広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「エルフの耳をなで続けるとどうなるか?」

6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 11:21:59.46 ID:sRaPwQp50

エルフ「人間ごときに屈しはしない!!」

男「そんな事言わずに仲良くしようよ」

エルフ「断るっ!!さっさと殺せ」

男「こら、そんな簡単に殺せなんて言うもんじゃない」

エルフ「何を…」

男「キミにも故郷にはご両親や友人がいるだろう?キミが死ねば、その人たちが悲しむ事になってしまうよ?」

エルフ「……ぐっ」

男「キミ自身、みんなにもう一度会いたいでしょ?」

エルフ「……確かに…。だが!辱めを受けるぐらいなら私は!!」

男「はぁ…お願いだから話を聞いて欲しいな」

男「僕は君を拷問する気もなければ、辱めるつもりもない。これだけは信じて欲しいな」

エルフ「…………感謝する」

男「うん。素直でよろしい」ナデナデ

エルフ「ひゃぁぁぁ!?」ビクッ



引用元
男「エルフの耳をなで続けるとどうなるか?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1336873393/
9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 11:30:59.61 ID:sRaPwQp50

エルフ「きききき貴様っ!!早速私を謀ったな!?汚い!!人間は汚いぞ!!」

エルフ「やはり私を辱めるつもりか!?女であれば誰でもいいのか!?この畜生めが!!」

エルフ「自分が美しいなどと思った事は一度もないが、それでも女としてのプライドがある!!それ以上近づくのであれば舌を噛み切って死ぬぞ!!」

男「いや、ちょっと落ち着いて…」

エルフ「黙れ!!この強姦魔!!」

男「誤解だよ!本当にそんなつもりはないから!」

エルフ「ならば…ならば何故…」

エルフ「何故私の耳を撫でた!?耳がエルフの性感体と知っていたからだろう!?そのまま私を手篭めにするつもりだったのか!?」

男「えっ」

エルフ「えっ」



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 11:39:54.01 ID:sRaPwQp50

男「せ、性感体ってその…」

エルフ「とぼけるな!知っていたくせに!!」

男「違う!本当に知らなかったんだ!」

エルフ「では何故耳を触る必要があった!?」

男「ぐ、偶然だよ。耳を触るつもりは無かった。手が当たっちゃっただけだから!!」

エルフ「ぐ、偶然だと…?」

男「そう。そうなんだ」

男「……………君がとても不安そうな目をしていたから」

エルフ「……不安?」

男「だから、安心させようと……。僕は君の敵じゃないってわかって貰おうと思って頭を撫でただけなんだ」

男「耳を触るつもりは本当に無かった!エルフの耳がそんなものだなんて知らなかったんだ!本当にゴメン!」ズザー

エルフ「わ、わかった!わかったから頭をあげろ!!」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 11:51:56.64 ID:sRaPwQp50

男「本当にゴメンね?」

エルフ「もういい。わざとじゃないのはわかった」

男「じゃあ話の続きをしても?」

エルフ「こちらが許可をできる立場ではない事くらいわかっている。続けてくれ」

男「さっきも言ったように、僕は君に危害をくわえる気はない」

男「森の中で気を失ってる君を見つけて、介抱しようと思って連れ帰っただけさ」

男「足を怪我しているみたいだったからね」

男「ただ、暴れられると困ったから縄で縛らせて貰ったよ。ゴメン」

男「エルフは人間より遥かに身体能力が高いからね」

男「ここまでで何か質問は?あと僕の話を信じてくれるかな?」

エルフ「……信じよう。質問もない、続けてくれ」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 12:07:30.65 ID:sRaPwQp50

男「とりあえず、怪我が治るまではここにいなよ」

男「外出……はできれば控えて欲しいけど、暴れないって約束してくれれば縄もほどくよ」

エルフ「確認するが、今の言葉に偽りはないな?」

男「うん」

エルフ「…わかった」

エルフ「森で倒れていた所を介抱して頂き、感謝の言葉もない」

エルフ「しばらくの間、世話になろう」

男「うん、よろしくね?」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 12:12:45.64 ID:sRaPwQp50

一ヶ月後

エルフ「まさか骨折しているとは思わなかったわ」

男「でも、添え木もそろそろとれそうだね。良かったよ」

エルフ「そうね」

男「添え木がとれたら、次はリハビリだね」

エルフ「そ、そうね」

男「歩けるようになったらエルフちゃんも故郷に帰れるね!」

エルフ「………そ、そうね」

男「??……エルフちゃん?」

エルフ「そ、そんな事より!!お腹が空いたわ!!」

男「はいはい」



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 12:15:00.36 ID:sRaPwQp50

翌日

男「それじゃあ、森に行ってくるね」ガチャ

エルフ「うん、気をつけてね」

男「はいはい。行ってきます」バタン

エルフ「…………」

エルフ「うーん………」

エルフ「私、惚れてるなこりゃ」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 13:32:51.42 ID:sRaPwQp50

エルフ「全く…私がそれとなくあぴぃるをしているっていうのに全然気付いてくれない…」

エルフ「人間はケダモノだってお父さんは言ってたのに」

エルフ「いつまでたっても私を襲ってくれない」

エルフ「………男のバカ」

エルフ「………怪我、もう完全に治ってるよね」サスサス

エルフ「…………帰りたくないなぁ」サスサス

エルフ「しょうがない」

エルフ「………恥ずかしいけど、ストレートに誘ってみよう」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 13:48:08.83 ID:sRaPwQp50

男「ただいまー」ガチャ

エルフ「あぁ、おかえりなさい」ホカホカ

男「あれ?エルフちゃん…」

エルフ「あぁ、今お風呂に入ってたの」ホカホカ

エルフ「(ふふふ。湯上がり後の女の身体がいやらしく見えちゃうという事は知っているわ)」

エルフ「(加えて生乾きで水気を帯びた髪)」

エルフ「(そしてアンニュイな表情を演出すれば)」トローン

エルフ「(鈍感な男も血に飢えた狼になるはず!!)」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 14:03:16.36 ID:sRaPwQp50

エルフ「ねぇ男ぉ」トローン

男「なぁにエルフちゃん」

エルフ「うふふ…」トローン

男「……あぁ」スタスタ

エルフ「(キ、キター!!)」

男「よいしょっと」ダキッ

エルフ「(おおおおお姫様だっこぉぉぉぉぉ!!)」

男「ベッドでいいかな?」

エルフ「///」コクコクコク

男「そう、わかったよ」スタスタ



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 14:07:19.42 ID:sRaPwQp50

エルフ「(来た…ついにこの時が来たんだわ)」ドギドキ

男「ベッドに下ろすよ?」

エルフ「う、うん…」ドキドキ

エルフ「(ここが勝負所よ私の子宮。絶対に、絶対に男の精子を孕むのよ)」

ドサッ

エルフ「男……」

男「今冷たいお水を持ってくるからね?」

エルフ「………え?」

男「いくらお風呂が気持ちいいからって、のぼせちゃうまで入っちゃダメだよ?」

エルフ「……あ、あー」

エルフ「そう来たか……」

エルフ「き、今日のところはお姫様だっこだけで勘弁してあげるわ!!」

エルフ「…………くそう」グスン



97:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 14:18:23.09 ID:sRaPwQp50

エルフ「(もう夜に男のベッドに潜りこむしかないわね)」



コンコン

男「はーい?」

エルフ『男…入っていい?』

男「どうぞー」

ガチャ

エルフ「……///」

男「こんな夜中にどうしたのエルフちゃん?」

エルフ「あ、あのね…?」

男「うん」

エルフ「その……」

男「うんうん」

エルフ「私の…………を…撫でて欲しいの!!」

エルフ「男の手で!思いっきり撫でて欲しいの!!」



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 14:24:40.55 ID:sRaPwQp50

エルフ「(言った!ついに言ってやった!!)」

男「エルフちゃん…」

エルフ「(お願い…お願いだから、私の気持ちに応えてぇ!!)」

男「……こっちに来て」ポンポン

エルフ「(キ、キタァァァ!!!)」

エルフ「う、うん!」

男「ここに座って」

エルフ「男の……膝の上?」

男「うん。嫌かな?」

エルフ「そ、そんな事ない!」ブンブン



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 14:31:38.36 ID:sRaPwQp50

エルフ「そ、それじゃあ失礼して…」ストン

男「はい、失礼されます」

エルフ「(私…男の膝の上に座っちゃってる…男に背中預けちゃってる…)」ドギドキ

エルフ「うふふ…男ぉ」

男「エルフちゃん…」

エルフ「あの時みたいに撫でて欲しいなぁ」

エルフ「早く、早くぅ」

男「もう……しょうがないなぁ」

ポフッ……

エルフ「(キ、キキキキt………………来てない?)」

ナデナデナデ



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 14:38:12.54 ID:sRaPwQp50

男「頭を撫でて欲しいなんて…エルフちゃんは甘えん坊だなぁ」ナデナデ

エルフ「くっ…くくくぅ…」

エルフ「(そう来たか…そう来たかぁぁ!!)」

ナデナデナデ

エルフ「(確かに…確かに間違ってはいない!!)」

ナデナデナデ

エルフ「(だが…!!私たちは年頃の男女!!この時間帯に二人でする事と言えば健全な不健全しかないだろう!!)」

ナデナデナデ

エルフ「(男の馬鹿!ニブチン!鈍感!)」

ナデナデナデ

男「寂しくなったらいつでもしてあげるからね」ナデナデ

エルフ「………………うん///」



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 14:50:10.52 ID:sRaPwQp50

さらに二週間後

コンコン

男『エルフちゃーん?開けてくれないかなー?』

エルフ「うぅぅ…馬鹿っ、私の馬鹿ぁ」

エルフ「あれから一回も男は私に欲情しなかった…」

エルフ「私ってそんなに魅力ないのかなぁ…」グスン

エルフ「足も完全に治ってるし…もう男の家を出てかないといけないんだよね?」

エルフ「……嫌だよぉ。ずっと男と一緒にいたいよぉ」グスン

男『エルフちゃん?エルフちゃーん?』コンコン



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 14:58:26.86 ID:sRaPwQp50

エルフ「やだよ…離れたくないよ…」グスン

エルフ「男…男ぉ……ZZZ」



エルフ「…ZZZ…男ぉ…好き…大好きぃ」

男「僕もエルフちゃんの事大好きだよ」

エルフ「ZZZ…えへへ………本当ぉ?」

男「うん。本当だよ?」

エルフ「じゃあ…ZZZ…私ずっと…ZZZ……男と一緒に…」

男「うん。一緒にいようね」

エルフ「……………ハッ!?」

男「ああ、おはようエルフちゃん」

エルフ「」



133:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 15:08:39.76 ID:sRaPwQp50

エルフ「な、な、な………」プルプル

男「ほら、落ち着いて落ち着いて」

エルフ「どどどどうして私の部屋に…」

男「僕の家だからね。合い鍵くらいあるよ」

エルフ「ずるいっ!ずるいぞ!卑怯だぁぁぁ!!」ポカポカ

男「ははは、ゴメンね?」

エルフ「うわぁぁぁぁぁん!!」ポカポカ



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 15:18:31.10 ID:sRaPwQp50

男「まぁまぁ」ギュッ

エルフ「ファッ!?」

男「僕だって男の子だからね。やる時はキッチリとするよ」

男「………エルフちゃん、好きだよ」

エルフ「!?!?」

男「怪我が治っても、いつまでもいつまで一緒にいて欲しいな」

エルフ「あう……あうあ…」

エルフ「私も……」ギュッ



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 15:21:38.66 ID:sRaPwQp50

イチャコライチャコラ

男「ねぇ、エルフちゃん?」

エルフ「ふふっ、なぁに?」

男「………キス、していいかな?」

エルフ「」

男「ダメ?」

エルフ「…………いい、けど…?」

男「けど」

エルフ「そのかわり、私の耳も撫でて欲しいなぁ……って思ったりして」

男「…え?それって……」

エルフ「えいっ!」

チュー

エルフ「ふふふ、チューしちゃったね?」



195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 17:26:22.38 ID:sRaPwQp50

エルフ「…とまあ、冗談はここまでにしてだ」

男「?」

エルフ「もう一度、改めて確認をしたい」

エルフ「男…君は本当にいいのか?」

エルフ「そもそも人間とエルフは寿命が違う」

エルフ「伝承ではエルフは長寿とされているらしいが、実態はその真逆」

エルフ「我々の寿命は精々50年。70年を生きれば大往生とされる」

エルフ「私は間違いなく、君を残し先に逝くだろう」

エルフ「加えてこの容姿だ。ご覧の通り、私は美しくない」

エルフ「人間の女より別れが早い醜女で、本当にいいのか?」

男「…………」

エルフ「………よく、考えて欲しい」

男「…………ぶふっ」

エルフ「!?」



202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 17:32:54.85 ID:sRaPwQp50

エルフ「ひっ、人が真面目な話をしているときに!!」

男「いやぁ、ごめんごめん」

男「真面目な話をするエルフちゃんもすごく可愛いよ」

エルフ「かっ、可愛くなんかないもん!!」

男「…何を勘違いしてるのかわからないけどさ、エルフちゃんは可愛いよ?」

エルフ「えっ?」

男「エルフちゃんの周りの人達がどれだけ綺麗だったのかは知らないけど、僕に言わせればエルフちゃんはすっごく可愛い。大好き」

エルフ「う、嘘っ!うそうそうそ!!」

男「それにさ」

男「確かにエルフちゃんはすごく綺麗だけど、僕が好きになったのはエルフちゃんの外見じゃないから」

エルフ「ッ!?」



205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 17:37:06.81 ID:sRaPwQp50

エルフ「じ、じゃあ寿命よ!!寿命はどうするの!!」

男「あー」ポリポリ

エルフ「私は男より先に死んじゃうんだよ!?男はそれでいいの!?」

男「うん、いいよ」シレッ

エルフ「えぇっ!?」

男「確かにエルフちゃんの寿命が短いっていうのはショックだけど、それは仕方ないよ」

男「それに、僕が先に死んでしまってエルフちゃんを一人残す方が遥かに嫌だから」

男「エルフちゃんが死ぬ時は、僕がちゃあんと看取ってあげるからね?」

エルフ「うぅぅぅ……」



209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 17:43:34.85 ID:sRaPwQp50

男「さて、こんなところかな?」

エルフ「………」

男「僕の気持ち、わかってくれた?」

エルフ「…………ぞ」

男「??」

エルフ「私は……嫉妬深いぞ」

エルフ「毎日キスしてくれないと怒るぞ」

エルフ「男が他の女と歩いていたら泣くぞ」

エルフ「もし男が浮気なんてしたら男を殺して私も死ぬぞ」

エルフ「私が死んだあと、他の女と再婚したら化けて出るぞ」

エルフ「私はこんなにも嫉妬深い、面倒な女だぞ。本当に本当にいいのか?」

男「うん」

エルフ「即答!?」



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 17:52:44.07 ID:sRaPwQp50

男「エルフちゃんは心配性なんだね」

エルフ「だって!だって!」

男「僕が愛する女性は生涯エルフちゃんただ一人だよ」

エルフ「ッ!!」

男「あ、そうそう。死んだ父さんから、プロポーズの時に言えって教えられた言葉があるんだ。聞いてくれる?」

エルフ「プ、プロポーズ…」

男「それに答えてくれればいいからさ」

エルフ「プロポーズ……プロポーズ……」ブツブツ

男「………ゴホン。あーあー」

男「…………俺の女になれよ、エルフ」キリッ

エルフ「(あ、やっべ。子宮下りてきた)」



229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 18:07:11.96 ID:sRaPwQp50

男「ははは…なんだか恥ずかしいy エルフ「ふぉぉぉ!!」ガバッ

男「うわぁぁぁっ!?」

エルフ「はぁはぁ……いいよね?……もういいよね?」ハァハァ

エロフ「私我慢したよね?……男もプロポーズしてくれたよね?」ハァハァ

エロフ「初めてのせっくすで…男の赤ちゃん孕んじゃってもいいよね?」ハァハァ

男「エルフちゃん!ストップ!スタァァァップ!!」

エロフ「きキききこエないィィィィ!!」ブッチュー



237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 18:16:54.42 ID:sRaPwQp50




エルフ「………ハッ!?ここは?」

エルフ「私……男と処女喪失らぶらぶ中だし孕ませっくすをしていて…」

エルフ「確か抜かず8連発まではの後にお尻で4連発して……」

男「いや、してないしてない」

エルフ「お、男!?」



240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 18:20:17.25 ID:sRaPwQp50

男「エルフちゃんが暴走して僕に襲いかかってきたのは覚えてる?」

エルフ「う、うん。なんとなく…」

男「あの時エルフちゃん、頭を打って気絶しちゃったんだよ」

エルフ「え…」

男「で、今まで寝てたってわけ」

エルフ「じ、じゃあ…私はまだ男と…」

男「…う、うん。まだしてないよ」

エルフ「…」ションボリ



244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 18:25:26.31 ID:sRaPwQp50

男「ふふっ。しょんぼりすると耳まで垂れるんだね?」サワッ


エルフ「ひぁっ!?」ビクンッ

男「エルフちゃん、身体はもう大丈夫?」サワサワ

エルフ「あっ、ああんっ!」ビクビクッ

男「僕も♂だからさ。もう我慢できないんだ…」サスリサスリ

エルフ「んんんっ!!」ビクンッ

男「エルフちゃん…いいかな」ナデッ

エルフ「………」コクン

エルフ「男……来て?」

チュッ



253:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 18:35:22.63 ID:sRaPwQp50

男「エルフちゃん、この前みたいに膝の上に座ってくれる?」

エルフ「う、うん…」ズリッ

エルフ「だ、大丈夫?私重くない?」

男「全然重くないよ。軽すぎて心配になっちゃうくらい」

エルフ「えへへ…。よかったぁ」テレテレ

男「………エルフちゃん。後ろからギュッってしていい?」ギュッ

エルフ「ふふっ、もうしちゃってるじゃない」

男「エルフちゃんの身体……暖かい…」

エルフ「男の身体も…たくましくて素敵よ。抱きしめられると安心する」

男「…と、安心してる所にイタズラしてみたり」ペロッ

エルフ「ッ!?!?」ビクビクンッ



260:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 18:45:55.39 ID:sRaPwQp50

男「あの時…撫でてって言ってたの耳の事だったんでしょ?」ペロペロ

エルフ「ひぁっ!?し、知ってたの!?」

男「うん。恥ずかしくて誤魔化しちゃったんだ」ペロペロ

エルフ「馬鹿っ!ばかぁ!!私頑張ったのに!勇気を振り絞ったのにぃ!!」ビクンッ

男「ふふっ、ごめんね?」

男「だから、あの時のお詫びがしたいんだ」

男「今日はいっぱい気持ちよくなってね」ペロペロペロ

エルフ「まっ、やめっ……ふぁっ、ふぁぁぁぁぁぁ!!」ビクンビクンッ



266:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 18:59:42.16 ID:sRaPwQp50

男「イっちゃった?」

エルフ「…………知らない」

男「すごくビクビクしてたけど」

エルフ「…………知らない!!」

男「……気持ち良かった?」

エルフ「…………」コクリ

男「ふふっ、エルフちゃんが気持ち良くなってくれて嬉しいよ」

エルフ「…ばかぁ」

エルフ「…んっ」

チュッ………ジュルッ…チュプッ……



268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 19:05:55.29 ID:sRaPwQp50

男「本当に耳で感じるんだね?」サワッ

エルフ「んんっ!?ダメ!!イったばかりだから…」

男「んん?イったの?さっきイってないって言わなかったっけ?」サワサワ

エルフ「そんな事『言ってない』!『言ってない』もん!!ひぁぁっ!?」

男「ほら、『イってない』んじゃん」サワサワ

エルフ「あっ!ちがっ、そういう…意味じゃ…ああああんっ!!」ビクンッ

男「何が違うのかな?詳しく教えて欲しいな」サワサワナデナデ

エルフ「ふぁぁっ!イ、イきましたっ!!男に耳を舐められてイきましたぁぁぁ!!」

男「ふふふ。よく言えました」

エルフ「はぁ…はぁ…お願い、もう許しt」

男「正直に言えたエルフちゃんにはご褒美をあげるよ?」サワサワ

エルフ「やっ!だ、だめだってばぁぁぁ!!」ビクビクッ



275:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 19:19:14.54 ID:sRaPwQp50

男「エルフちゃん、オナニーって知ってる?」サワサワ

エルフ「しっ、知りません!!」

男「ふふふ、怪しいなぁ」サワサワサワサワ

エルフ「ッ!?ひぃっ!!」ビクンッ

男「知ってる?」サスリサスリ

エルフ「し、知ってますぅ!!」ビクビクッ

男「した事は?」ナデナデ

エルフ「うぅ…」

男「した事はあるのかな?」ナデッ

エルフ「うぁっ!?あ、あります!ありますっ!!」ビクッ

男「僕の家に来てからは?」ナデナデナデ

エルフ「ああああります!あります!!」ビクンッ!!

男「エルフちゃんはえっちな娘だねぇ」サスリサスリ

エルフ「いやぁぁぁ…」ビクンッビクンッ



277:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 19:22:57.60 ID:sRaPwQp50

男「男の人がどうやってオナニーするか知ってる?」ナデナデ

エルフ「しっ、知らない!!」

男「本当に?」ナデナデ

エルフ「ふぁっ!?ほんとう!ほんとうだからぁ!!」

男「男の人はね?大きくなった自分の性器を手で上下に扱くんだ」

男「……こんな風にね?」シコシコ

エルフ「!?!?」ビクンッ!!

男「どう?エルフちゃん、気持ちいい?」

エルフ「あぁぁぁぁぁぁん!!」ビクビクビクンッ!!!!

男「感じてくれてるみたいで嬉しいよ」シコシコ



286:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 19:43:42.54 ID:sRaPwQp50

男「少し休憩しよっか」ピタ

エルフ「あ……」

男「初めて会った時から気になってたんだけど」

男「エルフちゃん、時々騎士様みたいなカッコイイ喋り方になるよね?」

エルフ「そ、それは…その……」

エルフ「…緊張すると…あんな喋り方になっちゃうみたいで…」

男「へぇ」

エルフ「お、おかしいよね?」

男「そんな事ないよ。凛々しい喋り方のエルフちゃんもすごく可愛いよ」

エルフ「か、可愛いって…」カァァァ

男「ふふふ」

エルフ「男…」

チュッ



319:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 21:10:10.03 ID:sRaPwQp50

エルフ「んっ…ちゅっ…」

エルフ「……プハッ」

エルフ「また…キスしちゃったね?」

男「ふふふ、何回目だろうね」

エルフ「…ねぇ男?」

男「ん?」

エルフ「………私の事、好き?」

男「どうしたの急に」

エルフ「んっ…」チュッ

エルフ「…プハッ。…いいから答えて?」

男「勿論好きだよ。大好き」

エルフ「ふふっ、嬉しい」

ドンッ

男「え?」



323:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 21:14:51.13 ID:sRaPwQp50

男「あ、あのーエルフちゃん?一体これは…?」

エルフ「知らないの?マウントポジションってやつだよ?」

男「いや、それはわかるけど…どうして僕がマウント取られてるのかな?」

エルフ「うふふ、ほんとぉにわからない?」

エルフ「…えいっ」チュッ

エルフ「ふぅっ…んっ…じゅるるっ…」

エルフ「……プハッ」

エルフ「さっきのお返しよ」

エルフ「散々私の事弄んでくれちゃって…」

男「あ、あはははは…」

男「お、お手柔らかにお願いします」

エルフ「だーめっ♪」



328:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 21:22:41.57 ID:sRaPwQp50

こうして二人はイチャイチャラブラブな毎日を過ごすようになりました。
その後は3人の子宝に恵まれ、疫病によって一家全滅するまで幸せに暮らしましたとさ

おわり



332:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 21:29:03.38 ID:FjG57hb50

いや、これは疫病によってみんな一緒に死ねたという
一見バッドに思えるハッピーエンドなのではないだろうか



342:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/05/13(日) 21:44:29.74 ID:u5cZxkmS0

どうしてこうなった…



引用元
男「エルフの耳をなで続けるとどうなるか?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1336873393/
[ 2012/05/13 23:05 ] その他SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。