広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

幼馴染「あんた、いい加減にしなさいよ?」 男の娘「え?」

1 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:40:16 ID:mEjuRZ5I

幼「え?じゃないわよ、マジで!」

男「幼、何怒ってるの?」

幼「その髪、どうしたの?」

男「あ、これ?昨日切ったんだー」

男「夏休み最終日にイメチェン!と思って…」

男「どう?似合ってるかな?」




2 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:40:47 ID:mEjuRZ5I

幼「に…」

男「に?」

幼(似合ってるわよーーーー!)

幼(似合いすぎでしょ!)

幼(これ、どこからどう見ても、女の子でしょ!)

幼「に、似合ってない…」

男「そ、そっか…似合ってないか…」




3 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:41:08 ID:mEjuRZ5I

男「お姉ちゃんに連れられて、初めて行った美容室だったんだけど…」

男「そっか…美容師さん、お世辞言ってたのかぁ…」

幼(あぁ…しょんぼりしてる…)

幼(ざ、罪悪感が半端無い)

幼「…ところで、そのヘアピンは何なの?」

男「あぁ、これ?美容師さんがくれたんだー」

男「前髪はこれで留めた方が絶対良いからーって」




4 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:41:30 ID:mEjuRZ5I

男「でも、似合ってないんじゃ、しょうがないよね」

男「取っちゃおう」

幼「そ…」

男「そ?」

幼「それは、そのままで良い…」

男「そう?じゃ、そのままにしておくね」

幼「だけどその美容室にはもう行かない方が良い」

男「え?どうして?」




5 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:42:06 ID:mEjuRZ5I

幼「ぜ…」

男「ぜ?」

幼(絶対女の子と勘違いされてるからだよ!)

幼(言いたい!めっちゃ言いたい!)

幼(でも、男は女の子に見られてる事に…)

幼(全く気付いてないもんなぁ)

幼(なのに、何でその髪型かなぁ…)




6 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:42:32 ID:mEjuRZ5I

幼(髪留めも、おかしいって気付かないかなぁ…)

男「幼?どうしたの?」

幼「な、何でもない…」

男「僕が髪切っちゃったの、そんなに嫌?」

幼「う…」

幼(ぎゃぁぁぁぁ!目を潤ませながらこっち見んな!)

幼(私が悪い事してるみたいじゃない!)




7 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:43:00 ID:mEjuRZ5I

幼「い、嫌じゃないし!」

幼「髪型も…その、本当は似合ってるわよ!」

男「え?ホントに?」

幼「本当だから!ほら、学校行くよ!」

男「えへへ、良かったー。イメチェン成功って事だよねっ?」

幼「確かにイメージは変わったわね」

幼(より女の子らしくなったって意味でね!)




8 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:43:24 ID:mEjuRZ5I

男「そうっ?えへへーありがとっ!」

幼(17歳男子の顔じゃないわよね、それ!)

幼(ハムスターか!)

幼(庇護欲満載の小動物か!)

幼「と、とにかく!学校行くわよ!」




9 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:43:46 ID:mEjuRZ5I

生徒A「あ、あのー」

男「はい?」

生徒A「と、突然すいませんっ」

生徒A「僕、一年のAと言います」

男「は、はい」

生徒A「あの…一目惚れしました!」

生徒A「ぼ、僕とお付き合いして下さい!」




10 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:45:20 ID:mEjuRZ5I

幼「…」

男「あの…すみません」

男「僕、好きな人が居るんで…ごめんなさい」

生徒A「そ、そうですか…突然すいませんでした…」

幼「…」




11 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:45:56 ID:mEjuRZ5I

幼「良かったの?」

男「え?」

男「まぁ、僕は同性愛も、個人の自由だと思うよ?」

幼「あんた自身はどうなのよ?」

幼「男の子が好きなの?」

男「まさか!普通に女の子が好きだよ」

幼「さっき言ってた好きな人って誰の事?」

男「…言いたくない」




12 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:46:34 ID:mEjuRZ5I

幼「良いでしょ!教えなさいよ!」

男「えへへー。ひみつっ!」

幼(その笑顔と、動作が、どれだけ女の子らしいかを…)

幼(いい加減、解りなさいよっ!)

男「さ、幼。学校行こ?」

幼「…そうね」




13 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:46:58 ID:mEjuRZ5I



男「あれ?下駄箱に手紙が…」

幼「えっ!?」

男「差出人は…書いてないね」

幼「ど、どうするの?」

男「なんの手紙かわかんないけど」

男「後でちゃんと読んでみるよ」




14 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:47:39 ID:mEjuRZ5I



幼「…」

幼(さっきの手紙、読んでる…)

男「…」

幼(難しい顔してる…そんな顔も可愛いけど)

男「…」
ガサガサ
ガタッ




15 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:48:25 ID:mEjuRZ5I

幼「男、どこ行くの?」

男「ちょっとね。朝の手紙の事でね」

幼「ラブレターだった?」

男「うん、ラブレターではあったんだけどね」

男「どうやら入れる靴箱を間違えてたみたいで」

幼「…」




16 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:48:55 ID:mEjuRZ5I



男「そんな訳で、これ、お返しします」

生徒B「そ、そうですか…」

生徒B「すみませんでした…」

男「ちゃんと良いお返事貰えると良いですね!」

生徒B「は、はい…そうですね…」

生徒B「それじゃ、僕はこれで…」
しょぼん


幼(やっぱりあの人も、間違えたんじゃなくて…)




17 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:49:24 ID:mEjuRZ5I



男「え?今日、ウチに?」

幼「そ。お姉ちゃん、居るんでしょ?」

男「うん、大学の夏休みってちょっと長いらしくて」

幼「ちょーっと話しがあるから」

男「うん、解った。お姉ちゃんにメールしておくね」

幼「それじゃ今から…」




18 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:49:47 ID:mEjuRZ5I

女生徒A「あ、あの、お話し中、すみません!」

幼「え?」

女生徒A「ち、ちょっと…あの…」

女生徒B「ほら、A!頑張って!」

女生徒A「い、今、ちょっと、お時間よろしいですか?」

男・幼「…」




19 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:50:11 ID:mEjuRZ5I

女生徒A「あ、あの…?」

幼「え?私?」

女生徒A「そ、そうです!」

幼「な、何かな?えっと…一年生?」

女生徒A「はい!一年のAと言います!」

女生徒A「先輩、ちょっとこっち来てもらえますか?」

幼「こ、ここじゃ駄目なのかな?」

女生徒A「は、はい。他の人には聞かれたくない話しです!」




20 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:50:44 ID:mEjuRZ5I

男「幼、ちゃんと聞いてあげなよ」

男「僕は先に行くね?」

幼「う、うん」

女生徒B「頑張って!A!」

女生徒A「う、うん!」




21 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:51:19 ID:mEjuRZ5I



幼「で?何かな?」

女生徒A「あ、あの…私っ、先輩の事っ」

女生徒A「学校で先生のお手伝いしている姿を見かけて」

女生徒A「何か、良いなぁって…」

幼「…」

女生徒A「もしお付き合いしてる人が居ないなら」

女生徒A「私とお付き合いして貰えないでしょうか?」




22 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:52:02 ID:mEjuRZ5I

幼「あ、あのね…えーっと…」

女生徒A「あの、Aって呼んで下さい!」

幼「それじゃ、Aちゃん」

女生徒A「は、はい!」

幼「基本的な事を聞くけどさ」

女生徒A「はい」

幼「Aちゃんには、私の事、どう見えてる?」

女生徒A「え?どうって…」




23 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:53:25 ID:mEjuRZ5I

女生徒A「凛々しくて、カッコ良い先輩だと思ってます」

幼「凛々しい…カッコ良い…」

女生徒A「私の理想の男子像そのものですっ!」

幼「…あの…ごめんね、Aちゃん」

幼「お付き合いするのは無理」

女生徒A「や、やっぱり、さっき一緒に居た人が彼女さんなんですか?」

幼「色々、違うけど…」

女生徒A「それじゃ、どうして?」




24 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:53:50 ID:mEjuRZ5I

幼「あの…私、こう見えても女なんだよね」

女生徒A「えっ!?」

幼「嘘だと思う?」

女生徒A「だ、だって…スカート…」

幼「ウチの高校、女子もスラックス登校オッケーって知ってた?」

女生徒A「そ、それは知ってます…けど!」

幼「じゃ、ちょっと」
スッ
ピトッ




25 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:54:46 ID:mEjuRZ5I

女生徒A「あっ!」

幼「解ってもらえた?小さけど、一応胸あるでしょ?」

女生徒A「ご、ごめん…なさい…」

女生徒A「私…その…」

幼「いいよ。こっちこそ…ごめんね?」

女生徒A「私こそ…すみません」

幼「Aちゃん、可愛いから、きっと良い人が見つかるよ」

女生徒A「ありがとうございます。それじゃ、し、失礼します…」
しょぼん

幼「…はぁ」




26 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:55:13 ID:mEjuRZ5I



ピンポーン
ガチャ

男「幼、いらっしゃい」

幼「や。お姉ちゃん居る?」

男「うん。自分の部屋に居るよー」

男「さ、どうぞどうぞー」

幼「お邪魔しまーす」




27 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:55:53 ID:mEjuRZ5I

コンコン
男の姉「あーい?」

幼「お姉ちゃん、ちょっとお邪魔しまーす」

姉「幼ちゃん、いらっしゃーい。待ってたよー」

幼「お姉ちゃんに聞きたい事があります!」

姉「何?さっき男からもちょっと言われたけど」

姉「何か用事?何の用事?」




28 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:56:53 ID:mEjuRZ5I

幼「男を美容室に連れて行ったんですよね?」

姉「連れてったよー。私の行きつけの店なんだー」

姉「あ、幼ちゃんも行く?割引券あるよ?」

幼「あの…わざとですよね?アレ」

姉「へぇ?何が?何の事?」

幼「男の事を女子に見えるようにしてる事です!」

姉「髪を切ったのは私じゃないよ?」




29 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:57:31 ID:mEjuRZ5I

幼「でもあれ、どう見ても女の子ですよね?」

姉「いやぁ。性別の事は特に言わなかったけど」

姉「美容師さんに『似合う髪型にして下さい』って言っただけだよー」

幼「男には普通の床屋さんで充分ですよ!」

幼「お姉ちゃん、わざとですよね?」

幼「何も言わなかったから、あんな…可愛い女の子みたいに…」

姉「似合ってるよねぇ、ふふふ」




30 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:58:23 ID:mEjuRZ5I

幼「笑い事じゃないですよ!」

幼「今日も二人に告られてましたよ!」

姉「へぇー、あいつモテるじゃん」

幼「…男子にですよ?」

姉「へぇー、あいつモテるじゃん?」

幼「ニヤニヤしないで下さい!」




31 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:58:47 ID:mEjuRZ5I

幼「男が、その…同性愛に目覚めたらどうするんですか?」

姉「その時は姉として、家族として、どーんと認めて上げるしか!」

幼「こんな時だけ、理解ある姉みたいな感じにならないで下さい!」

幼「男も男で、無自覚だから質悪いです!」

姉「いいじゃん、可愛いものが似合う人に、可愛い格好させる」

姉「別に悪くないじゃん?」




32 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 21:59:31 ID:mEjuRZ5I

幼「いやいやいや。悪いでしょう!」

幼「男にはもっと男らしい格好をさせるべきですよ!」

姉「そんな事言ってもさー」

姉「凛々しい幼ちゃんと、可愛らしい男」

姉「お似合いじゃない?」

幼「…それ、褒めてるんですか?小馬鹿にしてるんですか?」




33 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:00:09 ID:mEjuRZ5I

姉「ははは。どっちもに決まってるじゃん」

姉「可愛い妹分と、可愛い弟の事なんだからさ」

姉「もう告白とかした?あ、キスとかした?」

幼「何でちょっと言い直したんですか!」

幼「どっちもまだです!」

姉「でも幼ちゃん、男の事が好きなんでしょ?」

幼「ま、まぁ…そうですけど…」




34 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:00:45 ID:mEjuRZ5I

姉「幼ちゃんさぁ、逆に髪伸ばしてみれば?」

幼「気にはしてるんですけど…」

幼「首筋に髪がかかるのが、気になっちゃって」

姉「スラックスも止めて、スカートにしなよ」

幼「…」

姉「今のままだと、ずっと男の子に見えるよ?」




35 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:01:40 ID:mEjuRZ5I

幼「実は今日、下級生に告白されました…」

姉「…相手は男子?」

幼「いいえ…」

姉「だよねぇ。幼ちゃん、凛々しいもんねぇ」

姉「私がプロデュースしてあげようか?」

幼「い、いいえ…私は…」

姉「素材は良いんだからさー」




36 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:02:03 ID:mEjuRZ5I

幼「私はこのままで良いです…」

姉「ま、気が向いたら相談に乗るからさ」

幼「その時は…お願いします」

幼「て、言うか!忘れる所だった!」

幼「これ以上、男の女子力を高めないで下さい!」

姉「あはは。それはあいつ次第だよー」




37 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:02:23 ID:mEjuRZ5I



演劇部部長「幼ちゃん!ちょっとお話しがあるんだけど」

幼「何ですか、部長。久しぶりですね?」

演劇部部長「文化祭にね、演劇部はもちろん演劇をやるんだけども」

幼「そうでしょうね」

演劇部部長「幼ちゃんにお願いがあるのよ」

幼「何ですか?出来る事なら手伝いますよ?」

演劇部部長「良かった!幼ちゃんにしか出来ない事なのよ」

幼「はぁ…」




38 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:03:00 ID:mEjuRZ5I



幼「部長、マジですか、これ?」

演劇部部長「マジよ!衣装ピッタリね!」

幼「…あの、やっぱり無理そうなんですけど」

演劇部部長「あなたなら出来る!て言うか、あなたしか居ない!」

幼「私、部員でもないのに、主役なんて…」

演劇部部長「あと一ヶ月ある!演劇部が全力でバックアップする!」

演劇部部長「だからお願いっ!」

幼「…はい」




39 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:03:23 ID:mEjuRZ5I



演劇部部長「そうすれば、わたくしもこの場限りで」

演劇部部長「キャピュレットの名を捨ててみせますわ」

幼「…黙って、もっと聞いていようか、それとも声を掛けたものか?」

演劇部部長「わたくしにとって敵なのは、あなたの名前だけ」

演劇部部長「たとえモンタギュー家の人でいらっしゃらなくても、あなたはあなたのままよ」

幼「…」




40 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:03:48 ID:mEjuRZ5I



幼「あの…部長」

演劇部部長「幼ちゃん、お疲れー。やっぱり私の目に狂いは無かった!」

演劇部部長「これなら、絶対本番に間に合うよ!」

幼「いや、あの…」

幼「これ、配役逆じゃ駄目ですか?」

演劇部部長「え?何言ってるの?」




41 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:04:32 ID:mEjuRZ5I

幼「私、やるならジュリエットが良いんですけど…」

幼「何故ロミオ?」

演劇部部長「幼ちゃん。あなたが紛れもない女性だって事は」

演劇部部長「重々承知してるわよ?」

演劇部部長「でもね…」

演劇部部長「凛々しいロミオ役にぴったりなのは、幼ちゃんしか居ない!」

演劇部部長「演劇部で投票を行った結果なのよ」




42 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:05:01 ID:mEjuRZ5I

幼「…でも」

演劇部部長「大丈夫!あなたなら出来る!」

幼「…解りました、頑張ります…」

幼(何で私が男役なのよ…)

幼(演劇部、男子部員も沢山居るのに!)




43 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:05:32 ID:mEjuRZ5I



幼「ごめん、男。今日も一緒に帰れないんだ」

男「そうなんだ…」

男「実は僕も文化祭の準備で、ちょっと残るんだ」

幼「そ。じゃ、お互い頑張りましょう」

男「そうだね。それじゃ、幼、頑張ってね!」




44 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:06:08 ID:mEjuRZ5I



幼「君を…一人で死神の所へ行かせはしない!」

幼「この身が朽ち果てるとも、二度と君を離しはしない!」

幼「…」

演劇部部長「オッケー!バッチリよ、幼ちゃん!」

幼「はぁ…台詞は何とか覚えましたけど…」

幼「通し稽古、してませんよね?大丈夫なんですか?」

演劇部部長「大丈夫!あなたの事、信じてるから!」

幼(明日本番なのに…大丈夫なのかな…)




45 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:06:42 ID:mEjuRZ5I



文化祭当日

幼友「幼、頑張ってね!ちゃんと見てるからね!」

幼「あ、あはは…頑張ってくるよ…」

幼「クラスの出し物、ほとんど手伝えなくてゴメンね」

幼友「全然気にしなくて良いよ」

幼友「こっちの喫茶店は…何て言うか、テキトーだからさ」

幼「あはは…そう言えば、男は?」




46 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:07:08 ID:mEjuRZ5I

幼「ウェイトレスの格好でもさせられてるかと思ったけど…」

幼友「あ、男君も他の部活の出し物にスカウトされたらしいよ」

幼友「幼、聞いてないの?」

幼「え?マジで?全然聞いてないけど…」

幼「ここ2週間くらいは会話も無かったような気がする…」




47 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:07:33 ID:mEjuRZ5I

幼友「まぁ、幼は劇の稽古忙しかったもんね」

幼友「でも別に喧嘩した訳じゃないんでしょ?」

幼「う、うん」

幼友「教室に来たら、ロミオとジュリエット観に行くように伝えておくよ」

幼「ありがと、幼友。それじゃ私そろそろ行くね!」

幼友「頑張ってー!」




48 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:07:59 ID:mEjuRZ5I



幼「あれ?部長、着替えないんですか?」

演劇部部長「あ、あぁ…大丈夫大丈夫」

幼「でも、もう本番始まりますよ?」

演劇部部長「幼ちゃん、最後に一つだけ、アドバイス」

幼「はぁ…」




49 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:08:55 ID:mEjuRZ5I

演劇部部長「もし本番中、頭が真っ白になったら」

演劇部部長「客席の最前列、右側を見なさい!」

幼「はぁ…」

演劇部部長「さぁ!皆、本番行くよ!」

演劇部員「おー!」

幼「お、おー!」

幼(あれ?ジュリエットは?)




50 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:09:15 ID:mEjuRZ5I



幼「ジュリエット!君を…一人で死神の所へ行かせはしない!」

幼「この身が朽ち果てるとも、二度と君を離しはしない!」
ゴクッ
バタッ
幼「…」




51 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:09:36 ID:mEjuRZ5I

男「あぁ、ロミオ…何故私の分の毒を残しておいてくれなかったの…」

男「待っていて…この剣が私をあなたの元へ連れて行ってくれる…」
サッ
バタッ
男「…」





52 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:10:20 ID:mEjuRZ5I



演劇部部長「いやぁ、私の見立てに間違いは無かったね!」

演劇部A「本当に!二人とも最高だったよ!」

演劇部B「スタンディングオベーションだったもんね!」

幼「あー。これは皆さんの頑張りがあったからだと…」

演劇部C「謙遜しなくても良いんだよ、幼?」

幼「あー、そうは言っても…」




53 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:10:48 ID:mEjuRZ5I

演劇部部長「いいや!これは主演の二人の魅力による物だよ!」

演劇部部長「また来年もお願いしたいくらいだよ!」

演劇部部長「本当にありがとう、二人とも」

幼「部長…ちょっと聞きたいんですけど」

幼「何で、相手がこいつだって黙ってたんですか?」

演劇部部長「ナイスサプライズだったでしょ?」




54 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:11:11 ID:mEjuRZ5I

男「いやあ、まさか幼がロミオ役だったとはねー」

男「びっくりして、一瞬台詞が全部飛んじゃったよ。えへへ」

幼「奇遇ね。私もよ」

男「でも、部長さんの粋な計らいで、ちゃんとカンペもあったし」

男「上手くいって良かったよねっ?」

幼(またそんな…満面の笑顔を…)




55 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:11:39 ID:mEjuRZ5I

演劇部部長「さ、演劇部員は撤収作業!」

演劇部部長「二人は部室で着替えてきて」

演劇部部長「着替えたら、そのまま自分のクラスに戻って良いよ」

演劇部部長「すぐ後夜祭始まっちゃうだろうし」

演劇部部長「打ち上げは、後日盛大にやるからね!」

男・幼「はい」




56 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:12:00 ID:mEjuRZ5I



幼「あんたさぁ、どこで練習してたの?」

男「僕は部員の人たちと、3年の教室で練習してたんだけど」

男「幼は?」

幼「私は演劇部の部室よ」

男「そうだったんだー」




57 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:12:36 ID:mEjuRZ5I

幼「あんたはその格好に抵抗とか無いの?」

男「ん?」

幼(くっ…ムカつくくらい可愛いわねっ)

男「最初はびっくりしたけど…」

男「お世話になってる部長さんの頼みだからね」

男「断れなかったよ。えへへ」

ザワザワ




58 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:13:02 ID:mEjuRZ5I

幼「な、何か視線を感じるわね…」

男「ぼ、僕たち見られてる…よね?」

幼「ちょっと急ぎましょうか」

男「幼、転ばないようにね」

幼「そっちこそね」

男「大丈夫だいじょ…」
グイッ
バタン




59 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:13:32 ID:mEjuRZ5I

幼「ちょ、ちょっと!大丈夫?」
スッ

男「あいててて…だ、大丈夫…」

「何、あれ?どこの出し物?」

「あの二人、さっきまで体育館でロミオとジュリエットやってた…」

「私も見たー。超良かったよねー」

「あのロミオ役の人、超凛々しい…」

「ジュリエット、超可愛い」

「ロミオがジュリエットを抱き起こしてるの、絵になるねー」
カシャッ

「何何?こんな所で、芝居?宣伝?」
カシャッ




60 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:14:23 ID:mEjuRZ5I

幼「男、早く立って!」

男「ちょ、ちょっと待って…足が…」

幼「ええい!もうっ!」
ガバッ

「きゃー!お姫様抱っこ!」
カシャッ

「あのロミオ役の人、演劇部の人かな?」

「超カッコ良い!」
カシャッ

「ジュリエットの人も、お姫様みたい…可愛い!」

幼「しっかり掴まってなさいよ!」

男「えっ?」
ダダダダダッ




61 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:15:00 ID:mEjuRZ5I



幼「ふぅ…」

男「ご、ごめんね、幼」

男「抱っこなんかさせちゃって」

幼「気にしないでよ」

幼「あのまま、あそこに居たら、どうなってたか…」

幼「それにしてもあんた軽いわね…」




62 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:15:30 ID:mEjuRZ5I

幼「体重どれくらいなの?」

男「今は…42キロくらい?」

幼「…」

男「ん?」

幼「なんでもない!今の話しはもう終わり!」

幼「着替えて、クラスに戻ろう!」

男「あ、うん。じゃ、僕こっちで着替えるね」
シャッ




63 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:15:52 ID:mEjuRZ5I

男「何か注目されちゃったね」

幼「そうね…悪い目立ち方しちゃったね」

男「僕の事、女の子だと思ってる人も居たみたいねー」

幼「…」

幼「ねえ、男」

男「なぁに?」

幼「あんた鏡で自分の顔、見た?」




64 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:16:21 ID:mEjuRZ5I

男「え?メイクしてもらってからは見てないけど…」

幼「ちょっとそこの姿見の前に立ちなさいよ」

男「え?何で?」

幼「良いから!」

スッ

男「わぁ…メイクの力って凄いねぇ」

幼「…」




65 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:17:01 ID:mEjuRZ5I

男「男の僕が、まるで女の子みたいに見えるんだもん」

男「特殊メイクってやつ?ふふっ」

幼「…」

男「幼もカッコ良いよね」

幼「あんたのメイクって、時間かかったの?」

男「時間は大してかからなかったよ」

男「さすが演劇部だよね。パッパっと済んじゃったよ」

幼「…」




66 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:17:31 ID:mEjuRZ5I

男「な、何?」

幼(それはほとんどメイクしてないからでしょうよ)

幼「…こうして鏡で見ると、よく解るわよね」

幼「私は身長が高くて、男子っぽい顔立ち」

幼「あんたは、身長低くて、女子っぽい顔立ち」

幼「そう思わない?」




67 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:18:20 ID:mEjuRZ5I

男「僕は女の子っぽくないよ?」

男「これはメイクのお陰で…」
バシッ
男「痛っ。何で叩くの?」

幼「…そう思ってるのはあんただけよ」

男「全校生徒が、素のあんたの事、可愛いと思ってるわよ!」

男「そ、それは無いよー」

男「それに、幼の方が可愛いよ?」




68 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:18:41 ID:mEjuRZ5I

幼「私は凛々しい男子生徒に見られてるわよ!」

男「そんな事無いと思うけどなぁ」
バシッ
男「い、痛いよ、幼」

幼「もういい加減認めなさいよ」

幼「自分が可愛いって事」

男「…」




69 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:19:06 ID:mEjuRZ5I

幼「私も認めるからさ」

男「んー…そうかなぁ」

幼「あのさ、男」

男「んー?」

幼「私、今から大事な事言うからね?」

男「え?な、何?」




70 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:19:25 ID:mEjuRZ5I

幼「私ね、男の事が好きなの」

男「え?」

幼「もうね…」

幼「好きな男の子が、周囲に女の子として見られるのを」

幼「傍で見てるの、嫌なの!」

幼「いつか、男が同性愛に目覚めて」

幼「本当にどこか遠い所に行っちゃうんじゃないかって」

男「幼…」




71 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:20:01 ID:mEjuRZ5I

幼「男は…その…私の事、どう思ってるの?」

男「僕も…僕も幼の事、好きだよ」

男「他の人にどう見えようが、関係無くて…」

男「幼の事、女の子として、好きだよ」

幼「本当に?」

男「僕だって、健全な男子高校生として」

男「彼女欲しいなぁって思ってて」

男「それが幼だったら、凄く嬉しいなぁって」

男「ずっと思ってたよ」




72 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:20:26 ID:mEjuRZ5I

男「お姉ちゃんが僕の事をからかって」

男「女の子っぽい格好させたがってるのは解ってるんだけどね」

男「僕、別に嫌じゃないんだ」

男「自分が可愛いとは思わないけど」

男「可愛い洋服は好きだしね」

男「だからジュリエットの役も引き受けたんだー」

男「でも、幼が嫌だって言うなら、もう止めるよ」

幼「男…」




73 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:20:48 ID:mEjuRZ5I

男「でも、良いの?こんなちんちくりんな男で」

男「幼なら、他にもっとカッコ良い男の人と」

男「お付き合い出来るんじゃない?」

幼「あのね、男」

幼「…私が何年あんたの幼馴染やってると思ってるの?」

幼「外見や仕草だけじゃない」

幼「私は…優しい男の事が好きなのよ!」




74 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:22:22 ID:mEjuRZ5I

男「僕も幼の事、大好きだよっ」

幼「男…嬉しいよ…」

男・幼「…」

幼「ね、キス…しようか?」

男「…う、うん」

男・幼「…」



ガラッ




75 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:23:04 ID:mEjuRZ5I

演劇部部長「あ、良かったー!」

演劇部部長「二人とも、着替える前で!」

演劇部部長「…ん?どうしたの二人とも」

演劇部部長「なんでそんな目で私を見るの?」

演劇部部長「あ、それは良いや」

演劇部部長「二人とも、そのまま!衣装もメイクもそのままで!」

演劇部部長「…だから、何でそんな目で見るの?」




76 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:23:26 ID:mEjuRZ5I



後夜祭

司会「それでは、今回の文化祭のベストカップルを!」

司会「盛大な拍手で迎えて下さいっ!」

パチパチパチパチ

男・幼「…」




77 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:23:58 ID:mEjuRZ5I

司会「えー、今回の来場者アンケートでぶっちぎりの一位」

司会「演劇部のロミオとジュリエットで主役を務めた、この二人!」

司会「全校生徒の投票でも、ダントツ一位でした!」

司会「それではお二人から、一言ずつ頂きたいと思います!」

男「あ、あの…選んで貰って光栄です!あ、ありがとうございます!」
パチパチパチ

司会「可愛いですねっ!ジュリエット!」




78 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:24:22 ID:mEjuRZ5I

司会「次にロミオさん、一言どうぞ!」

幼「…」

司会「あの…ロミオさん?」

幼「あー。丁度良い機会だから、ここでぶっちゃけちゃいますよー」
ザワザワザワ

司会「え?何をですか?」




79 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:25:09 ID:mEjuRZ5I

幼「みなさーん!私は女子で、こっちの男は男子です!」
ザワザワザワ

幼「で!つい先ほど、私たち付き合う事になりました!」

ガシッ

男「ふえっ?」

幼「男っ!覚悟は出来てるよね?返事は待たないよっ!」



チュッ




80 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:25:32 ID:mEjuRZ5I



姉「…で?全校生徒の前でキスしたって?」

幼「そうです」

姉「幼ちゃんさぁ」

幼「何ですか?」

姉「そう言う所、男前だねぇ」

幼「ニヤニヤしないで下さい!」




81 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:25:56 ID:mEjuRZ5I

姉「で?頼みたい事って何?」

幼「前に言ってたじゃないですか」

姉「私何言ったっけ?」

幼「その…女の子らしい格好をプロデュースしてくれるって」

姉「んー?言ったっけ?」

幼「…言いましたよ」

姉「思い出せないけど、ま、良いや」




82 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:26:31 ID:mEjuRZ5I

姉「でも、何で突然そんな事を?」

幼「今度の日曜、男とデートする事にしたんですけど…」

幼「いつものジーンズじゃなくて…」

幼「女の子らしい格好で、行きたいなぁと思って…」

姉「フフフ。幼ちゃん、乙女の顔になってるね~」

幼「私、その…どう言う格好して良いのか解んなくて…」

姉「よし!解った!引き受けた!」




83 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:26:51 ID:mEjuRZ5I

幼「あ、ありがとう、お姉ちゃん!」

姉「引き受ける代わりに条件が一つ!」

幼「な、何?」

姉「今回のデート…全て私にプロデュースさせて!」

幼「え?全て?」

姉「あんたらの服装から、行き先まで全部!」

幼「う…それは…」




84 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:27:25 ID:mEjuRZ5I

姉「どうせ、あんたら、デートもノープランなんでしょ?」

幼「まぁ…そう言う事、経験無いもんで…」

姉「じゃあ、経験豊富な、私に全部任せなさい!」

幼「若干不安なんですけど…」

姉「男には私から話しておくからさ」

姉「この私に、全てお任せあれ!」




85 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:27:49 ID:mEjuRZ5I



幼「あんた、いい加減にしなさいよ?」

男「え?」

幼「その格好の説明を求めたいんだけど、どう?」

男「幼がお姉ちゃんに頼んだんでしょ?」

男「今日のこの格好、幼の了承済みって言われたんだけど…」

男「お、幼、スカート似合ってるね」

幼「そ、そう?お姉ちゃんから借りたんだけど…」

男・幼「…」




86 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:28:10 ID:mEjuRZ5I

「あそこの二人、すげー可愛いな」

「お前、声かけてこいよ」

「長身の方、モデルか何かかな?」

「小さい方もモデルじゃねーの?」

「すげー良いな!」

「だな!」




87 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:28:41 ID:mEjuRZ5I

幼「違う!何か違う!」

男「た、確かに…これはちょっと違うかな?」

幼「私がスカート履くのは解る!」

幼「でも、何で男までスカート履いてるの?」

男「僕だって解んないよ…」

男「ミニスカートって初めてだし…」

男「スパッツも初めて履いたし…」

幼「…」




88 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:29:11 ID:mEjuRZ5I

幼「丸出しじゃないか!」

男「え?な、何が?僕、何か見えてる?」

幼「これじゃ、私が男子に見えないだけで…」

幼「姉妹感、丸出しじゃないか!」

幼「スール的な意味で!」

幼「しかも、なんなのよ、このデートプラン!」

幼「何で初デートで下着買いに行かなきゃなんないのよ!」




89 : ◆L0dG93FE2w 2012/12/20(木) 22:29:59 ID:mEjuRZ5I

男「え?幼がお姉ちゃんと相談して決めたんでしょ?」

幼「相談なんてしてないわよ!」

幼「100パーセント、お姉ちゃんプロデュースよ!」

男「そ、そうなんだ?僕はてっきり…」

幼「もうっ!取り敢えず近くの服屋に入るわよ!」

男「え?」

幼「まずは男を男の子らしい格好にする所から!」

幼「行くよっ!男っ!」

男「う、うん!」




姉「フフフ…全て計画通り…さて、次の一手は…」




おわり




93 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 23:17:00 ID:mpqvfYn6


面白かったです




94 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/20(木) 23:21:11 ID:P0wqLKrU

面白かった乙!




95 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 00:03:15 ID:7LFlOCIc

おつです




96 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 08:04:58 ID:JYjyNQP.


男前な幼馴染かわええ




97 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/12/21(金) 14:18:16 ID:JajYOLKI

最高だった!





引用元
幼馴染「あんた、いい加減にしなさいよ?」 男の娘「え?」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1356007216/
[ 2012/12/22 12:00 ] 幼馴染SS | TB(0) | CM(1)
名無しさん
うむ、よかった。
2013年08月14日 21時57分
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。