広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「SS深夜VIP?」 幼馴染「そう」

1 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:48:19 ID:jBJFW0fY

男「何それ?」

幼「む…男、SSって読んだ事無い?」

男「無い…てい言うか、まずSSって何だよ」

幼「う…そこからか…」

男「どこから?」

幼「最初から…だね」

2 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:48:53 ID:jBJFW0fY

幼「じゃあ、ちょっと説明するから!」

男「お、おう、宜しくお願いします」

幼「男、2ちゃんねる見てたっけ?」

男「昔はちょっと見てたけど、最近は全然だなぁ」

幼「それじゃニュー速VIPって知ってる?」

男「知らないなぁ」

3 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:49:28 ID:jBJFW0fY

幼「SSって言うのはね」

幼「簡単に言うと、ショートストーリーの略です」

男「ショートストーリー?」

幼「短い物語」

男「おう、そのまんまだな」

幼「たまに長いのもあるんだけど、大体短いよ」

男「そのSSをどうするんだ?」

4 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:49:55 ID:jBJFW0fY

幼「その短い物語を2ちゃんとかに投稿するんだよ」

幼「基本的に台本形式で話しが進むんだけど」

幼「たまに地の文があるSSもあるよ」

男「台本?地の文?」

幼「台本形式って言うのはね」

幼「例えば、私と男の会話だけを抜き出すみたいな感じ」

男「会話だけ…ふむふむ」

5 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:50:33 ID:jBJFW0fY

幼「地の文って言うのは、小説みたいな感じで」

幼「登場人物の会話の他に」

幼「周囲の情景や起こった事をそのまま文章にするの」

幼「表現力がしっかりしてる書き手さんは」

幼「地の文有りで面白い物を書くんだけど」

幼「まぁ、基本的には台本形式がお手軽で主流です」

男「ふむふむ?」

6 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:51:06 ID:jBJFW0fY

幼「元々は2ちゃんのニュー速VIPから始まったらしいんだけど」

幼「その辺の所は私も良く知らないので良いや」

男「知らないのかよ」

幼「そこは重要じゃないからね、良いんだよ」

幼「取り敢えずここまでオッケー?」

男「SSって言うのがあると言う事は解った」

幼「それで十分」

7 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:51:34 ID:jBJFW0fY

男「で?そのSSが何だ?」

幼「実は私、SSを書いてるの」

男「はぁ…てか、まだ2ちゃんとかやってるんだな」

幼「前みたいにどっぷりとはやってないよ!」

男「なら良いけど…」

幼「それに、今私がSS書いてるのは正式には2ちゃんじゃないんだよ」

男「あ、そうなのか」

8 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:52:01 ID:jBJFW0fY

幼「そこで出てくるのがさっき言った…」

男「SS深夜VIP?」

幼「そう!正解!その通り!」

男「イェーイ!正解したー!」

幼「とまぁ、そんな訳でね」

男「どんな訳?」

幼「私がSSを書いてるって訳」

9 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:55:17 ID:jBJFW0fY

男「へぇー。幼、そんな事してるのかー」

幼「ふふふ。実は去年の6月くらいから書いてるんだよ」

男「6月?あぁそう言えば、去年一ヶ月位何かに没頭してたよね」

幼「SS書いてみたら、楽しくなっちゃってね」

男「そうなのかー」

幼「人が書いてるの読んでたら」

幼「自分でも書きたくなっちゃってね」

男「幼、飽きっぽい凝り性だもんな」

10 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:55:37 ID:jBJFW0fY

男「て言うかちょっと興味出てきた!」

男「幼が書いたSS、読ませてくれよ」

幼「そう!今日はそれを言いに来たんだよ!」

男「そうなのか?ゲームしに来ただけかと思ってた」

幼「ゲームもしたけど、本当の目的はSSの事でした!」

男「んじゃ、PC起動するか」

11 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:55:59 ID:jBJFW0fY

幼「あ、それには及ばず!」

男「ん?」

幼「スマホで見れるから」

男「でも家に居るんだからPCで見たいぜ」

幼「…まぁ良いか」

男「んじゃ、起動っと」
ピッ

12 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:56:37 ID:jBJFW0fY



男「んで?何て検索すれば良い?」

幼「まずはまとめサイトを見て欲しい」

男「あぁ、まとめサイトは見てるから知ってるぞ」

幼「男が普段見てるニュースのまとめじゃないよ」

男「あ、そうか。SSのまとめサイトがあるって事だな?」

13 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:57:10 ID:jBJFW0fY

幼「何?今日の男は鋭いね?」

幼「ひょっとして中身別人?」

男「何だよ、中身って…」

男「て言うか、普段は鈍感みたいに言うなよ」

幼「普段は鈍感でしょ?」

男「そんな事言われた事無いわ!」

幼「本当は皆がそう思ってるかもよ?」

14 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:57:31 ID:jBJFW0fY

男「皆ってどこの皆だよ」

幼「友君とか」

男「他には?」

幼「…」

男「思い浮かばないのかよ!」

男「話し広がらないなら、最初からネタ的な事言うなよ!」

男「ノープランで走り出すの、幼の悪い癖だぞ?」

15 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:57:52 ID:jBJFW0fY

幼「計算された人生なんて、糞食らえー!」

男「おい、言葉遣いが下品だぞ?」

幼「もう!話し脱線しまくりじゃんか!」

男「原因は幼の発言からだと思うんだけど」

幼「話し戻すよ!」

男「おう」

16 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:58:29 ID:jBJFW0fY

幼「私は自分が書いたSSを」

幼「SS深夜VIPって言う匿名掲示板に投稿してるんだけども」

幼「たまにまとめサイトにまとめられるんだー」

男「それは凄い事なのか?」

幼「まぁ、私が書いたSSを読んで、まとめてくれたって言うのは」

幼「まとめサイトの管理人さんに認められた感じで、ちょっと嬉しいよ」

男「そうか」

17 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:58:56 ID:jBJFW0fY

幼「でもまぁ、まとめられるのが目的で書いてる訳じゃないからね」

男「そうなのか」

幼「取り敢えず…」
カチカチッ

幼「このサイト見てみて」

男「どれが幼が書いたSSなんだ?」

幼「コレ」
カチッ

18 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:59:19 ID:jBJFW0fY

男「…」

幼「何よ」

男「いや、何でも無い」

男「ちょっと読んで見る」

幼「じゃ、じゃあ、私帰るね!」

男「ん?短い話しなんだろ?」

男「すぐ読んじまうからちょっと待ってろよ」

19 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 20:59:41 ID:jBJFW0fY

幼「良いから!今日は帰るから!」

幼「感想は明日聞かせて?」

男「お、おうよ…」

幼「ちゃんと!読んでね!」

男(何だこの威圧感…)

20 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:00:27 ID:jBJFW0fY




ガラッ
スタッ
幼「おっはよう、男!」

男「…おはよう」

幼「何?元気無いね?」

21 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:01:07 ID:jBJFW0fY

男「あぁ…ほとんど寝てないんだ…」

幼「え?それはひょっとして?」

男「あぁ、明け方近くまで、SS読んでたわー」

幼「そ、それで、どうだった?」

男「面白かったわー」

幼「マ、マジで?」

22 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:01:51 ID:jBJFW0fY

男「あー。黒髪娘が幸せになって良かったわー」

幼「は?」

男「すげー長かったけど、読んで良かったぜー」

男「SSって面白いな」

幼「…それ『そんなにじろじろ見るものではないぞ』ってSS?」

男「そう、それそれ」

幼「何でそんな大長編読んでんのよ!」

23 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:02:23 ID:jBJFW0fY

男「なんか、教えてもらったSS読み終わったら」

男「ちょっと他のSSが気になって…」

男「色々読んでたら、黒髪娘にたどり着いて…」

男「…頑張って読んじゃった」

幼「そりゃあ頑張ったでしょうね!」

幼「…それで?」

男「ん?」

24 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:03:18 ID:jBJFW0fY

幼「私のSSは?読んだ?」

男「あ、あぁ、最初に教えてくれたやつはちゃんと読んだよ」

幼「で、どうたった?」

男「ごめん、黒髪娘のSSが面白すぎて、覚えてない」

幼「まぁ、あのSSと比べたら私のなんて…」

幼「そもそも、比べる事自体が大変失礼な事で…」

男「マジごめん!今から!今から読むから!」

幼「ちょっと待ってて!」

男「う?」

25 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:03:55 ID:jBJFW0fY



幼「これ、私のノートPC」

男「わざわざ取ってこなくても…」

カチカチッ
幼「コレ!もうまとめサイトじゃなくて、SS深夜VIPで読んで!」

男「あぁ、読むよ」

幼「この開いてるタブが全部」

幼「私の書いたSSだから、上から順番に読んで!」

男「解った」

26 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:04:41 ID:jBJFW0fY

幼「じゃ、私は自分の部屋に戻るから」

幼「読み終わったら、声かけてね?」

男「ん?解った。読み終わったら呼べば良いんだな?」

幼「そう。待ってるからね?」

男「あいよー」


男(正直眠い…)

男(でも読まなかったら、怒るだろうなぁ)

男(取り敢えず、読んでみるか…)
カチカチッ

27 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:05:06 ID:jBJFW0fY




幼「男、遅いな…」

幼「もう夜だけど…」

幼「まさかもう寝てるとか?」

幼「でも、部屋の電気は付いてるしなぁ…」

幼「ちょっと覗いて見ようかな?」

28 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:05:32 ID:jBJFW0fY

幼「いやでもそれはいくら親しい幼馴染でもなぁー」

幼「…」

幼「うー…気になる…」

幼「…上手く行くかな」

幼「…駄目かもしれない」

幼「はぁ…」

幼「…」

29 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:05:54 ID:jBJFW0fY

幼「駄目だ駄目だ!最初からこんなネガティブじゃ!」

幼「私はやれば出来る子!」

幼「きっと上手く行く!」

幼「頑張れワタクシ!」

幼「おーーーー!」

幼「…」

幼「ちょっと切ない…」

30 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:06:23 ID:jBJFW0fY

幼「ソワソワしちゃうなぁ」

幼「まだかなぁ」

幼「…」

幼「これがSSなら、自分で展開考えられるのになー」

幼「幼馴染が一人でブツブツ言ってたら」

幼「急に窓が開いて、男が入って来て…」

幼「俺、お前の事が好きだ!何て言っちゃったりして」

幼「…」

31 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:06:53 ID:jBJFW0fY

幼「…そんな都合良くは行かないか」

幼「今、窓が開くかも?」

幼「…って、開かないか、うん。そんな事ある訳ないよね」

幼「ってフラグを立てておいて…」

幼「ガラっと!」

幼「…無いですよねー」

幼「…それにしても遅い」

32 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:07:31 ID:jBJFW0fY

幼「また別のSS読んでるのかな」

幼「まおゆうとか読んでたりして」

幼「…」

幼「大丈夫!大人な私は我慢出来る子!」

幼「じっと我慢っ!」

33 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:07:53 ID:jBJFW0fY



5分後
幼「やっぱもう我慢出来ない!」

幼「突撃する!」

幼「男!入るよ!」
ガラッ

男「!!!!!!」

幼「何でそんなにびっくりするの?」

34 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:08:15 ID:jBJFW0fY

男「お、お前、せめてノックくらいしろ!」

幼「何よ、今までそんな事言わなかったでしょ?」

男「それでもだ!今後、窓から入ってくる時はノックするように!」

幼「解ったわよ…で!」

男「お、おう、何?」

幼「SS読んでくれたんだよね?」

男「一応…」

35 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:08:41 ID:jBJFW0fY

幼「順にたどって行った?」

男「おう」

幼「最後のスレッドは?」

男「これ」

幼「ん?あぁ、ちゃんと最後に投稿した分まで読んでくれたんだね」

男「読んだ」

幼「…じゃあ何で声かけてくれなかったの?」

36 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:09:03 ID:jBJFW0fY

男「うぅーん…その、俺が感じた事をさ」

幼「うん」

男「言葉で上手く伝える自信が無くて」

男「色々考えてたら、こんな時間に…」

幼「上手くなくて良いから」

幼「思った事言ってみて?」

37 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:09:44 ID:jBJFW0fY

男「じゃあ正直に言うけどよ」

幼「うん」

男「幼馴染のSSしかなかったな」

幼「そうだね。それしか書いてないからね」

男「微妙なのもあったけど、概ねオチが一緒な?」

幼「そう意識して書いてるからね」

幼「そんで?」

38 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:10:08 ID:jBJFW0fY

男「あのー…」

男「自意識過剰だったら超恥ずかしいんだけどさ」

幼「え、何?何?言ってみ?」

男「ひょっとして幼って俺の事好き?」

幼「…何でそう言う結論になったの?」

男「そうなんじゃないかなーと思っただけなんだけど」

幼「理由を説明してほしいんだけど」

39 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:10:43 ID:jBJFW0fY

男「えーっとですね」

男「『男』と『幼馴染』が、両想いになって…」

男「最後にチュッてキスして終わる話しが多かったじゃん?」

幼「うん」

男「それで、想像するにですね」

幼「うん」

男「幼が俺に自分の書いたSSを読ませたのは…」

40 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:11:04 ID:jBJFW0fY

男「ひょっとして、物語の中の『男』と『幼馴染』を通して」

男「自分の気持ちに気付いて欲しいからかなーと」

男「思った訳であります」

男「…どうだろうか?」

幼「…ン」

男「ん?何て?」

41 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:11:33 ID:jBJFW0fY

幼「百点!百点満点だよ、男!」

幼「私はそれが伝えたかったんだよ!」

幼「私、今までに49本のSSを書いたんだけど」

幼「50本目のSSは自分自身の事を書きたいと思ってね」

男「そ、そうなのか」

幼「もう、妄想の中だけじゃなくてね」

幼「リアルで男と付き合いたいの!」

42 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:12:04 ID:jBJFW0fY

幼「そのきっかけになれば良いなと思って!」

幼「私が書いたSSを読んでって頼んだの!」

男「じゃあ…」

幼「SSでなら何回でも好きな様に書けるけど」

幼「リアルではずっと言えずに居たこの想い、今こそ伝えたい!」

幼「私、男の事が好き!大好き!」

幼「私とお付き合いして下さいっ」
ペコッ

43 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:12:29 ID:jBJFW0fY

男「あ、あの…顔上げてくれよ、幼」

男「俺も…その、幼の事、ずっと好きだったからさ」

幼「え!マジで?」

男「マジですよ、うん」

幼「嘘だっ!」

男「何でだよ!」

幼「そんなSSみたいな事、ある訳ない!」

44 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:12:49 ID:jBJFW0fY

幼「大体、窓越しに突撃してくる幼馴染なんて、都市伝説でしょ?」

男「お前、自分の行動をちゃんと振り返ってから言えよな」

男「お前は俺の部屋にどうやって入って来たんだよ」

幼「…これは夢に違いない」

男「夢じゃねーよ、馬鹿め!」
ぎゅっ

幼「わっ!?」

45 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:13:21 ID:jBJFW0fY

男「この体温も嘘なのか?」

幼「し、死ぬ間際に見るアレだ、これは」

幼「わ、私はきっと交通事故かなんかで、死にかけてて…」

男「走馬灯の事か?」

幼「…それだ、きっと」

幼「こんな事がリアルである訳ない…」

46 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:13:42 ID:jBJFW0fY

男「んじゃ、夢から覚めるまで、ずっと勘違いしとけよ」

男「…俺の傍でずっと」

幼「マジですか…?」

男「マジですよ」

幼「で、でも…」

男「いい加減、観念しろよ、幼」

男「もう夢でも良いだろ」

47 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:14:04 ID:jBJFW0fY

男「俺と付き合ってほしい」

男「返事は?」

幼「ぁぅ…」

男「無理矢理キスするぞ?チュッて」

幼「そ、それでも良いけど」

男「いや、ちゃんと返事を聞かせてくれよ」

幼「う、うん…私で良ければ、お付き合いさせて下さい」

48 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:14:39 ID:jBJFW0fY

男「よ、よし。それじゃあ今この瞬間から幼は俺の彼女って事で」

幼「うん!今後とも宜しくお願いします!」
ぎゅうっ

男「おう…人生初の彼女が幼で嬉しい」

幼「私も嬉しいよ」

男「あと、言っておくけどもだな」

幼「な、何?」

49 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:15:10 ID:jBJFW0fY

男「俺はSSの中の鈍感な男とは違うぞ?」

幼「…」

男「違うからな?」

幼「そんなに言わなくても解ってるから」

男「だから小さい時にした約束だってちゃんと覚えてるからな?」

幼「約束?」

男「え?幼、覚えてない?」

幼「何が?何を約束したっけ?」

50 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:15:33 ID:jBJFW0fY

男「まぁそんな事もあるわな…」

幼「まさか結婚の約束をした!とか、ベタな…」

男「そのベタな約束をしたんだぜ、俺たち」

幼「!!!」

男「リアクションに困る顔だな」

幼「マジで?」

男「証拠あるぞ」

幼「マジで!?」

男「ちょっと待ってろよ」

51 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:16:04 ID:jBJFW0fY



男「それではこちらの映像をご覧頂こう」
ピッ

小さい頃の男「やっぱりはずかしいんだけど…」

小さい頃の幼「いいからはやくはやく!」

小さい頃の男「え?もうビデオとってるの?」

小さい頃の男「そうだよ!もう、ろくがしてるんだから!」

52 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:16:29 ID:jBJFW0fY

小さい頃の男「はやく!さっきのいって!」

小さい頃の男「わかったよー」

小さい頃の幼「はやく!」

小さい頃の男「えーっと…」

小さい頃の男「ぼくはおおきくなったら」

小さい頃の男「おさななじみちゃんとけっこんします!」

小さい頃の男「けっこんしてずーっといっしょにいます!」

53 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:16:57 ID:jBJFW0fY

小さい頃の幼「わたしはおとこちゃんのおよめさんになります!」

小さい頃の幼「ずっとずっといっしょです!」

小さい頃の幼「ね?」

小さい頃の男「う、うんっ」

小さい頃の幼「おとうさん、ちゃんととれた?」

小さい頃の男「なんかはずかしいんだけど…」

小さい頃の幼「おおきくなったら、けっこんね!」

小さい頃の男「うん」

54 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:17:28 ID:jBJFW0fY

小さい頃の幼「このビデオがしょうこだからね!」

小さい頃の幼「やくそく、わすれないでよ?」

小さい頃の男「ぜったいわすれないよ!」

小さい頃の幼「ぜったいだからね!」

ピッ

男「お解り頂けただろうか?」

幼「…」

55 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:17:51 ID:jBJFW0fY

男「お解り頂けなかったのか?」

男「それではもう一度ご覧頂こう」

幼「いや、いいから」

男「このビデオ、俺がおじさんから預かってたんだ」

幼「ち、ちゃんと覚えてたし」

男「そうか、それは良かった」

男「なら、結婚を前提に付き合うって事で良いよな?」

56 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:18:22 ID:jBJFW0fY

幼「と、当然じゃん!」

男「それは良かった」

男「幼が忘れてたらどうしようかと思ってたぜ」

幼「そ、そんな訳ないじゃないか、ハハハ」

男「ところで幼はもうSS書かないのか?」

幼「え?何で?」

男「あれって俺に想いを伝える為に書いてたんだろ?」

57 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:18:42 ID:jBJFW0fY

男「想いは伝わったんだから、もう書かないのかなーって」

幼「確かにそれもあったけど」

幼「今はSSを書く事自体が楽しいから」

幼「飽きるまでは続けるよ」

男「そっか。じゃあ100本目位には俺たちのその後を書いてくれよ」

幼「考えておくよ」

58 : ◆L0dG93FE2w 2013/01/21(月) 21:19:06 ID:jBJFW0fY

男「それじゃ…付き合った記念にキスでもしてみるか?」

幼「う、うん」

幼「あぁ…これが夢ならもうしばらく覚めませんように…」

男「現実逃避止めろ!」

チュッ






幼「チューしたらおわりって書いて、終わるんだけどなぁ」

男「お前の書くSSならな?」

男「俺たちの旅は始まったばかりだからな?」


おわり

60 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/21(月) 21:48:59 ID:0KxFAy9E

おつー

63 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/21(月) 22:01:47 ID:KlgoIYiA

ブラボー

64 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/21(月) 22:22:37 ID:b.3.KoHY

おつです

66 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 14:45:51 ID:JiECA9GM

楽しかった!>>1乙!


引用元
男「SS深夜VIP?」 幼馴染「そう」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1358768899/
[ 2013/04/27 22:00 ] その他SS | TB(0) | CM(1)
名無しさん
結構好き
2013年05月01日 19時32分
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。