広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幼馴染「お~い!学校行くよ!」男「うっぜ、超うぜぇ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:21:34.55 ID:04EwMufs0

幼馴染「ねぇ!男くん起きて!遅刻だよ!」

男「は?何、お前勝手に人ん家上がりこんでんの?馬鹿なの?」

幼馴染「でも…早くしないと遅刻しちゃうよ?」

男「いやww答えになってねーからwww帰れ!カス!」

幼馴染「…」グスン

男(うっわ…うっざ、朝からうっざ、人の睡眠邪魔しておいて拗ねるとかうっざ)

男「…、ごめん寝ぼけてた。行こっか」

幼馴染「うん!」ニコッ

男(きめぇ、立ち直り早すぎだろ…マジきめぇわ)



引用元
幼馴染「お~い!学校行くよ!」男「うっぜ、超うぜぇ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1338466894/
6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:25:42.67 ID:04EwMufs0

そして俺はいつもの通学路を
超絶うざい幼馴染と歩く

幼馴染「今日もいい天気だね!男くん!」

男「日差しでお前の肌が荒れればいいのにな」

幼馴染「うぅ…、イタタタ…ねぇ!肌が焼けるぅぅぅ!」

男「…」

幼馴染「ぎゃぁぁ!あついい!」

男「…」

幼馴染「ひげぇぇぇ!」

男「うるせーよ!何だよ!何でそんなに構って欲しいんよ!俺に!」

幼馴染「ごめんなさい…」ショボーン



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:29:45.00 ID:04EwMufs0

男「いつも鬱陶しいど今日は凄まじいな…何か良い事でもあったのか?」

幼馴染「男くんと!一緒に学校行くことかなぁ♪」エヘヘ

男「いや…いつものことだろ」

幼馴染「……。ぎゃぁぁ!あついい!」

男「いや、それはいいから」

幼馴染「楽しい?ねぇ?楽しい?」

男「いや、本気でうざい」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:32:31.67 ID:04EwMufs0

幼馴染「」ピタッ

男「ん?どうした?なぜ急に止まる」

幼馴染「ごめん!急用思い出したから!帰ります!それでは!」タッタッタッタ

男「あっそ」

男(なんだよ…意味わかんねーよ…帰るってなんだよ!俺のこと放っておいて!)

男「ったく!ばーか!」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:43:11.77 ID:04EwMufs0

そして、いつも通りに学校で退屈な授業終えて
俺はさっさと帰ることにした。

男(マジであいつ学校こなかったなぁ…めずらしい)

幼馴染「やっほ~!」ジャジャーン

男「おい、何してんだよ。お前」

幼馴染「ぼっちで寂しそうに帰る男くんがあまりにも可哀想だったのでお迎えにきましたぁ!」エッヘン

男(は?ぼっち?…久しぶりに切れちまいそうだ)

男「るっせ!ばっか!ぼっちじゃねぇよ!」

幼馴染「ぼっちだよ!男君はぼっちだよ!」

男「糞びっちが!調子こいたことぬかしてんじゃねーぞ!?」

幼馴染「びっちじゃないもん!」

男「はぁ…もういいから…帰れよ?な?」

幼馴染「うぅ…」グスン

男「帰れって!失せろ!」

幼馴染「」トボトボ



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:48:28.28 ID:04EwMufs0

男(んだよ…お迎えってマジできめぇ…やっべ吐きそう…吐きそうな程きめぇわ)



男「はぁ…今日は疲れたし寝るか」

幼馴染「お~い!男く~ん!」

男(次はなんだよ…いくら家が隣だからって…迷惑すぎる)

ガラガラ

男「悪い、今日は疲れたから。また明日な」

幼馴染「あの…」

男「なんだよ?眠いんですけど」



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:53:43.85 ID:04EwMufs0

幼馴染「今日はごめんね…」

男(はい、始まりました~反省タイム~ここで許したら。また次の日から付け上がってくる…
   こんなことが一体何回続いたことか…)

男「ん?許さないよ?」

幼馴染「え?…本当にごめんなさい!迷惑だったよね?」

男「うん、凄く迷惑だったよ。お前のストレスで胃が蜂の巣だよ」

幼馴染「今日は…許してくれないんだね」

男「拉致があかん。寝るわ!じゃぁな」

ガラガラ ピシャッ

幼馴染「あ…」

幼馴染「…明日、明日こそ…」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 21:57:51.93 ID:04EwMufs0

その日は珍しく幼馴染は迎えにこなかった。
それどころか学校へも来なかった。
少し言い過ぎたのだろうか?いや、あいつにはこれくらいが丁度いいだろう。

帰り道

幼馴染「男く~ん!一緒に帰ろ?」ニコッ

男「いや、お前学校来てなかったろ?何してたんだ?」

幼馴染「ふっふ~内緒だよ~」

男「はいはい。じゃぁな」

幼馴染「ねぇ…」



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:01:20.08 ID:04EwMufs0

>>21
迎えに× 誘いに○


男「な、なんだよ?」

幼馴染「どうして、あたしにそんなに冷たいの?」

男「は、はぁ?何だよ?いきなり」

幼馴染「ねぇ、答えてよ」

男「いや、うざいからだよ」

幼馴染「あたしが居なくなったら泣くくせに?」

男「馬鹿か?お前がいなくなったくらいで泣くわけねーだろ」

幼馴染「へ~」ニヤリッ

男「お、お前なんか…こえーよ…」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:04:29.05 ID:04EwMufs0

幼馴染「ねぇ…男くん」ギュッ

男「ひっ…」

幼馴染「ちょっと聞いてほしいの…」

男「さ、触るな!じゃ、じゃぁな!」タッタッタッタッタ

男(なんだよ…あいつ…ついに俺にブチギレたのか!?やばい…やばいって)




男「ふぅ…何とかまいたな…」



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:07:48.78 ID:04EwMufs0

幼馴染「男くん、お願い逃げないで」ヒョコ

男「お、お前!?」

幼馴染「話だけでも…ね?」

男「なんだよ!聞かねーよ!失せろって!」タッタッタッタッタ

男(マジで怒らせたのかな…つか…俺…なんでアイツのこと嫌いに…)

幼馴染「ねぇ!お願い!待って!」タッタッタッタ

男(今はそれどころじゃない!)



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:13:09.50 ID:04EwMufs0

男「ハァハァ…」

幼馴染「男くん?」

男「うわ!お前…話ってなんだよ!」

幼馴染「約束守らないと…」

男「へ?約束?」

幼馴染「うん!約束!」ニコッ

警察「君!そこで何を!」

幼馴染「…」タッタッタッタ

男「お、おい!」(助かった…)

警察「大丈夫かい?ひどく息切れしてるみたいだけど」

男「え?あ、あぁ大丈夫です。」

警察「もう、夜遅いから早く帰るんだよ?」

男「はい…」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:17:45.62 ID:04EwMufs0

帰りに幼馴染の家の窓を覗いた。
彼女の部屋の明かりはついていなかった。
さすがに走りつかれて寝たのだろうか…
それとも、まだ帰っていないのだろうか…

自宅

男「はぁ…マジでびびった…今日のアイツなんだよ…」

男(そういえば、約束ってなんなんだ?)




俺は引き出しから何冊かアルバムを取り出した。
写真を見れば何か思い出すかもしれない



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:21:53.96 ID:04EwMufs0

男「やっべ、昔のアイツ可愛いなぁ~。嫌、何言ってんだよ俺…」

男(昔は仲が良かったんだな~…いつからアイツはあんなにもうざくなったんだ?)


アルバムを見たところで思い当たる節は見つからなかった…
約束…。最近のことかな?でも、そんな最近に約束なんてしたか俺…



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:29:03.18 ID:04EwMufs0

次の日は休日だった。俺は犬の散歩に出かけた。

男「アイツに遭遇したくないな…」

そして、近所の公園のベンチで一息つく。

男(懐かしいな~。よく二人で遊んだっけ…)

まただ…また幼馴染との思い出に浸ってしまう…
何だよ俺…どうしちゃったんだよ……

友「よぉ!男!なんだ?お前が犬の散歩なんて珍しいな」

男「まぁ、ちょっとあれだ…色々思い出したくてな」



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:33:49.33 ID:04EwMufs0

友「そ、そっか…なんか邪魔して悪いな」

男「別に邪魔なんかしてねーよ。つか何だよその態度は!」

友「いや…それじゃぁな!」

男「なんだよ…どいつもこいつも…」

男(ん?待てよ。ここって…)


















幼馴染「はぁ…。ちょっと怖がらせちゃったなぁ…
      男くんがあたしに冷たくする理由なんて…
       わかってるのに…でも、もうあたしには…」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:42:58.30 ID:04EwMufs0

男(確か…俺とあいつはここで待ち合わせをしてたはず…
   いつだったっけ?去年か…?これがあいつの言ってた約束?)


俺は少し頭が混乱したので帰ることにした。
頭の中でずっと何かがひっかっかていた…
俺は一日中悩み続けた。




男(去年、俺はあそこであいつと何を約束したんだ?て言うか何で今更
   その約束を掘り返すんだ?)

男(わからん…思い出せない…何で思い出せないんだよ…)



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:47:33.45 ID:04EwMufs0

俺はもう一度アルバムを見返してみた。

小学校の運動会や中学の文化祭。
写真の中の二人は楽しそうだった。

やっぱり…




あいつがうざくなったんじゃなくて
俺があいつをうざく感じるようになったんだ…きっと…





あいつが嫌いになったんだ…許せないくらい…



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:50:45.36 ID:04EwMufs0

高校の入学式の写真…
これがアルバムの最後の写真だった…

男「やっぱり去年あたりに喧嘩でもしたのかな…」


きっと真相は公園にある



俺は急いで家を出てもう一度公園へ向かった。



そして公園へ行く途中…



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:54:12.24 ID:04EwMufs0

俺はあるものを見つけた。

男「…。思い出した…全部…」

男「なんで…こんな大切な…忘れちゃいけないことを…」







それはガードレールの脇に添えられた枯れかけの花束であった。





男「あいつ…死んでた…」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 22:58:17.77 ID:04EwMufs0

俺は泣きながら自転車をこいで公園へ全速力で向かった。


男(あの時…俺はあいつに告白するつもりだった!)



男(あいつは絶対に来てくれるといったのに来なかった!)


男(行く途中で事故に遭って…)

男(だから…俺はあいつが嫌いになった…約束を破ったあいつが許せなかった…)


あいつの言った通り俺はどうやら
本当にぼっちだったようだ。



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:03:08.78 ID:04EwMufs0

公園

男「幼馴染!!」

幼馴染「あ!男くん来てくれたんだ」ニコッ

男「ごめん!俺…お前のこと好きなんだ!なのに…俺は…折角…化けてまで出てきてくれたのに…」ポロポロ

幼馴染「えへへへ、ばれちゃってたかぁ…ごめんね?男くんの記憶を消したのはあたしなの」

男「え?」

幼馴染「だって!普段通りの男くんを見たかったら…」

男「約束…果たしにきてくれたんだな」



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:09:07.71 ID:04EwMufs0

幼馴染「あたしが死んでから男くん…あたしのこと嫌いになっちゃったから!」シクシク

幼馴染「あたしは!大好きだったのに…死んでからもずっと…」

男「ごめん…辛かったんだ…お前を好きで居続けることが…」ポロポロ



幼馴染「やっぱり泣いてるじゃん」

男「え?」

幼馴染「あたしが居なくなっても泣かないって言ってたのに」エヘヘ

男「そうだな」ニコッ

幼馴染「これで…もうさよならだね」

男「おい!待てよ!このまま一緒に」

幼馴染「だめだよ…。男くんはあたしくらいに可愛い女の子見つけて幸せにならなくっちゃ!」

男「お前…」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:20:10.12 ID:04EwMufs0

そして、彼女の体は次第に薄れて消えていった。

幼馴染「でも、今度はもう嫌いにならないでね?」ニコッ

男「あぁ、ずっと好きだ!」







そして、次の日。
俺は見慣れた通学路を一人で歩く。
彼女に消されていた記憶が鮮明に蘇る。
二人で歩いた道…手すら繋げなかったけど
俺は幸せだったなと思う。


本当にあいつが好きだったんだな…俺は




おわり



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:20:52.67 ID:xaW4crQT0

おつ



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/31(木) 23:21:40.78 ID:m/1xr5qe0

( ;∀;)イイハナシダナー



引用元
幼馴染「お~い!学校行くよ!」男「うっぜ、超うぜぇ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1338466894/
[ 2012/06/01 17:00 ] 幼馴染SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。