広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

P「照れ隠しのノーマル発言」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:07:23 ID:xzSCoXYU

【ファッション】

春香「おはようございまーす!」

P「お、春香。おはよう」

春香「おはようございますプロデューサーさん。ところで……」

P「うん?」

春香「これ、どうですか?」

P「これとは?」

春香「もうっ。分かってますよね?ほら、新しい服なんですよ、これ」

P「あー……うん、普通に可愛いな」

春香「普通にって……もうちょっとこう、『すっごく可愛いよ春香!』とか無いんですか?」

P「えー……そんなキャラじゃ無いだろ?」




2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:07:56 ID:xzSCoXYU

春香「キャラとか関係無いです!言う事が大事なんです!」

P「そんな事言われても」

春香「ほらほら~。私、曲がりなりにもアイドルですよ?」

P「だから、普通に可愛いってば」

春香「普通って付けるのやめませんか?」

P「やめません」

春香「頑固だなぁ……」

P「しつこいのは春香の方だと思うけどな」

春香「普通に可愛いんだったら頭に『普通に』って付ける意味、無くないですか?」

P「俺にはあるんだ」

春香「私にはありません」

P「じゃあ鏡に向かって自画自賛しててくれ。普通に可愛い春香さん」




3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:08:28 ID:xzSCoXYU

春香「もう……素直じゃないなぁ」

P「俺は素直代表みたいな人間だぞ。さっきから普通に可愛いって言ってるじゃないか」

春香「それ、取り外しは?」

P「パージ不可です」

春香「可能にしましょう」

P「瞬間接着剤でくっついてるんだ」

春香「また難儀な物でくっついてますね」

P「だろ?まあ、ノーマルイズベストとか言うじゃないか」

春香「それ、シンプルイズですけど」

P「ノーマルもシンプルも似たようなもんだよ」

春香「はぁ……もう話しても進展しないようなので、仕事に行ってきますね」

P「ああ、行ってらっしゃい」




4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:09:26 ID:xzSCoXYU

【夜、電話口・千早】

春香「それでね、プロデューサーさんったらひどいんだよ」

千早「何が?」

春香「私の事、普通普通って……」

千早「普通の後にはなんて言ってたの?」

春香「『普通に可愛い』って言ってたけど、それが?」

千早「はぁ……」

春香「千早ちゃん?溜息吐いてどうしたの?」

千早「いや、二人とも面倒臭いなぁって」

春香「ひどい!私がこんなに悩んでるのに」

千早(酷いのは毎回こんな電話掛けてくる春香の方だと思うけど)




5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:10:01 ID:xzSCoXYU

千早「春香。それは悩んでいる気がしてるだけよ」

春香「そんなことないよー。こんなに悩む事なんて他にないよ」

千早(歌の事とかあるでしょうに)

千早「とにかく、あんまり気にしなくていいと思うわよ」

春香「そうかなぁ……」

千早「そうなの。じゃ、そろそろ切るわね」

春香「あ、待って!まだ話したい事が――」

千早「もう……何時間話してると思ってるの。明日に響くからもう寝なさい。続きはまた今度でもいいでしょう?」

春香「うぅ……分かりました……おやすみ、千早ちゃん」

千早「はい、おやすみなさい」




6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:10:31 ID:xzSCoXYU

【お菓子】

春香「プロデューサーさん」

P「春香か。どうした?」

春香「ドーナツ焼いてきたんです。お一つどうですか?」

P「お、ドーナツか。じゃあ一つ……」

春香「……どうですか?」

P「うん。ちょっと甘いけど、普通に美味しいな」

春香「また普通ですか?」

P「うん、普通」

春香「やっぱり取り外しは?」

P「不可です」




7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:11:16 ID:xzSCoXYU

春香「じゃあ質問を変えましょう」

P「ふむ?」

春香「ドーナツ屋さんのと私のと、どっちが美味しいですか?」

P「それは普通に春香のドーナツの方が美味い」

春香「そこ、普通って付ける意味あります?」

P「あります」

春香「じゃあ、なんで私のドーナツの方がいいんですか?」

P「難しい質問だな……なんて言うか、こう――」

春香「こう?」

P「普通に美味しいから、かな」

春香「ループしてるじゃないですか!」

P「そんな事言われても」

春香「普通を禁止にしませんか?」

P「それは春香が禁止になるということか?」




8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:11:59 ID:xzSCoXYU

春香「そうじゃありません!全くもう……」

P「普通を取る事は無理だ。諦めろ」

春香「大体、『春香のドーナツの方が美味い』だけでいいじゃないですか」

P「俺には譲れない部分なんだ」

春香「そこは普通に譲りません?」

P「普通に譲れません」

春香「はぁ……じゃあいいです。美味しかったのは本当なんですよね?」

P「それは心配しなくていい」

春香「なら……いいのかな?」

P「ああ、いいんじゃないか?」

春香「釈然としませんけど……お仕事行ってきます」

P「行ってらっしゃい」




9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:12:45 ID:xzSCoXYU

【電話口・千早】

春香「でね、プロデューサーさんってば――」

千早(またなの……?)

春香「聞いてる?千早ちゃん」

千早「聞いてるわよ」

春香「ひどいと思わない?折角私がドーナツ作っていったのに……」

千早(むしろ、それに気付いてるからだと思うけど)

千早「でも、美味しいって言ってくれたんでしょう?」

春香「それはそうだけど……」

千早「なら、それでいいじゃない」

春香「でもこう、一言で『美味い!』みたいに言って欲しいというか」




10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:13:35 ID:xzSCoXYU

千早「美味しいのだからいいじゃない」

春香「よくないよ!千早ちゃんは何か作ってきた時『普通に美味しい』って言われたら悲しくない?」

千早「作った事が無いから分からないわ」

春香「そこは想像で」

千早「うーん……やっぱり分からないわね」

春香「そう……」

千早「役に立てなくてごめんなさい」

春香「いいよ。気にしないで」

千早(役に立つ隙間も無いって意味なんだけれどね)

千早「じゃあ、今日はこれぐらいにして、続きはまた今度ね」

春香「はーい。おやすみ、千早ちゃん」

千早「おやすみなさい」




11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:14:14 ID:xzSCoXYU

【お茶】

春香「プロデューサーさん、お茶どうぞ」

P「ありがとう春香」

P「……うん、今日も普通に美味しいな」

春香「そう来るなって予想できましたけど、そこまで『普通』に拘ります?」

P「ああ。この拘りが無かったら恥ず――ではなく、褒めた気がしないからな」

春香「私、普通が褒め言葉とは思えませんけど……」

P「俺が褒め言葉だと思ってるからそれでいいんだよ」

春香「そういうものですか?」

P「そういうものです」

春香「私が褒め言葉じゃないと思ってるから褒め言葉にはならないという理論は……」

P「適用されません」

春香「ですよねー……」




12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:14:45 ID:xzSCoXYU

P「いいじゃないか。春香のお茶、普通に美味しくて好きだぞ」

春香「そこから普通を抜くだけで嬉しさ100倍なんですけどね」

P「それをすると俺もよろしくないものが100倍になるから駄目だ」

春香「よろしくないものって?」

P「よろしくないものは言葉の通りよろしくないものだ」

春香「説明になってません」

P「説明する気が無いからな」

春香「減るもんじゃないですし、説明しちゃいましょう!」

P「俺の心が削れるから無理」

春香「すごいところが削れるんですね」

P「ああ。ミルフィーユみたいにポロポロ落ちるぞ」

春香「脆いですね」

P「……我ながら脆すぎるな」




13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:15:31 ID:xzSCoXYU

P「それはさておき、そろそろ仕事の時間だぞ」

春香「はーい……」

P「やる気なさげだな」

春香「プロデューサーさんが悪いんです」

P「俺が悪いのか?」

春香「はい。普通に悪いです」

P「そうか、それは悪かった。じゃ、行ってらっしゃい」

春香「あっさりしすぎですよ」

P「どうすればいいんだ」

春香「一言『美味しいよ』って言ってくれれば」

P「普通に美味しいよ」

春香「もう諦めます……」

P「そうしてくれると俺も助かる」

春香「じゃあ、お仕事行ってきまーす……」




14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:16:15 ID:xzSCoXYU

【夜、電話口・千早】

春香「やっぱりプロデューサーさんが――」

千早(二人とも不器用にも程があるんじゃないかしら)

春香「聞いてる?」

千早「はいはい。聞いてるわよ」

春香「なんだか投げやりだなぁ……」

千早「投げやりな対応以外、どうしていいか分からないわ」

春香「『それは私も同感ね』みたいに共感するとか」

千早「無理な相談だわ」

春香「どうして?」

千早「だって、言いたい事が全部分かってしまうもの」




15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:16:51 ID:xzSCoXYU

春香「え!?千早ちゃん凄いね!」

千早「私が凄いんじゃなくて、春香が駄目なのよ」

春香「ええっ!?へこむなぁ……」

千早「へこむ前に本音に気付きなさい」

春香「そんな事言ったって……」

千早「至極単純なのだけど……まあ、岡目八目と言うから仕方ないかもしれないわね」

春香「どういう事?」

千早「傍で見てるとよく分かるのよ。じゃ、頑張ってね春香」

春香「そんな事言ってないで手伝ってよ~!」

千早「私が手伝える事なんてないし、変に手を出して仲が拗れると嫌だからやめておくわ。おやすみなさい」

春香「待って千早ちゃ――」

春香「切れた……」




16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:17:52 ID:xzSCoXYU

【レッスン】

P「春香も普通に上手くなってきたなぁ……」

春香「だから、そこは率直に『上手くなった』でよくないですか?」

P「よくないんだ」

春香「千早ちゃんには『やっぱり千早は上手いな』とか言うくせに……」

P「いいだろ、上手いんだから」

春香「それはそうですけど……なんで千早ちゃんにはそう言うんですか?」

P「千早はいいんだよ」

春香「だからどうしてです?」

P「それは……まあ、置いといて」

春香「置きませんよ?」

P「残念ながら既に置いた後だ」




17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:18:36 ID:xzSCoXYU

春香「話が進みそうにないのでもう気にしないですけど……置いといて、何ですか?」

P「いや、春香の歌も普通に音程が合うようになってきたなぁ……と思ってな」

P「最初の頃からは考えられない上達だよ」

春香「それはありがとうございます……けど、普通にってやめません?」

P「これに関しては、本当に普通の歌に近づいただけだからやめるも何も――」

春香「ひどい!私も頑張ってるのに!」

P「ああ、頑張ってるな。だが悲しい事にそれが結果に直結しない事もあるんだ……今は結果が出てるけどな」

春香「プロデューサーさんって一言多いですよね」

P「仕方ないんだ」

春香「千早ちゃんとかにも一言多いんですか?」

P「そんな事はない」

春香「えぇ……なんでですか?」




18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:19:12 ID:xzSCoXYU

P「それは言えないな」

春香「言っちゃいましょう?」

P「言っちゃいません」

春香「どうしても?」

P「どうしてもだ」

春香「何か困る事があるんですか?」

P「困るな。非常に困る。何がどうとは言えないが困る」

春香「そうですか……」

P「ああ。理解があって助かるぞ」

春香「理解はしてないんですけどねー……まあいいです。追々聞く事にします」

P「何度聞かれようと貝の如く口を開かないがな」

春香「サザエですか?」

P「ハマグリ」




19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:19:55 ID:xzSCoXYU

春香「じゃあ塩水につけてあげますね」

P「食べる気じゃないか。やめてくれ」

春香「いつか口を割って貰いますよ」

P「アイスピックでも使う気か?」

春香「お望みとあれば」

P「お願いですからやめて下さい」

春香「じゃあ喋りましょう」

P「それは無理」

春香「頑固ですねぇ……」

P「拘りなんだ」

春香「面倒臭い拘りですね……」

P「これが無いと俺のクルトンハートは壊れてしまうんだ」

春香「ずいぶんサクサクした心ですね」

P「……いいからレッスンに集中しろ」

春香「はーい」




20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:20:29 ID:xzSCoXYU

【夜、電話口・千早】

春香「でね――」

千早(この話題の振り方も何度目かしら)

春香「千早ちゃん?」

千早「聞いてるわよ。で、プロデューサーが私の事を特別扱いしてるって話だったかしら?」

春香「そうだよー。いいなぁ千早ちゃんは……私なんて何をしても『普通に』が付くんだよ?もっと直球で褒められたいよ……」

千早(特別なのは春香の方なのだけど……)

千早「まあ、その『普通に』も意味が分かれば嬉しいものよ」

春香「嬉しくないよー……なんで『普通に』が付くのかなぁ……どこが悪いのかな……」

千早(どこがと言われると『プロデューサーが』としか言いようが無いわね)

千早「そんなに気にしなくても大丈夫よ」

春香「本当に?」




21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:21:03 ID:xzSCoXYU

千早「ええ。そこは信じてもいいわ」

春香「そっか……じゃあ、原因は何だろ?」

千早(プロデューサーよ)

千早「それもいずれ分かる事よ」

春香「うーん……全然分かんない……」

千早「じゃあ今は分からなくていいんじゃない?」

春香「そういうものなのかな?」

千早「そういうものよ。後で分かる事を今考えても仕方ないわ」

春香「なんか駄目人間みたいな言葉だね……」

千早「そう言われればそうね……まあ、そんなに悩まなくてもいいわ」

春香「そっか。ありがと、千早ちゃん」

千早「どういたしまして。じゃあ、今日はこれで」

春香「うん。おやすみ、千早ちゃん」

千早「おやすみなさい、春香」




22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:21:40 ID:xzSCoXYU

【リボン】

P「春香」

春香「はい?」

P「このリボンをあげよう」

春香「プレゼントですか!?」

P「ああ、普通のプレゼントだ」

春香「……プレゼントに普通も何もないんじゃないですか?」

P「俺にはあるんだ」

春香「ふーん……また拘りですか?」

P「そうなるな」

春香「まあいいですけど……嬉しいですし」

P「それはよかった」

春香「付けてみました……どうですか?」




23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:22:13 ID:xzSCoXYU

P「思った通り、普通に可愛いな」

春香「やっぱりそうなりますよねー……」

P「何か?」

春香「いえ何でも」

P「そうか。とにかく、普通に似合ってていい感じだぞ」

春香「それは分かりました。じゃあ、千早ちゃんがリボンを付けたらどうですか?」

P「可愛いだろうな」

春香「私が付けたら?」

P「普通に可愛い」




24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:22:52 ID:xzSCoXYU

春香「……プロデューサーさんにとって『普通』って何なんですか?」

P「拘り――」

春香「拘り以外で」

P「また難しい事を……そうだな、強いて言うなら――」

春香「言うなら?」

P「いや、やっぱりやめておこう」

春香「喉まで出かかってましたよね?」

P「出かかっていただけだ。あれだ、出そうで出ないゲップみたいな」

春香「ややこしい例えですね……」




25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:23:34 ID:xzSCoXYU

P「と言う訳で、出そうで出ないんだ」

春香「出さないだけでは?」

P「春香にしては鋭いじゃないか」

春香「アイスピックで――」

P「そういう鋭さじゃないよ?」

春香「冗談はさておき、話して下さい」

P「嫌だ」

春香「どうして?」

P「顔から脂汗が出そうなんだ」

春香「火じゃないんですか?どんなやましい事があるんですか?」

P「まあ、プロデューサーという立場を考えるとかなりやましいかもな……」




26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:24:12 ID:xzSCoXYU

春香「……アイドルにお手付きでもしちゃいましたか?」

P「まさか」

春香「ならいいです」

P「……どうして春香が安心するんだ?」

春香「さぁ?なんででしょうか」

P「聞き返されても……分からんな」

春香「私もプロデューサーさんの拘りが分かりませんよ」

P「一種の防衛線なんだ」

春香「何を守ってるんです?」

P「……プロデューサーの心構え?」

春香「疑問形ですね」

P「明言は出来ないからな」

P「まあ、俺の事はどうでもいいじゃないか。仕事の時間だぞ」

春香「うーむ……結局何も分からないままだよ……でも時間だし仕方ない、行ってきます」

P「はい、行ってらっしゃい」




27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:24:58 ID:xzSCoXYU

【夜、電話口・千早】

春香「ねえ、千早ちゃん」

千早「またプロデューサーの話かしら?」

春香「よく分かったね」

千早「ここ最近、その話しかしてないもの」

春香「そうだっけ?」

千早「そうよ。で、今日は何?」

春香「それがね、リボンのプレゼントを貰ったんだけど……」

千早「例によって『普通』って付いてたのね?」

春香「そうなんだよ~……なんでかな?」

千早「もうプレゼントの時点で察して欲しいのだけど」

春香「何を?」

千早「私からは何とも言えないわ」




28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:25:30 ID:xzSCoXYU

春香「えー、意地悪」

千早「意地悪で結構です。でも、いい加減に気付いてもいいと思うのだけど……」

春香「なになに?何に気付くの?」

千早「本人がこの調子じゃ……」

春香「千早ちゃ―ん?はっきり言ってよー」

千早「春香は鈍感ね」

春香「はっきりグッサリ言われた!」

千早「今日はこれでおしまい。おやすみなさい、鈍感な春香」

春香「さりげなく貶されながら別れの挨拶されたよ……」

千早「冗談よ。まあ、本当にそろそろ気付くべきだと思うけれど」

春香「分かんないなぁ……」




29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:26:10 ID:xzSCoXYU

千早「もういっその事、直接聞いてみた方が早いかもしれないわね」

春香「直接って?」

千早「それは春香に任せるわ。私の言葉で言っても意味無いでしょう?」

春香「それはそうかもしれないけど――」

千早「何て聞けばいいのか分からない?」

春香「恥ずかしながら……」

千早「思った通りでいいのよ。聞きたいように聞けばそれで答えも出る筈だわ」

春香「説明になってないよ……」

千早「あんまり詳しく説明してもね……冷たいようだけど、あなた達二人の問題だから」

春香「分かったよ……やってみる」

千早「頑張って。じゃ、今度こそおやすみなさい」

春香「うん。おやすみ、千早ちゃん」




30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:26:43 ID:xzSCoXYU

【普通の真意】

春香「プロデューサーさん」

P「春香、どうした?」

春香「一つ、お聞きしたい事が」

P「なんでそんなに畏まってるんだ?」

春香「いえ、ちょっと緊張しちゃって……」

P「緊張するような事なのか?」

春香「はい。もう人生最大ですよ」

P「一大事だな」

春香「そうなんです」

P「で、聞きたい事って?」




31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:27:14 ID:xzSCoXYU

春香「プロデューサーさんって、私の事……嫌いですか?」

P「いきなりびっくりな質問なんだが……どうしてそう思った?」

春香「だって、私が何をやっても『普通に』以外言ってくれないんですもん……」

春香「嫌いなのかなって思うのも無理ないと思いませんか?」

P「嫌いじゃないぞ。むしろ普通に好きだ」

春香「また普通って言う……」

P「こればっかりはな……まあ、普通に好きって事だけ憶えといてくれ」

春香「普通は要らないです……」

P「普通は必要だよ」

春香「はぐらかされた気がします」

P「……ストレートだと思うけどな」

春香「……これ以上言ってもどうせ以前と同じやりとりでしょうし……お仕事、行ってきます」

P「うん、行ってらっしゃい」




32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:27:51 ID:xzSCoXYU

【夜、電話口・千早】

春香「もしもし、千早ちゃ――」

千早「おやすみなさい」

春香「いきなり切らないで!?」

千早「連日連夜、答えの分かり切った話に付き合わされる私の身にもなって欲しいものだわ」

春香「それはごめんなさい……あれ?答えの分かり切った?」

千早「そうよ。で、今日の話は?」

春香「あ、それがね――」




33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:28:29 ID:xzSCoXYU

千早「つまり、『嫌いか?』と聞いたらまた『普通に好きだ』と返って来たと」

春香「うん……私、そんなに好かれてないのかな……」

千早「そこまで言われたのだし、もう面倒臭いからはっきり言うわね。一度しか言わないからしっかり聞いておきなさい」

春香「は、はい。なんでしょう?」

千早「プロデューサーからの『普通に』を『一番』に置き換えて考えなさい。以上」

春香「え?え?どういう事?」

千早「じゃあ私はもう寝るわ。答えは自分で見つけなさい。おやすみ、春香」

春香「千早ちゃん!もっと詳しく――」

春香「切れてる……」




34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:29:01 ID:xzSCoXYU

【夜、春香宅】

春香「千早ちゃんが言ってたのって確か『普通に』を『一番』に置き換える、だっけ」

春香「そうすると――」

春香「服の時は『一番可愛いな』……うそ!?」

春香「いやいやいや……まさかそんな筈は……」

春香「でも、千早ちゃんは確信持ってたみたいだし……」

春香「……他の時も考えてみよう」

春香「ドーナツの時は『春香のドーナツが一番美味い』になって……」

春香「しかも、どうしてかって聞いたら『普通に美味しい』だったから……」

春香「それはつまり、私のドーナツが『一番美味しい』からって事で……」

春香「あう……これ、本当だったらすごく恥ずかしいよ……」

春香「リボンの時も『普通に似合ってる』って言ってたから、それは『一番似合ってる』って事で……」




35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:29:31 ID:xzSCoXYU


春香「あれ?じゃあ今日の『普通に好きだ』って――」

春香「…………」

春香「どうしよう……恥ずかしすぎて今日は眠れないかも……」


――END――




36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 04:31:20 ID:xzSCoXYU

以上で完結です。楽しんで頂けましたか?

『普通に』可愛い春香さんで書いてみたかったので書きました。

いつも普通って言われてるけど可愛いですよ春香さん!




38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/03/03(日) 10:26:46 ID:gidnBkYQ

ええな





引用元
P「照れ隠しのノーマル発言」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1362251243/
[ 2013/03/07 22:00 ] アイマスSS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。