広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

姉「私は姉萌えなんです」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 22:54:11.49 ID:58mh/2jD0

姉「なのに!私が姉で妹がいる!なんでこうなったんですか!」

妹「そんなこと言われたってしょうがないじゃん」

姉「ほら、そうやってすぐ諦めるじゃないですか!妹ちゃんはヘタレですね。まったく、本当にかわいいんだから」

妹「姉妹の関係を逆にするなんて無理だし・・・むしろこれを諦めない姉ちゃんがすごいと思う。本当に憧れる」



引用元
姉「私は姉萌えなんです」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1338126851/
7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 22:56:40.66 ID:58mh/2jD0

姉「もしかしたら何か方法があるかもしれないじゃないですか。さぁ、一緒にさがしに行きましょうよ」

妹「相変わらず姉ちゃんの行動力はすごいね。どうせ日曜日で暇だし外出するのもいいかな」

姉「さすが妹ちゃん!可愛いんだからぁ」

フォッフォッフォ その必要はないんじゃよ



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 22:59:56.73 ID:58mh/2jD0

姉・妹「誰だ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

私は神だ、さぁ崇め、畏れよ

姉・妹「神様だ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」
姉・妹「って声をよく聞いたらボイチェン使ってる友ちゃんだ!!!!!!!!!!!!!!」

友「おい~っす!相変わらずばかみたいな話で盛り上がってるねぇ」

姉「ばかな話じゃないですよ。ばかにしないでください」

妹「ばかじゃないよ。出てけ」

友「ひっど!・・・姉、貴女は大事なことを忘れてるんだよ」

姉「大事なこと?なんですか?」

友「私は女で姉ちゃんのひとつ上だ」



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:02:57.38 ID:58mh/2jD0

なぜかsageになってた

姉「・・・ほほぅ。なるほど、友ちゃんが言いたいことが何となく理解できました」

友「わかってくれたね!私が姉ちゃんのお姉さん役になればいいんだ」

妹「おい、せっかく姉ちゃんと外出するチャンスだったのに邪魔すんなよ、友バカ」ボソッ

友「と、思ってたけどよく考えたら私は兄萌えだったわ!失礼」バビューン

姉「なんだったんですか友ちゃんは」

妹「さぁ?バカだから何考えてるかわからないね。とりあえずどっか出かけようよ」

姉「いきましょうか~」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:06:38.65 ID:58mh/2jD0

ショッピングモール

ヨゥ、ネエチャンタチ!イッショニアソボウゼ
姉「私レズなんで」 妹「私同性愛者なんで」
ジャアシカタナイネ

商店街

ソコノオジョウチャン!!サカナヤスクスルヨ
姉「姉妹逆転する魚はおいてありますか?」
ソレハナイナァ、ゴメンヨ!

魔女の家
姉「これはなにかありそうですね」

妹「っていうかなんで魔女の家なんてあるの?ここは現実だよね?」



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:08:15.38 ID:58mh/2jD0

姉「魔女の家なんてどこにもありますよ。『魔女』って名乗ってる人が住んでれば魔女の家になるんですから」

妹「そりゃそうだけど・・・明らかに胡散臭いでしょ」

姉「ごめんくださ~い!」ゴンゴンッ

妹「相変わらずの行動力・・・」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:10:08.40 ID:58mh/2jD0

魔女「あら、可愛い御客さんだねぇ~」

姉「姉妹逆転の薬をください」

魔女「あいよ」ポイッ

妹「あっさりだ。こんなに胡散臭い魔女がいてこんな胡散臭い薬を渡されるなんて思いもしなかった。これは誰かの手によって書かれた物語に違いない」

姉「何言ってるんですか?妹ちゃんは独り言が本当に多いですね」



15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:14:28.07 ID:58mh/2jD0

魔女「あ、ちなみにその薬、姉妹逆転するけど生活に必要な最低限以外の記憶はリセットされるからちゃんと考えて使うんだよ」

姉・妹「まじで!!!!!!!!!!!!!!!」

魔女「物語にはそういうのよくあるじゃない?」
   「とにかく、ちゃんと考えて使うんだよ」


自宅

姉「簡単に手に入った、と有頂天になってたら・・・」

妹「胡散臭い魔女から渡された胡散臭い薬には胡散臭い副作用があった・・・」

姉「妹ちゃんは胡散臭いって言葉知ったばかりなの?可愛いね」

妹「ずっと前から知ってるよ!」

姉「ムキになってる妹ちゃん可愛い///」

妹「頬赤らめないで、姉ちゃん可愛くて直視できないから」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:18:14.98 ID:58mh/2jD0

フォッフォッフォ 相変わらず仲がいい姉妹だのぅ

姉・妹「友ちゃん御帰り」

友「はい、ただいまぁ~!どう?デートで何かいいものあった?」
  「ってんぅ?なにこの緑のコポコポした液体は」

姉「姉妹逆転クスリぃ~!」

友「あぁ、なるほど・・・どうせ副作用で記憶なくすとかそういうオチでしょうよ」

妹「さすが友ちゃん、察しがいい」

友「フォッフォッフォ 伊達に長生きしとらんよ」
  「でもさ、姉ちゃんみてるかぎり、どちらかというと妹大好きに見えるよね」

姉「・・・はい?」
妹「・・・はぁ?」

友「っていうか姉萌えってずっとギャグだと思ってたんだけど、そうだよね?」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:24:17.41 ID:58mh/2jD0

人いないなぁ 文章下手だしなぁ

姉「ねぇ、妹ちゃん・・・友ちゃんって何言ってるんですか?」コソコソ

妹「さぁ?友ちゃんバカだしね・・・」コソコソ

友「バカじゃないから!と・に・か・く仲いい姉妹でも普通は『可愛い』とか言わないし、一緒にお風呂も入らないから」

妹「またまたぁ~、どうせそれは友ちゃん基準でしょぉ~」

友「アンケートとってみました」

姉・妹「まじで!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」


Q.一緒にお風呂入る高校生姉妹をどう思う?
A.実は付き合ってるんじゃないかと思う 84.6% エロい 15,4%


姉「本当ですね・・・」
妹「本当だった・・・」

友「ね?今までそう思って来なかっただけで、実際は二人好きあってるんじゃないの?」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:29:05.02 ID:58mh/2jD0

友「なんか変な空気なので失礼させていただきますねぇ・・・ソレデハッ!」バビューーーーン
  「大事なこと言い忘れてた!おやすみ~」

姉・妹「・・・オヤスミ」

翌日 朝


姉「・・・ねぇ、妹ちゃん」

妹「な、なんでしょう?お姉さま」

姉「急に呼び方変えないでくださいよ、変だから」

妹「ごめん・・・それでなに?」

姉「友ちゃんが言ってたことなんですけどね、あの、その・・・」

妹「どうせ友ちゃんが適当なこと言っただけでしょ!だってバカだし」

姉「うん・・・そのはずなんだけどね・・・そのぉ・・・・」

妹「・・・よっしゃ!早起きしたから学校までまだ時間あるし少しゲームやろう!!!」

姉「友ちゃんが言ってること、正しかったんですよ!!!!!!!!!!」



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:32:48.83 ID:58mh/2jD0

妹「姉ちゃんってそういう冗談言う人だったっけぇ~??」

姉「とぼけないで。本当のことだから」

妹「・・・まじで?」

姉「こういう冗談は言わないですよ、私は」
  「改めて考えてみたんです。今まで姉萌えって思いこんでたのは、この想いが許されることじゃないからごまかそうとしてたんだって」

妹「・・・ふむ」

姉「だから妹ちゃん、改めて言わせてください」
  「私、妹ちゃんのことがs
友「おっはよ~さあああああああああああああああああああああん!!!!!!!!!」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:35:21.16 ID:58mh/2jD0

姉「uキィイイィィイイイィィイィイイI!!!!!!!友ちゃん!バカ友ちゃん!」

妹「さすがバカ」

友「え?え??私タイミング悪かった?いやぁ~申し訳ない!ほんっとうに申し訳ない!!でもどうせ前みたいにばかみたいなことで盛り上がってただけでしょ?」

妹「いいところだったんだから邪魔しないで。バカ友」ボソッ

友「先に学校いってますね」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:37:08.66 ID:58mh/2jD0

姉「なんだったんでしょう・・・・」

妹「さぁ?空気読む芸でも覚えたんじゃない?」
  「それで姉ちゃん、続き・・・」

姉「う、うん・・・私ね、妹ちゃんのことが「私、お姉ちゃんの事好きだよ」

姉「・・・へぁ?」



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:39:21.30 ID:58mh/2jD0

妹「友のっぽくしてみたらこうなりました」テレッ

姉「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」

妹「だめ、だった?」

姉「うわああぁああぁあぁぁあああぁっぁあああああああん」

妹「わ、わ、わ!!!」

姉「妹ちゃああああああああああああん!私もおおぉぉおおお」

妹「・・・うん」

姉「私も妹ちゃんの事好きぃいいぃぃいいいいいい。うわああぁああぁあああああぁあああん」



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:41:19.43 ID:58mh/2jD0

妹「・・・うん」

姉「よかったああぁあああぁああああぁぁぁぁああ!気持ちわるがられるかと思ってたから本当によかったよぉぉおおっぉおうううう」

妹「・・・うん、とりあえず泣きやみなよ。はい、ティッシュ」

姉「あ、ありがとう」チーーーーーーーーーーーーン
  「ふぅ、すっきりしました」



30:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:46:18.63 ID:58mh/2jD0

姉ちゃん っていうのは名前+ちゃんです


姉「取り乱してしまって本当にごめんなさい」

妹「私も内心バクバクだから大丈夫。むしろ姉ちゃんが少し泣いてから少し落ち着いてきたし」

姉「でも本当によかったです・・・本当にうれしい」

妹「そうん、私も嬉しい。でもさ・・・これからどうするか、っていうのとこの緑の胡散臭い薬どうする・・・?」

姉「今後のことはなんとかなりますよ!薬はいらないです。妹ちゃんとの記憶なくなっちゃうの嫌だし」

妹「うん、私もいらない。姉ちゃんとの思い出はなくしたくない」
  「実はひとつ提案が」ゴニョゴニョ

姉「・・・なるほど、いいですねぇ。あと耳がこそばゆいです///」

妹「言わないで///」



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:50:40.46 ID:58mh/2jD0

姉「とりあえず魔女さんの家に行きましょう」

妹「姉ちゃんの行動力は本当に頼りがいがある。たまに裏目に出るけど」

魔女の家

魔女「やぁ、あの時の姉妹じゃないか。薬はどうしたんだい?」

妹「自己かいk「私たち付き合うことになったので大丈夫です!!」キリッ
  「姉ちゃあああああああああああん!!!!!!!!!」

魔女「おやおやぁ・・・御似合いじゃないか。よかったねぇ、お姉さん」
   「実はこの薬、惚れ薬だったんだよ・・・」

姉・妹「ヘェ????????」

魔女「だって二人とも、どう見ても好きあってるようにしか見えないじゃないか」

姉・妹「まじで!!!!!!!!!!!!!!!!!!」



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:53:54.34 ID:58mh/2jD0

関東地方です
こそばゆいって普通にいいませんか?


魔女「でも必要なかったようだねぇ。薬なんか使っても良い結末にはならないさ」

姉「ありがとうございます・・・ところで無理は承知なのですが・・・」ゴニョゴニョ
妹「ありがとうございます!!!」

魔女「・・・面白そうなこと考えてるねぇ~。一時的なものだったら副作用なしで作れるよ」

姉「本当ですか?!ぜひお願いします!!!」

妹「これさえあれば・・・」

魔女「じゃあちょっと作ってくるから待ってるんだよ」

姉・妹「お願いします!」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:55:20.99 ID:58mh/2jD0

自宅

姉「魔女さん良い人でしたね。お礼もいらないって言ってくれましたし」

妹「胡散臭いだなんて言わなければよかった・・・」

姉「でも、魔女さんのおかげで・・・」クックック

妹「楽しみになってきたね!!」ワクワク



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/27(日) 23:58:29.87 ID:58mh/2jD0

その人の夜

友「・・・朝は申し訳ありませんでした」
  「だからそれだけは勘弁してください」
  「本当に、どうか・・・」

姉「ん~、妹ちゃんどうします?」

妹「ちょっとかわいそうになってきた・・・」

姉「じゃあやめてあげますか?誠意も感じられますし」

妹「かわいそうだけどやめないでいこうか」

友「ンぎゃあああああああああああああああああああああああ」



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 00:02:42.05 ID:UEF8IgH00

友(私の今朝の行動がいけなかったのだろう。私は今、友達の姉妹に縛られ、拘束され、謎の液体を飲まされそうになっている。おそらく魔女が作ったものだ)
  (それにしても今朝は二人の間に変な空気が漂っていたのに、今は非常に清々しい顔をしている)
  (きっと二人にいいことがあったのだろう。何があったかはあえて明言しないが)

友「だからゆるしてええええええええええええええええええええええええええええええええ」

姉「友のおかげで気づけたから感謝はしてるけど今朝の事は許さないですよ~」

妹「空気読めないバカ友だから って何度も許容してきたけど今回は無理だわ」

友「と、ところでその液体はどのような・・・?」



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 00:04:48.08 ID:UEF8IgH00

姉「誰が作ったか は大体予想がついてるでしょう。魔女さんです」

妹「これは私と姉ちゃんでお願いして作ってもらった薬なんだけどね」

姉・妹「一時的に性別逆転する薬ぃ~♪」

友「性別逆転・・・ですと?」

姉「そう、性別逆転」

妹「友ちゃんは男の子にされちゃうのですよ、これから」

友「な、なんですとおおおおおおおおおおおおおお」



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 00:08:15.79 ID:UEF8IgH00

友(なんてことだ、私は今日から女ではなく、男になる。クリトリスの快感はもう、味わえないのだろうか。そう思うともっと触っておけばよかったと後悔する)
  (それにしても男になると顔立ちも変わってしまうのだろうか。アレも生えてくるのだろうか。私は『恐怖』ただそれだけに包まれている)

姉「じゃあ妹ちゃん、友の口あけて~」

妹「よしきた~」

友「フゴゴゴゴッゴオオゴゴゴオオ」

コポコポコポコポ

姉「よし、成功ですね!いえ~い」
妹「いえ~い」



42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 00:10:18.19 ID:UEF8IgH00

友「まさか旧知の友にこんなことされるなんて・・・」ヨヨヨ

姉「まぁまぁ、一時的なものなんですからいいじゃないですか」

妹「男になれるなんてそうないぜ!」

友「副作用が・・・」

姉「一時的なものだから副作用はないですよ」

友「よかったぁ~・・・ってんぉ?声が!声がぁ!胸がぁ!!!!!!!!!」



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 00:12:47.43 ID:UEF8IgH00

そろそろ眠くなってきた・・・



姉「魔女さんすごいですね。もう効果出てきましたよ」

妹「顔立ちも変わってきてるね!すごい」

友「なんてことだ。自慢の胸がつるぺたりんになってしまった。声も妙にイケメンになってしまった」

姉「確かに顔もイケメンですねぇ」

妹「友のくせに」ウギギ

友「えっ、まじで?」



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 00:13:52.40 ID:UEF8IgH00

姉「はい、鏡」

友「うっはぁ~~!!!!本当にイケメンじゃねぇか!」
  「・・・ってん?何でスカート脱がしてきてんの?妹さん」

妹「男なのにスカート穿いてるのはおかしいじゃない?」



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 00:15:56.42 ID:UEF8IgH00

そろそろ頭はたらなくなってきたので文章おかしいところあるかもしれないです


友「うん、確かにおかしいけどさ 別に今すぐ脱ぐ必要も妹が脱がす必要ないじゃん?」

妹「縛られてるじゃん」
姉「友ちゃんの家まで10分かかるけどその間スカートでいくの?

友「・・・やな予感がしてきた」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 00:17:36.80 ID:UEF8IgH00

妹「それにほら、これ復讐みたいなものだし

姉「保健体育の復習にもなりますね」

友「私の純潔が、ピィーンチッ!!」

姉「なんだかんだで友ちゃんも余裕ありそうですね・・・」

妹「友ちゃんは変態の塊だもんね」

友「反論できない・・・悔しい・・・」



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 00:19:10.69 ID:UEF8IgH00

妹「よし、脱げたぁ~!」
  「男なのに女性用下着着けてる友ちゃん。さすが変態」

友「やめろ」

姉「うわぁ~・・・膨らんでますね」

友「私の頬がな」



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 00:21:22.80 ID:UEF8IgH00

妹「男なのに女性用の下着はいてるのはさすがに気持ちわるいしこれも脱がしちゃおう!!!」

姉「いいですね。この謎の膨らみの正体も気になるところです」

友(どうすればいいんだこれ・・・そうだ!!)
  「ね、二人ともさぁ」

姉「なんです?」
妹「命乞いは受け入れないよ」

友「二人付き合ってるのに別に人とそういうことしていいの??」



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 00:24:10.71 ID:UEF8IgH00

姉・妹「!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

姉「妹ちゃん・・・」
妹「姉ちゃん・・・」

姉・妹「友ちゃんは放置して目の前でしちゃう?」

友「・・・・え?」
  (え、どういうこと?私が放置されるのはわかったんだけど・・・)

妹「・・・ンッ///」

姉「妹ちゃん、胸小さいですね」

友「う、うわあああああああああああああああああああああああああああああああああ」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 00:26:52.05 ID:UEF8IgH00

妹「そういう姉ちゃんこそ・・・エイッ!」

姉「ヒャッ!!!いきなり乳首はやめてよ///」

妹「っていうか私は、ンッ 普通の大きさだよ」

姉「ンハッ・・・友ちゃんの胸が大きいだけですね」

妹「友ちゃんのことは忘れて、楽しもうよ。せっかく付き合い始めたんだから///」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 00:28:38.39 ID:UEF8IgH00

姉「妹ちゃぁん・・・」
妹「姉ちゃん///」

友「やめろ!やめてくれええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ」


おわり

今まで呼んでくださった方、ありがとうございました
非常に拙い文章、めちゃくちゃな展開、キャラクター崩壊、エロ適当と初心者丸出しで申し訳ありません
ちなみに私は姉も妹もいけますが、一番は幼なじみです



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 00:31:43.63 ID:8BefOVXj0

パンツ消し飛ばしたのにおあずけとか鬼畜すぎワロタwwwwwwwwwww



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/28(月) 00:35:02.99 ID:UEF8IgH00

>>54
想像力で頑張ってください!!

因みに私のなかでは
姉:黒ロング、おっとり系天然、貧乳
妹:黒セミロング、かっぱつ素直、貧乳
友:茶ショート、成績優秀馬鹿、巨乳

です!



引用元
姉「私は姉萌えなんです」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1338126851/
[ 2012/05/29 21:15 ] 男女SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。