広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

まる子「おねいちゃん・・・・・?」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 19:16:41 ID:zuLzNT7M

深夜

まる子「・・・・・トイレ行きたくなった・・・・」


まる子「でも寒いから行きたくないなぁ・・・・」


まる子「でも、行かなきゃ・・・・」


まる子「あれ? おねいちゃんが居ない・・」


まる子「おねいちゃんもトイレかなぁ・・・・」テクテク




2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 19:18:56 ID:zuLzNT7M

まる子「トイレにはいないなぁ・・・・」


まる子「あれ、風呂場に誰かいるような・・・・」


まる子「おねいちゃんかな?」




3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 19:21:29 ID:zuLzNT7M

さきこ「あ・・・・あ・・・・」


ひろし「どうだいねぇちゃん? こないだよりは痛くねぇだろ?」ギシギシ


さきこ「う、うん・・・・」


ひろし「そうだろそうだろ! 父さんも気持ち良くなってきたぞ!」ギシギシ


さきこ「あ・・・あ・・・」




4 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 19:27:10 ID:zuLzNT7M

まる子「・・・・・えっ? な、なにをやってるの・・・・・」


ひろし「ねぇちゃん、だんだん息が荒くなってきたな」パンパン


さきこ「な、なんだか変な感じになって来たよ・・・」


ひろし「よ~し、今日は一緒にフィニッシュするぞ~」パンパン


さきこ「あ・・・なんかおしっこでそう・・・」


ひろし「うぉぉぉぉっつ!!!」ドピュピュピュピュ!!!


まる子「あわゎゎゎゎゎゎゎ・・・・・・」




5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 19:31:23 ID:zuLzNT7M

翌朝

すみれ「あら、まる子今日は早く起きたのね!」


まる子「う、うん・・・・」


友蔵「どうしたんじゃ? 具合でも悪いのかい?」


まる子「な、なんでもないよ!! 行ってきまーす!!」


すみれ「変ねぇ、何かあったのかしら」




6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 19:33:15 ID:zuLzNT7M

学校

たまえ「まるちゃん、おはよう!」


まる子「あ、たまちゃん・・・おはよう」


たまえ「どうしたの? 今日は元気ないね?」


まる子「ちょ、ちょっとね・・・・大丈夫だよ・・・・」


たまえ「そう、それならいいけど・・・・」




7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 19:36:16 ID:zuLzNT7M

まる子「ああ・・・誰にも言えない・・・・・」


まる子「お父さんと、お姉ちゃんが裸でなんかしてたなんて・・・・」


まる子「でもあれは何をしてたのだろう・・・・」


まる子「ああ・・・・気になって授業どころじゃないよ・・・・」




8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 19:39:35 ID:zuLzNT7M

放課後


戸川先生「さくらさん、この後ちょっと職員室に来てもらえますか?」


まる子「えっ? 私がですか?」


戸川「ええ、掃除が終わってから、先生のとこに来てください」


まる子「なんだろう・・・・」




9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 19:41:22 ID:zuLzNT7M

職員室

まる子「先生、掃除終わったけど・・・」


戸川「さくらさん・・・・今日は授業中ずっと他のことを考えてましたね?」


まる子「そ、それは・・・・」


戸川「授業が退屈になったのですか?」


まる子「そ、そんなんじゃないです・・・」




10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 19:44:01 ID:zuLzNT7M

戸川「何か・・・・悩み事があるのですか?」


まる子「・・・・・・・・」


戸川「誰かとけんかしたのですか?」


まる子「じ、実は・・・・・・・・」




11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 19:46:22 ID:zuLzNT7M

戸川「そうですか・・・・・」


まる子「・・・・・・・・・」


戸川「わかりました。 さくらさん、今日は用事とかは有りますか?」


まる子「い、いぇ特にないですけど…」


戸川「じゃぁ、ちょっと保健室でまっててください。」


まる子「保健室?」


戸川「ええ、先生もすぐ行きますから」




12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 19:49:26 ID:zuLzNT7M

保健室

戸川「お待たせしました。」


まる子「先生、ここで一体どうするんですか?」


戸川「保健の先生には少しこの部屋を使う許可をいただきました」


戸川「今から、昨日さくらさんが見たことを、教えます」




13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 19:51:19 ID:zuLzNT7M

戸川「さくらさんは、どうやって子供が生まれるか知っていますか?」


まる子「い、いえ・・・」


戸川「ですね。 まだこれから勉強することですから。」


戸川「昨日見たお父さんと、お姉さんのしていたことは、
    簡単に言うと、子供を作る行為です。」


まる子「え・・・・・えぇぇぇ!!!」




14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 19:54:06 ID:zuLzNT7M

戸川「この先いずれ勉強することですが・・・・・」


戸川「この行為のことを、セックスとも言います・・・・」


まる子「せっくす・・・・・」


戸川「そうです。セックスです」


まる子「じゃぁ、お姉ちゃんとお父さんは、子供を作ろうとしていたの?」




16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 19:56:00 ID:zuLzNT7M

戸川「それは多分違うと思いますよ・・・」


戸川「子供が出来るのには、いくつかの条件があります」


戸川「さくらさんは、まだ生理はきてないですね?」


まる子「え、えぇ・・・まぁ・・・」




17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 19:58:49 ID:zuLzNT7M

戸川「簡単に言うと、女の子は整理が来ると、
   子供が出来る準備が整います。」


戸川「そして、男の子も大体女の子と同じぐらいで、
   子供を作るあるものを、出すことができるようになります。」


まる子「よ、よくわからないです・・・・」




18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:00:48 ID:zuLzNT7M

戸川「ちょっと説明だけでは分かりにくいですね・・・・」


戸川「それじゃぁさくらさん、 服を全部脱いでみてください。」


まる子「え?」


戸川「今から分かりやすく説明します。」


まる子「で、でも・・・・・」


戸川「大丈夫ですよ。何も恥ずかしいことは有りません。」


戸川「そうそう、大事なことを言い忘れてました・・・・」




19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:03:07 ID:zuLzNT7M

戸川「セックスを初めてする相手というのは・・・・」


戸川「だいたいさくらさんの歳ぐらいだと、先生かお父さんが多いです」


まる子「そ、そうなの?」


戸川「ええ、さくらさん仮にクラスメイトの男子と昨日見たことができますか?」


まる子「とてもじゃないけど・・・・」




20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:04:38 ID:zuLzNT7M

戸川「ですよね。」


戸川「大人になって、ボーイフレンドもしくは旦那ができれば別ですが・・・」


戸川「さくらさんの歳ぐらいの相手は限られてきます。」


戸川「確かさくらさんのお姉さんは、勉強熱心でしたよね。」




21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:06:37 ID:zuLzNT7M

戸川「たぶんお姉さんはセックスに興味を持ち、
    担任の先生じゃなく、身近なお父さんで体験したんだと思います。」


まる子「そうなんですか?」


戸川「だから、せっかくですからさくらさんにも今日
    体験してもらおうと思います・・・」


まる子「そ、そうか・・・・・」


戸川「じゃぁ、服を脱ぎましょうか・・・・」




22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:10:25 ID:zuLzNT7M

まる子「わ、わかりました・・・・」


戸川「じゃぁ、先生も脱ぎますね・・・・」


戸川「あと、このことは、誰にも話してはいけません。
    昨日見た、お姉さんのこともです。わかりますか?」


まる子「は、はい。」


戸川「小さい時にセックスを体験することは、とてもよいことですが、
    これは体験した相手だけとの秘密にしておくのが一般的です」


まる子「分かりました」




23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:12:10 ID:zuLzNT7M

戸川「はい、ではさくらさん。
   先生のこの部分は、なんといいますか?」


まる子「ち、ち、ちんちんかな・・・」


戸川「そうです。正式名称はペニスと言います」


まる子「ぺにす・・・・」


戸川「復唱しましょう!」


まる子「ペニス・・・」




24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:13:33 ID:zuLzNT7M

戸川「先生のペニス!」


まる子「先生の・・・ペニス!」


戸川「はい、よくできました。」

戸川「おや、先生のペニス、さっきと変化が見られますね?」


まる子「はい・・・・おっきくなりました・・・・」


戸川「はい、よく観察できました。」




25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:15:11 ID:zuLzNT7M

戸川「ペニスは、こうやって大きくなります。」


まる子「は、初めて見た・・・・」


戸川「そうですか。それではよく観察してください。」


まる子「あ・・・なんか先っぽから・・・・」


戸川「さくらさん・・・大変よく観察できましたね。」




26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:17:05 ID:zuLzNT7M

戸川「この液こそが、子供を作る重要なものになります」


まる子「こ、これが?」


戸川「少し触ってみてください」


まる子「・・・・ねばねばしてる・・・・」


戸川「そうです。これはこれからセックスをするために
   必要な分泌液も兼ねています。」




27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:19:55 ID:zuLzNT7M

戸川「さくらさん、そこのベットにあおむけで寝てください。」


まる子「こ、こうですか?」


戸川「そうです。それで足を目いっぱい広げてみてください。」


まる子「は、はい・・・」


戸川「はい、さくらさんのこの部分・・・正式名称は膣といいます。」


まる子「ち、膣・・・・」


戸川「簡単に説明すると、ペニスを膣に入れる行為がセックスとなります。」


まる子「膣に・・・ペニスを・・・」




28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:22:56 ID:zuLzNT7M

戸川「女の子は、体の中で膣の奥のお部屋で卵子という卵をつくります。」


戸川「でも、卵子だけでは子供は生まれません。」


戸川「男性の、精子・・・このねばねばが必要となります。」


戸川「卵子は、精子と合体して、初めて子供となります。」


戸川「ここで問題です。
   では、精子を膣の奥のお部屋に入れてあげるのにはどうすればいいか?」




29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:25:06 ID:zuLzNT7M

まる子「そ、そっか!! 
    膣に、ペニスを入れてあげりゃいんだ!!」


戸川「大変よくできました!! その通りです!!」


戸川「精子は、ペニスを刺激してあげると発射される仕組みになっています」


戸川「そして・・・そのペニスを刺激するのも、膣の役目となります。」




30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:26:15 ID:zuLzNT7M

まる子「それで・・・セックスが必要なんですね?」


戸川「その通りです。 今からさくらさんには、特別に実演しようと思います。」


まる子「え・・・・でも、それじゃぁ子供が・・・・」




31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:28:08 ID:zuLzNT7M

戸川「大丈夫です。さくらさんには、まだ卵子がないですからね。」

まる子「そっか・・・・」


戸川「それに・・・・ペニスの刺激、膣の刺激は男女ともに気持ち良くなり、
   それそのものを楽しむのが・・・セックスの醍醐味です。」


戸川「しかし、大人同士だとセックスするたびに子供が出来てしまう・・・・」


戸川「そんなときに役に立つのが、避妊具です。」




32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:30:00 ID:zuLzNT7M

まる子「ひにんぐ・・・・」


戸川「おっと、さくらさんにはちょっとまだ必要ありませんね。
   それは後々勉強していきましょう。」


戸川「では、力を抜いて足を広げてください。」


まる子「こ、こうですか?」




33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:32:32 ID:zuLzNT7M

戸川「そうです。では、少し膣に刺激を与えます。」ペロペロ


まる子「せ、先生?」


戸川「力を抜いて・・・そのまま・・・・」ペロペロ


まる子「・・・・・・・・・」


戸川「意外にもよく濡れてきましたね・・・・・」


まる子「なんか・・・・変な感じです。」



戸川「指も入るようになってきましたね・・・・」クチュクチュ




34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:35:03 ID:zuLzNT7M

まる子「・・・・・・・」


戸川「では、これから先生のペニスを入れてみたいと思います。」


まる子「はい。」


戸川「最初は痛いかもしれませんが、我慢してください。
   女の子は、皆遅かれ早かれ体験しなくてはならないことです。」


戸川「では・・・・はい!!!」ヌプッツ




35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:37:11 ID:zuLzNT7M

まる子「・・・・・・!!!!!!!」


戸川「さくらさん・・・・少しの辛抱ですよ・・・・」パンパン


まる子「・・・・ああ・・・あ・・・」


戸川「良い調子です、その調子です・・・・」パンパン


まる子「あ・・・・あ・・・・・」




36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:38:45 ID:zuLzNT7M

戸川「今日は特別に・・・先生の精子を出したいと思います・・・・」パンパン


まる子「・・・は、はい・・・」



戸川「では・・・・行きますよぉ!!!」ドピュピュッピュピュピュ!!!!


まる子「・・・・・・・」


戸川「はい、よくできました。」




37 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:40:48 ID:zuLzNT7M

戸川「さくらさん、これでセックス・・・子供の作り方は大体分かりましたね?」


まる子「はい、ありがとうございました。」


戸川「今日先生としたこと、後お父さんとお姉さんがしていたことは、
   言ってはいけないと決まってることなので、
   誰にも言ってはいけませんよ。」


まる子「はい、分かりました。」


戸川「これで明日から勉強に集中できますね?」




38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:47:25 ID:zuLzNT7M

まる子「はい、大丈夫です!! 先生ありがとうございました。」


戸川「はい、じゃぁ気を付けて帰るのですよ」


まる子「はい、先生さようなら」


戸川「さようなら」




39 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 20:51:20 ID:zuLzNT7M

まる子「なんだか、あたしゃ大人になった気分だよ・・・・」


まる子「みんながしてないことを、あたしゃ特別に体験できてよかったよ・・・」


すみれ「あら、あんた朝と違って元気になったわね!!」


まる子「そりゃもう、先生にセックスを体験させてもらったからね。」


すみれ「え?」


こうして、戸川先生は学校を後にした・・・・







40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 21:08:17 ID:LSqsb2u6

これで終わりとは勿体ない





引用元
まる子「おねいちゃん・・・・・?」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1358936201/
[ 2013/01/25 16:00 ] ちびまる子ちゃんSS | TB(0) | CM(2)
名無しさん
カオス
2013年02月01日 01時43分
名無しさん
ワロタ
2013年03月30日 13時20分
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。