広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

父「息子の部屋に男同士のビデオがあった」

22 :>>21 2012/10/06(土) 00:54:16 ID:dhPi0JJI


父「おい」

男「んあ?何だよ」

父「これは何だ」

男「これって……」

父「これだ」

男「………」

父「何か言うことは」

男「………(友が押し付けてきたAVじゃねーか…)」

父「おい…聞いているのか」

男「聞いてます」




23 :>>21 2012/10/06(土) 00:55:28 ID:dhPi0JJI


父「いかがわしいビデオのひとつやふたつ、男なら誰でも持っているだろう」

男「はい」

父「問題は中身だ」

男「…見た?」

父「見るわけがないだろう!!よりによって『男の娘なパパ』だぞ!!」

男「ですよね」

父「説明しなさい」

男「えっ」

父「説明しなさい」

男「いや何を」




24 :>>21 2012/10/06(土) 00:57:10 ID:dhPi0JJI


父「これは父と息子モノのアダルトビデオだな」

男「そうだけど、でも」

父「しかも父親は女性のような雰囲気を持ち、組み敷かれる側だな」

男「そうだけど、でも」

父「お前が誰を愛そうが構わん。それが男でもだ」

男「いやだからさ」

父「しかしこういうのは感心しかね、」

男「聞けよ!!」




25 :>>21 2012/10/06(土) 00:58:23 ID:dhPi0JJI


父「何だ」

男「それは俺の友達が押し付けてきたものだ」

父「……何だと?」

男「友って知ってるだろ?あいつの趣味なんだよ」

父「………」

男「お前も見れば良さが分かるとか言って押し付けてきやがったんだ。断じてそっちの趣味はない」

父「そうなのか…」

男「ったく、ものすごい剣幕で何を言い出すかと思えば」




27 :>>21重複すまん 2012/10/06(土) 01:02:49 ID:dhPi0JJI


父「私にも身を守る権利があるからな」

男「あのなあ」

父「おまけにこんなものまで見つかるし」

男「それ…『中出し義母レイプ』じゃねーか。それも友のだよ」

父「お前が親に対してそういう倒錯した感情を持っているのかと思ったんだ」

男「倒錯してんのは友だよ」

父「…お前の弟もいい年頃のわりには純粋だしな」

男「親父俺のこと何だと思ってんの?」

父「お前の性癖で家族が危ない」

男「だから友だよ」




28 :>>21 2012/10/06(土) 01:04:17 ID:dhPi0JJI


父「ふむ…お前はもう少し人を見る目を養った方が良さそうだな」

男「奇遇だな、俺もそう思ってたところだ」

父「人付き合いは上手くやるに越したことはない」

男「俺は親父と上手くやっていけるか不安だよ…」

父「失礼だな」

男「つーかさ、親父は堅物極まりない見た目に中身で男の娘とは程遠いじゃん」

父「む」

男「何でまさかとか思っちゃうわけ?」




29 :>>21 2012/10/06(土) 01:05:46 ID:dhPi0JJI


父「最悪の事態には備えねばな」

男「ないない」

父「……母さんにも手を出すなよ」

男「出すか!!実の母親だぞ!!」

父「分からんから言っているんだ!!そもそもお前がこんなものを!!」

男「だから友のだって言ってんだろ!!聞けよ!!」

父「……とにかく」

男「何だよ」




30 :>>21 2012/10/06(土) 01:06:48 ID:dhPi0JJI


父「そのビデオは明日友君に返して来なさい」

男「言われなくてもそうする」

父「出来れば血の繋がっていない、年頃の女の子と付き合いなさい」

男「何だよこの会話」

父「不安要素があるから言っているんだ」

男「全部親父の早とちりだけどな」

父「分かったか」

男「はいはい」




31 :>>21 2012/10/06(土) 01:08:56 ID:dhPi0JJI


父「友君にも今度一言言って…いや、他所の家のことに口出しは…」

男「あいつはいっぺん締められた方がいいと思うけどな」

父「まあお前が倒錯した趣味を持っていなくてよかった」

男「ねーよ」

父「いや、いつ間違いが起こるかは分からないからな」

男「鏡見たら現実がうつるぞ」

父「……だが男」

男「ん?」




32 :>>21 2012/10/06(土) 01:09:45 ID:dhPi0JJI







父「どうしてもと言うのなら、私は受け入れる用意は出来ているからな」

男「おい何で満更でもなさそうなんだよ親父」

END




34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/10/06(土) 03:08:42 ID:yNpey7WY

ほのぼのしたわ乙





引用元
【オリジナル】SS深夜秋の短編祭【部門1】
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1349449315/
[ 2012/10/23 22:00 ] 男男SS | TB(0) | CM(4)
名無しさん
僕のぴこシリーズはセーフだろ
2012年10月23日 23時46分
名無しさん
腐女子だな、こういうのって
まず「友」なんて書き方しないもの男ならば
2012年11月02日 14時51分
名無しさん
おええええええええええええええええええ
2012年11月10日 19時17分
名無し
お父さんワロスwwww

2013年09月03日 00時33分
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。