長「……歩く破廉恥に発言権などないハズだが………」ガシッガシッ

警備隊長「ぬあああああにいいいい!?」ガシッガシッ




勇者「………あの、もういい加減止めて貰えんか」ボロッ



288:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 00:02:11.09 ID:4KOd2lDAO

警備隊長「それで!何をするつもりかな!憲兵隊長!」

憲兵隊長「言っただろう、監視の為だと……まあ、今日はそれのみではないのだが……」

警備隊長「懲りずに決闘の申し込みかな?まーたどうせメイド長殿の前で無様に気絶でもするのがオチだろうが。ぷふっ」

憲兵隊長「何を言ってるのかワケが分からないのだが。突然睡魔が襲ってきたから寝てただけなのだが。」


警備隊長「銃なんて引いて撃つだけだろうに。疲れるわけがあるまい」

憲兵隊長「べつに一日中剣を振り回している誰かとは違い事務もこなすからな私は……」

警備隊長「うっわ、話をすり替えてごまかしているな憲兵隊長ぉー」

憲兵隊長「わ、わたしは別に……!」



メイド長「 お や め な さ い 」




警備隊長・憲兵隊長「はっ!」ピシッ

勇者「………」



289:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 00:02:38.56 ID:4KOd2lDAO

憲兵隊長「話を戻そう。勇者、引き分けという結果にはなったが、正直お前に有利な展開だったことは認めよう……」

勇者「………そうか、ならば」

憲兵隊長「しかし、私に勝ってもいないわけだ。だとするなら単に無罪とするわけには参らん……」

メイド長「まあ、内容はどうであれルールはルールですからね」

勇者「むぅ………」

憲兵隊長「貴様の国では軽度の犯罪を犯した際にどのような処置を致すのか……」

勇者「そ、そうだな。例えば慈善行為に励むことが義務とされるだとか……」



290:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 00:03:15.47 ID:4KOd2lDAO

憲兵隊長「ならば、勇者にも『慈善行為』に勤しんでいただこう」

勇者「!」

憲兵隊長「本日午後に憲兵隊の仕事内容を市民に知らせる催し物が行われる。その中での児童向けの演劇にて協力を仰ぎたい。」

勇者「………どう言うことだ」

憲兵隊長「……協力するならば、超法規的措置を認めようと言っているのだよ。勇者」

警備隊長「ほ、本当か憲兵隊長!」

憲兵隊長「私が虚偽の発言をしたことはあるかな警備隊長」

警備隊長「た、確かにないな」

憲兵隊長「どうする勇者」



291:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 00:03:56.41 ID:4KOd2lDAO

勇者(……以外とこの男とは折り合いがつくかも知れんな)

勇者「よし、引き受けよう」

憲兵隊長「ならば決定だ。ヒトサンマルマルに中央広場まで送れぬように。」



………ガチャッ



警備隊長「良かったな勇者殿!」ポンッ

勇者「ああ。しかし初めて魔王城から外に出れるな!」

警備隊長「ビックらこいちゃうぞ勇者どのー!あ、今日は暑いから帰りにビアガーデンでも行こうか勇者殿!私の奢りだぞぉー!!」

勇者「楽しみにしているぞ警備隊長!」


メイド長「………」


警備隊長「どうなされたメイド長殿」

メイド長「いえね、何だか妙な予感が……」

メイド長「……気のせいでしたらいいんですけど」



292:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 00:04:22.56 ID:4KOd2lDAO

―城下町―

子供「おい待てよー!」タタッ

子オーク「バウバウッ!(待つもんか!)」タタッ

子供「変化してずりー!俺も」ポゥッ!

子ゴブリン「オウッ!(逃がさないぞー)」タタッ



パカラッパカラッ



警備隊長「どうかな、勇者殿」

勇者「………何というか、のどかというか、ものすごい阿鼻叫喚と言うかだな」



293:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 00:04:48.99 ID:4KOd2lDAO

警備隊長「移民ではない以上、先天的に魔物への変化能力を身につけているからな。」

勇者「戦うモンスターの殆どは兵士が変化した姿だとメイド長が言っていたな」

勇者「しかし隊長のように、後天的に能力を身に付けたものはどうなのだ?……そう言えば憲兵隊長はどうなのだろうか」

警備隊長「ああ。ほとんど使わんらしいが、奴も私と同じだ。契約をすれば人間でも身体は魔王国の住人と同等になれるし、寿命だって伸びる」

警備隊長「気が向いたら勇者殿もどうかな?」

勇者「……冗談」



294:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 00:05:23.28 ID:4KOd2lDAO

警備隊長「ははっ」

「いらっしゃい、ビールはどうかね。2Gさね」

「ああ、いただくよ」

「あれ、1G多いよ旦那」

「暑いなか頑張ってるからチップだよ。とっときな」

「まいどありー!」


勇者「……中心部は豊かなようだな」

警備隊長「中心部だけでなく、末端の村も似たようなものだぞ」

勇者「なんと」

警備隊長「この国では富の再分配が上手く行われているのだ。富めるものは程々に富み、貧しい者達は程々に救われている。人間国ではどんな経済体制なのだ?」

勇者「国の為に民は働き、国は民に報いる……筈なのだがな、どうにも格差が出てしまうらしい」

勇者(……しかし驚いた。こうまで魔王国が発展しているとは)

勇者(というより……)

勇者(………何故だ、あれだけ彼らは邪気の塊だと教え込まれていたのに、だ)


勇者「皆……良い顔をしているな」


警備隊長「ああ。そうだな、勇者殿」



295:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 00:05:53.37 ID:4KOd2lDAO

パカラッ………


キキーッ


警備隊長「付きましたぞ勇者殿」

勇者「……ここが中央広場というやつか」

警備隊長「おお、もう舞台が出来上がり、子供達が待っているようですな!」


勇者「………舞台?」



296:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 00:06:23.47 ID:4KOd2lDAO

子オークA「ウオォォ!」

母親A「ダメでしょ興奮して変化しちゃっ」

パパゴブリンA「ウオ!ウオ~!」

母親A「もうパパまで……」

子スライム「………」とぅるん

パパスライム「………」とぅるん

母親B「もう、早く戻りなさい二人とも!」


勇者「……やはり阿鼻叫喚モノだな」



297:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 00:06:50.03 ID:4KOd2lDAO

魔王娘「勇者さまー!」タターッ

勇者「で、出た!」

魔王娘「お化け扱いしないでくださいよ!今日も全身!全霊で!あたしの愛を………」

メイド長「………」グイッ

魔王娘「んー!前に進めないですー」ジタバタジタバタ

メイド長「私たちは客席で見学してますので頑張ってくださいね勇者様」ニコッ

魔王娘「やー!やーよ!やーよ!やーよぉ!」ジタバタジタバタジタバタ

メイド長「お行儀良くなさい。お外なんですわよ」

魔王娘「はぁい……」シュン


勇者(魔王城の支配者は実質的にメイド長殿なのかも知れんな……)



300:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 21:03:04.39 ID:4KOd2lDAO

ポンッ

勇者「……どうした警備隊長」

憲兵隊長「………」ヌッ

勇者「ひゃあああああ!?」



301:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 21:04:43.03 ID:4KOd2lDAO

憲兵隊長「…来たか、勇者……」

勇者「あ…ああ……、約束は守る。で、私は何をすればよいのかな」

憲兵隊長「これを着たまえ」


むわわ~ん

勇者「な……なんだこれは……」

憲兵隊長「ケルベロスの着ぐるみだ。分からんか」

勇者「わ、分かるが…な、なんでこんなものをこの暑さで……」

憲兵隊長「……」ジャキッ

▼けんぺいたいちょうは じゅうをかまえた!

勇者「……わかった。着よう」



302:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 21:07:28.36 ID:4KOd2lDAO

勇者「………」むれむれー

憲兵隊員A「プークスクス。人間国の犬が犬の着ぐるみ着てるぞぉ」

憲兵隊員B「プークスクス」

勇者「………で、私は何をすればよい」

勇者「やはり正義の味方か、それとも参謀か、それとも心優しき……」

憲兵隊長「教えてやれ……」

憲兵隊員A「はっ!貴様の役どころは村を荒らしに来た不貞な輩である!」

勇者「………不貞な、輩?」

憲兵隊員B「そうだ」

勇者「ま!まてまてまて!私はいままで公明正大かつ謙虚に正義の道を生きてきたのだ!それが悪役を演じるなどという馬鹿げだ行為をだな!」

憲兵隊長「……」ジャキッ

憲兵隊員A「……」ジャキッ

憲兵隊員B「……」ジャキッ

▼けんぺいたい いちどう じゅうをかまえた!

勇者「………ッ!」

勇者「あ、ああ!好きにしろ!悪に身を売るくらいなら死んだほうg」

憲兵隊長「5、4、3、2、1……」ジャキッ

勇者「やろう!やらせていただこう!!」



303:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 21:09:49.92 ID:4KOd2lDAO

―――――

勇者「………」むわわ~ん

勇者「……卑怯な憲兵隊長め!いつか成敗してくれるわ!!!」むわわ~ん

憲兵隊員A「そんな着ぐるみ姿で言われても迫力もクソもないがな!!!!」プギャー
勇者「………ぐぅっ!」



304:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 21:10:19.94 ID:4KOd2lDAO

ワイワイワイ……

子供A「お母さん楽しみだね!」

母親A「そうね、憲兵隊の劇はいつも面白いもんね」

子供C「今日はママとパパとお出かけ出来てうれしいな!」

母親C「うふふっ」


勇者「………子供というものは、どこでも健やかで穢れないな」ニコッ

憲兵隊員A「そうだな。子供は好きだよ、我々は」

勇者(たくさんの子供達が劇を楽しみにしているようだな)

勇者(……私も不平を言わず、子供達の為に励むとするかな)



305:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 21:10:48.58 ID:4KOd2lDAO

チリンチリン

子供B「あー!始まる合図だ!」


パッ



憲兵隊長「みぃんなぁ~!!こんにちはぁ~~!!!」




勇者「えっ」

警備隊長「えっ」

メイド長・魔王娘「えっ」



306:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 21:11:42.61 ID:4KOd2lDAO

憲兵隊長「僕はぁ、正義の味方!憲兵隊長さんだよぉ!よろしくねー!」キャピッ☆

子供一同『よろしくお願いします!』

憲兵隊長「声が小さいよぉ…みんなならもっと、大きな声がだせるはずだよぉ!せぇの!!」

子供一同『よろしくお願いしまーす!!』
憲兵隊長「よくできましたー☆」ぱちぱち

【舞台裏】

勇者「な………なんなのだこれは」

憲兵隊員A「……毎年こうなんだよ」

憲兵隊員B「ストレス、溜まってるんだろうな…隊長も………」

勇者「………そ、そうなのか」



307:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 21:12:15.60 ID:4KOd2lDAO

―舞台上―


憲兵隊長「今日は、みんなに憲兵隊の素晴らしさを知ってもらいたいんだけど……」
ケルベロス(勇者)「わーんわんわん……そ……そうはさせないわん……」ボソッ

勇者(な……なんだこの死ぬほど恥ずかしいセリフは!)

子供A「……なんか敵棒読みだな」

子供B「一気に盛り下がったよ」

勇者(い、いけない!子供達ががっかりしているぞ!)



308:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 21:12:49.75 ID:4KOd2lDAO

勇者(……悪になりきるというのは性にあわんが、悪の非道さを伝えるのも私の仕事であるな)

勇者「わ………」

ケルベロス(勇者)「ワーンワンワン!そうはさせないワン憲兵隊長!!」ビシッ

憲兵隊長「………うわっ」ひきっ

勇者(……やらせておきながらドン引きとはあんまりではないか)



309:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 21:13:52.87 ID:4KOd2lDAO

魔王娘「キャー勇者さま超すてきー!ええぞええぞ!!」やんややんや

子供D「ぷふっ……あのお姉ちゃん」

メイド長「………殿下、恥ずかしいですわよ」

憲兵隊長「……ゴホン」

憲兵隊長「お前は悪の使い手だな!何をしに来たのだ!」ビシッ

ケルベロス(勇者)「この会場をめちゃくちゃにしにきたワン!ここにいる子供をさらってスープにして飲んでやるワン!」チラッ

子供一同「………」

子供A「わ、わぁ!こわいなぁ!」

子供G「こ、こわいよママ!」

勇者(………何だか子供に気を使わせているような気がするが)



310:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 21:14:47.31 ID:4KOd2lDAO

憲兵隊長「許さんぞ!我々憲兵隊が成敗してくれる!仲間達よ!力を貸してくれ!!!!!!」ビシッ

憲兵隊員A「憲兵隊員A参上!」バッ

憲兵隊員B「憲兵隊員B参上!」バッ


憲兵隊長「そして、私が憲兵隊長だ!!」

バアアアアアアアアアアアアアアアアン!!!!!!



憲兵隊員A「けふっ…けふっ……か、火薬使いすぎですよ隊長…」

憲兵隊長「我慢したまえ、子供達の為だ……」



311:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 21:15:55.45 ID:4KOd2lDAO

憲兵隊長「とにかく!」ビシッ

憲兵隊長「私に熱い正義の血が流れる限り!貴様は許さんぞ!かかれ!」

憲兵隊員A「くらえ!憲兵パンチ!」ドゴォ!

ケルベロス(勇者)「ぬふぅ!?………だワン」

勇者(ま、まて!ほ、本気で殴ってないかこやつらは!)

憲兵隊員B「憲兵キック!2連発!!」ドゴォ!ドゴォ!

ケルベロス(勇者)「ぬふぅ!?ぬふぅ!?……だ、ワン……」

憲兵隊長「これで止めだ勇……ではなくて犬!くらえ!憲兵隊究極の必殺技!!!!!!!」

勇者(よ、よしこれで…………)





憲兵隊一同「憲兵袋叩き!!!!!!!!」




犬(勇者)「………えっ」



312:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 21:16:44.47 ID:4KOd2lDAO

ドゴォ!ガシッ!ドゴォ!ガシッ!ドゴォ!ドゴォ!ドゴォ!

ケルベロス(勇者)「ちょ!えっ!い!痛い!痛い!!………ワン!!!!!!」

憲兵隊員A「オラオラ人間国の犬め!」ガシッ!ガシッ!

憲兵隊員B「成敗してくれるわ!成敗してくれるわ!」ドゴォ!ドゴォ!

憲兵隊長「この間の借りだ……」ガシッ!ドゴォ!ガシッ!ドゴォ!

ケルベロス(勇者)「は……話が違う………ワン………」



313:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 21:17:10.63 ID:4KOd2lDAO

ドスッ!ドスッ!ドスッ!

子供A「な、なんか、今日の劇……へ、へんだよな」

子供E「うん……変よね」

魔王娘「ちょっとふざけんじゃないわよナメクジ野郎!!てめぇ、×××××の××××××ついてんのかゴラァ!!!」ガタッ

メイド長「殿下」

魔王娘「だけどメイド長!」



メイド長「 で ん か 」




魔王娘「………ハイ」



314:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 21:18:21.32 ID:4KOd2lDAO

ガシッ!ガシッ!ガシッ!ガシッ!

ケルベロス(勇者)「うう……。だワン」

憲兵隊長「ぐへへへ…………」ガシッ!ガシッ!

憲兵隊員A「楽しいな!」ガシッ!

憲兵隊員B「ああ!」ガシッ!

勇者(こ……これも子供達のためだと……思えば………)

ガシッ!ガシッ!ガシッ!





ケルベロス(勇者)「!」ぐらっ




勇者(……ま、まずい!まずいぞ!)



315:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 21:18:47.98 ID:4KOd2lDAO

ガシッ!ガシッ!ガシッ!

勇者(こ、このままだと着ぐるみの頭が………!)

勇者(そ、それはまずい!子供達の夢が……)

ケルベロス(勇者)「け、憲兵隊長……すこし」

憲兵隊長「ぐへへへ……」ガシッ!ガシッ!

勇者(……き、聞いていない)



316:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 21:19:15.38 ID:4KOd2lDAO

子供F「ねぇ、ケルベロスさんの頭……とれそうじゃない?」

子供H「本当だ……」

勇者(ま、まずい!とれる!とれる!)

ガシッ!ガシッ!ガシッ!

勇者(とれ………)


ポロッ……



憲兵隊員A「あっ」ピタッ

憲兵隊員B「あっ」ピタッ

憲兵隊長「あっ…」ピタッ

勇者「……ああっ」



ゴロゴロ………



子供達一同『………あっ』



勇者「 」



319:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 22:21:56.44 ID:4KOd2lDAO

シーン………


勇者「あ……あの、だな、これはだな」

子供一同「………」

勇者「その………だな」チラッ


憲兵隊長「………」ギロッ



勇者(おわった。私の人生おわった。)





子供J「………めん」

勇者「………えっ」







子供J「すごいイケメン!!!」





勇者「えっ?」



320:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 22:22:25.14 ID:4KOd2lDAO

子供H「キャー!中の人超イケメンだわー!」

魔王娘「でしょでしょ?ちなみにあたしが一番最初に手をつけたのよ!」

子供A「すげえかっけぇ!」

子供B「すげえヒーローっぽいなぁ!」

母親A「キャー!キャー!」

パパA「……あ、あの…ママ?」






魔王娘「ゆ・う・しゃ!ゆ・う・しゃ!ゆ・う・しゃ!」

子供一同『ゆ・う・しゃ!ゆ・う・しゃ!ゆ・う・しゃ!』






憲兵隊長「な、なんだ……これは……!」

憲兵隊員A「なんか我々いつのまにか悪役っぽくなってますよ……」


勇者「わ……私は一体どうしたら」



321:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 22:23:46.70 ID:4KOd2lDAO

魔王娘「い・け・めん!い・け・めん!い・け・めん!い・け・めん!」

子供一同『い・け・めん!い・け・めん!い・け・めん!い・け・めん!い・け・めん!』


ポンッ


警備隊長「市民の声には応えるべきだな、英雄は」

勇者「警備隊長……」

警備隊長「これは勇者殿の分の木刀だ。使ってくれ」

勇者「あ……ああ……」コクリ



322:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 22:24:15.68 ID:4KOd2lDAO

警備隊長「探したぞ!憲兵隊長!」ビシッ

憲兵隊長「け、警備隊長……」

警備隊長「貴様は勇者殿を魔術で着ぐるみに閉じ込め、洗脳させて悪役を演じさせていた!」

憲兵隊長「………ぐうぅ」

警備隊長「その上で自らを英雄として勇者殿を袋叩きにするなど……卑劣だぞ憲兵隊長!」

憲兵隊長「なにが卑劣なものか!貴様らが目障りなのだ………!」 バッ


憲兵隊員A「あ、あの隊長……?」

憲兵隊員B「……悪役になりきっちゃってるよ」



323:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 22:24:59.30 ID:4KOd2lDAO

子供A「がんばれ警備隊!」

子供C「くたばれ憲兵隊!!!!!!」

子ゴブリン「ウォオオオオ!!!(がんばれ勇者ぁ!)」

パパB「こらこら、興奮して変化するんじゃ……」

ママゴブリン「ウォオオオオ!!」

パパB「………ママまで」



324:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 22:26:20.81 ID:4KOd2lDAO

警備隊長「行くぞ!勇者殿!」

勇者「ああ!」

警備隊長「非道な悪は許さない!」ビシッ

勇者「悪に正義は屈しない!」ビシッ



憲兵隊長「ぐうぅっ………」




警備隊長・勇者『くらえ!必殺……』

警備隊長「………勇者殿、良いネーミングは思い付かないか」ヒソッ

勇者「……全く」 ヒソッ




警備隊長・勇者「………」




警備隊長・勇者「ウォオオオオオオオ!!」ガバッ



325:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 22:27:11.69 ID:4KOd2lDAO

魔王娘「ゆ・う・しゃ!ゆ・う・しゃ!」

子供一同『ゆ・う・しゃ!ゆ・う・しゃ!ゆ・う・しゃ!』




憲兵隊長「なぁ!」






ドゴォオオオオ………!!!




▼ゆうしゃと けいびたいちょうの きょうれつな こうげき!

▼きゅうしょに あたった!





憲兵隊長「 」チーン……






▼けんぺいたいちょうは めのまえが まっしろになった……



326:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 22:28:01.20 ID:4KOd2lDAO

勇者「……決まった」スチャ


憲兵隊員A・B「あ、あわわわわわ……」



子供一同『やったあああああああああ!!!!!』




勇者「応援、ありがとう」キラッ

魔王娘「勇者さま、だい……」

子供J「勇者さんだいてー!」ガスッ

魔王娘「ぬふぅ!?」



327:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 22:29:00.98 ID:4KOd2lDAO

勇者「……決まった」スチャ


憲兵隊員A・B「あ、あわわわわわ……」
魔王娘「ちょ、ちょっとなんですか……」
子供A「すげーかっけぇ!」タタッ

子供B「握手して!握手して!」タタッ

勇者「ああ、いいとも!」ニコッ


ガヤガヤガヤガヤ

魔王娘「ゆ……勇者さまに近づけないです」チッ

メイド長「はいはい並んでくださいねー。勇者さまのサインと握手、セットで200Gですわよー!」

勇者「ちょ、ちょ、ちょっとメイド長、そういうことはちょっと……」

メイド長「あら、食費くらいは稼いでいただかないと」にっこり

勇者「……むぅ」



328:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 22:31:14.03 ID:4KOd2lDAO

子供M「かっこよかったよ」ギュッ

勇者「ありがとう」ギュッ






憲兵隊長「………」

憲兵隊員A「………おかしなことになってしまいましたね隊長」

憲兵隊員B「なんか勇者の好感度を無駄にあげちゃいましたよね……僕ら」


憲兵隊長「良いのだ、これで……」


スタスタ…



憲兵隊員A・B「………」


憲兵隊長A「隊長!」

憲兵隊員B「我々はついていきますよ、どこまでも!」



憲兵隊長「ふっ………」ニヤッ



329:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 22:34:24.74 ID:4KOd2lDAO

子供P「勇者さま、だいて!」ギュッ

勇者「い、いや……」

パパP「………」ギロッ

勇者「……そう言う言葉は使ってはいけないよ」

メイド長「大人気ですわねぇ、勇者さま」ジャラジャラ

勇者「………メイド長」


こっそり

皇后「ほらぁ、あなた~、勇者さんなら大丈夫って、言ったでしょ~?」

魔王「………」

魔王「………かもしれんな」ポソッ

皇后「もぅ、素直じゃないんだからっ~」



330:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 22:35:19.11 ID:4KOd2lDAO

勇者「……次の子供、どうぞ」


魔王娘「えへっ」ニコッ



勇者「ゲゲっ!」



331:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 22:35:45.32 ID:4KOd2lDAO

勇者「……な、並んだのか?わざわざ」

魔王娘「これなら勇者様に逃げられずに触れるじゃないですか」

勇者「……た、たしかにそうだが」

魔王娘「握手、してください」

勇者「あ……ああ」

ギュッ

勇者「……」

魔王娘「……」ニコッ

勇者「………ふっ」ニヤッ



332:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 22:38:53.05 ID:4KOd2lDAO

魔王娘「と、隙ありキーッス!」チュッ

勇者「!」

魔王娘「キャー!成功しちゃいました!」
勇者「 」

魔王娘「おまけにもういっk………」

グッ

メイド長「はいはい、一人30秒ですわよー」はがしっ

魔王娘「ちょ!ちょっとぉ!やーよぉ!」ジタバタジタバタ

メイド長「はいはい退場退場」ズルズル


メイド長「……ありがとうございます、勇者様」ヒソッ



勇者「あ、ああ………」


勇者(………あの娘の手に触れた)



魔王娘「勇者さまー」ふりふり

勇者(……暖かかったな)ふっ





▼魔王娘と勇者の仲は進展する……か?

▼頑張れ未来の魔王様!




メイド長「はい、次の方どうぞー」



―fin―



335:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/06/01(金) 22:47:31.87 ID:4KOd2lDAO

以上で終了です。
お付き合いありがとうございました。



引用元
魔王「勇者よ、ここで終わりだ!」勇者「ちいぃッ……!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1338120631/
[ 2012/06/02 19:10 ] 魔王勇者SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。