広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「ラノベみたいに女を落とす能力?」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 05:05:30 ID:wGiAVF0c


男「そんな事言われたってどうすりゃいいのさ」

女神「女の子を口説き落とせばいいんですよ」

男「そんな事言われたってどうすりゃいいのさ」

女神「それでハーレムを作ればいいんですよ

男「そんな事言われたってどうすりゃいいのさ」

女神「エロイことしまくっていちゃいちゃすればいいんですよ」




2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 05:07:13 ID:wGiAVF0c


男「そんな事言われたってどうすりゃいいのさ」

女神「アッハンウッフンで本能のままににゃんにゃんすればいいんですよ」

男「そんな事言われたってどうすりゃいいのさ」

女神「あああああああああ!! うっせんだよテメェはぁああ!! ちったぁ自分で考えろよぉおおおお!!」




3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 05:09:08 ID:wGiAVF0c


男「…………」

女神「……………」

男「…………」

女神「いや……その……、ちょっと言い過ぎました」

男「…………」

女神「そ、そりゃあそうですよね……、急に私みたいなのが現れて
     ラノベみたいに女の子を落とす能力を差し上げます、なんて言われても困りますよね……」

男「うん」




4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 05:11:44 ID:wGiAVF0c


男「で、具体的にはどうすりゃいいのさ」

女神「女の子を落とせばいいんですよ」

男「そう言われてもどうすりゃいいのさ」

女神「誰か気になる女の子とかいないんですか?」

男「別に」

女神「じゃあ見てるとエッチな気分になる女の子とか」

男「あんまり」

女神「じゃあちょっと臭いかいでみたい女の子とか」




5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 05:14:23 ID:wGiAVF0c


男「そんなに」

女神「じゃあエロ同人みたいなことしたい女の子とか」

男「………」

女神「やめてください! 何で私を見るんですか!!」

男「そう言えば能力はどうやって使うの?」

女神「相手に触って『スケベしようや……』って言えば発動します」

男「………」

女神「手を掴もうとしないでください」

男「スケベしようや……」

女神「大体私には発動しませんよ、それ」




6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 05:17:42 ID:wGiAVF0c


男「つまんね」

女神「ていうかなんですか、私もしかしてドストライクだったりしたんですか」

男「興味本位」

女神「乙女心がブレイクしそうだ……」

男「で、この能力で何すりゃいいのさ」

女神「女の子に使ってアッハンウッフンしてくださいよ」

男「なんでさ」

女神「ここはエロゲとかラノベとかそーいうレーベルの世界だからです」

男「マジで」




7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 05:20:37 ID:wGiAVF0c


女神「しかも能力を使って好き勝手する感じの奴です」

男「衝撃の事実」

女神「何の変哲もないあなたがその主人公です」

男「なんでさ」

女神「こういうのは無個性な主人公の方が、感情移入しやすいのです」

男「ご都合主義ー」

女神「まぁ、要するにあなたはただの棒要員ですね」

男「棒?」

女神「言わせるなよ……」

男「棒が何だって?」




8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 05:24:33 ID:wGiAVF0c


女神「その……突っ込む棒です」

男「具体的に何に突っ込むのさ?」

女神「ああああああああああ!! うっせんだよぉおおお!! 
    こっちが下手に出てるからってセクハラすんじゃねェえええええええ」

男「…………」

女神「……………」

男「本当に知らなかっただけなんだけど」

女神「……あ、すいません」

男「引くわ-純粋な質問してるのに、セクハラ扱いとか引くわ-」

女神「う、うう……で、でもこっちが嫌がってるのに、
      しつこく聞いてくるのが悪いんですよぅ……」

男「一理あるな」




9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 05:29:30 ID:wGiAVF0c


女神「と、とりあえずその能力を使って、エロいことしましょう! 手始めに学校で!」

男「なんでそんなことしなきゃならないのさ」

女神「展開上の都合です! 商業主義ともいう!」

男「女神さん相手じゃだめなの?」

女神「出会って数時間もたってない相手と契りなんて交わせませんし……」

男「何か理不尽」




10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 05:32:43 ID:wGiAVF0c


~~~~~~~~~~学校~~~~~~~


女神「さぁ、手当たり次第に能力を使っていきましょう!」

男「いや、人は選ぶ」

女神「そうですね、なるべく美形のほうがいいですよね……その方が売り上げもいいし」

男「そもそもなぜこんなことをやらなくちゃならないのさ」

女神「展開上の都合です」

男「なんでさ」

女神「どうしてもと言うなら、美少女と毎晩エロエロしないと死ぬ体にしてもいいんですよ?」

男「やめて」

女神「それが嫌なら私に顎で使われてください」




11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 05:38:10 ID:wGiAVF0c


金髪「……」トコトコ

女神「ほら、ちょうど都合よく最近流行ってる感じの、
     金髪で巨乳なわがままエロボディの同級生が来ましたよ!」

男「そう言えば少し疑問」

女神「なんです?」

男「女神さんって他の人には見えないの?」

女神「見えませんよ?」

男「となると俺は廊下で一人でぶつぶつ言ってる危ない人に見えてる訳か……」

女神「アー大丈夫です、見えてるけど見えてない、
     そこにはいるけどそこにいないそんな状態ですから私」

男「つまり?」

女神「ラブコメで朝ぶつかった感じの転校生がやってきて
    主人公が『あああー!』とか派手にリアクションとっても
    友人が休み時間に弄ってこないてきな?」

男「微妙な表現だな」




12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 05:42:42 ID:wGiAVF0c


女神「まぁ要するに私とあなたの会話は、他の人の認識外にあるという訳です」

男「ほー」

女神「ってそんなことはどうでも良いじゃないですか、早く展開を進めてくださいよ!」

男「もう一つ疑問」

女神「なんですか」

男「能力が急に消えたりしない?」

女神「大丈夫です」

男「本当に?

女神「もし万が一消えたら、私のこと好きにしても良いです」

男「今の言葉、忘れんぞ」

女神「………ぐぬ」




13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 05:46:48 ID:wGiAVF0c


男「さてそれじゃああまり気は進まないけど、使ってみるかな」

金髪「………」トコトコ

男「なぁ、金髪」

金髪「………やはり近いうちに接触してくると
     予想していたがこんなにも早いとはな」

男「はい?」

金髪「貴様が邪神に魅入られしものか」

男「おい、ばれてるぞ女神」

女神「邪神ちゃいます。しかしこいつはまさか……」

金髪「ふん、私こそが真の女神に魅入られしもの
      私の炎によって、今ここで滅してくれる……」ボォ

男「うわぁ、手から炎が」




14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 05:52:10 ID:wGiAVF0c


女神「やはり……! どうやらこの金髪は私と同じ女神に能力を与えられたもの……!」

男「他にも存在していたのか」

女神「ええ、ですが私を『ハーレム系何故か主人公がモテる現象の女神』とするならば、
    彼女に力を与えた女神は『厨二系大体の能力モノに一人はいる炎使いの女神』……!」

男「そんなこと言われたってどうすりゃいいのさ」

女神「さぁ?」

金髪「おしゃべりは終わりか? いくぞっ!!」ゴゥ!

男「待て、待つんだ金髪」

金髪「なんだ?」

男「ここは学校の廊下、人が少ないとはいえ、炎を出しては危ない」

金髪「ふむ……、それで?」




15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 05:58:06 ID:wGiAVF0c


男「場所を変えよう、正々堂々と勝負したいからな」

金髪「いいだろう……、ならばどこにする?」

男「スケベしようや……」

金髪「!?」

女神「さすが! 相手が交渉を持ちかけたら断れないのを逆手に
     隙を見て肩に触れて能力を使うとは秘境の極みですね!! 最低です!」

男「ほめろよ」

金髪「くっ、な、なにをした!?」ゴゥ!

男「おしえなーい」

金髪「グヌヌ……、い、いいだろう、今日の所は勘弁してやる……
         だが次はこうはいかんぞ……お、覚えていろ……!」ダッ

男「何か急に顔を真っ赤にして逃げだした件」

女神「ツンデレによくある変につっかかってきて
    何かよく分からない定義で切り上げる現象ですね」

男「どういうことさ」




16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 06:03:54 ID:wGiAVF0c


女神「今のであの金髪も攻略対象になったって事です」

男「ふーん」

女神「しかも好感度は初めからMAX! 主人公が本気で口説けば
    すぐ股を開き、何もしなくてもラッキースケベを乱発させる存在となる! 最高ですね!」

男「あまり興味ない」

女神「枯れてますねー。もっと貪欲にいきましょうよ」

男「それよりもこの現象ってどうやったら収拾つくのさ」

女神「一定の区切りがついてシナリオとして完成したらですかね?
      一応あなたの場合は、複数のヒロインとアッハンウッフンすれば撮影終了です」

男「そうなったら能力も消えて女神さんを好きにできると」

女神「はい、そう言うことにってウェ!?」

男「能力が消えたら好きにしていいって言ったし」

女神「いや使ってる途中に急にって場合でしょう!?」

男「誰もそんなことは言っていない」




17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 06:16:11 ID:wGiAVF0c


~~~自宅~~~

女神「さて、家に帰ってきました」

男「せやな」

女神「面白味がありません、学校にはまだまだ隠しイベントがたくさんあったはずです」

男「せやろか」

女神「寧ろハーレム系の9割は学校でおきると言っても過言ではありません」

男「そんなこと言ったってどうすりゃいいのさ」

女「さっさと自室のベッドで次の日までスキップしましょう」




18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 06:25:08 ID:wGiAVF0c


妹「あれ、馬鹿兄もう帰ってきてたんだ」

男「俺にだって帰るときはある」

女神「おや、そちらの方は?」

男「妹」

女神「新手の攻略対象……!」

男「いやさすがに妹は」

妹「それじゃ馬鹿兄、私自室で本星と交信してるから覗かないでね」バタン

男「………妹が電波になった」

女神「まさか……SF系異星に不時着しちゃった居候の女神……!?」

男「それ何の能力があるんだ」

女神「異性からやってきたという設定と謎の超科学が使えます」




22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 15:06:53 ID:wGiAVF0c


男「そんな事言われたってどうすりゃいいのさ」

女神「とりあえず攻略対象として落とせば?」

妹「馬鹿兄、惑星と繋がったよ! これで星に帰れるね!!」バンッ

男「おいやめろばか」

妹「でもこんな星で馬鹿兄と二人っきり何て厭だし……」

女神「どうやら能力を使うしかないようですね」

男「どうやらそのようだな……スケベしようや……」




23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 15:21:57 ID:wGiAVF0c


~~図書室~~

男「妹がヤンデレてきて修羅場」

女神「仕方ないですね」

男「という訳で一刻も早くこの現象をなくすため図書室に来た」

女神「何を読むんですか?」

男「やはりラノベ」

女神「いっぱいありますよ?」

男「……図書委員に聞こう」

委員「なんだね?」

男「主人公が妙な能力手に入れてドタバタするけど
     結局なんだかんだで解決する感じのラノベある?」

委員「ふむ、興味深い謎だね」




24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 15:29:17 ID:wGiAVF0c


委員「ところでなんだが、少し相談に乗ってもらえるかね?」

男「はい?」

委員「先日、図書室にあったラノベが
    何者かによってすべて盗まれたのだ」

男「なんだと?」

委員「しかもその本棚の前には倒れている清掃委員君と
     血で書かれたダイイングメッセージが書かれていた」

男「女神……まさかこいつも」

女神「ええ……ミステリー系色々とチートな美少女探偵の女神の仕業ですね……」

男「しかしこいつ相手なら、能力を使わなくても穏便に……」バターン

モブ「キャアアアアア! モブ2君が全身から血を吹きだして倒れたぁああああ!」

委員「ふむ、興味深い謎だね」




25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 15:31:22 ID:wGiAVF0c


男「…………」

女神「早急にコミュMAXにしてワトスン君ポジを獲得しないと、あなたも被害者になりますよ?」

男「なぁ、スケベしようや……」ガシッ

委員「君と一緒にいると心音が上がるんだが」




26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 15:36:06 ID:wGiAVF0c


~~屋上~~

男「結構な数攻略したし、そろそろ解放されても良いと思う」

女神「スケベしようやって言っただけじゃないですか」

男「そもそもハーレムとか面倒」

女神「じゃあ攻略対象を一人に絞りますか?」

男「スケベしようや……」ガシッ

女神「いやだから私攻略対象じゃないんで」

男「スケベしようや……」

女神「いやそのあのですね」

男「スケベしようや……」

女神「だぁああああああ!! 無理なもんは無理っつってんだろうがぁあああ!」

男「スケベしようや……」

女神「ふぇぇ……、貪欲に私だけを狙ってくるよぅ……」




27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 15:40:45 ID:wGiAVF0c


男「スケベしようや……」

女神「あー! もうわかりましたよ分かりました! 
     その代わり、能力は消えちゃいますけどいいんですね!?」

男「一向に構わん」

女神「今まで落としてきた子の影響もなくなるんですよ!?」

男「一向に構わん」

女神「…………幸せにしてくださいね」

~~終了~~




28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 15:43:16 ID:wGiAVF0c

終了。尻つぼみでスマヌ。発想力鍛えたい




29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 15:44:09 ID:PVY9YCEc

妄想に任せると言うわけか…ズルイ




30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 16:29:26 ID:ckvbxdm2

>>27

の最後がみえない




31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/11(月) 17:55:56 ID:3Xz2H1dM

女神かわいいと思ってたら終わってた





引用元
男「ラノベみたいに女を落とす能力?」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1362945930/
[ 2013/08/28 15:00 ] その他SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。