広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

勇者「俺が魔王だ」魔法使い「それじゃ私側近やるから」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/14(月) 19:05:50 ID:Vf.3P9.g


―魔王の間―

魔王「ぬうぅぅん!!」ブン

勇者「おっとっと」ガキン

魔王「な、なぜだ! なぜ余の攻撃が通らぬ!!」

勇者「ふわぁぁ…それはな、魔王」

女僧侶「魔王城が遠すぎたせいです」

勇者「おい」

男盗賊「そうそう。おかげでレベル上がりまくりだっつーの。ねぇ姐さん」

女魔法使い「姐さんって呼ぶのやめてって言ってるじゃない」




2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/14(月) 19:15:48 ID:3gBYXPik


勇者「そういうわけだから。そろそろ消えてくれ、魔王さんよ」

魔王「信じぬ…余は信じぬぞぉおお!!」

魔法使い「往生際が悪いわね」

盗賊「そりゃ勇者一人に赤子扱いされてりゃプライドもズタズタでしょうよ」

僧侶「はぁ…お腹すきました…」

魔王「こうなれば…極大自爆魔法で…!」

魔法使い「うん、それ無理。魔法封じたし」

魔王「!」

勇者「それじゃあな」ズシャッ




3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/14(月) 19:19:23 ID:2ks35Byc


魔王「」

勇者「…終わったな」

盗賊「あっけなかったっすねぇ」

僧侶「そ、それじゃご飯食べにいきましょうよ!」

魔法使い「あんたね…ここ来る前どれだけ食ったと思ってんのよ」

僧侶「忘れました」

勇者「なぁ」

魔法使い「? どうしたのよ」

勇者「お前らこれからどうすんの?」




5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/14(月) 19:33:12 ID:eLmMFfYg


魔法使い「そりゃ始まりの街で王に謁見…」

勇者「じゃなくてその後」

魔法使い「…そうね。普通に考えれば王室付きの魔術指南役かしら。私と僧侶は」

盗賊「え…俺は?」キラキラ

魔法使い「あんたは召使いAってところね」

盗賊「え゙っ…そりゃひどいっすよー」

僧侶「ご飯くれるならどこでもいいです」

勇者「……」

魔法使い「あんたはどうするの?」

勇者「…俺は」




6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/14(月) 19:44:13 ID:eZqnxA0w


勇者「俺は城には戻らない」

魔・盗「!」

勇者「血の繋がった人間もいないし、神の加護を受けているわけでもない」

勇者「ただ"勇者"という呪縛を与えられた普通の人間」

盗賊「いや、普通の人間は魔王いじめたりしねぇよ?」

僧侶「あ、バッグにおにぎり入ってた」

魔法使い「…それで?」

勇者「勇者に選ばれて5年、鍛錬だの修行だの…ろくな食い物も与えられず育ってきた」

勇者「もう、王国はうんざりなんだよ」

魔法使い「そう…それで、結局どうするつもりなの?」




7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/14(月) 19:50:08 ID:eLmMFfYg


勇者「俺が魔王だ」

盗賊「え」

魔法使い「はっ!?」

僧侶「おにぎりうまし」

勇者「いやだから俺が魔o

魔法使い「いやいやいや…自分で何言ってるかわかってんの?」

勇者「うん。つっても人間滅ぼすとかじゃなくて魔王城もらうだけだけど」

魔法使い「そんなの―――」

盗賊「いいっすねそれ」

魔法使い「えっ」




10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/14(月) 22:00:03 ID:MHsNECa6


盗賊「俺も元々盗賊稼業だし、親兄弟いねぇし。姐さんにボコボコにされて旅に無理矢理ついてきただけだし」

勇者「そうか。魔法使いと僧侶は?」

僧侶「ほはんふへはふ?」モグモグ

勇者「なんだって?」

僧侶「むぐ…ご飯くれます?」

勇者「好きなだけ食えよ。Gも城が4、5個立つ程あるし」

僧侶「それじゃ残ります」モグモグ

勇者「そうか。魔法使いは…頭のキレるお前が傍にいてくれると助かるんだが」

魔法使い「はぁ……このバカ共は…。わかったわよ」

魔法使い「それじゃ私側近やるから」




11 :ちょくちょくホスト規制くらうんだが… 2013/01/14(月) 22:45:58 ID:/ITJat/Y


勇者「安心したよ。俺が信頼できるのはお前らだけだからな」

魔法使い「勇者…」

盗賊「それで、まずは何をしますかい?」

魔法使い「そうね。まずは始まりの街の王城に行かなきゃね」

勇者「えぇー…」

魔法使い「嫌なのはわかるけど、魔王が死んだ事を皆に知らせなきゃ」

僧侶「魔物に怯えてる人達もいますしねぇ」

盗賊「あれ、僧侶さんがまともな事言ってる」

勇者「…仕方ないか」

魔法使い「そうときまったら早速行きましょう。…転移!」




12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/14(月) 22:55:58 ID:f9vUJgI.


―始まりの街・王城―

王「ええい! 勇者一行から連絡はまだか!?」

大臣「魔王の城までの道程は長く険しいと聞いております。もうしばらくかと…」

王「昨日も聞いたわ! 全く…魔王如きさっさと片付けて我が国に貢献すればいいものを」

大臣「……」

王「これ女! 近う寄れ。我が膝の上に」

村女「は、はい…」

王「ほぉ…いい乳をしておるのぉ」モミモミ

村女「うっ…」

王「まだかのう」モミモミ




13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/14(月) 23:02:02 ID:VgM/VKqU


兵「失礼致します」

大臣「急に何か、無礼であるぞ」

兵「申し訳ありません。火急の報せでございます」

王「ふむ…申してみよ」

兵「勇者様一行が帰還なされました」

王「! よし、連れてこい!」

兵「はっ、ただいまお連れします」

王「やっと帰ってきたか無能共め」

大臣「その女性を下がらせては」

王「わしに指図するな無能」




14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/14(月) 23:07:36 ID:BfRN3FvE


勇者「……」

魔法使い「……」

王「遅かったのう」

勇者「よう」

王「! 貴様っ! なんだその態度は!」

勇者「あぁ面倒だ…変わってないなオッサン」チャキ

魔法使い(女を抱きながら…下衆め)

大臣「勇者殿! どうか刃をお納めください! このままでは…」

勇者「…どうなるって?」

王「衛兵! 乱心者じゃ! 縛り上げろ!」

大臣「あぁ…」




16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/14(月) 23:18:41 ID:uNdZwUKM


勇者「おうおう…どっから湧いて出たんだこの数は」

衛兵「ぐっ…」ジリ

王「どうした! さっさとひっとらえろ!」

魔法使い「それは無理な話だわ。頭空っぽの貴方より、前線で命を賭けて戦う兵士の方が勘は鋭いもの」

勇者「力量の差をわかってんだよ」

王「何を馬鹿n

魔法使い「あぁそれと…」

魔法使い「誰も動いたら駄目よ。死ぬから」

王「!」

魔法使い「ほら、お腹の辺りが暖かく感じない? 私の判断で爆裂魔法が作動するわ」




17 :>>15だよな…ありがとな! 2013/01/14(月) 23:27:00 ID:eZqnxA0w


王「ぐぅぅ…な、何が望みだ…」

勇者「簡単な事だ。魔王は死んだ…これを世界の隅々まで知らせろ」

魔法使い「それと」チラッ

村女「ひっ…」ビクッ

魔法使い「その子を離しなさい外道」

王「…ぐ、行け…」

村女「わ、わわ…あの」

魔法使い「貴方、家族は?」

村女「孤児、です」

魔法使い「そう。なら私達と一緒に行きましょう」




18 :>>15だよな…ありがとな! 2013/01/14(月) 23:34:57 ID:7BkB5GYg


勇者「最後に、二度と俺達に関わるな。破ったら…わかるな?」

王「……」

魔法使い「それじゃ、…転移」ヒュン



王「ぐ…う……くそがぁぁあああ!!!」ガシャーン

大臣「ど、どうか落ち着いて下さい…」

王「ふぅ…ふぅ…殺せ」

大臣「は?」

王「地の果てまで追いかけて嬲り殺せぇぇえええ!!!!」

大臣「は…はっ!」




19 :>>15だよな…ありがとな! 2013/01/14(月) 23:40:25 ID:Yux.amgA


―???―

勇者「よっと…あれ?」ヒュン

魔法使い「ふぅ」ヒュン

村女「わわわ…」ヒュン

勇者「魔王城かと思いきや、お前ん家じゃん。大丈夫か?」

魔法使い「持っていきたい物があったの! きっと焼かれるだろうし」

村女「あの…私これからどうすれば…」

勇者「うーん…好きにすればいいと思う」

村女「え…」

勇者「もう縛るものは何もないんだ。好きに生きたらいい」




20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/14(月) 23:45:27 ID:m/HNDdFI


村女「…はい」

魔法使い「行く所ないならうちに来る?」

村女「いいん、でしょうか」

勇者「いいんじゃないか? 人手は多い方がいい」

魔法使い「? 何するつもりよ」

勇者「そんなの決まってるだろ」







勇者「大掃除だ」




21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 00:15:14 ID:KjBih/nA


―魔王城―

魔法使い「ただいま」ヒュン

盗賊「おかえりっすー」

僧侶「もぐ…むぐむぐ」フリフリ

勇者「手振りながら食うなよ…」ヒュン

村女「わ…とと」ヒュン

盗賊「…誰っすかその子?」

魔法使い「豚の王に捕まってたから連れてきちゃった」

盗賊「姐さんと勇者の街の王っすか。へぇ、豚って…」

村女→女「は、初めまして! 女って言います」




22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 00:25:54 ID:fUR9vbTs


僧侶「はぁ…ごちそうさまでした。幸せ…」ポワーン

魔法使い「食料庫探して溜め込まないとね…」

盗賊「で、どうなったんすか城の方は」

勇者「あぁ…魔法使いが連中に爆裂魔法かましてた」

盗賊「えぇ!? まじっすか…さすが姐さん!」

魔法使い「かましてないし…あれ、嘘だから」

勇者・女「えっ」

魔法使い「思い込みよ、ただの。お腹なんて大概暖かいものだし」

勇者「な、なんだよ。まぁ…よく考えればそんな魔法ある訳n

魔法使い「あら、やろうと思えばできるけど。…試してみる?」ニコッ

盗賊(姐さん笑顔が怖えーっす…)




23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 00:34:24 ID:VaQu.HxI


僧侶「まぁ難しい話はおいといて、そろそろ晩御飯にしませんか?」

盗賊(うちの女性は皆たくましいっす…)

僧侶「ごーはーんー」

魔法使い「はいはい…女ちゃん手伝ってくれる?」

女「はい!」

盗賊「あ、待ってる間に探索して城内の地図作ったっす」ピラッ

魔法使い「あら、気が利く…字汚っ!」

盗賊「げっ」

魔法使い「…添削してあげるから貴方もついてきなさい」

盗賊「へい…」




24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 00:43:57 ID:KjBih/nA


僧侶「……」ジィー

勇者「……」

僧侶「……」ジィー

勇者「なんだよ」

僧侶「…いえ、勇者様って魔法使いさんと仲良いなぁーと思って」

勇者「話した事なかったっけな。幼馴染みなんだよ、あいつ」

勇者「物心つく頃には二人とも街の教会に住んでてさ。勇者になって軟禁されるまではよく遊んだなー」

僧侶「へぇ。で、好きなんですか?」

勇者「はっ!?」

僧侶「へぇ。好きなんですか」ニコ




25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 00:50:30 ID:7qzjvwNg


勇者「なにも言ってねーし!」

僧侶「ふふ…まぁいいです。ご飯まだかなー」

勇者「……」



盗賊「あ、ただいまっす」

勇者「! 聞いてたのか」

盗賊「? なにがっすか? 俺は案内終わったんで次は二人を大広間に連れて行こうかと」

僧侶「よし、行きましょう!」

勇者「やけに元気だなおい」

僧侶「ごっはんの為ならエンヤコラー♪」




27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 20:07:52 ID:iNfZN9rs


―大広間―

僧侶「いただきまーす」モグモグ

魔法使い「もう食べてるじゃない」

盗賊「いやー俺ここに残って良かったっす。姐さんの料理にゃ見えない魔力があるっていうか…」

魔法使い「そうかしら」ニヤリ

盗賊「」ビクッ

勇者「女さんも手伝ってくれたんだよな」

女「あ、はい…。でも余り慣れてなくて」

魔法使い「まぁ、料理なんてものは日常的にやってればそこそこ上手くなるものよ」

女「精進します…」




28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 20:08:11 ID:iNfZN9rs


勇者「ごちそうさまでした」

魔法使い「ふー…明日辺り食材買いにいかなきゃね」

勇者「なら買い物組と掃除組に分けるか」

盗賊「げ…掃除っすか」

僧侶「全然魔王っぽくないですね」

魔法使い「この世界にも落ち着く時間は必要だし、視察とかはその後でもいいんじゃない?」

女「視察、ですか?」

勇者「魔力の供給を失った魔物の状態と…人の街も」

魔法使い「そうね。あの豚がこのまま黙ってるとも思わないし」




29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 20:18:53 ID:NgDEAUm2


――――
―――
――

勇者「それじゃ買い物組は女と盗賊、残りは掃除組っつー事で」

魔法使い「これ買い物のメモだから」ピラッ

女「はい」

僧侶「食事組はないんですか?」

勇者「ねーよ」

盗賊「まともな魔法使えんの三人だけっすもんねぇ。よかった…」

魔法使い「女ちゃんがいなかったら、あんた確実に掃除組だから。感謝しなさい」

盗賊「へい…」




30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 20:27:22 ID:3GMk1mDQ


勇者「つー訳で風呂だ風呂」

盗賊「そういやでっけぇ露天風呂ありやしたね」

魔法使い「えっと…地図通りなら、今の居住エリアにあるのかしら」

女「露天風呂?」

僧侶「見たらわかりますよー」

盗賊「俺は勇者連れてくんで女性方は姐さんお願いするっす」

魔法使い「はいはい」

勇者「そんじゃお先ー」

僧侶「私達も行きましょう?」

女「…はい!」




31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 20:33:21 ID:wh57vlpA


―男湯―

勇者「これは中々…」

盗賊「魔物も湯につかるんすかねぇ」

勇者「つまり魔物の出汁を浴びてるって訳か」

盗賊「嫌な事言うっすね」

キャーワーチョットヤメテクダイ!

勇者「……」

勇者「…なぁ」

盗賊「…へい」

勇者「覗きって、男のロマンだと思わないか?」




32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 20:39:17 ID:gmJbkPhk


盗賊「…やめといたほうが
いいっすよ」

勇者「お前なら乗ってくるかと」

盗賊「パーティに加わってからすぐ、試したっす」

勇者「! お前抜け駆けを…!」

盗賊「そこから三日間、呪い状態で過ごしたっす…」

勇者「……」

盗賊「……」

勇者「…男湯の真上から高密度の魔力を感じるんだが…」

盗賊「…風呂は静かに入るもんすね…」

勇者「…そうだな」




33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 20:51:43 ID:YOHTdZe.


―女湯―

僧侶「あぁ…んぅ、暖かいです…」

女「そ、僧侶さん」

魔法使い「……」

僧侶「…魔法使いさん」

魔法使い「……」

女「?」

僧侶「…立派ですね」ムニュ

女「ひゃっ!?」ビクッ

魔法使い「……極大雷撃…」ブツブツ

女「ちょっとやめてくださいー!」




34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 20:58:58 ID:kUc9yOHU


女「はぁ…魔法使いさんも止めてくださ…魔法使いさん?」

魔法使い「えぇ…、いつでも落とせるわ」

女「はい?」

僧侶「……」ジィー

魔法使い「なによ」

僧侶「…元気出してくださいね」

魔法使い「どこ見て言ってんのよ色情魔」

僧侶「そんな…光の神に仕える私に向かって…あ、今は闇の方でした」

女「ふふ…」

魔法使い「ふん…」




35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/15(火) 21:11:59 ID:b7I84tzA


女「すみません。服まで貸して頂いて…」

僧侶「気にしないで下さいー。明日には自分の来ますし」

盗賊「この辺ほとんど客間みたいなんで適当に自分の部屋探して下さいっす」

魔法使い「あんた…いい部屋先にマークしてる、なんて事ないわよね」

盗賊「へっ…? い、いやまさか…はは」

魔法使い「ま、いいわ。皆おやすみ」

僧侶「あ…」

女「僧侶さん?」

僧侶「盲点でした」

女(なにが?)




36 :今日はこれでラスト 2013/01/15(火) 21:27:19 ID:r.mSuFtc


勇者「ここは…」ガチャ

勇者「お、いいじゃん。ここにするか」

魔法使い「もうここでいいわ…」ガチャ

勇者「……あ」

魔法使い「…そこにするんだ?」

勇者「隣に、いたのか」

魔法使い「…嫌なら移動するけど」

勇者「嫌? なんで」

魔法使い「…そうね。それじゃおやすみ」バタン

勇者「…俺も寝るか」




38 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 19:04:06 ID:x7tQL7Sc


―始まりの国・王城―

王「……」

大臣「陛下」

王「なんだ」

大臣「少しお休みになられては」

王「奴らが野放しの状態で枕を高くして寝られるか! 密偵からの報告はまだなのか!?」

大臣「先程発ったばかりなので…」

王「能無しどもめがあぁ…」

大臣「……あっ」

王「…どうした」




39 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 19:31:04 ID:8DBK0uvA


大臣「盲点でございました。奴らの討伐の件、四方を治める将軍らに任せてはいかがでしょう」

王「! …なるほど。よいかもしれんな」

大臣「機械、竜、忍、馬。彼らが協力すれば、如何なる手練相手であっても容易いのでは」

王「協力か」

大臣(無理だろうけど)

王「まぁよい。明日にでもここに呼べ。直々に話す」

大臣「…はい」

大臣(面倒な事にならなければいいが…)

王「くっくっく…楽しみになってきたぞ勇者よ」




40 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 19:58:33 ID:NE5tbeng


―翌日・魔王城―

盗賊「おはよーっす」

勇者「おう」

魔法使い「集まったわね」

僧侶「……」スゥスゥ

女「僧侶さん起きて下さーい」

魔法使い「女ちゃん、これ」サッ

女「これは? 綺麗な宝石…」

勇者「魔力結晶だ。そこに転移魔法を封じてる、って感じか」

盗賊「これで近くの街まで飛んでくって事っすよ」




41 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 20:04:39 ID:xt1ZssC.


――――
―――
――

盗賊「そんじゃ行ってくるっす」

女「い、いってきま――」シュン

勇者「さて…やるか」ニヤ

魔法使い「あんたも早く起きなさい」

僧侶「…ふぇい…」

勇者「よし、最初から全力で行くぞ! 極大風刃魔ほ

魔法使い「待ちなさい」ガシッ

魔法使い「フロアごと吹き飛ばすつもりなのかしら? 調節しなさいよ」

勇者「つい」




42 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 20:20:10 ID:N46IjoAg


―魔王城の西・最後の街―

女「大きい街ですね…。人多いし」

盗賊「祭りっすかねぇ…魔王城に行く前はこんなに集まってなかったんすけど」

女「わっ…あの人口から火吹いてますよ!」

盗賊「大道芸っすね」

女「すごい…あ、あそこ何か書いてます」

盗賊「『魔王消滅。世界に平和が訪れた』…っすか」

盗賊(思ったより情報が早いっすね…。つまり姐さんと勇者が喧嘩売ったっつーのも…)

盗賊「女さん、これ」バサッ

女「ひゃ…これ、ローブですか?」




43 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 20:29:54 ID:4c.iREyg


盗賊「念の為っす。追っ手が来てるとも限らないっすから」

女「! そうですよね…ごめんなさい、はしゃいじゃって…」

盗賊「…大丈夫っすよ」ポン

女「…?」

盗賊「気にせずいっぱい楽しんで下さいっす」

盗賊「見つかるときゃ見つかりますしね。そん時は力一杯守りますんで」ニカッ

女「っ…」

女「……はい。ありがとうございます」ニコッ

盗賊「へへっ」ポリポリ




44 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 20:45:56 ID:tClTYO9E


町人「はいはい号外だよー!」

盗賊「おっと…どうもっす…っ!」

女「盗賊さん…これ」

『勇者一行、反逆!兵を14人殺害後逃亡中』

盗賊「…噂通りの豚っぷりっすね」

女「こんなのってないです!」

町人「あれ、あんたらこの街初めてかい? 物騒だよなぁ…皆の希望だった勇者がねぇ」

盗賊「ちなみに魔王は誰が?」

町人「そんな事も知らんのかい。俺は奮い立った王国の騎士が死闘の果てに討伐したと聞いたが」

盗賊「そういう筋書きっすか」




45 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 21:01:46 ID:.8TmZY8M


―最後の街・酒場―

女「あんなの許せません! 盗賊さんも訂正を要求――むぐっ」

盗賊「あんまり騒ぐとトラブルに巻き込まれるっすよー」

女「…悔しくないんですか?」

盗賊「そりゃ、ね。腸煮えくり返ってるっす」

女「それなら…!」

盗賊「でも腹のもんは腹の中にしまっとくもんっすよ。こういう時こそ冷静に、って姐さんが教えてくれたっす、へへ」

女「…わかりました」

盗賊「まぁ今は食事を楽しむっす! ここの野菜煮込みは絶品っすよ」

女「はぁ……あ、おいしい」




46 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 21:42:56 ID:MnRzOBTk


―最後の街・中央通り―

盗賊「これで全部っすか?」

女「野菜類に肉、…それと衣類。はい、全部揃ってます」

盗賊「そんじゃ早いとこ帰…………………」

女「どうかしました?」

盗賊「しっ」

ヤスイヨーソレチョウダイオメガタカイ!
ザワザワザワザワ

盗賊「…いや、なんでもないっす。行きましょう」

女「それでは…転移!」シュン



?「……」




47 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 22:21:29 ID:4c.iREyg


―始まりの国・王城―

王「よく来たな」

大臣「初対面の方もいらっしゃると思うので簡単な挨拶をお願いします」

機将♂「北の機械の国、機将である。王よ、久しいですな」

竜将♂「南方を預かる竜騎士軍の竜将と申します。以後お見知りおきを」

忍将♀「東の忍将ー。つーか早く要件言えよ」

騎将♂「まぁまぁ。あ、騎馬軍の騎将です」

王「……」

大臣「そ、それでは王からお言葉です」




48 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/16(水) 22:46:15 ID:cO.VGggA


王「昨日伝令がいった勇者共の事だ」

王「お前たちの力を以てして奴らを捕らえてもらいたいのだが…」

忍将「は? 捕らえるって? 殺せよ」

機将「生け捕りとはまた…我らなら可能ですがな」

騎将「あ、うちは無理ですね」

王「! 聞き間違いかな…? 反逆の意思ともとれるが」

騎将「いやいや! まっさかー。天水馬が冬眠中でしてね! 普通の馬じゃ皆さんの足引っ張っちゃうと思うんで今回は棄権…みたいな…」

王「…ふん。まぁよいわ。竜将!」

竜将「潜伏先がわかれば奇襲を。それ以外は勝手に頂きたい」

忍将「…はぁ?」




52 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 04:35:53 ID:S.8V7Rd6

>>48
竜将「潜伏先がわかれば奇襲を。それ以外は勝手に頂きたい」

竜将「潜伏先がわかれば奇襲を。それ以外は勝手にして頂きたい」




49 :今日ラスト 2013/01/16(水) 23:07:34 ID:X4w2GE1U


忍将「まるで美味しい所は自分が持っていくから、てめぇらは勝手にお膳立てでもしてろ、って…この耳には届いたんだけどさ」

大臣(あ、やばい)

竜将「それなら貴方の耳は正常そのものです。良かったですね」

忍将「な、ん、だ、とぉ…!?」

騎将「まぁまぁ。どうですかね、手柄は早いもん勝ちって事で! 王様、もちろん報酬は用意してますよね?」

王「…全く。それでよいわ! 褒美は軍備を倍増できるだけの資金、土地をいくつか、それと宝物庫の宝の中で好きな物をくれてやる」

忍将「…へぇ。ま、それならいいけどさ」

機将「…罪状は反逆と殺戮、でよいかな」

大臣「は、はい」

王「まとまったか。なら散れ! よいか、生け捕りじゃ。殺した者には褒美はやらんぞ!」

四将「「「「了解」」」」




53 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 04:56:06 ID:3I7HBThs

それと国の位置を簡単に

北(機械)

西(騎) 始まり 東(忍)

南(竜) 最後の街


最後の街から更に東が魔王城




54 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 05:51:01 ID:yv/.RWXE


―忍びの国―

忍将「よっと」シュン

兵「早いお帰りでしたな」

忍将「あぁ…。くっ…くふ、くくっ…」

兵「…なにか?」

忍将「くっくくく…ふぁっあははははっ!!」

忍将「あ、んのバカ! こちとら既に奴らを捕捉してるってのにぃぃ…あぁっははひゃひゃ!!」

兵「もしや…最後の街での」

忍将「そっの通りー♪ 転移先はどこだっけな」

兵「元、魔王城ですな」

忍将「そうだったそうだった…待ってろよカス共! ぐぅーっちゃぐちゃのボロボロに滅ぼしてやるからよおぉぉ!!」




55 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 06:07:33 ID:eMrrNo96


―魔王城―

盗賊「……」シュン

女「…と。慣れてきた…」シュン

勇者「おう、早かったな」

僧侶「おかえりなさーい」モグモグ

盗賊「あれ、姐さんは?」

勇者「一段落ついたんで昼飯作ってるよ」

女「それじゃ私手伝ってきます!」

僧侶「よろしくー」パクモグ

勇者「…それで、何かあったか?」

盗賊「えぇ、皆集まったら報告があるっす」




56 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 06:16:13 ID:O.qFy/5w


――――
―――
――

盗賊「…ってわけで」

魔法使い「ふーん。やってくれるじゃない」

勇者「俺としては勇者は性病持ち、とか言われた方が応えるがな」

魔法使い「食事中だから」

僧侶「何にしても派手には動けなくなりましたねー」

盗賊「派手に動くつもりだったんすか…」

女(皆なんでこんなに落ち着いていられるんだろ…)ズゥーン




57 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 06:31:21 ID:faVoxNb.


魔法使い「あんた尾けられてないでしょうね」

盗賊「……」

勇者「おい」

盗賊「いやいや! たぶんあれこの辺仕切ってる忍軍っすよ! 撒けないっすよ!」

勇者「撒けるだr…いや、そうかもな」

僧侶「まぁ追跡なんてお手の物でしょうし」

女「…あ」

女「(私がいたから…?)あ、あのあの…ごめんなさ

盗賊「それより俺は女さんとデートできて満足っすけどねー」




58 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 06:40:12 ID:/BKSrYwI


勇者「お前…俺達が汗水流して働いてる間に…」

僧侶「魔法使ったので一滴も流れてませんけどねー」

勇者「そんな情報言わんでいい! 心の汗というものがな…」

魔法使い「においそうね」

盗賊「勇者くさいっす」

勇者「ちょ、やめて!」

女「あ…」

女「ふふ、あはっはっはははっ」

勇者「うお…女さんが壊れた」

女(皆さん…ありがとうございます)




59 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 07:00:58 ID:AEqFko4w


―魔王城・外―

忍将「どうよ?」

くのいちA(以下く1)「それが…何も」

忍将「はぁー…? 最後の街で監視用の蟲、つけたんだろ?」

く1「はい」

く2「阻害する結界か…もしくは感づかれたのでは」

忍将「…チッ」

忍将「じっくりやろうと思ってたが…方針変えんぞ」

く1・く2「はっ!」




60 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 07:23:29 ID:RVhMxI7Y


―同日・夜・魔王城勇者部屋―

?「……」スー

勇者「……」グゥ スピー

?「……」チャキ

勇者「…と、お約束お約束」チャキ

く1「っ!」サッ

勇者「野宿ばっかだと無駄に警戒しちまって熟睡できないんだよな」

く1「…目標の制圧に失敗。退避する」ボン

勇者「うぉっ…消えた。すげぇな」

勇者「…とりあえず状況の確認だな」




61 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 08:02:42 ID:RVhMxI7Y


勇者「……」ガチャ

魔法使い「おはよ」

勇者「! びびった…(猫柄のパジャマ…)」

魔法使い「大変そうね。寝起きから女の子と」

勇者「気付いてたんなら助けろよ」

魔法使い「ん」クイ

盗賊「無事っすかー」

僧侶「おかわ…り…」ムニャ

女「何かあったんですか…?」

勇者「なるほど」




62 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 08:13:02 ID:iIkuxzt2


盗賊「魔王の間らへんに気配感じるっすねぇ」

女「……」

僧侶「も、もう一杯! …むにゃ」

魔法使い「…その子置いてきたら?」

女「そんな! 危ないですよ」

盗賊「……。僧侶さんも女の子っすからねぇ」

勇者「…なぁ」

魔法使い「ん?」

勇者「お前、猫好きなの?」

魔法使い「…ほっといてよ」ボソッ




63 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 08:21:17 ID:tvHMuY2A


―魔王の間―

勇者「どうだ?」

盗賊「さすがというか…この暗さじゃ正確な位置までは特定できないっすね」

勇者「いっそこのフロアごと…」

魔法使い「やめなさいよ馬鹿」

?「……」スゥー

勇者「おっと!」ガギン

ギィィィー バタン

盗賊「あ」

魔法使い「…袋の鼠ってわけね」




64 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 08:32:40 ID:3fs.2pdY


勇者「さすがにこのままじゃ少ししんどいな…灯りはなんとかならないか?」

魔法使い「今できるのはこれくらいかしら」ポッ

僧侶「…ちっさ……」スヤスヤ

女「盗賊さん、私…」

盗賊「大丈夫っすよー。女さんは俺が絶対








女「死んでくれますか?」

チャキン




65 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 08:49:27 ID:yxlSbpWk


僧侶「い゙だっ!……ぐぅ」ジベター

く2「…睡眠中の人質確保」チャキ

盗賊「…下手うったっす」

女「女さんは俺が絶対…? ま、も、る? くくくっ」

女→忍将「くせーわ。いやいやマジで。臭くて臭くてたまらない」

勇者「うわぁ…」

魔法使い「…女ちゃんはどこ?」

忍将「んな事言う義理あるわけー? ねぇよなぁぁあ!!!?」

忍将「とりあえずコイツらぁ人質っつー事で大人しく斬られてくんねぇ?」




67 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 16:08:05 ID:w5Q1zTh.


盗賊「それは困るっすね」スゥー

忍将「おいおい木偶が勝手に喋――っく

盗賊「よっ」チャキチャキジャキン

忍将「(隠し…武器っ!)くっ…!」バッ

盗賊「! 避けるっすか…そんじゃ」ザッ

く2「っ…!」ドゴッ

勇者「おぉ」

盗賊「人質奪還…ってありゃ」

く2→猫ぬいぐるみ「」ポンッ

魔法使い「…っ」ピクッ




68 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 16:18:14 ID:.OrFA.to


勇者「変わり身…」

盗賊「ぬいぐるみ…なんすかこれ」ガシッ

魔法使い「私の…エリザベス…」ボソッ

忍将「あ゙ー…んだよこいつら」

勇者「お、おい…魔法使い」

魔法使い「」プツン

魔法使い「極大……爆裂m

勇者「! 僧侶ぉぉ!! 魔障壁ぃぃ!!!」

僧侶「…ふぇ?」パチッ

カッ ドッゴォォーーン




69 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 16:30:45 ID:rP1SU5EM


ガラガラガラ…

盗賊「う、…おぉ…生きてるっす」

勇者「味方の魔法で爆死とか洒落になんねぇぞおい…」

僧侶「なんなんですかもー。せっかくモンゴリアンパフェ食べてたのに…」

魔法使い「明るくなったでしょう?」ニコッ

勇者「うん、月明かりが綺麗だな……ってちげぇ! 穏やかな灯りでいいんだよ!? 誰が自爆テロしろって言ったよ!!」

魔法使い「あら、魔力の流れが乱れてたんですもの。文句ある?」

勇者「ないです」




70 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 16:37:00 ID:LO46w6mU


盗賊「まぁ…なんにしても」

く1「ぐ…っ」

く3「はぁ、はぁ…」

忍将「……くそが」

勇者「道は開けたな」

盗賊「もう一度聞くっす。女さんはどこっすか?」

忍将「おい…無事か」

く1「負傷4名、気絶1名。…死者は…っ…いません」

忍将「そうか…ご苦労だったな。後はあたしがやる」




71 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 17:58:04 ID:roo0AwNU


盗賊「…俺が出るっす。勇者と姐さんは女さんを探してくれっす」

忍将「それには及ばねーよ曲芸師ぃぃ…」

盗賊「…つまり?」

忍将「切り札にとっておくつもりだったが…もうやめだ」

忍将「あたしと殺りあって生きてたら返してやるっつってんだ。単純明快、猿でもわかる簡単な取引さ」

盗賊「…そっすね。まぁ、殺しはしないっすけどね」

忍将「言ってろゴミがぁぁっ!!」ダッ ガギィン



勇者「気付いたら始まってた」

魔法使い「はぁ…」

僧侶「……」スゥスゥ




72 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 19:37:37 ID:zSuzm5n6


忍将「っ…!」

盗賊「割りと速いっすね…」ギリギリギリ…

忍将「…ふ」ニヤ

盗賊「?」

忍将「散、火…」カッ

盗賊「!!」

ボォォオオオオ!!!

盗賊「っ…やば…!」

忍将「もひとつオマケに火薬玉もやるよ」ヒュッ

ドオオォォォーン




73 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 19:53:19 ID:2VuEva6I


忍将「ひゅうー♪ 旧魔王城が採掘場みてぇになってやがるぜ!」



盗賊「っ…てぇ…」ポタポタ

魔法使い「…大丈夫かしら」

勇者「思ったよりやるんだな四方の将ってのも」

盗賊「怪我したっす」

忍将「は、は…」

忍将「はあぁぁああ!!? あたしの火遁直撃で原型あるって化物かてめぇええ!!!」

盗賊「いやー…結構痛いっすね…。不意つくの超絶上手いっす」




74 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 20:05:51 ID:hyAcpoUc


盗賊「……(しゃーないっす…あれ出しますか)」

忍将「……」

勇者(総合的には盗賊、スピードは奴…不意にくる術が厄介だな)

魔法使い「あれ、やるのかしら」

勇者「あれ? あぁ、あれか」

盗賊(そんじゃ、一つ驚いてもらいやしょう…)スッ

忍将「ふぅ…やーめた」

盗賊「…へっ?」

忍将「割りに合わねぇーんだよカスが!!」

盗賊「何が!?」




75 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 20:22:15 ID:LO46w6mU


忍将「…ったく、やってられっかよ」ガサゴソ

盗賊「なんか愚痴ってるっす…」

忍将「……」シュルルルル

魔法使い(巻物?)

忍将「解」ボソッ

女「」ボン

勇者「出てきた!?」

忍将「…眠ってるだけだっつーの。何も覚えてねぇだろうよ」

魔法使い「ちょっと」

忍将「んだよ」




76 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/17(木) 20:32:50 ID:w5Q1zTh.


魔法使い「一応知っておきたいんだけど、貴方のその…術。封じる呪文ってあるのかしら」

盗賊「姐さん…それは」

忍将「…魔法でもねぇ、踊りの類でもねぇ、忍びの術だ。あたしの知る限りねーよ」

魔法使い「そう…」

忍将「…いや、一つだけあったな」

魔法使い「聞かせてちょうだい」

忍将「それはな、くっく…印を唱える口ごと頭を吹き飛ばせばいいんだよおぉぉぉっ!! あーひゃっひゃっひゃ!」

盗賊「うわぁ」




77 :なんか違う…今日ラスト 2013/01/17(木) 20:48:45 ID:hyAcpoUc


忍将「さて帰るかてめぇらぁぁ!!」

く1「忍将様…」

盗賊「……」

魔法使い「……」

忍将「さて帰るか」チラッ

勇者「えっ、帰らないの」

忍将「敵が逃げんのに斬りかからねぇバカどもがぁぁぁ!!」

盗賊「」ビクッ

僧侶「城以外ほとんど被害ありませんしねぇ。盗賊さんに回復魔法、っと」

盗賊「後半空気だった僧侶さんありがとうっす。それとおはようっす」

忍将「チッ…もう行くぞ疲れた。調子狂うぜ…」

グシャッ

忍将「早く帰っ、て…休…んで…」

く3「…………え」




79 :表現きついから少し地の文入るけど勘弁 2013/01/18(金) 06:15:18 ID:hRF4vkVI


忍将「…んだ、よ…これ」プシャッ

く2「いや…あ、あぁ…」

く3「忍将様ぁああ!!!」

勇者「おい! 気を付けろ! 何かいるぞ!!」

ゆっくりと空中に持ち上がる華奢な身体には2つの大穴と、それに連なる傷跡。

忍将「こ、れは…牙、か…? …っ!」キッ

魔法使い(これだけの人数に気取られずに…?)

盗賊「……っ!」ダッ

女「…」スゥスゥ

盗賊「女さん…よし。僧侶さん、全員に肉体強化頼むっす!」

僧侶「…今やってます」




80 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 06:33:19 ID:rMdLZwPg


僧侶「地上に一つ、上空に無数の反応が確認できます。視認はできません」

勇者「……いや、見えたぞ」ヒュン

?「ッ! グォオォォ!!」

勇者「くたばれ!」ズシャッ

?「グッ…ガ、ァァ……」ドシャッ ジワ…

忍将「っぐ…」ドシャ

盗賊「」ダッ ガシッ

忍将「っ…てめぇ、何しやが…る」プシュッ

魔法使い「僧侶、その子の手当て」

僧侶「はい」

盗賊「…ドラゴン…?」




81 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 06:55:18 ID:BFK6xnzU


ジワ…ジワ…

盗賊「! …なんか見えてきたっす


く1「っ」バッ

く1「忍将様っ!」

忍将「…っせぇな、聞こえ、…ゴフッ…てるっ、つーの…」

魔法使い「どう?」

僧侶「…わかりません。傷跡から闇属性の侵食、損傷している部位が多すぎます」

く1「そんな…っ」

忍将「や…ぱり、てめぇか…っ! 竜将…!」




82 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 07:10:46 ID:.RTh9sUA


ジワ…ジワ…パッ

竜将「おっと…効果が切れてしまいましたか」バサッバサッ

勇者「飛竜の軍か…!」

魔法使い「完全なステルスタイプのドラゴン」

盗賊「そんなの聞いた事ないっすよ?」

竜将「ふふふ…そろそろ手品の種明かしといきましょうか。そこの猫柄の貴方! ご名答です」

魔法使い「そう、嬉しいわ」

竜将「背景に溶け込む迷彩の竜は既に存在していましたが…それをベースに品種改良を重ね」

竜将「完全な透明化に成功したと、そういう訳です」

魔法使い「…でも、色々と欠陥がありそうね。何故彼女だけを狙ったの? 目的は私達のはずだけれど」

竜将「…そこまで話すほど私はお人好しではありません。さぁ、そろそろ始めましょう」




83 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 07:25:56 ID:WntaIW2I


竜将「全騎、一斉放火!!」

カッ ゴォォォォォ?

盗賊「っ…姐さん!」

魔法使い「えぇ」

竜将(さぁ、魔法を放ちなさい。魔力反射の呪文にも気づかずにね…ふふ)

魔法使い「…広範囲……散、炎」

竜将「え」

シュボボホボボ ゴォォォォォ!!!

勇者「お前…それ」

忍将「く…っく、んだよあい、つ…ひゃひゃ…」




84 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 07:49:01 ID:gJk6x2LQ


く2「あれは…忍びの術…」

竜将「ふ、防いだ…だと!?
そんなっ! 魔法は

魔法使い「魔法じゃないわ。彼女の術よ」クイッ

竜将「! そ、そんな…なぜだ! なぜ貴様が忍びの術を!?」

魔法使い「…解析したの。彼女の術を見て」

忍将「ふざけ、…やがって…ガハッ」プシャ

僧侶「っ…」パァァァァ

盗賊「さすが姐さん!」

竜騎士1「こ、こんな奴相手にやってられっか!! 俺は帰るからな」

竜将「なっ」




85 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 07:59:22 ID:rMdLZwPg


竜騎士2「お、俺も!」バサッバサッ

ニゲロー コロサレルゾー

竜将「待ちなさい馬鹿者! 一度攻撃を防がれた程度で!!」

勇者「ならお前が戦ってみるか。坊ちゃんよ」

竜将「ひっ…た、退却!」バサッバサッ

魔法使い「逃がすわけ、ないじゃない」

勇者「おらよっ、と!!」タッ シュバッ

盗賊「ジャンプもデタラメっすね勇者は…」

竜将「えっ」

ズバッ




86 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 13:33:09 ID:thuQ3Sw.


――――
―――
――

僧侶「……」グッタリ

忍将「……」グーグー

魔法使い「お疲れ様」ポン

僧侶「人一人救うのも楽じゃないですねぇ…あ、夜食食べたいです」グゥ

魔法使い「はいはい」

く1「主を助けて頂いて有難う御座います」ドゲザー

盗賊「か、顔上げて下さいっす!」

僧侶「あ…やばい」グギュルルルル

魔法使い「眠ってるし今のうちに連れて帰った方がいいんじゃないか? 起きたら何を言われるか」

く1「はい」

く2「忍将様、帰りますよ」




87 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 13:46:03 ID:WjQT9lnY


く1「それと…」

勇者「?」

く1「我々はこの件から手を引くよう計らいます。巷での噂も真実ではないと、知っています」

魔法使い「それなら揉め事を持ち込まないで欲しかったわね」

盗賊「まぁまぁ…丁度いいバルコニーもできたんすから」

勇者「魔王の間…魔法でもなんともならんな」

く1「指導者が消え、竜の国もおそらく手出しして来ないでしょう」

僧侶「えっとー…四方はあと騎馬と機械でしたっけ」

く1「馬の国の意向は不干渉、と聞いております。ただ機械の国が…」




88 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 13:59:00 ID:.8KoMJ1Y


勇者「機械の国…? どういう所なんだよ」

盗賊「文字通り機械、兵器の開発国っすね。兵さえも人型のカラクリだとか」

魔法使い「四方の国の中でも一番領土は広いみたい。兵隊を隠し持っている可能性もあるか…」

く1「はい、お気を付け下さい。彼らの兵器から発せられる光線は、一国をも滅ぼすと言われていますので…それでは」

魔法使い「えぇ、感謝するわ」

く1「…失礼します」シュン




89 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 14:04:56 ID:OLua8Bos


女「…ん……」パチ

盗賊「あ、おはようっす」

女「へ…? ととと盗賊さん何でここに!? …あれ、皆さんまで」

勇者「…ま、やっと落ち着いたしじっくり説明するよ」

僧侶「先方への対応は?」

魔法使い「とりあえずは様子見ね。もしくは…」

勇者「本国を叩く、か?」

魔法使い「あまり気が進まないけど」

盗賊「罠が心配っすか?」

勇者「…とりあえずは様子見。そこからまた考えようか」

魔法使い「そうね」

僧侶「それじゃ決まった事ですしご飯にしましょう!」

女「???」




93 :遅くなった… 2013/01/18(金) 20:52:17 ID:OUf8EuIg


―翌日・始まりの街・王城―

王「なんと! 魔王城に潜伏しておったか!」

機将「そのようじゃ」

王「くっくっく…ついに見つけたか。それにしても早かったのう。一晩で突き止めるとは 」

機将「うむ、実は忍将が何やら臭いと思いましてな、奴の部下に偵察用の機虫を付けた所…当たりでの」

王「! あ奴め…ならば既に攻めいったのか!?」

機将「…儂が見たのは忍将が奴らに施しを受けているのと、竜将が無様に散りゆく姿だけ」

王「なんと!! ぐ、ぐぐ…あのアバズレ女ぁ! 裏切りよったか!! 竜将も何をやっている!!!」

機将「まぁ、儂が残っておる。我らの機械軍ならば必ずや仕留めてみせましょう」

王「ふぅ…ふぅ…。よし、そこまで言うには策があるんだろうな」

機将「もちろん。少し耳を拝借できますかな」




94 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 21:43:44 ID:dsql3YeU


????
???
??

王「成程…それで奴らを誘い出すと。しかし生け捕りという事を忘れてはおらんか? その策が成る以前に初撃で死ぬのでは」

機将「何…情報によれば鬼神の如き強さと聞く。その程度でくたばる訳がない」

王「…ならば貴様にこの件は一任しよう。必要な物を言え」

機将「王室付きの魔術師を全てお借りしたい。彼らには一週間休まず働いてもらおう」

王「? わかった」

機将「感謝する。我らが王よ」

機将「では儂らも準備に取り掛かりましょう。断罪の一撃の準備を…」

王「よし…くっくっく…(危険な奴だ…。この件が片付いたら貴様も処刑台送りにしてくれる)」

機将「(四方の将はほぼ崩れた。奴らを始末し、この豚を落とせば…儂の天下だ…)くく…はあっはっはっは!!」




95 :文字化けした…?→ハイフンだからスルーしてくれ 2013/01/18(金) 22:11:23 ID:3H3P7rik


―魔王城・大広間―

僧侶「お腹いっぱいー幸せです…でも寝不足…」

勇者「昨日の戦闘中ほとんど寝てたじゃねぇか」

女(熟睡してすいません…)

盗賊「…向こうはどう出るっすかね」

勇者「…機械の兵隊で一斉攻撃とかなら単純でいいんだがな」

魔法使い「……」

『彼らの兵器から発せられる光線は、一国をも滅ぼすと言われています』

魔法使い「エネルギー砲…」




96 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 22:26:13 ID:GOIKdvoY


女「エネ…なんですか?」

魔法使い「魔力じゃないエネルギー…忍の術のような物理的な…」ブツブツ

勇者「おい、大丈夫か」

盗賊「姐さーん?」

魔法使い「うるさい」ギロッ

女「」ビクッ

盗賊「姐さんこえーっす…」

勇者「ある意味魔王だな」




97 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 22:53:25 ID:/uCRZ.yU


魔法使い「聞いて」

魔法使い「欠陥付きだけれど完全ステルスの竜が存在している…それなら機械の国にも同等の技術があってもおかしくないわ」

盗賊「つまり…どういう事っすか」

勇者「…監視」

魔法使い「そう」

女「えっ、と…もしかしてこうしてる間もずっと?」

魔法使い「程度はわからない。ただ、忍の娘達も使っていたみたいに転移先を割り出す事も可能…となれば逃げるのは難しそうね」

盗賊「逃げるんすか…?」

僧侶「そういえば光線がどうとか」

勇者「未知の兵器か」




98 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/18(金) 23:05:36 ID:A9bdk41g


魔法使い「威力も属性もわからない。だからこそ逃げるわけにもいかないんだけどね」

女「何故ですか?」

魔法使い「魔王城ほど隔離された土地を知らないもの。私達が転移した場所に撃たれたら、ね」

僧侶「大勢の人達が巻き込まれますね」

勇者「豚ならやりかねん…」

魔法使い「向こうもそれは承知の上でしょうね。…つまり退路は完全に絶たれたってわけ」

盗賊「なら、どうします? まさか受け止めるなんて…へへ」

魔法使い「…ふふ」

魔法使い「そのまさかよ」




102 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 06:36:25 ID:r/L8/IVg


―翌日・忍の国・将の間―

忍将「……」

盗賊「……」

おっす! 俺盗賊っす! なぜ忍の国にいるかって? それは…



魔法使い『まぁ…なんにしても時期を特定しなきゃ防ぐものも防げないわ。だから…』チラッ

盗賊『! な、なんすか』ビクッ

魔法使い『あんた、忍の国行ってきて。彼女達なら気取られずに動けるでしょう?』

魔法使い『いい? 治療した恩につけこむのよ。わかった?』


こういう訳で明らかに不機嫌な彼女の前に立っているっす…。




103 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 06:46:47 ID:NuuOHC/M


忍将「……で、なんだって? もう一回言ってみろ」

盗賊「えぇっと…機械の国の様子をs

忍将「うるっせぇえぇぇええ!!!!!」

盗賊「」ビクッ

忍将「聞こえてんだよカスがぁぁ!!」

盗賊(ならなんで聞いたんすか!?)

く1「忍将様、あまり声を荒げると血圧が上がります」

忍将「あたしらを便利屋代わりに使おうってのー? 随分安い国だなここもよぉ」

盗賊「すいませんっす…」

忍将「ケッ…まぁいいや。どうせ調べようと思ってた所だしな」

盗賊「? それはまた、奇遇っすね」




104 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 07:01:11 ID:IkQ59CrM


忍将「あぁ。今朝方、始まりの街に潜伏してる部下がよぉ…とある噂を聞いたっつーんだ」

盗賊「噂っすか」

忍将「どうもうちらの国が謀反を起こしたと、そうなっているらしい」

盗賊「え、そうなんすか?」

忍将「馬鹿かてめぇは! 大方機械のジジイにでも嵌められたんだろうよ」

忍将「なんせ奴の諜報機には気配がねぇ。先日の件を見られてたのかもな」

盗賊「……」

忍将「…まぁ、そりゃこっちの話だ忘れろ」

忍将「で、当然あたしらは警戒するわな。ボヤボヤしてっと就寝中に木っ端微塵なんて事になり兼ねねぇからな」




105 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 07:13:19 ID:JevqeVX2


盗賊「なんか巻き込んだみたいで悪かったっすね…」

忍将「あ゙? ふざけてんじゃねぇぞおい。こちとら独立国万歳だっつーの! あっひゃっひゃ!」ゲラゲラ

盗賊「…けっこう優しいんすね」

忍将「ば、馬鹿じゃねぇの!!? 死ね! 簀巻で肥溜めに突っ込んで死ね!」

盗賊「えっ」

く1「…ぷっ……」

忍将「おいてめぇ今笑っただろコラ」

忍将「…ゴホン…とにかく、情報が集まり次第知らせてやるよ」

盗賊「感謝するっす」

忍将「くく…精々あがけよ化物共」




106 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 21:13:39 ID:CMlx1jk2


―数日後・始まりの街・王城―

兵士「機将様、まもなく準備が整いますが」

機将「うむ」

兵士「しかし…これほど大きな兵器をお持ちとは。これで奴らも塵と化す訳ですか」

機将「くく…そうは行くまいよ」

兵士「は?」

機将「あいにく止めをさすのは儂という筋書きになっておる」

兵士「そ、それはまた…ずいぶんと具体的な…」

機将「ふん、たかだか二十年生きただけの餓鬼の動きなど読むのは容易い」

機将「さて見せてもらおうか勇者。最後の物語を」




107 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 21:51:22 ID:5m/nv0lw


―同時刻・魔王城―

女「……今日、なんですよね」

魔法使い「情報が正しければね」

僧侶「今のうちに食べとかなきゃ」モグモグ

盗賊「……」


忍将『どうやら始まりの街に次々と機兵が運び込まれているみてぇだ。民は地下に避難、街そのものを戦場にするつもりか知らねぇが…』

魔法使い『…そう。他には?』

忍将『王国内の魔術師の召集…それも王室付きから城下の奴らまでな。後で本国を叩くつもりなら用心しな』




108 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/19(土) 22:18:04 ID:8Za0fFLo


勇者「…確認するぞ。これを対処した後に始まりの街の外へ転移」

盗賊「んで叩くっすね」

魔法使い「一つ忘れてるから」

女「転移先の魔力感知、でしたっけ」

僧侶「はい。多少時間はかかりますが、罠が張り巡らされているって事もありそうですしねー」

魔法使い「…敵の兵器はエネルギーの充填に今までかかったのよね」

勇者「あぁ、そのはずだが。膨大な量なんだろうな」

魔法使い「だからこそ、それを発散させた後の安全時を狙うのよね?」

盗賊「? そうっすけど…」

魔法使い(何かが…違う)




109 :少ないけど眠いので今日ラスト 2013/01/19(土) 22:33:08 ID:DuYlHvYg


僧侶「…っ。北西から高密度のエネルギーを感じます」

盗賊「きたっすか」

女「ひっ…」

魔法使い「…魔法弾ね。僧侶、魔障壁お願い。後ろから私と勇者で貴方に魔力を注ぎ込むわ」

僧侶「はーい」

勇者「よし、皆固まれ!」

魔法使い(思った程の威力じゃない…まさかこれを撃つ為だけに一週間もかかるなんて事…)




110 :ごめんこっちがラスト 2013/01/19(土) 22:41:49 ID:2cSy.Bmk


僧侶「残り数秒で直撃します」

勇者「……光線か。よし、来い!」



カッ

ドッゴォォォオン


僧侶「っ…大丈夫です。順調にエネルギーを削っています!」

ゴゴゴゴゴゴ

勇者「割と余裕、あるか」

女「…っ…う…」

ゴゴゴゴゴゴ

女(…早く…終わって…)




111 :また違ったラスト 2013/01/19(土) 22:49:21 ID:e4SSsbEo


ゴゴゴゴゴゴ

女「光の中に…何か…」

魔法使い「…何か言った?」

女「…いえ……光の中に…あれは…宝石?」

魔法使い「宝、石…?」

魔法使い「!」

魔法使い「駄目!! 皆逃げて!!」

勇者「? 急に何を…」

女「あ、れは……」


魔法使い『女ちゃん、これ』サッ

女『これは? 綺麗な宝石…』

勇者『魔力結晶だ。そこに転移魔法を封じてる、って感じか』


魔法使い「間に…合わない…っ!」

ゴゴゴゴゴ…… ヒュン




113 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 08:36:03 ID:XXpUIxh6


――――
―――
――

盗賊「っく…ここは…」

魔法使い「……」

盗賊「あ、姐さん。無事っすか? 他の皆は?」

魔法使い「やられたわ…」

盗賊「? どういう事っすか」

魔法使い「あの光線に魔力結晶を仕込んでいたって事よ。魔障壁を張った、その周りの空間ごと飛ばされたのよ」

ギギ…ギ…ギギギ…

盗賊「! あれは…」




114 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 08:49:45 ID:spO7tQpE


機兵「目標ハッケン目標ハッケン。無力化セヨ」

ギギギ…ギ…

盗賊「囲まれてるっすね…姐さん援護お願いします!」

魔法使い「…無理よ」

盗賊「えっ」

魔法使い「ここはね、盗賊。始まりの街、敵の本拠地。加えて、魔力を拡散させる強力な結界が張られてる」

盗賊「つまり…」

魔法使い「魔力カラッ欠の状態」

魔法使い「…魔法が使えないのよ」

―盗賊と魔法使い
始まりの街・地下―




115 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 09:07:48 ID:lMQ5ENIc


―十年前・始まりの街・教会―

少年「腹減ったー…」グゥ

少女「いいから手を動かしなさい」

少年「つってもなー毎日毎日掃除ばっかりじゃん。めんどくせ」

少女「……」

少年「一生だらけて暮らしてーな俺」

少女「あんたね…」




116 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 09:18:32 ID:mY4dzMrk


少年「そうだ、いい事思いついた!」

少女「はいはい」

少年「な、なんだよ…聞いてくれても」

少女「くだらない事考えてる暇があるならこれ持って」ズイッ

少年「うおっ」ズシッ

少女「この棚掃き終わるまで持っててね」サッサッ

少年「…あれ、床に置けばよくね?」

少女「いいから」サッサッ

少年「はい…」




117 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 09:32:17 ID:KxRAwvFU


ガチャッ

神父「やぁ二人共。作業は はかどっていますか?」

少年「げ、神父さん!」

少女「はい神父様、滞りなく」

神父「そうですか。…と、少年にお客様ですよ」

少年「俺に? ふーん」チラッ

少女「…なによ。いいから行ってきなさい。それ置いていいから」

少年「うん。んじゃ行ってくる」ドスッ

ガチャ バタン

少女(誰かしら?)




118 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 09:43:55 ID:9hM2AsQw


少年「えーっと…あの人かな」

?「君は…」

少年「俺に何か用ですか?」

?「あぁ、君が少年か。私はこの国の大臣だ」

少年「はぁ、どうも」

大臣「実は…」





少女「次は聖堂を…」ガチャ

少女「…少年…?」




119 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 09:52:28 ID:6QILuuAk


大臣「――?」

少年「――! ―で――だ!?」

大臣「―王の―――だ。――」



少女「どんな話してるのかしら…」

少女「少年、怒ってる?」



少年「―俺―――? ―なら…」

大臣「――だ。王に――」




120 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 10:05:29 ID:mukWLCXc


――――
―――
――

神父「さぁ、お食べなさい」

少女「すごい料理…こんなの初めて見た」

子供1「神父様ー! 今日は何かのお祝いですかー?」

少年「……」

神父「…あなた達にも言っておかねばなりませんね」

神父「明日、少年がこの教会から旅立つことになりました」

神父「王城の大臣様直々にお迎えがあるそうです。皆もしっかりとお別れをするように」

少女「…………え」




121 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 10:16:00 ID:IMU8wQM2


子供1「まじかよー! いいなー!」

子供2「お城ってすごく大きいよね! おいしいものもたくさんあるのかな」

キャッキャッ

少年「あはは…は」

少女「あ、あの…っ」

少年「ごめん! ちょっと小便!」

タッタッタッタッタ バタン

子供1「お! んじゃアイツの分も食っちまおうっと」

子供3「どうせ明日にはご馳走食い放題だろうしな」

少女「っ…」タッタッタッタッタ

神父「……」




122 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 10:22:54 ID:MyHYMnFc


―教会・外―

少年「はぁ…」



少女「…ねぇ」

少年「うわっ!? いつの間に!」

少女「隣、座ってもいい?」

少年「あ、うん」

少女「んしょ…と」スッ

少年「……」

少女「……」




123 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 10:31:39 ID:sXxSGg72


少年「…俺さ」

少女「うん」

少年「勇者に選ばれたんだって」

少女「うん……は?」

少年「だから城で強くなる為に

少女「ちょっと待って! それって…」

少年「ほら、少し前魔王が復活したって大騒ぎしてただろ」

少女「そう、だけど…」

少年「俺がやるしかないんだ。じゃないと教か……いや、なんでもない」

少女「……そっか」




124 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 10:47:59 ID:6.2VXXG6


少女「でも…たまには顔出せるんでしょう?」

少年「…訓練が始まったらほとんど城に篭りっきりになるって」

少女「っ…そんなのおかしい!」

少女「そんなの…やだ…」ポロッ

少女「いや…だよ…っ」ポロポロ

少年「……」

ギュッ

少女「…っ」

少年「俺は…強くなる。誰よりも強くなって魔王を倒す。そうすれば…」

少年「そうやって世界を平和にして…またお前と遊ぶんだ」




125 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 10:53:26 ID:DlZhB0Mw


少年「悪くない話だろ?」ニカッ

少女「…うん…うん…っ」コクコク

少年「よし、それじゃ約束だ! 指切り」

少女「私も…」グスッ

少年「ん?」

少女「私も強くなる…」

少女「少年と一緒に強くなって一緒に戦う!」

少年「…うん」

少女「はい! 約束っ!」

少年「あぁ、…約束だ」




126 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 10:59:00 ID:6EGJbpoA


――――
―――
――

兵士長「甘い!」ガキン

少年「ぐっ…!」

兵士長「死にたくなければ戦え! そんな腕じゃ街を出た瞬間に死んでしまうぞ」

少年「わかってるよ…」ボソッ

兵士長「」ピクッ

兵士長「よそ見をするな!」ザクッ

少年「! っぐ…うぁあぁ!! 痛っ…血、血が…!」

兵士長「チッ…これだからガキの相手は嫌なんだ…」




127 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 11:51:45 ID:KxRAwvFU


――――
―――
――

少年「はぁ…はぁ…ぅ」バタッ

少年(痛ってー…こんな固いベッドじゃ疲れ取れねぇっての)

兵士「今日の飯だ」カチャン

少年(水と…パンだけ?)

兵士「…すまん。俺も命が惜しいのでな」タッタッタ

少年「……食えるだけマシか」モグモグ

少年(教会の皆、元気かな…)

少年(あー…嫌だった毎日の掃除が懐かしく感じる)

少年「強く…強くな…る…少女…」グー グー




128 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 12:03:29 ID:epWTS5Ws


――――
―――
――

兵士長「ぬっ! ぐわっ」ズザァー

少年「はぁ…っ…よし!」グッ

兵士長「俺が…負けた」

王「殺せ!」

少年・兵士長「!」

兵士「へ、陛下。このような所へわざわざ…」

王「そ奴を殺せ勇者! 非情にならんと魔王は倒せんぞ」

勇者「う…うわぁあああ!!!」

ズバッ

勇者「っ…はぁ…」ガタガタ

兵士長「――っ…? 生き…てる…」

王「! この臆病者を牢に放り込め!」




129 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 12:18:56 ID:O8b1KTwo


――――
―――
――

師範「さて、始めるぞ」

少年「あれ…兵士長は?」

師範「奴は昨日処刑された」

少年「えっ…」

師範「さぁボヤボヤするな! もう始まっているぞ!」ガキン

少年「! っぐ…(強い…っ)」ギリギリ

師範「後ろを振り返るな…さもないと…」ガキン

師範「自分に喰われるぞ!!」ヒュン




130 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 16:10:27 ID:UD7wAurE


――――
―――
――

師範「今日はこれまで」チャキン

少年「ありがとうございました」

師範「疲れを見せなくなったな」

少年「まぁ…少しは慣れましたよ」

師範「そうか。それではな」タッ



師範「おっと、大切な事を忘れていた。明日、お前に城下への外出許可が出た」カッ

少年「!」

少年(三年ぶりの…城下町……)




131 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 16:16:35 ID:xyPq4uqU


――――
―――
――

少年「けっこう街並み変わってんな…」

少年(第一声、なんて言えばいいんだ? 久しぶり…でいいのか)

少年「えっと…確かここらへんに―――









少年「えっ…………」




132 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 16:32:00 ID:mukWLCXc


少年「な、んだよ……これ…」

【兵士詰所建設予定につき立入禁止】

少年「更地…だと? み、皆は…教会はどこに行ったんだ!?」

少年(いや待て。三年も経ったんだ。他に移動した可能性も…)

少年「きっとそうだ…はは」ブツブツ…


ポン



少年「っ…何か用―――

少女「久しぶりね」ニコッ




133 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 16:42:30 ID:kc9Zau5o


少年「? あの、どちら様ですか?」

少女「……」

少年「…あの」


バッチーーーン……


少年「っ………へ?」ヒリヒリ

少女「…馬鹿」

少年(えっ…何で俺ひっぱたかれたの? こんな知らない人に…知らない? いや、知ってる…)

少年「お前…少女、なのか?」

少女「……」ニコッ


バッチーーーン




134 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 16:59:17 ID:c0WDnOoA


少女「おめでとう、正解よ」

少年「なら何で叩いたの!?」

少女「ごめんなさい。つい」

少年「つい、で済んだら警備隊はいらねぇんだよ!! けっこう痛い…ん…」

少女「……」

少年「…久しぶり、だな」

少女「えぇ、すごく会いたかったわ」

少年「えっ…あぁ、うん。そうだ! 教会は今どこに? 皆元気にしてるのか?」

少女「……」

少女「教会はもうないわ」




137 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 20:08:00 ID:xyPq4uqU


少年「え……いや、どういう事だよ。教会じゃなくて孤児院になったとか…?」

少女「違う。教会も何もかも…なくなったわ」

少年「…嘘だろ」

少女「こんな嘘つかない!」

少年「っ…ごめん」

少女「…私も大きな声出してごめんなさい」

少年「何があったか教えてくれるか?」

少女「…そうね。貴方にも知る権利はあるものね」

少年「少し、歩こうか」

少女「…えぇ」




138 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/20(日) 21:04:22 ID:VXtmKi3c


少女「貴方がお城に行ってしばらくだったかしら」

少女「教会に男の人が数人、来るようになったの」

少年「…っ…」

少女「神父様と何を話していたかはわからない。…でも日に日に神父様がやつれていく、そんな気がした」

少女「ある日、神父様に聞いたの。あの人達は誰? ってね」

少女「神父様は、いつもの優しい笑顔で言った。心配しなくていい、少女は笑っていなさい…って…」

少女「それからすぐよ。神父様が亡くなったのは」

少年「し…んぷさんが……死んだ?」

少女「えぇ、皆泣いてたわ。もちろん私もね。神に祈りを捧げる姿勢のまま…冷たくなっていた」




139 :今日ラストで… 2013/01/20(日) 22:07:03 ID:VnSG9/NM


少女「そこからは早かった。責任者のいなくなった私達は行き場を失った」

少女「そんな時、お城から兵がやってきたわ。私達がどうなるか、って話をしにね」

少女「私以外の子達はね、少年。外の街の孤児院に引き取られていったのよ」

少年「…そっ、か……少女は残ったんだな」

少女「えぇ、おかげで色んな商店で頭を下げて回るハメになったけれど」

少年「大変だったな…」

少女「まぁ…約束もあったしね」ボソッ

少年「? そういや…俺があそこに来るってよくわかったよな」

少女「王城の給仕係に知り合いがいるのよ。貴方の様子を少しでも知りたくて、ね。お疲れ様」




141 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/21(月) 20:10:18 ID:AzG90Kp.


――――
―――
――

チュンチュン コケコッコー

少年「……もう朝か」

少年(昨日少女と会ったのが夢みたいだ)

少年(…もし、神父さんが死んだのが王の、この国の仕業なら)

少年「約束が違うぞ…! くそったれめ」ギリ

少年(だが仇討をするにも俺はまだ弱すぎる)

少年(魔王を倒せる程強くなれば…)

少年「よし」




142 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/21(月) 20:26:26 ID:1tTAz4ss


――――
―――
――

王「あれから五年…短かったのう」

少年「…はぁ(てめぇはな)」

大臣「支度金です」

少年「はい」ジャラ

王「さぁ早く旅立て。目障りだ」

少年「…仰せのとおりに」

少年(ついにこの日が来た。ここから始まるんだ)

少年「少女…」ボソ




143 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/21(月) 20:41:52 ID:Cwwv7nE.


少年「……」

少年「よお」



少女「遅いわよ。ゆ・う・しゃ・さ・ま?」

少年→勇者「これでも早くつもりなんだがな」

少女「ふふ…。そうだ」

勇者「?」

少女「約束、守ったから」ボッ

勇者「おぉ…魔法か」

少女→魔法使い「えぇ、期待していいから」ニコッ

勇者「…へへ。よし、行くぞ!」




144 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/21(月) 20:58:46 ID:AxClqlzE


―時は戻り・始まりの街南東部―

勇者「っく! キリがねぇ!」ガキン

機兵「ピピ…機能、テイシ」

機兵「無力化セヨ」ギギ

勇者「うおおぉぉぉお!!」ダッ

機兵「ピピピ」ガキン

勇者「!」

勇者「くそっ」ガキン

機兵「ピ…エネルギー不足、自爆シマス」

勇者「ちっ…」サッ

ドッゴォォン




145 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/21(月) 21:31:41 ID:m4YfHVGk


勇者「ふぅ…」

ヒュンヒュンヒュン

勇者「矢…っ!?」

シュタタタタタタ

勇者「危ね!」

機兵「無力化セヨ無力化セヨ」

勇者「……あれは…階段?」

勇者「ちっ…逃げるんじゃないからな!」

タッタッタッタッ

機械兵「ピピ…」




146 :短いけどラスト 2013/01/21(月) 21:40:31 ID:bYYDBv6w


―始まりの街・王城―

機将「…どうすれば勇者は怒り狂うのか」ジャキン

僧侶「はぁ…っ…く…」ポタ

女「そ、うりょ…さん…」

機将「貴様らを殺せば事足りるのか」

僧侶(せめて魔法が使えたら…)

機将「はたまた凌辱した上で見せつければよいのか」

機将「どう思うかね?」

僧侶「貴方が死ねば…っ……手柄を取られた事に怒る、でしょう…ね」

機将「…なるほど。よく分かった」ジャキン




148 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 16:40:34 ID:fsUZ8lWc


機将「さぁ、後悔しろ」ズバッ

僧侶「っ…」ガキッ

機将「ほう、たかが杖で儂の剣を防ぐか」ガキン

機将「ならばこれでは如何かな? 機械兵、撃て」サッ

機械兵「ピピ、一斉射撃」チャキ

ヒュンヒュンヒュンヒュン

女「ひっ」

僧侶「! 女…さん…っ!」


ズドドドドドドド




149 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 16:50:08 ID:PAs9BsW.


ポタポタ…ポタ…ポタ

女「僧侶…さん…?」

機将「つまらん。奴隷を庇うとは愚かな」

僧侶「…あ」ドシャッ

女「そう、りょさん…っ!」

女「僧侶さん…僧侶さん!!」ポロ

僧侶「に…げて?」ニコッ

女「いや…グスッ…いやです…」ポロポロ

機将「三文芝居は見飽きた」サッ

ヒュンヒュンヒュンヒュン
ズドドドドド




150 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 16:56:32 ID:8dyvG3rc


僧侶「っ…は…」

僧侶「」

女「………え」

機将「逝ったか」

女「い、いやあぁぁぁぁ!!!!」

機将「安心せい。すぐに後を追わせてやる」ジャキ



盗賊「オ゙オ゙オオオォォ!!」

機将「!」

ガッキーン




151 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 17:10:13 ID:tz.3iOwQ


盗賊「フゥ…フゥ…ッ」

女「盗、賊さん…! 僧侶さんが…」

盗賊「ガァッ!」ヒュン

機将「ぬっ…ぐ! 獣化か!」ガキッ

女「盗賊さん…?」

機将「貴様の声など届かぬよ! 知性と引き換えに戦闘能力を倍増させる…獣化。よもや」

盗賊「ガァアアアア!!!」ドスッ

機将「ぐぅ…っ!!」

女「入っ…た?」

盗賊「!?」




152 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 17:22:40 ID:tz.3iOwQ


機将「気付いたか…」

盗賊「グッ…!」

女「機械の…身体…」ゾクッ

機将「おっと、逃がしはせぬ」ガシッ

盗賊「グオオォォォオ!!」

機将「吼えるな犬風情が」

機将「全方位拡散砲」カッ

盗賊「!」

ドッゴォォォォン?




153 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 17:30:59 ID:oQ6LHBso


盗賊「」シュウゥゥ…

女「そんな…」

機将「少し…力を使いすぎたか…」

ボッ
ボボボボボン

機将「! 煙玉っ」



魔法使い「逃げるわよ!」

女「えっ…」

僧侶「」

盗賊「」

魔法使い「…ごめんなさい」ガシッ




154 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 17:40:30 ID:.f.tcWXU


――――
―――
――

―始まりの街・地下―

勇者「はっ…は、はっ…」タッタッタ

勇者「皆どこにいんだよ…」



勇者「っと…」キキィィ

勇者「なんだこの部屋」

勇者「……」ガチャ

魔導師「!?」

魔導師「敵が侵入してきたぞ! 戦闘準備」

勇者「! なるほど…ここで魔力を」

勇者「ついてんじゃねぇか」ニヤ




155 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 17:49:17 ID:BBIvw5pk


―始まりの街・西部―

魔法使い「…あ」

女「どうか…したん、ですか?」

魔法使い(結界が…晴れた)

魔法使い「女ちゃん」

女「? はい…」

魔法使い「これ、お願い」サッ

女「魔力…結晶? でも今は」

魔法使い「もう大丈夫よ。きっとあの人が…」

女「…なぜ私に? 皆で逃げれば」




156 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 17:55:08 ID:Ct9sBIDs


魔法使い「そういう訳にはいかないの。私達はここで決着をつけなきゃ」

魔法使い「だから…」

僧侶「」

盗賊「」

魔法使い「二人をお願い」

女「…わかりました」

女「でも…絶対帰ってきて下さい」

魔法使い「…そうね」

女「…転移」

ヒュン




157 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 18:02:35 ID:agd8jCs6


―始まりの街・王城―

機将「逃がしたか…」

機械兵「ビビ…行動、フノウ」

機械兵「ピ、ピピ…ガー」

機将「ただの煙玉でこうなるとは思えんが…」









勇者「よお」




158 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 19:04:03 ID:Kv.TQOag


機将「…勇者か」

勇者「あぁ。お前が機械軍の将か」

機将「如何にも。そして貴様の仲間を二人葬った敵でもある」

勇者「な…っ…」

機将「くく…悔しいか、憎いか。ならば儂を殺せ」

勇者「こ、んの糞野r

ポン

勇者「っ…」

魔法使い「大丈夫」

勇者「…魔法使い」

魔法使い「大丈夫だから」




159 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 19:21:14 ID:Ct9sBIDs


魔法使い「私達はそう簡単には死なないわ」

勇者「っ…(震えてんじゃねぇか…お前)」

勇者「そう、だな」チャキ

勇者「ふぅ…魔法使い、下がっててくれ」

魔法使い「えぇ」



王「ええい!! まだか機将!」

勇者「っ…王!!!!」

王「いつになったら奴らを捕らえて来るのだ!」

王「隠れているのも飽き飽きじゃぞ!!」ズカズカ




160 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 19:46:30 ID:Ao6ohgsI


王「いい加減に…」ザクッ

機将「ふん…」グリッ

王「かっ…は」プシャッ

魔法使い「…っ」

機将「もう貴様に用はない」

勇者「…お前の主じゃないのか」

機将「先程まではな。所で勇者、この豚が貴様にした事を知らんのか?」

王「ひっ…し、死ぬぅ…ぎっ」

勇者「……」

機将「魔王討伐の名の元に、王城へ連行。契約を違えて教会をも潰した…おや、その顔は既に知っていたと見る」

魔法使い「な、によ…それ…」




161 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 19:50:08 ID:Ao6ohgsI


魔法使い「知ってたの…?」

勇者「…ごめん」

魔法使い「っ……馬鹿。貴方はいつもそう」

魔法使い「いつも自分ばかり背負って自分で解決しようとする」

機将「仲間割れかな? くっくっく…」

魔法使い「この…」

勇者「……」

魔法使い「馬鹿ぁぁあああ!!」バッチーン

勇者「―――へ?」




162 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 20:41:37 ID:23cuT/vg


勇者「な、何すんだよ!」

魔法使い「つい」

勇者「ついで済んだら警備隊は………ってのはもういいか…」

魔法使い「はぁ…」

勇者「……」

魔法使い「もういいわ。説教はまた今度するから」

機将「今度、はないがな。さて…そろそろ終わりにしてもらおうか」ジャキン

王「ぎぎ…かっ……」ガクッ

勇者「……」

機将「行くぞ」ヒュッ




163 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/22(火) 20:56:13 ID:Z4JIo522


勇者「おらっ!」ガキッ

機将「ぐっ…」ギリッ

勇者「へっ、たいした腕じゃねぇな…」

機将「 ほざけ!」ガシッ

勇者「!」

機将「全方位拡s―――

勇者「させるかよ!」バキィィッ

機将「が…(殴った…だと?)」

機将「…だが!」カッ

勇者「ちっ…」

ドッゴォォォン?




164 :今日ラスト 明日で終わるはず 2013/01/22(火) 21:32:33 ID:IH6fbrSQ


機将「くく…跡形もなくなったか…」

勇者「ねーよ」

機将「!」

勇者「くたばれ!」ズシャッ

機将「ぬぐぅっ…がっ!」

勇者「入ったぞ」ニヤ

機将(機動用の回路を切断されたか…)

機将「は…っ……ぐ」

勇者「終わりだな」

機将「…仕方あるまい」




167 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 17:27:24 ID:hn9xXrWM


機将「貴様らを処刑し、その先を望んだが…もうやめだ」チッ…チッ…チッ

機将「自爆行動にうつる」

勇者「! くそっ…」ダッ

機将「無駄だ。始まりの街より数キロは荒野と化すだろう。無論、地下さえもな…くく」

魔法使い「城下の人達も犠牲にするのね」

機将「関係あるまい」

勇者「…そうか」

魔法使い「それなら…どうするかなんて決まりきっているわね」

魔法使い「勇者」

勇者「…あぁ」




168 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 17:31:47 ID:35cUxp7k


魔法使い「私達はずっと一緒に居たわね」

勇者「…間はあったけどな」

魔法使い「また…一緒に遊べるかしら」

勇者「…きっと。いや、もちろんだ」

魔法使い「今までも…これからも一緒に」

勇者「ほら」サッ

魔法使い「…えぇ」ギュッ

機将「まもなく時間だ。吹きとべ!!!」





カッ




169 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 17:41:55 ID:TqOvGCGo


―3年後・とある街―

村民「ほらほらー勇者饅頭買った買ったー!」



忍将「ケッ…ただの饅頭じゃねぇかボロい商売だぜ」

騎将「まぁまぁ。いいじゃないですか平和って事で!」

忍将「関係ねーっつの。元々あいつら一行の誤解をといたのはあたしd―――

騎将「あっ! 向こうに僧侶焼きそばありますよ」

忍将「聞いちゃいねー…この王は」

忍将「全くよぉ…」

忍将「まぁ、悪くねぇか」




170 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 17:47:49 ID:MPPcdSTA


――――
―――
――

―とある村―

女「はぁ…綺麗なお花」

女「……もう三年、か」

女「勇者さん…魔法使いさん…」







「女さーん!! 鍋が吹いてるっけよーー!!」

「ごーはーんー早くー」

女「はーい! 今行きますー!」




171 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 17:55:06 ID:XE3PB01A


――――
―――
――

―とある場所―

「……」



「あら、こんな所にいたの」

「…あぁ。観賞にひたりたくなってよー」

「貴方がねぇ…」

「なんだよ俺だって

「はいはい」

「……変わらんな、お前は」

「貴方もじゃない」




172 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 18:01:46 ID:38SGmeRE


「ずっと聞けてなかった事がある」

「何かしら」

「三年前の事なんだけどさ」

「…なぜ私が転移結晶を持ってたかって? もう話したじゃない」

「そうだっけ?」

「えぇ。とーっくの昔にね」

「なら、いいや」

「…そういえば…私も聞いておく事があったわ」

「? なんだよ」





「このこの子の名前、何にする?」






173 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 18:02:54 ID:38SGmeRE

最初は勇者がガチ魔王になるはずだったんだ…
なんかこうなったけど


それでも読んでくれた人、有難うございました




174 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 18:03:11 ID:Yz0raJnc





175 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 18:05:55 ID:iaU3DYsM

おつおつ




176 :以下、名無しが深夜にお送りします 2013/01/23(水) 18:28:29 ID:5TJRE3rQ

おっつー





引用元
勇者「俺が魔王だ」魔法使い「それじゃ私側近やるから」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1358157950/
[ 2013/01/24 01:00 ] 魔王勇者SS | TB(0) | CM(1)
名無しさん
つまんね そもそもグチャグチャなげーよ
2013年01月30日 07時10分
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。