広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スライム「魔王ちゃん。ボクと結婚してください」

1: ◆ppgg72idV5Iv:2012/07/06(金) 10:28:27.76 ID:Wl2cjfpfo

魔王「やだ」

スライム「結婚してよ!」

魔王「いやだ」

スライム「どうして?」

魔王「アンタが弱いからだ」

スライム「そんなぁ……」

魔王「アタシはさぁ。強い男にしか興味がないんだ」

スライム「……グスッ」




引用元
スライム「魔王ちゃん。ボクと結婚してください」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1341538107/
2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 10:31:34.47 ID:Wl2cjfpfo

魔王「おい。泣くなよ」

スライム「だって……」グスッ

魔王「ほら。ポテチやるからさ」

スライム「うん。ありがとう……」パリッ

魔王「ふぅ……」パクッ

スライム「…………」パリポリ パクパク…

魔王「…………」(まさか、コイツにプロポーズされるとはなぁ)



3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 10:32:49.14 ID:Wl2cjfpfo

スライム「……ねぇ。魔王ちゃん」

魔王「なんだよ」

スライム「どのくらい強くなればいいの?」

魔王「え?」

スライム「ボクがどのくらい強くなったら、お嫁さんになってくれるの?」

魔王「おいおい」

スライム「ボクが強くなったら、ボクの事を好きになってくれるんでしょ」

魔王「あのなぁ……」



4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 10:34:30.68 ID:Wl2cjfpfo

スライム「ボク。絶対に強くなるから」

魔王「お前には無理だよ」

スライム「無理じゃないよ」

魔王「無理だよ」

スライム「無理じゃない!」

魔王「無理!」

スライム「愛に不可能は無いんだ!」

魔王「おい。魔王に向かって愛を説くなよ……」



5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 10:35:59.88 ID:Wl2cjfpfo

メドゥーサ「あははっ。困ってるねぇ。魔王ちゃん」

魔王「おっ、メドゥーサか」

スライム「こんにちは。メドゥーサさん」

メドゥーサ「こんちは。スラちゃん」

魔王「今日は何をしに来たんだ?」

メドゥーサ「うん。いつもの暇潰し」

魔王「仕事しろよ」

メドゥーサ「やだ」



6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 10:36:50.40 ID:Wl2cjfpfo

魔王「はぁ……」

メドゥーサ「ところでさぁ。魔王ちゃん」

魔王「何だ?」

メドゥーサ「スラちゃんと結婚すんの?」

スライム「そうだよ」

魔王「違う!」

メドゥーサ「おーっ。意見が別れた」



7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 10:37:46.15 ID:Wl2cjfpfo

魔王「こいつが勝手に言ってるだけだ」

メドゥーサ「ふーん。あっ、ポテチもらうね」ポリパリ

スライム「でも、ボクが強くなったら……」

魔王「それはだなぁ……」

メドゥーサ「ねぇ。スラちゃんが強かったら、結婚してあげるの?」パリポリ

スライム「うん。そうだよ」

魔王「こら! お前が返事をするな」

メドゥーサ「ふーん……」パクッ



8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 10:38:57.27 ID:Wl2cjfpfo

魔王「……?」

メドゥーサ「……むふっ」

魔王「……何を企んでる?」

メドゥーサ「よし。勝負だスラちゃん!」

スライム「え?」

魔王「おい。いきなり何を……」

メドゥーサ「魔王ちゃんが欲しくば、この私を倒してみよ!」

スライム「めっ、メドゥーサさん?」

魔王「バカかお前は」



9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 10:40:35.88 ID:Wl2cjfpfo

メドゥーサ「バカじゃないよ。ちゃんと考えてるよ」

魔王「どうだか」

メドゥーサ「でも、魔王ちゃん言ってたよね? 私が男だったら婿にしたいって」

スライム「えっ? そうなの?」

魔王「あれは、お前の武功に対する誉め言葉だ。しかも酒の席だった」

メドゥーサ「ひどい! スラちゃん聞いた? この人結婚詐欺師だよ」

スライム「魔王ちゃん。ひどい!」

魔王「お前らなぁ……」



10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 10:42:50.88 ID:Wl2cjfpfo

メドゥーサ「……と。冗談は置いといて」

魔王「ん?」

メドゥーサ「私に勝てるレベルの男の子なら、魔王ちゃんも文句は無いんじゃない?」

スライム「なるほど」

魔王「確かにな」

メドゥーサ「分かったかな? そんじゃ改めて、スラちゃん勝負だ!」

スライム「よっ、よーし」

魔王「こら! スライム。下手すりゃ死ぬぞ」

スライム「ボクは死にません! 貴女を愛しているから!」

メドゥーサ「おぉ! カッコイイかも……」

魔王「アホか……」



11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 10:44:52.16 ID:Wl2cjfpfo

メドゥーサ「アホじゃないよ。さぁ、魔王ちゃんが欲しくば、この私を倒してみよ!」

スライム「うん!」

魔王「やめとけ。スライムがメドゥーサに勝てるわけが……」

スライム「とりゃー。すらいむあたーっく」

ぴょこぴょこぴょこぴょこ ぴょーん どーん

メドゥーサ「ぐわーっ。ヤーラーレーター!」ばたんきゅー

スライム「えっ? 勝った!? 勝ったよ魔王ちゃん!」

魔王「馬鹿蛇女! 見え見えの八百長すんな。無効だ無効!」

メドゥーサ「むむっ? 何故バレた?」



12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 10:46:16.82 ID:Wl2cjfpfo

魔王「あのなぁ……」

スライム「えっ? わざと負けたの?」

魔王「気づけよ。バカたれ」

メドゥーサ「あははっ」

スライム「メドゥーサさん……」

メドゥーサ「ごめんねスラちゃん。失敗しちゃった」

スライム「うん。でも、ありがとう」

魔王「バカども……」

…………………………
………………
……



13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 10:48:24.98 ID:Wl2cjfpfo

──数日後──

メドゥーサ「やっほー。魔王ちゃん」

魔王「よう。メドゥーサ」

メドゥーサ「暇潰しにきたよー」

魔王「仕事しろよ」

メドゥーサ「いいじゃん。たまには息抜きも大事だよ」

魔王「毎日息抜きしてるだろ」

メドゥーサ「あらら。知ってた?」

魔王「何を今さら」

メドゥーサ「あはははっ」



14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 10:49:41.48 ID:Wl2cjfpfo

魔王「まぁいいよ。座れ」

メドゥーサ「うん。クッキーもらうね」パクッ

魔王「…………」モグモグ

メドゥーサ「おぉ。美味しいねぇ」アムアム

魔王「そうだな」モグモグ

メドゥーサ「……えーと。スラちゃんの事なんだけど」

魔王「ん?」

メドゥーサ「なかなか頑張ってるみたいだよ」

魔王「……そうか」

メドゥーサ「うん。さっき見てきたけど……」



15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 10:51:41.58 ID:Wl2cjfpfo

…………………………

サイクロプス「ラスト10回だ! 気合い入れろ!」

スライム「はいっ!」

ブン 10 ブン 9 ブン 8 ……

サイクロプス「もっと強く!」

スライム「はいっ。コーチ!」

ブン 7 ブンッ 6 ブンッ 5 ……

サイクロプス「もっと速くだ!」

…………………………



16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 10:53:17.89 ID:Wl2cjfpfo

メドゥーサ「……みたいな感じで、サイクロプスちゃんの横で素振りしてた」

魔王「あいつ。こん棒なんて装備出来たのか?」

メドゥーサ「甘いよ魔王ちゃん。男の子の成長は早いんだよ」

魔王「ふぅん……」

メドゥーサ「案外その内に、マジで私より強くなるかも?」

魔王「それはない」

メドゥーサ「魔王ちゃん。愛の力を嘗めちゃダメだよ」

魔王「だから、魔王に向かって愛を説くなよ」

…………………………
………………



17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 10:55:05.96 ID:Wl2cjfpfo

メドゥーサ「……まぁ、スラちゃんの最新情報はこれくらい」

魔王「了解だ」

メドゥーサ「後は、ついでに……」

魔王「ん?」

メドゥーサ「ちょっとだけ仕事のお話」

魔王「おい。そっちが先だろ」

メドゥーサ「まぁまぁ」

魔王「……それで?」

メドゥーサ「うん。人間さん達が、勇者を募集してるらしいよ」



18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 10:57:31.69 ID:Wl2cjfpfo

魔王「勇者?」

メドゥーサ「うん。勇者」

魔王「勇者って、募集するもんなのか?」

メドゥーサ「さぁ? でも実際に募集してるよ」

魔王「ほぉ」

メドゥーサ「ちなみに、先着30名様に銅の剣をプレゼントだとか」

魔王「……なんなんだ。そのノリは?」

メドゥーサ「魔王ちゃん。応募する?」

魔王「…………」

メドゥーサ「魔王ちゃん?」

魔王「……確実に落ちる自信があるな」



19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 10:59:13.41 ID:Wl2cjfpfo

メドゥーサ「なんで? 筆記試験とかは無さそうだよ?」

魔王「見た目ですぐにバレるだろ。人間じゃない事くらい」

メドゥーサ「そうかなぁ」

魔王「そうだよ」

メドゥーサ「魔王ちゃんなら、角と羽さえ隠せばイケるんじゃない?」

魔王「無理だろう」

メドゥーサ「ちょい性格キツめの踊り子さんとかに見えないかなぁ? 無理すれば」

魔王「どこから突っ込めばいい?」

メドゥーサ「ん? わりとマジメに言ったよ。今のは」



20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 11:01:45.09 ID:Wl2cjfpfo

魔王「お前にとって、アタシはそんなイメージなのか?」

メドゥーサ「うん。そうだよ」

魔王「…………」

メドゥーサ「どうしたの?」

魔王「なんでもない」

メドゥーサ「ふぅん……」

魔王「でも、冗談は置いといて……」

メドゥーサ「んっ?」

魔王「一般公募とは言え、勇者を大量生産されるのはちょっと面倒だな」

メドゥーサ「まぁ、なんか対策くらいはしとかないとねぇ」

魔王「うーむ……」

メドゥーサ「…………」



21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 11:03:26.25 ID:Wl2cjfpfo

魔王「うーむ……」

メドゥーサ「私。立候補してみようかなぁ?」

魔王「は?」

メドゥーサ「私が勇者に立候補するの」

魔王「…………」

メドゥーサ「どう思う?」

魔王「気は確かか?」

メドゥーサ「うん」

魔王「アタシを倒しに来る気か?」

メドゥーサ「あははっ。それもいいね」

魔王「おい。メドゥーサ」

メドゥーサ「冗談だよ。冗談」

…………………………
………………
……



22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 11:05:31.54 ID:Wl2cjfpfo

──数日後──

メドゥーサ「勇者になっちゃった」

魔王「おい……」

メドゥーサ「いやー。冗談で応募したら当選しちゃった」

魔王「…………」

メドゥーサ「あっ。これが例の勇者の剣だよ」

魔王「先着30名にプレゼントの銅の剣か」

メドゥーサ「うん。思いっきり普通の銅の剣。ぶっちゃけ使えない」

魔王「何を考えてるんだか……」

メドゥーサ「だよね。人間って不思議」

魔王「つーか、何でバレなかったんだ? 人間じゃないって」

メドゥーサ「帽子で蛇を隠して変装したの」

魔王「おいおい……」



23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 11:09:11.32 ID:Wl2cjfpfo

メドゥーサ「ちょっと顔色が悪いねって言われただけで、全然怪しまれなかったよ」

魔王「……そうか」

メドゥーサ「そんで、実技で軽く攻撃魔法見せたら一発合格。ブイ」

魔王「…………」

メドゥーサ「勇者専用の通行手形までもらっちゃった。これでスパイもやり放題だよ」

魔王「……なんだかんだで有能なんだよな。お前」

メドゥーサ「うむ。ほめて良いぞ」

魔王「はいはい。えらいえらい」

メドゥーサ「むふふっ。私が男の子だったら、お婿さんにしたい?」

魔王「あぁ。わりとマジでそう思うよ」

メドゥーサ「おぉ。愛の告白!」

魔王「違う……」



24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 11:11:47.87 ID:Wl2cjfpfo

メドゥーサ「そっか。魔王ちゃんは、やっぱりスラちゃんの事が……」

魔王「それは無いから」

メドゥーサ「でも、スラちゃんだいぶ強くなったよ」

魔王「そうなのか?」

メドゥーサ「うん。もう初期ダンジョンの中ボスくらいなら務まるかもね」

魔王「冗談だろ?」

メドゥーサ「マジなんです」

魔王「へぇ。この短期間でそこまでねぇ……」

メドゥーサ「ちょっと見に行かない?」

魔王「まぁ、ちょっとくらいなら見てやってもいいかな……」

…………………………
………………



25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 11:15:00.38 ID:Wl2cjfpfo

──人間の城の近くの草原──

勇者A「よーし。まずはスライムで勇者の剣(銅の剣)の試し切りだ」

スライム「あっ。君は勇者だね?」

勇者A「それっ! 勇者の攻撃!」

スライム「スライムはひらりと攻撃をかわした!」

勇者A「えっ? こいつ速い!?」

スライム「それーっ! すらいむあたーっく!」

ぴょこぴょこぴょこぴょこ どーん

勇者A「うわー!」

スライム「勇者を倒したぞ! レベルUPだ!」

…………………………
………………



26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 11:16:37.87 ID:Wl2cjfpfo

スライム「あっ、今度は勇者の群れだ」

勇者B「うーっ。緊張するなぁ」

勇者C「早く戦いたいなぁ」

勇者D「モンスターさーん。出ておいでー」

スライム「とりゃー! 奇襲攻撃だー!」

勇者ズ「わー」「ぎゃー」「きゃー」

スライム「勇者の群れを倒したぞ! レベルUPだ!」

…………………………

──物陰──

メドゥーサ「ほらね。頑張ってるでしょ」

魔王「あぁ。相手は一般公募の駆け出し勇者だけどな」

…………………………



27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 11:19:26.73 ID:Wl2cjfpfo

──数日後──

メドゥーサ「魔王ちゃん。ニュースです」

魔王「何があった?」

メドゥーサ「うん。勇者達が続々と廃業してるの」

魔王「廃業?」

メドゥーサ「うん。勇者やーめたって感じで」

魔王「何でそんな事に?」

メドゥーサ「お城の回りで、延々とスラちゃんに負け続けるのが辛かったみたい」

魔王「なるほど……」

メドゥーサ「偶然とはいえ良かったね。スタート地点に強敵配置の作戦は大当りだよ」

魔王「分からんもんだなぁ。世の中は……」



28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 11:22:50.83 ID:Wl2cjfpfo

メドゥーサ「スラちゃんを誉めてあげないとねぇ」

魔王「そうだな。正直、そこまで使えるとは思わなかったよ」

メドゥーサ「えーと。じゃあ、そこの伝令さん」

伝令「はい」

メドゥーサ「ちょっとスラちゃん呼んできて」

伝令「はい。わかりました」

メドゥーサ「じゃあ、よろしくねー」

伝令「はーい」

メドゥーサ「むふふっ」

魔王「ん? 何を考えてる?」

メドゥーサ「さぁね?」

…………………………
………………
……



29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 11:26:43.16 ID:Wl2cjfpfo

──しばらくして──

スライム「魔王ちゃーん」

魔王「おぅ。来たか」

スライム「何の用事? 結婚してくれるの?」

魔王「しない」

スライム「そんなぁ……」

魔王「でもまぁ、最近よく頑張ってるみたいだから……」

スライム「うん。頑張ってるよ」

魔王「……頭くらいなら撫でてやる」

スライム「えっ? 本当に!」

魔王「あぁ。こっちにこい」

スライム「わーい」

なでなで なでなで なでなで なでなで ……



30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 11:30:01.92 ID:Wl2cjfpfo

スライム「幸せだなぁ。もう死んでもいいかな」

魔王「バカ。この程度で死ぬとか言うな」

スライム「うん」

魔王「お前には、もっと頑張ってもらうからな」

スライム「うん。ボク頑張るよ。魔王ちゃん」

魔王「ははっ……」

???「楽しそうだね。魔王ちゃん」

魔王「ん?」

スライム「……えっと。君は誰?」

勇者?「あははっ。私は勇者。魔王ちゃんを倒しに来たの」

スライム「なっ? なんだって!?」



31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 11:32:22.26 ID:Wl2cjfpfo

魔王「……おい。お前メドゥーサだろ?」

勇者?「さぁスラちゃん。魔王ちゃんを守りたくば、この私を倒してみよ!」

スライム「よっ、よーし。負けないぞー!」

魔王「おい。お前らなぁ……」

勇者?「あははっ。さぁ来いスラちゃん」

スライム「とりゃー! すらいむあたーっく!」

ぴょこぴょこぴょこぴょこ どーん!

勇者?「ぐわーっ! ヤーラーレーター! わりとマジで……」ばたんきゅー

スライム「わーい。勝ったよ。レベルUPだ!」



32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/07/06(金) 11:37:17.09 ID:Wl2cjfpfo

メドゥーサ「……強くなったねぇスラちゃん。お婿さんにほしいくらいだよ///」

スライム「えっ? メドゥーサさんだったの!?」

魔王「馬鹿蛇女。八百長するなよ」

メドゥーサ「いや、わりとマジだったんだよ?」

スライム「……えっ?」

メドゥーサ「ほら。スラちゃん今だよ。私に勝ったら何するんだった?」

スライム「あっ! そうだった!」

魔王「だから無効だ! 八百長だ!」

スライム「魔王ちゃん。ボクと結婚してください!」


おわり



引用元
スライム「魔王ちゃん。ボクと結婚してください」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1341538107/
[ 2012/07/06 22:00 ] 魔王勇者SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。