広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女「ネガティブだったりします」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 23:10:28 ID:E6N6wjsk


男「こんにちは」

女「こんにちは」

男「あの、なんで後ろ向きで歩いているのですか?」

女「わかりません」

男「そうですか」

女「はい」

引用元
女「ネガティブだったりします」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1340028628/
2 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 23:14:44 ID:E6N6wjsk


男「びっくりしましたよ」

女「すいません」

男「構いません」

女「お優しいんですね」

男「こちらを見て言ってください」

女「こちらとはどちらでしょうか」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 23:18:52 ID:E6N6wjsk


男「あなたの前にいます」

女「すいません、後ろ向きなので」

男「では、声がする方です」

女「こっちでしょうか」

男「そっちは後ろです」

女「すいません、後ろ向きなので」

5 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 23:21:06 ID:E6N6wjsk


男「僕は左にいます」

女「こっちですね」

男「すいません、僕から見て左です」

女「だからこっちでしょう?」

男「いいえ、後ろ向きなあなたから見ても左です」

女「左というと、お茶碗を持つ方ですね」

6 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 23:23:30 ID:E6N6wjsk


男「左手がついている方です」

女「わかりやすいです。こっちですね」

男「そっちは後ろです」

女「なんと」

男「あなたの左手はどこについているんですか」

女「すいません、後ろ向きなもので」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 23:25:39 ID:E6N6wjsk


男「元気を出してください」

女「がんばります」

男「僕もがんばります」

女「もっとわかりやすく言ってもらえませんか」

男「そうですね、方角は北です」

女「北というと、東を向いたときの左側ですね」

8 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 23:28:07 ID:E6N6wjsk


男「そうともいいます」

女「わかりやすいです。こっちですね?」

男「そっちは下です」

女「なんと」

男「あなたは方向オンチですね」

女「本当にそうでしょうか?」

9 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 23:31:11 ID:E6N6wjsk


男「間違いありません」

女「考えてみてください」

男「はい」

女「私の顔が向いている方向が、私にとっての前ではないでしょうか」

男「いえ、そっちは下です」

女「なるほど。下は前ではありませんね」

11 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 23:37:06 ID:E6N6wjsk


男「いい加減顔を上げてください」

女「はい。するとそこにはあなたの顔が」

男「そっちは上です」

女「空がとても綺麗です」

男「ええ。空はいいものです」

女「しかし、あなたの姿は見えません」

12 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 23:38:46 ID:E6N6wjsk


男「それはそうでしょう。僕はこっちです」

女「今、心が通じ合いました。こっちですね?」

男「そっちは後ろです」

女「ですよね」

男「期待した僕がバカでした」

女「すいません。後ろ向きなもので」

13 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 23:46:30 ID:E6N6wjsk


男「前を向きたくないのですか?」

女「向きたいです」

男「ならばがんばりましょう」

女「がんばれば向けるでしょうか」

男「向けます。僕も剥けましたから」

女「それは心強いです」

14 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 23:47:14 ID:E6N6wjsk


男「あ、はい。そうですか」

女「さて、どうしたら向けるでしょうか」

男「いったん整理しましょう」

女「名案です」

男「今あなたは僕の前にいます」

女「ふむふむ」

15 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 23:49:04 ID:E6N6wjsk


男「しかしあなたは後ろを向いているのです」

女「なんと、それは失礼ですね」

男「でしょう? つまり、あなたの後ろに僕がいるんですよ」

女「だったら話は簡単です」

男「気づきましたか?」

女「ええ。私が今後ろを向けば、そっちが前です」

16 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 23:54:07 ID:E6N6wjsk


男「そのとおりです。聡明ですね」

女「ありがとうございます。では、せーので向きますね」

男「はい」

女「せーの」



男「感動のご対面のはずです」

女「しかし、あなたはいません」

17 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 23:54:55 ID:E6N6wjsk


男「何故ならそっちは後ろだからです」

女「私は生粋の後ろ向きなんでしょうね」

男「恐ろしいことに気づきました」

女「おや、なんでしょう」

男「実は、僕があなたの前から移動しているんではないのでしょうか」

女「そんなことをしているのですか?」

18 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 23:57:54 ID:E6N6wjsk


男「いえ、していませんが」

女「じゃあ違うじゃないですか」

男「あ、はい。そうですね」

女「つまらないことを言わないでください」

男「ごめんなさい」

女「む、頭の中の電球が光りました」

19 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/18(月) 23:59:28 ID:E6N6wjsk


男「おや、なんでしょうか」

女「あなたが私を振り向かせればいいのではないのでしょうか?」

男「ずっとやっていますよ」

女「そうなのですか?」

男「ええ。でもあなたは頑なにこちらを向きません」

女「すいません、後ろ向きなので」

20 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 00:01:45 ID:OnXW.g0Q


男「あなたは前を向きたいんですか?」

女「そうですね。向きたいです」

男「ならば向けばいいじゃないですか」

女「しかし前がどっちかわからないのです」

男「さっき、あなたが後ろ向きに進んでいた方向」

女「ええ、はい」

21 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 00:05:26 ID:OnXW.g0Q


男「あれが前なのですよ」

女「なんと、私は前に進んでいたのですか」

男「はい。いくら後ろを向いていても、体は止まってくれないのです」

女「むむ、不思議です。それはなぜですか?」

男「僕もわかりません。でも、生きているからではないでしょうか」

女「ふむふむ」

22 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 00:06:58 ID:OnXW.g0Q


男「今こうしている間にも、どんどん進んでいますよ」

女「言われてみれば、ムーンウォーク」

男「かっこいいです」

女「えへへ、照れます」

男「お世辞です」

女「ショックです。ますます後ろを向いてしまいます」

23 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 00:09:17 ID:OnXW.g0Q


男「マイケルです」

女「ジャクソンですか?」

男「ジョーダンです」

女「そうでしたか。少し前を向ける気がしました」

男「その調子です」

女「聞いていいですか?」

24 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 00:10:37 ID:OnXW.g0Q


男「はい」

女「なぜあなたはあそこにいたのでしょうか」

男「と、言うと?」

女「さっき言いました。人は進むものなんでしょう?」

男「僕の持論です」

女「あなたは、私を待っていてくれたのですか?」

25 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 00:11:43 ID:OnXW.g0Q


男「人は立ち止まれないのですよ?」

女「でも、歩みを遅くすることはできると思うのです」

男「そうですね」

女「いつもそうやって、私のそばまで来てくれていたのですね」

男「やっと気づきましたか」

女「すいません。後ろ向きなもので」

26 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 00:12:41 ID:OnXW.g0Q


男「上を向いたとき」

女「はい」

男「空は青くて綺麗だったでしょう?」

女「はい。すごく澄んでいました」

男「下を向いたとき、あなたの足が動いているのが見えたでしょう?」

女「そういえば、二本の美しい足が動いていました」

男「それ、あなたのですよ」

27 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 00:13:49 ID:OnXW.g0Q


女「なんと」

男「後ろを向いているだけでは、見えない物も多いのです」

女「私は美脚だったのですね」

男「それはどうでもいいです」

女「またまた」

男「足だけ綺麗でも意味ないです」

女「そうですよね。私意味ないですよね」

28 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 00:15:12 ID:OnXW.g0Q


男「失言でした」

女「すいません、後ろ向きなもので」

男「もうそれ、やめませんか?」

女「そうですね。でも、たまにはいいでしょう?」

男「たまになら、いいですよ」

女「ありがとうございます」

男「いいえ」

女「最後に一つだけ、いいでしょうか」

29 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 00:16:03 ID:OnXW.g0Q


男「なんでしょうか?」

女「私が向かう先に、私の前に、あなたはいてくれますか?」

男「ずっといましたよ。あなたが無視していただけで」

女「これからも、いてくれるんですか?」

男「ええ、もちろんです」

女「ならば、せーので振り向きます」

男「期待します」

女「……せーの――」

30 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 00:19:19 ID:OnXW.g0Q





――コンッ、コン

31 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 00:19:51 ID:OnXW.g0Q



女(ノックの音が聞こえた)

女(いつもなら不快にしか感じないその音が、今日はとても優しく響いた気がしたから)

女(私はゆっくりと、ドアを開けた)



男「――久しぶり」

女「……おかしいね」

男「うん?」

32 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 00:22:38 ID:OnXW.g0Q


女「……家の中なのに、こんなに眩しいなんて」

男「外はもっと明るいよ。空は澄み渡っているし、地面も力強い」

女「……うん」

男「さあ、行こう」


女(――私、これからは少しポジティブになれそうです)




おわり

33 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 00:23:34 ID:BYM2QLmg

乙!

34 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 00:25:03 ID:OnXW.g0Q

読んでくれた人乙

35 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 00:29:02 ID:SuKIAXbo

お疲れ様でーす

36 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/19(火) 00:49:57 ID:EtWRlbNI

何だか清々しいSSだった。


引用元
女「ネガティブだったりします」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1340028628/
[ 2012/07/12 12:00 ] 男女SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。