広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女「久しぶりに男んちに寄っていくか」

2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 20:52:25.19 ID:+6KGMf8m0

女「よぉー、元気ですかぁ~、って相変わらずベッドに寄生してますねぇ」ガチャ

男「わあ、ちょうどいい、[田島「チ○コ破裂するっ!」]手伝ってくれ」

女「…」ガチャ

男「出ていくなよ」



引用元
女「久しぶりに男んちに寄っていくか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1319284296/
3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 20:54:48.69 ID:+6KGMf8m0

女「よくそんなこと恥ずかしげもなく言えるもんだ」ガチャ

男「暇で暇で、腐りそうなんだよぉ」

女「講義は?」クツヌギヌギ

男「今日は無い」

女「うらやましい」

男「ばかやろぉ、これじゃあニートだよ」

女「バイトもしてないんだもんね…上着掛けていい?」

男「いいよ。…親が泣いている、不甲斐ない」

女「クズ」

男「…」

女「まあ、負い目を感じているから、まだましね」

男「いつかは、親孝行できるさ」

女「バイトしろ」

男「いまは思索の時さ」

女「文系男子のいいわけ出たぁ。カワイイ~、けど駄目ニンゲン」

男「…」

女「…」



4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 20:56:43.00 ID:+6KGMf8m0

男「ベッドに座っていいよ」

女「あらっ、今までは床っぺたに私を座らせていたのに」

男「今人が恋しい」

女「それどういうこと」

男「あなたがそばにいてほしい」

女「ふふ、へんなこといいなさんな」ペシ

男「いてえ。おでこが」

女「じゃ、お言葉に甘えて…、んしょっと」プウ

男「…」

女「…」

男「くせえなぁ」

女「…」バシィィ

男「痛い。心も」

女「痛いのはこっちだよ」



5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:00:31.15 ID:+6KGMf8m0

男「腹張ってんのか」

女「なによぉ」

男「便秘気味か」

女「私は快便ですよぉ」

男「付き合い初めのころはこんなこと言うとは思わなかったな」

女「私だって、あんたがトランクスとTシャツ一丁で、しかもハミキンでゴロゴロするような男だとはおもいませんでした」

男「えっ、わっ、気づかんかった」

女「…」

男「泣きてぇな」



6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:02:20.47 ID:+6KGMf8m0

男「腹張ってんのか」

女「なによぉ」

男「便秘気味か」

女「私は快便ですよぉ」

男「付き合い初めのころはこんなこと言うとは思わなかったな」

女「私だって、あんたがトランクスとTシャツ一丁で、しかもハミキンでゴロゴロするような男だとはおもいませんでした」

男「えっ、わっ、気づかんかった」

女「…」

男「泣きてぇな」



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:05:25.28 ID:+6KGMf8m0

女「…」

男「…」

女「…ふあ」ノビノビ

男「…」

女「…」

男「…」

女「…どうかな」

男「何が」

女「髪型」

男「…気づかなかった」

女「…ぐす」

男「可愛いよ。ショートボブ」

女「…ありがと」ニコ



12:.>>7の続きから:2011/10/22(土) 21:13:52.87 ID:+6KGMf8m0

男「どうかな」

女「何が」

男「俺」ニカ

女「馬鹿」

男「ごめん」



13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:15:08.73 ID:+6KGMf8m0

女「…」

男「…お前、ノーブラだろ」

女「…」

男「セーター越しから、わかるぜ」

女「…」

男「…」

女「静かだねぇ…」

男「…ああ」



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:16:48.34 ID:+6KGMf8m0

女「こんな晩秋の日長にはのんびりと…いろんなことしたいねぇ」

男「本読もう」

女「今何読んでるの?」

男「今は…、ラノベ」

女「純文学一筋だったあなたが、意外」

男「講義でさんざん読んだからな、アレルギーおこしそうなんだよ」

女「なんのラノベ読んでるの?」

男「とあるとか、…あーこれしか読んでねえや」

女「嗜む程度ね」



15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:17:47.92 ID:+6KGMf8m0

男「ま、アレルギー云々といえ、俺は第三の新人が好きだね」

女「むむ、そこからはよくわからない」

男「周作先生は俺の師匠だからね!」

女「う~ん、しらないなぁ…」

男「へ、今神は私と共に苦難を背負っていらっしゃる…だからこそ私は現実を耐える」

女「でた。キモッ」

男「調子乗りすぎたな」



16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:18:47.88 ID:+6KGMf8m0

女「…」

男「…はあ、でもさぁ、今が苦しいってのは告白してえもんだ」

女「うん」

男「この先、生きていけるかどうか。この世を」

女「私だって、同じ不安は…」

男「へえ意外だな。しっかり者のあんたが」

女「煩悩ばかりのあんたとは訳が違ってよ」

男「まあ、本音が聞けたからいいや」

女「…」



17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:19:34.14 ID:+6KGMf8m0

男「お前臭い」

女「え、そうかな」

男「重ね着臭っていうの?」

女「しょうがないよ。汗かくもの」



18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:21:01.70 ID:+6KGMf8m0

男「…眠い」

女「音楽聴こうか」

男「嫌がらせですか」

女「私もほわほわ~ってしていてさ、眠たいのよ」

男「じゃあ、一緒に寝ようよ」

女「いやよ」

男「ええっ」

女「いっぱいお話したいからここに来たんです。音楽で目を覚ましましょう」

男「…ふぁい」



19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:23:20.67 ID:+6KGMf8m0

女「よいしょっと」ギィ

男「ねみぃ」

女「えーと、CDラックは…あった」

男「HOSONO HOUSE」

女「これ?」

男「かけて」

女「それじゃあ…うん…再生、と」



20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:25:22.20 ID:+6KGMf8m0

ろっか・ばい・まい・べいびい
http://www.youtube.com/watch?v=ZhTTy3nZEsE

男「いいねぇ」

女「何この歌」

男「いい歌だ」

女「変なの」

男「ダイナ、きみと、いつも…いっしょだよぉ」

女「他の無いの?」

男「え~、良いって思わないの?」

女「よくわかんない」

男「…まあなぁ」

女「終わった…停止」

男「このアルバムはここからがいいんだよ…」

女「はいはい。そうですか…よっこらせ」ギィ



21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:28:10.28 ID:+6KGMf8m0

男「つまんねえ女だ」

女「中途半端に煮詰まるよりはましよ」

男「なんだよそれちくしょう」

女「まあ、私は胸がでかいらしいがね…」

男「おう」

女「心もでかいのだ」

男「はあ」

女「その心がぱんぱんぎゅうぎゅうに詰まっているから、胸も大きくなるのだ」

男「はあ」

女「私があんたとつきあってられるのも…私が寛大だから、その他にないわ」

男「そうですか」

女「私って、なんて偉大なのかしら…」



22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:30:17.73 ID:+6KGMf8m0

男「それはそうと、ムラムラしてきたぜ」モゾモゾ

女「変態」

男「抜いてくれよ」

女「[ピーーー]」

男「頼むよ」

女「嫌よ」

男「お願い」

女「嫌」

男「頼む」

女「嫌」

男「この通り」

女「…」

男「…」



23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:31:38.23 ID:+6KGMf8m0

女「…肩揉んでくれる?」

男「え?」

女「肩揉んでくれたら、してあげなくもないよ」

男「はあ」

女「抜いてほしくないの?奉仕されたいなら、先に奉仕しなさい。起きろ」

男「わかりました」ギイ

女「わ、揺れる」

男「面倒くせぇな」

女「どっちのセリフよ」



25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:33:28.17 ID:+6KGMf8m0

男「さて…おら」モミモミ

女「うう~ん、気持ちいい」

男「凝ってるな、おい、これが女の肩かよ」

女「うるさい、あんたと違って、苦労の量と質が…」

男「将来、弁護士になるんでしたっけ?」

女「…なれないかも」

男「あんたもやっぱり蒙昧モコとしてますなぁ」

女「…なれなかったとしても、おまえよりは明るい未来が待ってるわ…たぶん」

男「…」ニヤニヤ



26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:36:43.91 ID:+6KGMf8m0

女「頭も揉んで」

男「はいはい」モミモミ

女「くぅ~、気持ちいい」

男「もういいですか」

女「もうちょっと」

男「…」モミモミ

女「…」

男「…」モミモミ

女「…」

男「…もういいですかねぇ」

女「ちぇ」



27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:38:33.50 ID:+6KGMf8m0

男「さあ、俺のムスコは勃起してんだよ、はやく」グフフフ

女「面倒くせぇなぁ」

男「さあ、横になったぞ」ヌギッ

女「ゲロ…」

男「はやく」

女「すぅ~、はぁ~…」

男「はやくせぇ」

女「よし、やるかぁ」モミ

男「あん…」



28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:39:36.62 ID:+6KGMf8m0

女「…」シュッシュッ

男「…」

女「…こころ荒れてない?」シュッシュッ

男「荒れてるかもなぁ」

女「自分を見つめ直した方がいいよ」シュッシュッ

男「う~む」

女「まあ、今に始まったことじゃないしねぇ」シュッシュッ

男「かっ、言われた、かな?」

女「腕が疲れてきた」シュッシュッ

男「休憩してもいいのよ?…くぅ…」



29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:41:01.75 ID:+6KGMf8m0

女「休憩しよ…ふう~、この部屋暑いよ!暖房ききすぎだって!」パタパタ

男「これぐらいがいいんだよ」

女「匂いもこもってるしさぁ、換気してんの?」

男「してるよ。でもこんなに臭くなったのは、お前が来てからだぜ」

女「どういうことよぉ」

男「最近運動してますかぁ?毒素が溜まってるんで、それが匂いに」

女「…もういやだこいつ」



30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:42:07.63 ID:+6KGMf8m0

男「はやく再開しなさい」

女「…へいへい」シュッシュッ

男「ウヒャ」

女「…」シュッシュッ

男「出る」

女「…」

男「はあ…空しい」

女「…」

男「…」

女「…」

男「ごめん」

女「手洗ってくるわ」

男「お礼にクンニしてあげようか?」

女「…」ジャァー

男「俺は最低な男だ」



31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:44:04.25 ID:+6KGMf8m0

女「腹減った」

男「生憎なにもありません」

女「ふふふ…そう言うと思いまして…じゃあん」

男「ジンギスカン。買い物袋の中身はそれかぁ」

女「二人だけでジンパよ。ジンパ」

男「何年振りかねェ」

女「座卓に新聞紙を敷いて…」

男「和気藹々としていたあの頃」

女「ミニプレートは…、あった」

男「ああ、一回も参加したことねぇや」

女「何それ悲しい」



32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:44:49.99 ID:+6KGMf8m0

男「まあ、俺根暗おたくだしぃ」

女「でた。ひがみ」

男「地元だけど、あれほどリア充の巣窟だったとはなぁ、ここも」

女「そうかなぁ…、私の周りはそうでもないけど」

男「というと」

女「普通の子ばかりです。欲求が飽和してるわけでもなし、かといって枯渇してるわけでもなし」

男「ははは。うらやましいのぉ」

女「コップ、お皿…よし、準備完了。さあ座卓の前に座って座って」



33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:45:48.32 ID:+6KGMf8m0

男「うまそうだね」

女「お箸どうぞ」

男「はいどうも」

女「焼きますよぉ」ジュウ

男「…」ジィー

女「…」ジュゥー

男「ごく」

女「…もうそろそろかしら」ジュゥ

男「どれ」パク

女「どうかな…いただきまぁす」パク

男「うめぇな」

女「おいしい」

男「涙出てきそうだ」

女「うん」



34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:47:03.28 ID:+6KGMf8m0

男「…」モグモグ

女「…」ジュゥ―

男「なあ」

女「なあに?」ジュゥ―

男「法科大学院にいくんか?」

女「司法試験受けるならね…」ジュゥ

男「上京するんか?」

女「どうかな、私は残るとおもう、ここに」

男「ふぅん」

女「あんたは簡単にいってるけどさぁ、大学院入試だってものすごく難しいのよ?」

男「うむ」

女「まあ、どうなるかなぁ」

男「まあ儂にとっては次元の違う話ですわ。ワッハッハァ」

女「あとは就職するか、法学研究の方に行くか…」

男「おれは小説家になるしかねえなぁあははははは」

女「結婚して主婦になるか…」

男「ぼぉくはかなしいふうらいぼう…」

女「肉焼けてるよ」

男「わあ、たべよたべよ」パクパク



35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:48:21.92 ID:+6KGMf8m0

女「…」パクパク

男「うまかった」

女「ごちそうさまでした」



36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:49:26.18 ID:+6KGMf8m0

男「セックスしてえ」

女「また今度ね」

男「もう半年はしてないねぇ」

女「いや一年はしていないでしょ…当分は手コキで我慢なさい、私は嫌だけど」

男「そうすか」

女「それに私たち会うのだって三か月に一回とかそんぐらい」

男「そんなので付き合ってるっていえるのかね、浮気でもしてんのか」

女「…はあ。まあ、いいわ。皿は洗っといてね」

男「はあ」



37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:50:29.72 ID:+6KGMf8m0

女「じゃあ、今日はこんぐらいで…」

男「ああ」

女「楽しかったよ」

男「ああ」

女「上着…そういや今年はけっこう暖かい方だね」

男「まあ」



38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(北海道):2011/10/22(土) 21:51:02.48 ID:+6KGMf8m0

女「…それじゃ、またね」

男「あ、まって」

女「ん?」

男「好きだ」

女「…」

男「…」

女「…私も」

男「馬鹿みたいだな」

女「えへへ」

男「じゃあね」

女「ばいばい」ガチャ


おしまい



40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(神奈川県):2011/10/22(土) 21:54:53.32 ID:qzFiIczoo


良かった ほのぼのしてて



引用元
女「久しぶりに男んちに寄っていくか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1319284296/
[ 2012/09/29 12:00 ] 男女SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。