広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヤンキー女「おい」男「はぃ」


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 18:27:31.52 ID:f723MlS50



「勉強教えろよ」

男「いや、でも委員会が・・・」

女「あ?」

男「いや、むr・・・」

女「タダとは言わないぜ」

男「だから・・・」

女「ハグ20秒」

男「は?」


ヤンキー女=女でよろ



引用元
ヤンキー女「おい」男「はぃ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1334395651/

2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/04/14(土) 18:36:37.29 ID:VHN/JFkAO



続きは?






3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 18:49:19.99 ID:f723MlS50



遅くてごめす

男「」

女「////」テレテレ

男「ひとつ聴いてもいいですか?」

女「んだよ、言ってみろ///」

男「何で僕なんですか?」

女「お前頭いいだろ、そんぐらい分かれよ。あほか」ハァ?

男「・・・中の上くらいです。メガネくんの方が成績いいですよ。学年5位ですし」

メガネ(なんで俺を巻き込むんだよ男!)

女「あいつはヤバイ。この間TUTOYAでアイドルもののCD30枚くらい買ってたし。」

メガネ(見られてた?!しかも声でけーよ)

女「それに」

男「それに?」

女「おまえって小さくてかわいいじゃん///」






4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 18:59:27.93 ID:f723MlS50



メガネ「」

男「」

女「」////

男(えぇー、これって告白?!)

女「んで、どうよ。悪くない条件だと思うぜ?」

女「これでもスタイルは悪くないほうだと思うし・・・」

女「な!英語がマジでやばいんだって。教えろよ!」

男「…ぃました」


男「分かりました」ドキドキ

女「っ社!んじゃ今からお前んち行こうぜ!」

男「…ん?」






5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 19:13:56.83 ID:f723MlS50



男(女さん…。先生に特に反抗的で、喧嘩は男より強い。今でこそ少し甘えた感じで僕に話しかけているものの・・・)

男(怒らせたらヤバい、そして家はマズい。)

〈男妄想中〉

女「茶ーねーのかよ、茶ー」

男「ごめん、いまだします」ハグマダカナー

男「」緑茶スッ

女「お茶と言ったら、ウーロンティーだろ!」バキッ

女「あと菓子もってこい、柿ピーな」

男「…ないです」ヒリヒリ

女「ッシ」バキッ

男「リンゴー」

〈妄想終了〉
男(やっぱり家はマズイな)

男「それに女さん友達いないし」

女「コロス」






6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東海・関東):2012/04/14(土) 19:22:26.69 ID:VHN/JFkAO



仕様で一部の言葉が変換されるからメ欄にsagaって入れるといいよ






7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 19:25:37.67 ID:f723MlS50



     〈男んち〉
男「あんなに殴らなくてもいいじゃないですか…」

男「女さん?」

女「…って思ったんだよ」

男「はい?」

女「何で友達いないっておもったんだよぉおおおお!」

男(カワイイ、半泣きの女さんイイナッ!)

男(ない胸に方腕添えて…。もう片方の腕で涙を拭く…。)

男「」ニヤニヤ

女「キモいんだよ」バキッ

男「イテーー」






8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 19:30:21.12 ID:f723MlS50



教えてくれてありがとう<<6さん


男「ごめん、でも女さんが可愛かったから」

女「」ドキッ

男「いつもと違う女さんが見れて嬉しかったな」

男(貧乳のギャップ萌えサイコー)ニヤニヤ

女「そのしたり顔やめろ」バキッゥ

男「イテーー」






10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 19:49:04.18 ID:f723MlS50



   <男の部屋で勉強中>
カキカキ

女「まったく、お前ってもっとおとなしいやつだと思ってた」

男「背が小さいからといって大人しいとは限りませんよ。」

男「それにしても」

男「」

女「言いたいことがあるなら言えよ」

男「何でいつも一人なんですか?」

女「そろそろ[ピーーー]ぞ?」

男「ごめんなさい」

女「・・・」

女「ヤンキー男たちいなくなったじゃん?」

男「あぁ、女さんとよく話していた…。彼道端で初対面の僕に清々しい顔でティッシュ求めてきましたよ。しゃがみながら」

女「前はそのグループにいたんだよ」

女「でもよヤンキー男はゴスペルで生計立てるからって高校辞めちまったし」

女「そのほかのやつらは喧嘩で退学」

女「んで一人ってわけよ」






11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 19:58:29.28 ID:f723MlS50



男「それなら他の女子グループとかに入ればいいじゃないですか」

女「あいつら影で同じグループのやつの悪口言うじゃん」

女「それを言ったらはぶられた」

男「まぁそうなりますか」

女「でもよ」

男「何ですかそんなににじり寄らないでくださいよ。ごめんなさい。」

女「お前とはもう友達だろ?」ダキッ

女「///」

男「」

男(意外とある!)

女「///」

男(ふぅ…)






13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 20:15:06.59 ID:f723MlS50



<次の日のHR>

先生「んでわー、修学旅行の班分けのことだが、1班2人で京都をタクシーで巡りをー」

女「おい男、お前同じ班になれよ」

先生「おい女、あんまり男を怖がらすなよ」

女「うっせ、怖がらせてないし」

男「先生、大丈夫です。たぶん」

先生「そうか、ならいいんだが」



女「クッソ!あのセンコウ私のことなんだと思ってやがる!」

女「何かしらのいたずらをををー」ワクワク

男「やめなって」

女「えー!でもよー、あいつ」

男「友達の言うことは少し聞いてよ」

女「わーったよ、ちぇー」ショゲー






14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 20:28:51.22 ID:f723MlS50



仕様わかんなくてすまん、慣れないもんで。
ネタがないから路線変えてっみる

<しばらくして>

ぷるるるるぷるるるる

男「ん?電話。はいもしもし」ピッ

女「おーおとこー、モスモス。あのさー・・・」

男「うん」

女「でサー、・・・、そんで、私そいつと付き合おうかなって思っててよー」

男「うん」

女「お前はどう思う」

男「いいんじゃないかな。女さんやっぱり面白い人だし、特に最近は性格も砕けてきたし・・・。」

男「結構女さんの話題男子の中でもあがるよ」

男「意外と可愛いって」

女「あ?以外は余計だぁ、でも、これもお前のおかげだよなー。」

女「ありがとな」

男「うん、どういたしまして。そろそろ切るよ。うん。じゃまたね。」ピッ

男「何言ってんだよ、僕」

男「何言ってんだよ・・・」






15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 20:39:24.77 ID:f723MlS50



<そしてしばらくして>

イケメン「女さーん」

男(女さんとイケメンくんは付き合いだした。)

男(背の高い女さんとでもイケメン君ならつりあうよね)

男(お前って小さくて可愛いじゃん・・・か・・・。)



イケメン「男君。もし君がよければで、修学旅行の班分けを僕と変えてほしいんだ」

男(来た)

男「もちろんだよ、女さんを怒らせないように気をつけてね」

イケメン「はは、ありがとう男君。本当に感謝するよ」

男「うん。大げさだなぁ」

男(君ならだいじょうぶだよね。任せられるよね。うん。)

男(なに言ってるんだ。なんて傲慢な思考をしているんだ僕は。)

男(いまさら僕は女さんに何もできないじゃないか)

男(あ、女さん、イケメン君と話して笑ってる。)






17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 20:45:20.23 ID:f723MlS50



<修学旅行2日前の夕方>

男「女さん…」カチカチ

プルルルル、プルルルル

ピッ
女「はいもしもし、どうした?男。ん?今?イケメンとファミレスってるぜ、え?そうか、なんだよじゃあな、また明日」



男「女さん楽しそうだったな」




おーい誰か見てる?
指つかれたー






31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 21:47:30.35 ID:f723MlS50



なるほどねー
了解男幸せENDで。

<修学旅行初日>
新幹線内

女「イケメンそれマジかよ!!うわーやられた!」

イケメン「うん、マジだよ。だけどそれが・・・」


男「」ボー

メガネ「男、何見て…、あぁ女さんか。あんま心配すんなって、イケメン君もちょっとしたことで表情が変わる女さんが面白いって…。おい、聞いてんのか?」

男「え?うん何?」

メガネ「だから、心配しなくても女さんとイケメン君はうまくいくって。」

男「うん。そうだね。あの2人なら」


女「おい男、私たちの写真とってくれ。いや、何ならお前も入るか?おいそこのメガネ、カメラ持てよ、お前こういうの得意だろ」

イケメン「いいね、男君も入ろうよ丁度窓からいい景色見えるし・・・、メガネ君もどう?」

メガネ「え…、あ、う、うん入ろうかなあぁ」

男「僕はいいよ。写真を撮るからいいよ。」

イケメン「このカメラはタイマーついて…」

男「いいって!!!」

イケメン「?!」

女「」

男「…ぁ。」

男「」

男「さあ入ってよメガネ、ほら、イケメン君と女さんもっとくっついて。」

男「ハイ取るよ。チーズ」パシャ

女「おい男どうした?」

男「ごめん眠いから駅に着くまで寝てるね」






33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 21:56:32.50 ID:f723MlS50



<宿>
浴場

メガネ「おい、お前新幹線でどうしてあんな声出したんだよ。女さん不思議そうにしてたし」

男(そんなこと分かってるよ。)

男「うん、少し考え事してたんだ…。自分でもあんな声出てびっくりしたよ」

メガネ「まあいいけどさ、まぁあんまり考え込むなよ。元気出る曲聴くか?DVDプレーヤー持ってきたし何なら一緒にひーちゃんのライブを・・・」

男「なんか調子悪いから先寝るよ、メガネはゆっくりお風呂入ってて。」ガラッ

メガネ「あ、そうかよ。明日のタクシー巡りのときまでに直せよー、一緒の班だかんなー」

男(女さん…)






35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 22:10:45.48 ID:f723MlS50



<部屋で>

男「あれ、なんで女さんがいるの?」

女「へへ、お前が来るのを待っていた。3人でトランプやろうぜ!んでメガネが来たら大富豪だ!」

イケメン「なんか新幹線で調子悪そうだったし。息抜きでどう?」

男「いや、あれは少し考え事をしてただけで」

ガラッ
メガネ「はぁーいい湯だった。男ー大丈夫か?ポカリ買ってきt…。うぇ女さん」

女「メガネ、ちょっと来いよ、はぁ食いしばれよぉ!」

メガネ「オワタ」

イケメン「まぁまぁ、女さん。いきなり男子部屋に女の子がいたらびっくりするって、普通。」

メガネ「イケメン君…」

女「でも今ウェって言った!ウェって言ったし!」

男「女さん」

女「な、なんだよ…」

男「メガネももう君の友達だよ。今回は許してあげてよ。」

女「そ、そうかよ」

女「よろしくな、メガネ。友達だぞ」テレテレ

メガネ「え?あはい」






37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 22:22:35.19 ID:f723MlS50



関西弁わかんないっすwww
ウェーイwww

<修学旅行二日目>
タクシーで京都めぐり

男「」

メガネ「男ー。お前昨日すぐ寝たけどあの後すごかったぜー!」

メガネ「革命返し返しでイケメンがずっと大富豪だったん。んですっかり仲良くなったぜ。お前のおかげだよ男」

メガネ「でも女さんが大貧民で機嫌悪くてサー、さすがのイケメンも困ってたぜ」

男「そっか。」

オッチャン「お、金閣寺につくで。お兄さんたちは準備せないかんの」

メガネ「ウェーイwww」

男「そうだ、お勧めのお土産屋さんとかあります?」

男(女さんに何か…、て馬鹿か僕は)

オッチャン「あるでぇー」

メガネ「ウェーイwww」






38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 22:31:11.86 ID:f723MlS50



悪い予感ってなんだよ
深読みしても話し自体が浅いからなんもねーよ

イケメン「男君大丈夫かな。」

女「大丈夫だろ、あいつ結構強いんだぜー。殴ろうとしてもすぐ避けるし。」

イケメン「女さんは男君のこと信じてるんだね」

女「っ足りめーだろ。なんせ友達だかんな!」

イケメン「そう…。俺にはそうは見えない…かな。」

女「おい!木刀メッチャ売ってるぞ。おい、男とこれで戦いてーなおい」

イケメン「木刀じゃ危ないって」ハハハ

女「んじゃ、このちっさい竹刀だな、あいつ喜ぶぞー!」

イケメン「ハハハ」

イケメン「」


メガネ「あ、おい男、あれイケメンじゃん、おーいイケメーン」






39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(鹿児島県):2012/04/14(土) 22:37:20.27 ID:RD7MKwGj0




女が些細なきっかけでコロコロ好きな奴変えるビッチみたいになる予感だよ

言っちゃったじゃんか







41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 23:01:17.72 ID:f723MlS50




女は「友達で来て嬉しいな」テレテレ
的な感じで頼むよろしく
>>39お前頭いいな。気をつける。


男(女さん!)

女「あっ、男ー!この竹刀みろよー!カッケーぞ」

イケメン「やあ、メガネ。男君。」

イケメン「ちょっと女さん、君と話したいことがあるから裏に行こうか」

女「は?んー。わかった」テクテク


男「あ、」







42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 23:11:20.14 ID:f723MlS50



男「女さん」ボソ

メガネ「?」


<店の裏>
イケメン「女さん、」

女「んだよ、とーとつに。」

イケメン「フンッ」パーンッッッ!

女「イテーー。何すんだよイケメン。」

イケメン「君はもっと尻の軽い女だと思ってたけど、俺の勘違いだったみたいだね。」

イケメン「せっかく昨日ヤれると思って部屋に呼んだのにさ…」

イケメン「僕とヤりたがる女なんかいくらでもいんだよ!いきがりやがって!」

イケメン「どうせ男とよろしくしてたんだろぉ?」

女「…死ね」


支援ありがと。






44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 23:18:24.40 ID:f723MlS50



<店の表>

女「イケメンのアホ!」イライラ

女「男…、行くぞ!」ガシッ

男「へぇ?」

女「オッサン、清水寺まで頼む」ヒリヒリ

オッサン「任せな嬢ちゃん、シートベルト締めとき、飛ばすぜ?」ニヤリ


<店の裏>

メガネ「名演技だったな、イケメン」

イケメン「…」






45:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 23:35:15.92 ID:f723MlS50



メガネ「さすがイケメン、予定通りだが、ちと辛そうだな」

イケメン「ハハハ、骨が折れたかもね。いや…、骨が折れるねえ。」



<昨日の夜>
女「んじゃまた明日な、男の看病頼む」

イケメン「はいはい、任せといてよ」

ガラッ、ピシャリ

イケメン「看病しますよ、恋の病の…。男君」

男「グー」すやすや

イケメン「メガネ」

メガネ「んん?」

イケメン「女さんは俺のことどう思ってるかな。」

メガネ「そりゃあ、好き…とか。…かな?」

メガネ「ごめんわかんねーや」

イケメン「…いや、いいんだ。」

イケメン「俺はそうは思わないだ、残念なことにね。そう、彼女は今新しい環境を満喫しているに過ぎないんだ。と思う。」

イケメン「今一番女さんと近い俺だから分かる、…彼女は男君のことが好きだ。」

メガネ「ごめん、俺も少し感ずいてたよ。でもどうすればいいかまったく分からなかった。」

イケメン「辛かったよ、話している最中、ずっと。ずっと、男君のことを気に掛けている様子だった。」

イケメン「こうしたら男はどんな反応をするか、それが彼女の主な話題だった。」

イケメン「そこで俺はある作戦をここに提案する。」



イケメン(女さん、君の幸せを切に願うよ)






47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/14(土) 23:47:16.38 ID:f723MlS50



女「男!清水の舞台だ。ここから昔の人は飛び降りたらしいな!」

女「男、行け!」

男「無理だよ、女さん」

男「そんなことよりも、頬はれてるよ」サワッ

男(女さんが目の前に、僕だけの前に。僕は…。)

男(でも!)

男「女さんは・・・、イケメン君のところに行かなk…」

女「おい」

男「はぃ」

「目を閉じろ、男」

男(なんだろう。ぼくは女さんに近ずいちゃいけな・・・)

ギュゥッ

女「英語…、教えてもらったときの受講料。あの時は8秒だった。」

女「だからあと・・・、」

パッ

男「もう12秒たったよ」

男「さあ、女さん。イケメン君の・・・」

女「好きだ!!!」

男「え」



イケメン「だから明日、女さんの本当の気持ちに気付いてもらうんだ」






52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/15(日) 00:01:35.34 ID:IYbdpEgh0



盛り上がってまいりましたwwwww
おいそこのイケメンども、一気に終らすべ!!!!


女「男のことは悪く言うなよ。あぁ!?」

イケメン「ならその男君は今危ない状態だね、ずっと俺と女さんのいちゃつきを見ていたんだ。君はひどい女だ」

イケメン「男君は、君のことが。好きなのにね・・・。」

女「え」

イケメン「君は鈍感だ。だから彼を傷つけるんだ。」

女「男!」ダッ

イケメン「ほんとに鈍感すぎるよ・・・。女さん。」

メガネ「あ、おい女さん。どうし・・・。あーそうだ。清水寺には今きれいなもみじが咲いてるよ。」

メガネ「男はモミジが好きだったな。」ボソ

女「」ダッ






53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/15(日) 00:11:12.03 ID:IYbdpEgh0



男「え、でも。イケメン君が。え、はぁ?」

女「うっさい!これでも喰らえ!」

男「うおっほ!」

ギュウッ


女「男のおかげでたくさん友達で来たから。そのお礼」

女「今回は10分だ・・・。」

女「男、意外と肩幅広い。」

男「そうかな」

女「可愛い顔して。生意気だな。」

男「可愛い顔して背が高いとは生意気だよ」

女「っえへへ」

男「ふふふ」


<一方少年2人は>

メガネ「オヤジ!塩ラーメン一丁」
ツケメン「俺イケメン一丁」

オヤジ「」

メガネ「でサー、やっぱひーちゃんがサー。」
イケメン「時代はアイドルだな!」

メガネ「CDいる?20枚くらい。」
イケメン「マジで?ウェーイwwww」






54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2012/04/15(日) 00:17:18.92 ID:IYbdpEgh0



男「あ、モミジ。」

女「鮮血みたいな色だなおい。」

男「女さんのほうがきれいだよ・・・。」

女「だからしたり顔やめろ」バキッ

男「イテーー」




女「そういえばお前から私のことどう思ってるか聞いてなかったな」

男「え、お、おう。」

男「すk・・・。まぁー嫌いじゃないよ」

女「おい」

男「はぃ」



男「好きですよ。女さん。付き合ってください」

女「はい」


おしり






56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/04/15(日) 00:26:39.78 ID:uFDzq1Rno



乙乙乙






57:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/04/15(日) 00:26:58.64 ID:WK+JyKUDO










59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(長屋):2012/04/15(日) 00:58:22.42 ID:78PVtMELo



1乙つ






60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/04/15(日) 01:15:17.35 ID:n7X60JgIO



>メガネ「あ、おい女さん。どうし・・・。あーそうだ。清水寺には今きれいなもみじが咲いてるよ。」

>メガネ「男はモミジが好きだったな。」ボソ

>女「」ダッ

ここ流し読みしたせいでメガネがホモに見えた




引用元
ヤンキー女「おい」男「はぃ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1334395651/
[ 2012/04/23 20:10 ] 男女SS | TB(0) | CM(1)
名無しさん
ちむよむ
2013年05月25日 09時23分
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。