広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

僧侶「さあ、私を鞭でブッ叩いて下さい!!」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/09(土) 22:47:53 ID:lOgqu4EI

僧侶「さあさあさあさあ」

勇者「いやいやいやいや」

僧侶「その伝説の鞭で私の尻をブッ叩いて下さい!!」

勇者「何でだよ!?」




2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/09(土) 22:52:01 ID:lOgqu4EI

勇者「つか、何で見ず知らずのアンタをいきなり鞭でブッ叩いかなきゃならんのだ!?」

僧侶「えと、貴方、勇者様ですよね伝説の?」

勇者「……一応はな」

僧侶「なら話は早いです!ほら、この伝説の鞭でばばーんっと!!」

勇者「何でなんだよ!?」




3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/09(土) 22:55:05 ID:lOgqu4EI

賢者「勇者ちゃん!!」

勇者「おお、幼なじみの賢者!!」

賢者「勇者ちゃん、それは、もしかして伝説の……!!」ゴクッ

勇者「…………」ヒュンヒュン

賢者「なら話は早いよ。さあ、それであたしのお尻をブッ叩いて!!」

勇者「何でだあああああ!?」




4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/09(土) 22:59:09 ID:lOgqu4EI

賢者「……勇者ちゃんは伝説の勇者になるべく、魔物と戦い伝説の勇者の試練に打ち勝ち、女神様から認められたんだよね?」

勇者「まあ、お前にも随分助けて貰ったしな」

賢者「だったら、その感謝の意味を込めてあたしのお尻をブッ叩いてよ!!」

勇者「いやいやいや」




5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/09(土) 23:05:40 ID:lOgqu4EI

勇者「だから、何でお前らのケツをブッ叩く必要があるんだよ!?」

僧侶「……いいですか、勇者様」

僧侶「貴方は勇者として魔王と戦いそして世界に平和をもたらす使命があります」

勇者「……おう」

僧侶「そのためには伝説の鞭で私達をブッ叩く必要があるんですよ!!」

勇者「だから何でだよ!?」




6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/09(土) 23:09:07 ID:lOgqu4EI

賢者「勇者ちゃん」

勇者「……何だよ」

賢者「これまでの苦しかった戦いを思い出してよ」

勇者「…………」

賢者「……それは全部、この時のためだったんだよ!!」

勇者「何でだよ!!」




7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/09(土) 23:11:42 ID:lOgqu4EI

勇者「とすると何だ!?俺はお前らのケツをブッ叩くために魔物と戦い試練に打ち勝ち女神に認められたのかよ!?」

賢者「その通りなんだよ!!」

勇者「ふざけんなよ!!!」




8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/09(土) 23:16:22 ID:lOgqu4EI

僧侶「それよりも早くお願いしますよ///」フリフリフリ

賢者「そうだよ勇者ちゃん///」フリフリ



勇者「……ザケンナ」ボソッ



僧侶「……へ?」


勇者「ふざけんなああぁぁぁああ!!!」ヒュンッ!!




バッシィィィィイン!!


僧侶「いやあぁぁあぁぁっ!!」///

賢者「あひぃぃぃいぃん!!」///




9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/09(土) 23:19:42 ID:lOgqu4EI

―――王宮


女王「……なるほど、勇者殿は使命に目覚められたと」

僧侶「はい///それはもう素晴らしいテクで///」

女王「……なるほど」

勇者「どんな使命なんだよ……」




11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/09(土) 23:23:51 ID:lOgqu4EI

女王「勇者殿、この度は魔王討伐の使命を受けていただきありがとうございます」

勇者「あ、いえ、大した事じゃ……」

女王「国民一同に代わりお礼申しあげます」

勇者「は、はぁ……」


女王「つきましては、私のお尻を鞭でブッ叩いて「何でだああああああ!!!?」




12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/09(土) 23:27:39 ID:lOgqu4EI

女王「あら、ドレスの上からではお嫌ですか?なら、ちょっと裾を上げて……」マクリマクリ

勇者「そうじゃないだろうがああああああ!!」

女王「あら、これは私とした事がとんだご無礼を」ニコッ…



女王「大臣、その方の尻を突き出しなさい」

大臣「はっ」スッ

勇者「だから何でだああああああ!!!!!?」




13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/09(土) 23:33:11 ID:lOgqu4EI

女王「お尻を差し出すにも順序があるというもの、さあ、大臣」

大臣「…………」///




大臣「こ、こんなジジイじゃけども




や、やさしくしてね……///」ポッ


勇者「」




14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/09(土) 23:41:19 ID:lOgqu4EI

――――数時間後


女王「……では、これにて儀式を終わらせていただきます」

勇者「儀式と言うか俺がアンタの尻をブッ叩いていただけじゃねーかちくしょーめ」

女王「それでは、大変申し訳ありませんが我が国の港が魔族に占領されてしまったのです」

勇者「へいへい、それを奪回してこいってわけね」

女王「お願い致します」

勇者「まかされてくれ」スッ


女王「勇者様、お忘れものです」スッ→伝説の鞭

勇者「ちっ」




15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/09(土) 23:47:06 ID:lOgqu4EI

―――港

勇者「おい、お前がここの大将か!!」バンッ!

魔族「うぬっ、貴様、勇者か!?」

勇者「ああ。お前にどんな事情があるか知らねーが、ここまでやるからには覚悟して来てるって事だな」



勇者「――――――始末させてもらう」

魔族「……面白い、見せて貰おうか貴様の鞭捌きを!!」

勇者「………は?」




16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/09(土) 23:56:46 ID:lOgqu4EI

勇者「……いや、何だよ鞭捌きって」

魔族「ふざけるなよ貴様!そんな立派な鞭まで持ってきておいて!!」

魔族「さあ、尻でも背中でも存分に叩いてみるがいい!!」フリフリ

勇者「」

魔族「とはいえ、人間ごときの鞭では痛くも痒くもないがな!!」ハッハッハッ!

勇者「……」ヒュンッ


バッシィィィィイン!!


魔族「!?何だとおおおおお!!!!!?」




18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 00:05:36 ID:4dCQ39sM

魔族「こ、この鞭の先の激しいタッチの鋭い痛みから引き際のソフトなフォロー……!!流石、勇者と言ったところか……」ニヤリ…

勇者「いや知らねーよ」

魔族「だがまだ甘い。この程度の鞭捌きでは……!」

勇者「……」


びっしぃぃいぃいいんっ!

魔族「ぬほおおぉぉおぉぉ!!」




19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 00:11:31 ID:4dCQ39sM

魔族「な、なかなかやるな……。だがこの程度で……」ハアハア…

びっしぃぃいぃぃいんっ!

魔族「ぬほおぉぉおぉ///」

びしっびしっ

魔族「こ、この程度でえぇぇえ……///」


ばっしぃぃいいぃぃいぃぃいぃぃっん!!!



魔族「おほおおおぉぉおぇぁ………///」



魔族「やれやれ、鞭には勝てなかったよ」


勇者「……なんじゃこれ」




20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 00:22:16 ID:4dCQ39sM

――時は流れて魔王城


勇者「待たせたな、魔王!!」

魔王「……やれやれ、本当にここまで乗りこんで来るとは呆れた人ですね」

勇者「お前にも色々あるんだろうが、ここは一つ勝負して貰いたい」

魔王「どうせ、嫌だと言っても仕掛けてくるんでしょう?」

魔王「――――なら、来なさい。私の恐ろしさを教えてあげましょう……」ペロン


勇者「だから何で尻を出すんだああぁぁあああ!!!?」




21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 00:28:13 ID:4dCQ39sM

魔王「どうしました?怖じけづきましたか、私の恐ろしさに」フリフリフリ

勇者「怖じけづいてねーよ!逆にもっちりすべすべの尻でだいぶ興奮してますけど!!」

魔王「ほっ、誉めても何も出てきませんよ///」フリフリフリ

勇者「誉めてねーよ素直な感想だよ!?」

魔王「///」




22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 00:32:26 ID:4dCQ39sM

魔王「――ならかかって来なさい」フリフリフリ

魔王「この私の恐ろしさを存分に教えてあげましょう……」フリフリフリ


勇者「う、うおおおおぉ」


三十分後――――


魔王「ほえはぁ…………///」ピクピク…

――魔王陥落

――魔王軍、滅亡




23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 00:36:26 ID:4dCQ39sM

―――王宮


女王「ありがとうございました勇者様。これで世界は救われます」

勇者「……いや」

僧侶「やりましたね勇者様!私、お尻しか叩かれてませんけど!!」

賢者「そうだね勇者ちゃん!あたしもお尻しか叩かれてないけど!!」




24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 00:39:48 ID:ROwl151U

伝説の鞭…

この鞭にはどんな伝説が秘められているのか…




25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 00:40:09 ID:4dCQ39sM

女王「ところで、勇者様は魔王をも奴隷として従えたとか」

僧侶「メス豚奴隷ですよメス豚奴隷!!」

勇者「嫌な言い方すんな」



女王「――――――と、いう事は貴方さえ倒せば世界は私のものになる、と言う事ですね?」ニコッ…




26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 00:47:42 ID:4dCQ39sM

勇者「――どういう事です?」

女王「こういう事ですよ」サッ


勇者「……なるほど、俺を倒して世界の支配者に、って事か」ニヤ…

女王「ふふっ……」




27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 00:50:41 ID:LZab5.KM

スパンキンッ!




28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 00:51:53 ID:4dCQ39sM

女王「――さあ、選びなさい。私を倒してメス豚奴隷にするか、私を支配してメス豚奴隷にするかを……」


勇者「いやいやいやいや」



勇者「――――――なんか、おかしくね?」




29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 00:55:58 ID:4dCQ39sM

女王「―――何もおかしくありません」

勇者「いや明らかにおかしい」

女王「さあ、貴方が選ぶべき道は二つに一つ」





女王「さあさあ、どちらを選びますか?」ニコッ




その日、王国は滅び、勇者の下末永く支配されたという。




30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 00:57:09 ID:4dCQ39sM

そして勇者は愛するメス豚M奴隷達と共に幸せに暮らしましたとさ。




おしまい




31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 01:53:03 ID:NC/5Bo4A

おつつ




32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 02:30:36 ID:Y2pGGF8w

乙 ←鞭




33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 09:32:00 ID:TCMQ97a.


なんで伝説の鞭で尻を叩く必要があったのかを
くだらない理由でいいから説明してくれたら完璧だった




34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 10:54:17 ID:DZ5dXY4k





35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 14:08:05 ID:m8pnpTUs



理由が無いからこそ気軽に読める
テンポ良くて良かった




39 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/10(日) 21:20:27 ID:v6x5oZPg

尻叩くのがここまで面白かったのは久しぶりだ





引用元
僧侶「さあ、私を鞭でブッ叩いて下さい!!」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1362836873/
[ 2013/09/07 03:00 ] その他SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。