広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

米「痛い痛い痛い痛い!!いやああああ!!」おかず「」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 19:59:54.47 ID:Z3I+4JtR0

米「今日は待ちにまった収穫の日だ!りっぱなご飯になってやるぞ!」

ピーマン「無理無理。お前は炊飯器の奥底でカピカピになるのが関の山さ」

米「バカにしたね!?いいさ。絶対ツヤツヤなご飯になってやる!」


こうして米は出荷されていったのだった



引用元
米「痛い痛い痛い痛い!!いやああああ!!」おかず「」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341658794/
3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 20:03:37.35 ID:Z3I+4JtR0

スーパー

米「ふう・・・緊張するなあ。僕はだれに買われていくんだろう」

米男「よお米。久しぶりだな」

米「こ、米男君!?久しぶりだね・・・いつぶりだろう」

米男「種んとき以来じゃないか?植えられてからは結構離れてたし」

米「そうだね。知り合いの米に会えるなんて嬉しいな」

米男「へへ。そんなに言われると照れるな・・・これも何かの縁だ!炊かれるときは一緒に炊かれようぜ」

米「うん!」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 20:08:51.20 ID:Z3I+4JtR0

J( 'ー`)し「これにしようかしら」

米「あ、僕達買われるみたいだよ!」

米男「そうみたいだな。でもこの人ちょっとやつれてるな」

米「うん・・・生活苦しいのかな?」

米男「その割には服しっかりしてるけどな」

米「でもまあ、そんなこと考えてても意味ないけどね」

米男「そうだな。俺達は買われて炊かれりゃそれでいいんだ」

米「うん!」



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 20:14:15.18 ID:Z3I+4JtR0

カゴ

ピーマン「・・・ん?こ、米!米じゃないか!」

米「君は、ピーマン君!久しぶりだね!」

ピーマン「おいおい、いっちょまえに袋詰されやがって!米のくせに!」

米「はは、ピーマン君だって、隣にいいピーマン連れてるじゃない?」

ピーマン「あ、その、こ、こいつはよぉ・・・そういうのとはちげえんだって///」

ピー子「こんにちは、米さん。ピーマンのお話によく出てきていた方とであえるなんて・・・」

ピーマン「よ、よせよピー子!」

ピー子「ピーマンはいつも米さんのことを心配していました・・・ちゃんと炊かれるかとか」

ピーマン「そ、そんな言い方だと俺が米のこと心配してたみたいじゃねえか!」

ピー子「あら、違くて?

ピーマン「う、ぐ」

米「はは・・・尻に敷かれてるみたいだね」

米男「友達か?」

米「うん。農場時代の」



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 20:18:54.63 ID:Z3I+4JtR0



J( 'ー`)し「お米を炊飯器に入れてっと・・・タイマーは二時間後でいいかしら」ポチ

米「水って直に触れたの初めてだけど冷たいんだね」

米男「だな。ションベンちびっちまったぜ」

米「よしなよ米男君。それにしても冷たいなあ・・・ん?」

米女「ぁ」プイ

米「・・・」

米男「どしたあ?米」

米「ちょっとそこまでいってくる」バッシャバッシャ

米「あ、おい米!」



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 20:24:32.79 ID:Z3I+4JtR0

米「ねえ君」

米女「は、はい?」

米「さっき僕のこと見てたよね?」

米女「え・・・ひゃ・・・・はい」

米「どうして?どこかであったかな?」

米女「あったことは・・・ありません」

米「なら、どうして?」

米女「それは・・・その・・・」

米「?」

米女「なんでもないです!」

米「あ!・・・いっちゃった」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 20:29:48.91 ID:Z3I+4JtR0

米男「さっきのはなんだったんだ?」

米「いや、ちょっとね」

米男「可愛い米でもいたのか?」

米「うーん・・・そうかも」

米男「は?お前なにちゃっかり口説いてきてんの?」

米「口説いてないよ!ただ目があったから・・・」

米男「言い訳はいいよ。はー・・・お前にもついに女が・・・」

米「できないよ」

米男「つまんねーなおい」



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 20:42:32.05 ID:Z3I+4JtR0

米「あーあ。炊かれるまで暇だなー」

米男「そうだなー・・・」

米「はあ・・・ん?」

米女「あぅ・・・」サッ

米男「お?可愛い米だな。口説きに行くのか?」

米「・・・」スーイスーイ

米女「あ、その・・・ごめんなさ」

米「ねえ。君はどうして僕のことをみてるのさ」

米女「そ、それは・・・」

米「もしかして・・・君は好きなんだね?」

米女「え?は、は」

米「米男のことが」

米女「い?」



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 20:43:04.43 ID:Z3I+4JtR0

米「米男の好みの女性像とか僕に聞くつもりだったんでしょ?でも大丈夫。米男は女なら誰でもいいと思うから」

米女「ち、ちが・・・」

米「それならはやくいってくれればよかったのに・・・じゃあ、米男の話聞きたかったらおいでよ!じゃあね」

米女「あ・・・うぅ・・・」



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 21:10:54.40 ID:Z3I+4JtR0

お前らありがとう投下再開

米「いいことしたなー僕」

米男「おうどうした米。気持ち悪い顔しやがって」

米「米男よりかはマシだよ。ちょっとさっきの子にいいことしちゃったなーって」

米男「なに?いいことってお前・・・ハッ」

米「違うよ。米男と一緒にしないでよ」

米男「お前案外毒舌なのな」

米「いやあ実はさっきの女の子・・・いや、やっぱやめとこ」

米男「なんだよ・・・はっ!もしや俺のことが好きなのか!?」

米「・・・」

米男「あたりかよーなんだよーいやーうれしいなーったくー」

米「うざいなあ米男は」

米男「なんでそんなはっきり言うんだよ少しは隠せよ」



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 21:15:19.49 ID:HTnVih0x0

ワロタ



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 21:17:04.76 ID:Z3I+4JtR0

米女「あ、あの・・・」

米「あ、早速きたんだ」

米女「はい・・・さっきのことで少しお話が・・・」

米男「なんだよー!そんな米通さなくったって俺はいつでも準備オーケーだぜ?」

米女「・・・」

米「えーと・・・じゃあ行こうか」

米女「はい」

米男「・・・あれ?」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
米「どうしたの?」

米女「単刀直入にいいますけど・・・いいですか?」

米「う、うん」

米女「わ、わたしは・・・あなたのことが、好きです」

米「・・・・・・・・ん?」



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 21:22:23.70 ID:Z3I+4JtR0

米「えーと・・・なんて?」

米女「に、二回目は流石に・・・」

米「こ、告白?」

米女「はい・・・」

米「だ、だめだよ・・・」

米女「・・・え?」

米「米男はもう君が自分のことを好きだって思い込んでるんだ。そこに僕と君が付き合ってるなんて言ったら」

米女「そ、そんなのしりません!」

米「え」

米女「わ、私はあなたのことが好きなんです!他の人なんてしりません!」

米「そ、そんなひどいこと・・・」

米女「そんなに嫌ですか!?私と付き合うの!」

米「嫌じゃない、本音を言うなら可愛いからすごい付き合いたい。でも米男が」

米女「もう、もういいです!力尽くでも・・・!」バッ

米「あ」



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 21:25:47.78 ID:Z3I+4JtR0

米「うぅ・・・もう炊かれにいけない・・・」グス

米女「はぁ・・・はぁ・・・ン・・・良かったです・・・」

米「無理やりだなんて酷いよ・・・」

米女「あなたが断るからです」

米「そっか・・・・・僕、米っていうんだ」

米女「ふぇ?・・・わ、私は米女です」

米「よろしくね。米女さん」

米女「よ、よろしくって・・・付き合ってくれるんですか!?」

米「なんでそうなるんだ・・・」

米女「もう一度イキましょうか」

米「よし付きあおう。今すぐに」

米女「ありがとうございます!」



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 21:31:51.04 ID:Z3I+4JtR0

米男「よお。遅かったじゃねえか」

米「いや、ちょっと・・・」

米女「私たち、付きあおうことになりました!」

米男「」

米「ふ、不本意だけどね・・・」

米男「不本意でそんな可愛い子と付き合えるのかよ死ねゴミクズ」

米「ひどいよ米男・・・本当は」

米女「言ったら・・・どうなるかわかりますよね?」

米「・・・」

米男「なんだよー・・・俺だけ仲間はずれかよ・・・」



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 21:36:21.40 ID:Z3I+4JtR0

米女「あ・・・そろそろ炊かれるみたい」

米「ほんとだ。なんか蒸気が集まってきた」

米男「あっちー・・・」

米「う・・・体の中に水が・・・」

米女「んん・・・ほんとですね・・・中に入ってきます・・・」

米「あっ・・・あつ、あっつ!なにこれ!?」

米男「熱い熱い熱い熱いいやああああああ!!!」



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 21:40:06.70 ID:Z3I+4JtR0

J( 'ー`)し「あら・・・もう炊けてるわね。ひっくりかえさなくちゃ」パカ
ムワァ~

米「・・・」

米男「・・・」

米女「ぁぅ・・・」

J( 'ー`)し「よいしょっと」グリン

米女「ひぎぃ!?」ビクン

米「米女さん!?」

米男「・・・ハッ!?俺は一体・・・」

J( 'ー`)し「タカシ・・・呼ばなきゃね」



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 21:47:21.73 ID:Z3I+4JtR0

J( 'ー`)し「タカシ・・・ご飯だよ」

お前ら「・・・・」

J( 'ー`)し「タカシ・・・」

お前ら「っるっせえババァ!今いきますちょっとまってて!!ったく・・・」

J( 'ー`)し「タカシ・・・」

お前ら「わかったよ。ほら来たぞ飯は?」

J( 'ー`)し「今用意するね・・・」

お前ら「呼ぶんなら用意しとけやあああああああ!!!」ジタバタ

J( 'ー`)し「ごめんねタカシ・・・かあちゃんノロマだから・・・」



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 21:54:09.94 ID:Z3I+4JtR0

J( 'ー`)し(どうしてあんな子に・・・)ヨソイヨソイ

米「あれ?なんで炊飯器の外に出てるの?」

米男「そりゃあおめえ・・・喰われるんだろうがよ」

米「くわ・・・れる・・・?」

米女「私たちは人間たちの栄養になるために作られたんですよ」

米「なにそれ・・・そんなのしらない・・・」

米男「お前ちゃんと授業聞いてなかったのか?俺達は立派なご飯になって喰われなきゃいけないんだよ」

米「い、いやだ・・・」

米男「お、おい米!」

米「いやだいやだいやだああああ!!!」

米女「今更そんなことをいっても仕方ありませんよ・・・仕方ないんです・・・」

米「なんだよ!無理やりとはいえ可愛い彼女つくって幸せになれると思ってたのに!なんなんだこれ!」

米女「・・・」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 21:54:44.99 ID:Z3I+4JtR0

米「米女さんは平気じゃないの!?どうして死ぬとわかってて僕とセックスしたのさ!」

米女「死ぬ前にいちど・・・『恋愛』というものをしてみたかったんです」

米「ふざけないでくれよ!」



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 21:59:33.27 ID:Z3I+4JtR0

米「僕がバカみたいじゃないか!少しは本気にしてたのに!」

米女「すいません・・・」

米男「そ、そんなに怒鳴らなくてもいいだろ米」

米「うるさいんだよこの童貞!!」

米男「」

J( 'ー`)し「タカシ・・・ご飯、これくらいでいいかい?」

お前ら「おう・・・おかずは?」

J( 'ー`)し「野菜炒めだよ」

ピーマン「う・・・ぐぅ・・・」

米「ぴ・・・ピーマン君・・・」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 22:04:10.52 ID:Z3I+4JtR0

ピーマン「よぉ・・・米・・・い、いい・・・ツヤして、んじゃねえの・・・」

米「ピーマン君・・・なんだよその姿・・・」

ピーマン「へへ・・・みごとに切り刻まれちまったぜ・・・」

米「ピーマン君・・・」

ピーマン「そんな顔すんなよ・・・お前は、わらった、ほうが、男前だ・・・」

米「死にそうじゃないか・・・う、ぐ・・・そうだ!ピー子さん・・・ピー子さんは!?」

ピーマン「あいつは・・・台所でJ( 'ー`)しが落として死んだ・・・」

米「なんてことだ・・・」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 22:09:25.54 ID:Z3I+4JtR0

お前ら「・・・ウマそうじゃん」

J( 'ー`)し「た、タカシ・・・!」

お前ら「いただきます」スゥ

米「ひ!?」

米男「危ない!」ドン

米「こ、米男君!?」

米男「生き残れよ・・・お前は絶対に生き残れ!どんなに惨めな姿になっても・・・乾いて茶碗の端にくっついてでも生き残れ!」

米「米男君!いっちゃダメだ!きみも・・・君も一緒に!!」

米男「俺はもう無理だ・・・米、やくsうぎゃあああああああ!!!!」ブチィ

お前ら「・・・」モッシャモッシャ



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 22:12:02.61 ID:Z3I+4JtR0

米「こ、米男・・・君・・・君は、君は昔から僕のことを守ってくれて・・・うぅ」グス

米女「しっかりしてください・・・米さん」

米「米女さん・・・君は・・・君は大丈夫だよね?」

米女「はい・・・あなたに、あなたについていきます」

米「約束・・・だからね?」

米女「はい」ニコッ

お前ら「・・・」スゥ

米女「あ」ガシ

米「え・・・」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 22:12:23.26 ID:NaQBes9C0

俺はあまり噛まずに飲み込むから生き残る奴もいるはず



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 22:13:36.54 ID:gAF55ntm0

>>76
生きたまま、体が少しづつ溶かされて……



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 22:18:05.33 ID:Z3I+4JtR0

米「米女さん!」

米女「ごめんなさい・・・約束、したばかりなのに・・・」

米「君は僕を一人にするの!?約束を破るの!?そんなの絶対にゆるさない!戻ってきてよ!」

米女「米さん・・・私、本当にあなたのことが好きでした・・・この気持ちは、本物です」

米「待って僕は・・・・・・僕も、僕も君のことが!」

お前ら「・・・」アムッ

米女「」

米「あ、ああ・・・ああああああああああ!!!」



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 22:25:18.56 ID:Z3I+4JtR0

米「・・・僕は・・・一体、なんのために・・・」

お前ら「・・・」モッシャモッシャ・・・・スゥ

ピーマン「ぐ」ガシ

米「ピーマン君・・・」

ピーマン「・・・米・・・お前、いい友達もったn」ブチ

米「・・・もうやだ・・・もういやだこんなの!」

米「僕はこんなことになるためにきたわけじゃない!」

米「炊かれることを誇りだと思っていた!炊かれることだけを目標にしてきた!その先になにがあるのかも知らずに!」

米「僕は!僕たちは間違っていたんだ!こんなことになるのなら・・・うぅ・・・」

米「今更こんなことをいっても無意味だってことはわかってるさ・・・さあ・・こい、こいよ人間」

米「僕は覚悟を決めた!喰ってみせろ人間!!」

お前ら「・・・」スゥ

米「うぐぅ!!」ガシ



91:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 22:32:34.20 ID:Z3I+4JtR0

お前ら「・・・」ンアァー

米「うわああああああああ!!!」

お前ら「あ」ポロ

米「ぐっ!?」ドサ

米「ぐ、く・・・なんだよ・・・僕だけが茶碗に戻された・・・僕以外の米はみんなあいつの中だ・・・」

米「今だってあいつに喰われてる米の悲鳴が聞こえる・・・」

米「・・・おかしくなりそうだ・・・なんで・・・なんで僕だけが・・・」

グワァー!  イヤーー!  ヤメテヤメテヤメテヤメテ

米「う、ぐ・・・」

米「もうやめろ!やめろよおおおお!!喰うのは僕だけにしろ!他の米や野菜を・・・・・・・・・・」

ボクガサラをミタトキハ、ナニモ、ノコッテイナカッタ



93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 22:40:01.28 ID:Z3I+4JtR0

お前ら「・・・」スゥ

米「もうなにも残ってない・・・なにもかもこいつの中だ・・・」

お前ら「・・・」ハム

口内

米「・・・熱い・・・炊飯器ほどじゃないけれど・・・あ・・・」

米「米の・・・残骸・・・」

米「くそ・・・こいつ・・・こいつ・・・!」

お前ら「・・・」ゴクン

米「え」

お前ら「ふう・・・」

米「噛まれてない・・・そのまま・・・どこかに落ちていってる・・・」ヒュー
ドポン

米「・・・・・・う!」



95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 22:41:58.43 ID:k7Nzs1GL0

コメを最後の一粒まで食べるとかお前ら行儀いいじゃん



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 22:46:30.70 ID:Z3I+4JtR0

米「これは・・・」

米女「・・・・・・・・」

米男「・・・・・・・・」

ピーマン「・・・・・・・・・・」

米「みんな・・・死んでる」

米「僕だけが・・・どうして・・!」

米「絶対に許さない・・・こいつは、こいつだけは・・・・・!?」

米「なんだこれ・・・溶けていってる!?」

米「うわあ!くそ!身体が・・・」ドロドロ

米「みんな・・・ごめ・・・」ドロドロ



104:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 22:51:33.58 ID:Z3I+4JtR0

お前ら「ごっそさん」

J( 'ー`)し「お粗末さま・・・綺麗に食べてくれたね」

お前ら「ん。美味かったからな」

J( 'ー`)し「タカシ・・・!」

お前ら「じゃあ・・・部屋もどるわ」

J( 'ー`)し「し、仕事はいつはじめるの?」

お前ら「・・・面接、来週の日曜日にあるんだ・・・」

J( 'ー`)し「タカシ!やったね!お祝いしないとねえ・・・!」

お前ら「まだバイト就けるかどうかもわからねえのに準備とかするなよ?」

J( 'ー`)し「うん・・・あぁ・・・生きてて、生きててよかったわ・・・」


終わり



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 22:52:06.42 ID:PkNP/R+E0

なんというハッピーエンド



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 22:52:48.66 ID:LTr+jDlY0

よかったなカーチャン



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 22:53:12.29 ID:nARVIoxg0

俺らはたくさんの命に支えられてるってことだな



111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 23:02:28.11 ID:euulx9dd0

タカシ・・・いつからそんなに真面目になってしまったんだ!!



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/07(土) 23:04:49.74 ID:6dYvnRLL0

おつ



引用元
米「痛い痛い痛い痛い!!いやああああ!!」おかず「」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341658794/
[ 2012/07/08 15:10 ] その他SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。