広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「富士山登る」 女「えっ」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/04(日) 22:34:27 ID:mDR4FNbo

男「頂上で叫びたいな」

女「さいですか」

男「明日から秋休みだし、思い立ったらすぐ行動だ」

女「私も行く」

男「これは男の旅だぜ。女子供は引っ込んでな」

女「あんた私より体力ないじゃない」

男「」

女「学校終わったら早速支度するわよ」




2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/04(日) 22:38:59 ID:mDR4FNbo

男「……ってなわけで学校が終わったわけだが」

男「ここマ○エツやん」

女「お菓子は300円までな」

男「あのさぁ……」

女「ん?どうしたし」

男「山登るんだよ?なめてるの?山をなめてるの?」

女「あ、ポテチ持っていこ」




3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/04(日) 22:41:46 ID:mDR4FNbo

男「聞いちゃいないよ!ポニーの耳にイーストの風だよ!」

女「ポニーって仔馬だろ」

男「なぜそこだけ聞いてるし……」

女「ほらあなたもさっさと飲食するもの買いなさいな。大量に買い込まないと死ぬよ?山なめんなよ?」

男「今日のお前が言うなスレはここですか」

女「だって山に登る装備なんて持ってるもん」

男「それ早く言えし」




6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/04(日) 22:45:49 ID:mDR4FNbo

馬耳東風と言いたいのであってるかと…
そんなことより来てくれてありがとうさぎ

~次の日~


女「……はい到着」

男「到着ってここ鋸山じゃないですか」

女「いきなり富士山登ったら私ら死んじゃうよ?山舐めてるの?」

男「……もう何も言うまい」

女「よろしい。物分かりのいい坊やは好きよ」

男「僕たち同じ高2ですよ?」

女「私のほうが誕生日先だもん」

男「小学生の考えですよそれ」

女「じゃかしいわ。ほれ。さっさと登るぞ」

男「あーい」




7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/04(日) 22:48:05 ID:mDR4FNbo

女「わーい頂上だー。やっほーー」

男「ゼヒー…ゼヒー…」

女「だらし無いわね…こんなんじゃ富士山なんか登れないわよ?」

男「!! それは嫌だ!」

女「命は投げ捨てるものじゃないわよ?」

男「で、でも…」

女「もうすこし大人になったら富士山登ればいいじゃない。それまでに体力つけなさいな」

男「…うん」

女「それにこうやって度々小さな山に登って練習すればいいじゃない。私も一緒に登るから」

男「え?」

女「え? じゃないわよ。私もあなたと一緒に富士山登るんだから鍛えなきゃね」




8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/04(日) 22:51:08 ID:mDR4FNbo

男「一緒に?」

女「ええ」

男「それはいかにして?」

女「あなたが好きだと言ってるのよ」

男「」

女「で?私は返事待ちなんですが?私のこと嫌い?」

男「そ、それは…」

男「嫌いだったら喋らないし」

女「ほう」

男「好きじゃなければこうやって一緒に山なんか登らないよ」




9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/04(日) 22:52:31 ID:mDR4FNbo

女「煮え切らないわね…」

男「だから!君のこと僕も好きだって言ってるの!!」

女「いやん。承諾いただいちゃったわ」

男「よーし!こうなったら君の事守れるガチムチのイイ男になってやるぞー!」

女「え、少し女々しい感じがするあなたが私好きなんだけど」

男「」




10 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/04(日) 22:55:23 ID:mDR4FNbo

男「今ッ!二十歳になってッ!富士山に登るぞー!」

女「ちゃんと私を守ってね」

男「この体が朽ちようと!命に代えてでも!」

女「男らしい事言っちゃって」

男「惚れ直した?ねぇねぇ惚れ直した?」

女「いいえ」

男「ショッキングダゼベイビー…」

女「何を言ってるの?もうとっくにあなたへの惚れ値なんてカンストしてるわよ//」

男「やだ照れてる君すごく可愛い」




11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/04(日) 22:58:08 ID:mDR4FNbo

女「じゃあちゃんと守ってね?」

男「了解!!」

女「ふふっ。元気で大変よろしいわ。将来の子供が楽しみね」

男「いきなりあなたは何を言っているんですか」

女「あら。将来結婚したいランキング1位のあなたに対して当たり前の発言だと思うんだけど?」

男「oh…」

男「ちなみに2位以降は?」

女「あ?2位以降?ねぇよそんなもん」




12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/04(日) 23:00:57 ID:mDR4FNbo

男「やだ一途な君も凄く可愛い」

女「頂上まで登って無事降りてこれたら…ね?」

男「俄然やる気が出てきた」




女「…で無事に頂上に着いたわけだが」

男「ゼヒー…ゼヒー…」

女「なにこれデジャブ」

男「め…面目ない…」

女「これじゃ夜が不安ね…」




13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/04(日) 23:06:06 ID:mDR4FNbo

男「ふっふっふっ…夜の男は獣となるのだよ」

女「あなたが獣に?…チワワ?」

男「チワワは獣じゃないよ…」

女「ふふっ…やっぱりあなたといると楽しいわね」

男「そ、そう?」

女「ええ。これからも末長くよろしくお願いします」

男「こちらこそ。頼りない僕ですが」

女「本当ね」

男「」

    END




15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/04(日) 23:24:15 ID:O./Qtjd2

乙でした




16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/11/05(月) 09:54:12 ID:fKMrVRuM






引用元
男「富士山登る」 女「えっ」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1352036067/
[ 2012/12/05 19:30 ] 男女SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。