広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「調教してやるよ」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/16(土) 01:23:22 ID:HlRAieg2

パンパンパン!

男「だめぇ!もうでないぃ!」

女「私を調教するんでしょう?もっと頑張らないと」

ずっちゅずっちゅ

男「んほおおお!搾りとられてるにょおおお!」

どぴゅ

女「……流石に四回目だと出が悪い」

男「はあ……はあ……はあ……」

女「仕方ない、これで勘弁してあげる」

男「はあはあ……ほっ……」

女「また明日」

男「 え っ 」




2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/16(土) 01:29:46 ID:HlRAieg2

ばたん

男「……恋人になって、調教してって頼まれて、了承したら……これか」

男「はあはあ……お互い初めてだった時はあんなにウブだったのに……」

男「あんなに性豪だったとは……」

男「調教どころか振り回されてるっての」

男「……死ぬ」

男「このままじゃ俺は搾りとられて死んじゃうよう……しくしくしく」




3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/16(土) 01:34:23 ID:HlRAieg2

【また夜になって】

パンパンパン

女「もっと頑張って」

男「ひい……ひい……」

女「ほら、言葉責め忘れてる」

男「こ、この豚!牝豚!」

女「ああん」

男「豚らしくみっともなく鳴いてみろ!」

女「……罵りはそこそこだけど腰が動いてない」

男「……すんません、限界が近い」

女「……なら、お尻叩いて」

男「はい!」

女「言葉で責めながらね」

男「うおおお!叩かれて感じてるのかこの牝豚があ!」

ぺしん!ぺしん!




4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/16(土) 01:38:22 ID:HlRAieg2

女「ああん」

男「この!この!」

女「……ちゃんとキスもして」

男「はい!」

ちゅっちゅっ

女「もっとディープに」

男「はい!」

ちゅっぱちゅっぱねちょねちょ

女「いきそう。それまで我慢してね」

男「はいぃ!」

パンパンパン

女「あ、あぁぁぁぁ!」

男「うっ」

どぴゅ




5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/16(土) 01:39:07 ID:h1MHIn7A

男頑張れw




6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/16(土) 01:42:14 ID:HlRAieg2

男「こ、これで……」

女「最後の一回」

男「……はい」

女「今度はゆっくりでいいから優しくしてね」

男「わかりました」

ぎゅう

男「……これで最後だよね?」

女「うん。だから満足させて」

男(ああ……満足させられなかったらまだ続くな)

女「どうしたの?はやく」

男「……はい」

ぬうっちゅぬうっちゅ




7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/16(土) 01:47:52 ID:HlRAieg2

【翌朝】

女「朝だよ、起きて」

男「ううん?……まだ早いよ」

女「うん、わかってる」

男「ならもう少し……」

女「したくなっちゃった」

男「」

女「しよ」

ぬぎぬぎ

男「いやぁ!やめてぇ!犯される!」

女「うん、犯すよ」

男「だ、誰か……!」

女「あなたと私しかいない。ほら、はやく」

男「あ、あぁぁぁぁ!!?」

どぴゅどぴゅ




8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/16(土) 01:55:21 ID:HlRAieg2

【その日の夜】

男「おっ、今日マグロじゃん」

女「安かったから。とろろかけてあるからわさびと醤油でどうぞ」

男「おー、ご飯が進みそうだなー!やったなー!」

女「それで精をつけてね」

男「……はい」

女「今夜も楽しみにしてるから」

男「」

女「いただきます」

もぐもぐ

女「食べないの?」

男「……食べます」

女「おかわりあるから」

男「……はい」




9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/16(土) 01:58:49 ID:HlRAieg2

男「うああああ!!」

パンパンパン!

女「ちょっと乱暴すぎる」

男「あ、すんません」

女「あと、胸も。先を優しくつまむ感じで」

男「あ、はい」

女「ん」

男「うおおお!!」

パンパンパン

女「あんっ」




10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/16(土) 02:07:39 ID:HlRAieg2

どぴゅ

男「あ」

女「……」

男「……」

女「もう一回」

男「勘弁してください!」

女「体が火照ってるんだけど」

男「すんません!明日……いや翌朝頑張りますんで!」

女「……わかった」

男「ありがとうございます!」

女「……おやすみ」

男「おやすみ」

男(……朝からまたやんのか……)

 頑張れ男!翌朝五回搾りとられるが負けるな!いつか彼女を満足させるんだ!

おわり




12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/16(土) 02:38:40 ID:zn3yldHE





13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/16(土) 05:02:38 ID:B/77vtmA

これは寝取られますね…間違いない




14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/16(土) 11:58:01 ID:ChDB0AIs

てゆーかこれ女はSなの?Mなの?




15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/16(土) 12:28:42 ID:HlRAieg2

>>13

男「そんなこんなでもう死にそう」

友「……大変そうだな」

男「うん。それにそれくらい頑張っているのに彼女が満足できているのか怪しいんだ……」

友「ま、頑張れよ。男の甲斐性ってやつを見せてやれ」

男「……もし俺が死んだら死因は間違いなく腹上死だ」

友「はっはっはっ。……なあ?今度そっちに遊びに行ってもいいか?」

男「別にいいけど。珍しいな」

友「まあ、な。久しぶりにお前らの様子を見るのも悪くないと思ってな」

男「言っとくが俺達の仲は円満だからな?」

友「はっ、さっきまで死にそうにしておいてよく言うぜ」




16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/16(土) 12:31:59 ID:HlRAieg2

~ ~ ~

ぴんぽーん

「おっす、遊びきたぜっ!」

「いらっしゃい」

「あれ?一人なのか?あいつは?」

「買い物に行ってる」

「一人でか?」

「一人で行きたかったみたい」

「ふーん、あとどれくらいで帰ってくるんだ?」

「時間かかるかもしれないって」

「……へえ」

「……どうかした?」




17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/16(土) 12:37:09 ID:HlRAieg2

「あのさぁ、実は俺、前からお前に眼をつけてたんだよ」

「!?」

「おっと逃がさねえよ!……なあ、楽しもうぜ?」

「や、やめっ…!」

「やめねえよ。……お前の恋人がやるよりもよくしてやるよ」

「ひっ……」

「お前にそんな眼で見られるとゾクゾクとするぜ」

「……今なら水に流して……」

「何言ってるんだ?決定権は俺にあるんだ。いかせまくってやるよ!」

「ああっ……!」




18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/16(土) 12:44:35 ID:HlRAieg2

女「……というプレイがしたい」

男「はあ?」

女「量よりも質。回数がこなせないならシチュエーションを凝ろう」

男「……」

女「こういうのが嫌だったら野外なんかも……」

男「頑張るので普通のでお願いします!」

女「……そう。なら今夜は楽しみにしてるから」

男(あっ、死刑宣告だこれ)

男「というかなんでそんなことを……」

女「今日、友達が来た」

男「来たね、カップルで」




19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/16(土) 12:48:41 ID:HlRAieg2

女「仲が良かった」

男「そうだね、見ててイヤになるくらい熱々だったな」

女「負けられない」

男「……」

女「私達も、ね?」

男「そうだね……」

女「だから夜の営みは大切」

男「……はい」

女「今日も精がつくもの用意するから」

男「頑張らせていただきます」

女「うん」

今日も搾りとられるが負けるな!白髪が増えてきたのは気のせいだ!……多分

おわり





引用元
男「調教してやるよ」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1363364602/
[ 2013/12/07 18:30 ] エロSS | TB(0) | CM(1)
-
このコメントは管理者の承認待ちです
2014年01月21日 17時59分
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。