広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

王妃「早く来なさい、白雪姫」白雪姫「はい…」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 14:48:51.34 ID:BSNXIY2Q0

王妃「全く遅い子だね」

白雪姫「ごめんなさい…」

王妃「ほら、早くここを掃除しなさい」

白雪姫「はい…」

王妃「…」
ジロリ

白雪姫「ビクッ」



引用元
王妃「早く来なさい、白雪姫」白雪姫「はい…」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341208131/
5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 14:49:52.41 ID:BSNXIY2Q0

王妃「…」
ハア…

王妃「あの子ももう16歳…」

王妃「…綺麗になったわね、白雪姫」

王妃「それにあんなに健気でいい子になって…だから余計辛いわ…」

王妃「私は貴方をおびえさせることしか出来ないのが…」
ガックリ

側近「もうしばらくの辛抱でございます」

王妃「そうね、隣国の王子なら、あの子を幸せにしてくれるわ」

側近「王様の手には絶対渡してはなりませぬ」

側近「共に最後まで頑張りましょう」

王妃「…側近、ありがとう。貴方が頼りよ…」



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 14:51:25.83 ID:BSNXIY2Q0

王妃「私が王様に結婚した理由…」

王妃「他でもない…策略結婚よ…」

王妃「『…私と…と結婚しろ…さもなくば戦争だ…』ですって」

王妃「小国の私の祖国と大国のこの国が戦争したら…結果は見えているわ」

王妃「私には…大臣の旦那様と…お腹に赤ちゃんがいた…」

王妃「…結婚するために赤ちゃんは下ろしたの…」

王妃「こうしてこの国と私の祖国は不可侵条約を結んだ…」

王妃「…国民が…私の家族が…これ以上傷つけられずに済むなら…
私がどんな目にあっても良かったわ…」

王妃「この城で…皆から“魔女”と言われようとも…うとまれても」

王妃「ああ…白雪姫…貴方だけはいつも優しかったわ」

王妃「この…血の繋がっていない私をお母様と呼んで…いつもくっついて来て…」

王妃「可愛かったわ…ホントに…娘が出来たみたいで…」

王妃「自分の子とダブられていたのかもしれないけど」

王妃「祖国では夫を裏切り子を殺した罪人、
王宮では魔女と呼ばれる私の居場所は白雪姫の隣しかなかったわ」



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 14:52:56.57 ID:BSNXIY2Q0

王妃「白雪姫のお陰で私は少しでも幸せを感じれたの」

王妃「でも…いつまでもそうは出来なくなったわ…」

側近「…王妃様…」

王妃「あのスケベ…あいつ…」

------------------------------------------------------------------------------------------

王『側近よ』

側近『はっ』

王『王妃をどう思う?』

側近『それは大変美しい…と思いますが』

王『ははっ、確かに気は強そうだがね』

王『あれは…前の王妃にうり二つだ』

側近『王様…』

王『でもな…あれは俺には心から笑ってくれん』

王『そっくりだが何かが全く違う』

側近『…』



11:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 14:54:17.92 ID:BSNXIY2Q0

側近(そりゃそうだぜ、結婚してたのを離婚させて、子どもまで下ろさせて…)

王『でもな…あれ以上に似ている女を見つけた』

側近『誰ですか!?』

王『白雪姫だ』

側近『…なんですと…!?』
まっさお

王『よく考えれば娘だから似てるに決まっている』

王『あれは…成長したらますます美しくなる…前王妃のように』

王『しかも性格もこの上なく似ている』

王『笑い方も…好きなものも…』

側近『…おやめに…』



13:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 14:55:29.09 ID:BSNXIY2Q0

王『側近…逆らうなら…わかっているな…』

側近『…』

王『お前の一族…皆殺しだぞ…』

側近(クソッ、あの時と同じかよ!!今の王妃様の時と…)

王『上手く俺と白雪姫をくっつけろ』

側近『そんな…』

王『そして、年頃の男を一切近づけるな』

王『あれは…そうだな、隠しておこうか』

王『世間には…死んだことにして…な』

王『そして、塔でも立てて、そこに住まわせよう』

王『王妃…あれもついでにサッサと殺せ』

王『あの女が一番たてつくに決まっている』

王『いい加減、あれの国に攻めないのも辛くなってきたのでな』

側近(この外道…!!)
ギリッ



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 14:56:40.86 ID:BSNXIY2Q0

側近『王妃さま…』

王妃『おや、どうしたの側近?』

側近『いますぐ2人で話したいことがあるのです…緊急事態発生です』

王妃『そ…そう、しばらく1人で遊んでてね、白雪姫』



王妃『どうしたの?そんな顔して?』

側近『王妃様、すみません…』
ガバァ

王妃『ちょ、どうしたの!?顔をあげて、側近』

側近『王様の暴走を止められませんでした』

王妃『へ…?』

王妃『もしかして…また増税したの?民衆はあんなに苦しい生活を送っているのに…』

側近『いえ、増税ではありません』



16:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 14:57:36.74 ID:BSNXIY2Q0

王妃『…新しい女の人を見つけたの?』

側近『…そうですが…』

王妃『はぁ…まあいいわ…で、相手は?』

側近『…白雪姫です…』

王妃『…!いま…なんて…?』

側近『貴方が娘のように可愛がっている…白雪姫です…』

王妃『そんな…あの人の実の娘よ!?』

側近『…あの王様は…いえ、あの人は狂っています…』

側近『王様は、姫様を一人占めにしたいがため、世間一般には死んだと公表し』

側近『塔にでも閉じ込めるつもりです!』

王妃『なんてこと…どうすればいいの…』



17:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 14:58:43.25 ID:BSNXIY2Q0

王妃『…王様を暗殺するわ』

側近『ダメです!!』

王妃『決行するチャンスは…夜、共に寝るとき…』

側近『いくらなんでも無理です!!』

側近『あの人は昔、王子のころ最強の戦士と謳われた男ですぞ!!』

王妃『…』

側近『歳をとったとはいえ…この間の剣の舞を見る限り、腕は衰えておりません!!』

王妃『私だって…全く武芸に通じてないわけではないわ…』

側近『ですが…』

王妃『やるしかないわ…どうせ、あの人は私を殺す予定でしょ?』

王妃『…それに、万が一王を殺せたら…私がこの国の権力を握ることが出来る』

王妃『祖国も…白雪姫も守れる』

側近『でも、王妃様!王様は白雪姫の実の親ですよ!!』

王妃『実の親に犯される方が、殺される以上の悲劇よ』



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 14:59:29.94 ID:BSNXIY2Q0

側近『しかし…それでは王妃様は…憎まれてしまいますぞ』

王妃『別にいいわ…私のことなんて気にしないで』

王妃『迎える結末が悲劇なら…全力で…その結末に抵抗するわ…』

王妃『悲劇を希望にかえれるように』





王『zzz』

王妃(今…眠っている…)

王妃(首を絞めるなら、今)

王妃(殺すなら、今!!)
グッ!!

王『!!』



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:00:56.40 ID:BSNXIY2Q0

王妃『死ね!!』

王『ぐふっ…』
グォン!!

王妃(ぐっ…頭を…殴られた)

王妃(なんて力なの…)

王妃(早く…早く死んで…)

王『ぐ…ぐ…』
ガン!ガン!!

王妃(ダメだ…意識が)

王(いまだ!)
ゴフッ!!

王妃『ぐはっ!』
ガタン!!

王『お前、なかなかやるじゃないか』

王『昔…武芸でもやってたか』

王妃『く…』



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:01:41.78 ID:BSNXIY2Q0

王『普通ならさっさと死ぬはず、あんなに殴ったのに…』

王『しかも…俺の足蹴りを食らってもいまだ立っている…』

王妃『…』
チャキ

王『ほう…まだ戦うのか…そんなちっぽけな小刀で…』

王妃『…黙りなさい!』
ブン!!

王『ふん』
スカッ

王妃『逃げるな!!』
ブン!!

王『ホイさっと』
グワン!

王妃『な…腕を掴まれた!?』
ガシィ

王『なかなかの身のこなしじゃないか…』

王『でも残念だったな…俺が相手で…』



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:02:47.76 ID:BSNXIY2Q0

王『小刀は没収っと…』

王妃『くそっ…』
ギリリッ

王『おーこわっ』

王『そうだ、これ、返してあげるよ』

王妃『へ…?』
グサッ

王妃『…ゴホッ、ゴホッ』
ボタボタ…

王妃(小刀が…突き刺さっている…)

王妃(意識が…)



23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:03:30.89 ID:BSNXIY2Q0

王『白雪姫はどうした?』

側近『王妃様がいらっしゃらいので、泣きじゃくってベッドから出てきません』

王『はぁ~…王妃は今地下牢だが…』

側近『昨日から何も食べてはおりません』

王『面倒なことにしてくれたな、あの女…』





白雪姫『お母様…ぐすん…』

王妃(…とうとう幻覚も見るように…もう先は長くないわ…)

白雪姫『お母様…お母様…』

王妃(…)

王妃(本物なの…?)



24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:04:52.99 ID:BSNXIY2Q0

白雪姫『お母様…お城のみんながいうの…お母様が悪いことしたから…』

白雪姫『だから閉じ込められてるって…』

王妃『し…白雪姫…』

白雪姫『私がイタズラしてもいつも許してくれる…』
グズグズ

白雪姫『…確かに罰は受けたりするけど』

白雪姫『何で…そんなひどいことしたの…?』

白雪姫『許してくれないの…?』
ボロボロ

王妃『…それほど酷いことを私はしたのよ』

王妃『まねしちゃだめよ』
ニコリ



25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:05:57.98 ID:BSNXIY2Q0

白雪姫『…』
グズン、グズン

王妃『ほら、笑いなさい、私は元気だし…』
ズキズキ

王妃『私は…本当に大丈夫よ、それよりどうして貴方はここに忍び込んだの?』

白雪姫『私1人通れるくらいの抜け穴があるの…』

王妃『悪い子ね、こんな危ない所来ちゃダメよ』

王『そうだぞ!』

王妃『!?』

白雪姫『…お父様…どうして』

王『このイタズラ娘!』

白雪姫『ごめんなさい…ごめんなさい…』
ウワアアアン

白雪姫『でもお母様に会いたくて…』

王妃(白雪姫…)



27:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:07:05.34 ID:BSNXIY2Q0

王妃(ごめんなさい…私は貴方を守れそうにないわ…)

王妃(…王様のあの目…)

王妃(あの表情…あれは娘を見る目なんかじゃない…)

王妃(一人の女を見る目…)

王妃(信じられない…こんな小さな子に…)

王妃(側近から最初聞いた時は正直半信半疑…
きっと側近じゃなかったら信じなかったわ…)

王妃(でも…こうして見ると…ますます真実味を帯びてくるわね…)

王妃(…やっぱり死ねないわ…)

王妃(私の祖国だけじゃない…)

王妃(この小さな…白雪姫が…この男とくっつくなんて…絶対許さない)

王妃(この子を…どうやったら救えるの…?)



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:07:51.79 ID:BSNXIY2Q0

王『さて、どうして私を襲ったのかい?』

白雪姫『…ぐすっ…どういうこと…?』

王『丁度いいね、白雪姫、この女は私の首を絞めたんだよ』

白雪姫『…嘘つかないで…お母様はそんなことしないわ…』

王『悲しいことに…真実だよ』
ハアッ…

王『白雪姫…この女、お前の本当のお母さんに…そっくりだけど…中身はまるで違う』

王『この女はね、魔女だよ』

白雪姫『嘘よ!!お母様はいつも優しかったもん!!』

白雪姫『お母様は…本当のお母様は、この人だもん!!』

王『やれやれ、子どもだから仕方ないか』

王『王妃…白雪姫と会えるのもこれで最後だからな』
ニヤリ



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:08:45.28 ID:BSNXIY2Q0

王妃(白雪姫…)

王妃(…考えなさい…何としてでも…)

王妃(この子の未来を守るのよ…)

王妃(…前の王妃と私が似ている…)

王妃(…白雪姫も似ている…)

王『お前はいつもつまらなさそうだ…』

王妃(…私に熱をあげていた頃…そんなことをいっていたわ…)

王妃(…この人は前王妃を溺愛していて…今でも彼女の愛情に飢えている)

王妃(前王妃に似ている私が相手にしなかったばっかりに…
白雪姫に関心がいってしまったのね)

王妃(…最終手段よ…これだけは絶対したくなかった)

王妃(…でももう、こうでもいわないと…それだけ王と溝が出来ている…)



32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:09:53.66 ID:BSNXIY2Q0

王妃(…白雪姫、貴方を私は…傷つける事になるけれど…
これしか貴方を守れる可能性がないわ)

王妃(私の不甲斐無さに腹が立つ…!最初から…)
ギュ

王妃(私がもっと王様の機嫌をとればよかったのよ…
そうしなかったから白雪姫を傷つける結果になるのよ)

王妃(ああ…神様、白雪姫…私を許して…)

王妃『王様…』

王『ん?』

王妃『王様はいつも私を見てくれないじゃない…』

王『…?』



33:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:10:41.54 ID:BSNXIY2Q0

王妃『…私じゃなくて、私を前の王妃に見立てているだけじゃない!』

王妃『私は、私を愛してほしいの!!』

王妃『ああもう!!このガキなんかばっかり見て!!』

白雪姫『へ…?』

王妃『この子がそんなに大事!?』

王妃『ねえ!?私は好かれたかったからこいつと仲良くしてたの!!』

白雪姫『そんな…お母様…うそでしょ…?』

王妃(…ごめんなさい、ごめんなさい…)
ズキズキ

王妃『お黙りなさい!!』

白雪姫『ひっ…グスッ』



34:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:11:40.72 ID:BSNXIY2Q0

王妃『…それだけ私は貴方を好きなのに』

王妃『貴方こそ、私を見てないじゃない!!』

王妃『だから、殺してやりたかった!!』

王妃『…王様…あなたを…私のものにしたかったから…!』

王妃『ねえ…嫉妬させないでよ…』

王妃『ねえ、私を…悪い女にさせないでよ…』

王『…へええ』
ニヤニヤ

王『…おい、守衛』

守衛『はっ』

王『王妃を出してやれ』

守衛『な…しかし…』

王『なかなか可愛い奴じゃないか…』

王(まあ…嫉妬の件は…面倒だがね…)

王(俺を愛するあまり…ってやつか、思ったより気分が良い)



35:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:12:50.78 ID:BSNXIY2Q0

ガチャン

王妃(…かかったな、馬鹿野郎)

王妃(でも…白雪姫…)

王妃(いいわ…私は嫌われても良い)

王妃(だから…せめていい所に何としてでも嫁がせてみせる)

ダダダッ

王妃『王様!!』
ガシィ

王『おう、積極的じゃないか』

王妃『…何を見ているの』

白雪姫『…お母様、悪い冗談でしょ』

王妃『私はあんたの母親になった覚えはないわ』
バシィ!

白雪姫『ううっ…うわあああん』

王『こらこら、いじめるんじゃない』



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:13:43.63 ID:BSNXIY2Q0

王妃『なら、あんな子に出来る限り会わないで!!』

王妃『ねえ、王様ぁ』
うるうる

王『…わかった、わかった…』
ナデナデ

白雪姫『…ぐすん』



王妃『側近…側近…うわあああん』

側近『王妃様…』

王妃『私…あの子を殴ったわ…』

王妃『あの子を泣かせたのよ…』
ぼろぼろ



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:14:36.50 ID:BSNXIY2Q0

側近『王妃様、しっかりてください』

側近『今回のことは私にも責任はあるのです』
ギリリッ

側近『だから…ご自分をお責めにならないように…』

側近『…王様が考えを改めるように説得してみます』

王妃『うっ…うっ…』




側近『…ですから、王様、今回の件は貴方にも問題はあるのです!』

王『ほう…側近の癖に、いうではないか』

側近『貴方が姫様を女とてみるからにございます!』

側近『お考えなおし下さい!!』



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:15:20.57 ID:BSNXIY2Q0

側近『偉大な貴方様は天国に行かれるべきなのに、こんなことを続ければ…』

側近『やはり道徳に反します!!』

側近『神が許されるとお思いですか!?』

側近『お願いにございます、我が親愛なる王、しばらく距離を置きになって下さい!!』

王『側近、いうことはそれだけか?』

側近『ええ、まあ…』

王『…お前たち、側近を連れて行け』

兵士『え…はっ!』
バタバタ

側近『く…!』
グッ

王妃『おやめなさい!!』

王『王妃…』

側近『王妃様…』



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:16:29.46 ID:BSNXIY2Q0

王妃『全ては私…私が側近に指示をしたのです』

王妃『王様、女を見くびってはいけませんわ』

王妃『…王様が白雪姫、あの小娘を女として見ているのは分かっているのですよ』

王『…ほう』

王妃『私は…許せませんわ!!』

王妃『あの女が王様の視界に入ること自体!!』

王『…お前、嘘をつくの上手いな』

王妃『!?』

王『可愛げのある奴と思った俺がばかだったわ』

王『白雪姫の為にやっただろう』

王『俺とくっつけさせたくないがためにねぇ』
ハァ~



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:17:10.08 ID:BSNXIY2Q0

王『第一変だと思ったんだ、あんなに仲が良かったんだからさ…』
ジロリ

王妃(…しまった…墓穴を掘ったようね…どうすれば…)

王妃(…これだ)

王妃『いいですわ…そんなにおっしゃるならば…』

王妃『いいですか、貴方達!』

兵士『わっ、は!』

王妃『白雪姫を連れてらっしゃい!!』
ドンドン!!

兵士『わ、わかりました!!』
バタバタ


兵士『連れてまいりました!!』

王妃『こっちへきなさい!!!』

白雪姫『ガタガタ』



41:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:18:14.17 ID:BSNXIY2Q0

王妃(可哀想に…こんなに震えて…)

王妃『…王様…私の思いをご覧ください…』
ガタッ!

王妃(ああ…ああ…誰か…助けて)
ガシィ

王妃『…殺しますよ、この子を』

白雪姫『あう…』
ガタガタガタ

王『やれるもんなら、やってみな。首にあてた小刀を引けばいい』

王妃『…』

白雪姫『お…お母様…』
ガタガタガタ…

王妃(…いやだ…これをしたらもう…この子との関係は…修正不能になってしまう)

王妃(…でも、今私がやらなきゃ…この子は…塔に閉じ込められて…)

王妃(…)
ギュッ



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:18:57.65 ID:BSNXIY2Q0

王妃『うわあああああ』
ブン!!

白雪姫『う…』
ツーッ

王『む…』

王妃『…次は切り傷ではすませませんよ』

王『…わかった、やめろ』

王妃『…ありがとうございます』

王妃『私が責任を持って、この子の面倒を見ますわ』

王『この子をどうするんだ…』

王妃『こき使わせるのです、私の離れの城でね』

王『…何!?』

王妃『おっと…反論なさらないでね』



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:19:50.44 ID:BSNXIY2Q0

王妃『この子が殺されたくなければ…私の言う条件を飲みなさい』

王『くっ…わかった、何だ』

王妃『一つ目はあなた』
ニヤリ

王妃『私が貴方を愛するように、貴方も私を愛してね』

王『…』
ゾクッ

王妃『2つ目』

王妃『私の離れの城に来ないでね。白雪姫に会うためなんて、絶対ゆるさないわ』

王妃『これらを破ったらどうなるかわかるかしら』

王妃『…白雪姫を、最悪な目に合わせるからね』

王『…良いだろう』

王妃『ふふふっ…これで、貴方は私のもの…』

王『くそっ…恐ろしい女だ…』

王妃『ちがいますわ…私の、王様への愛ですわ…』



45:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:20:35.18 ID:BSNXIY2Q0

王妃(あれから十数年…)

王妃(流石に一度も会わないってわけにはいかなかったけど)

王妃(それでも最小限に食いとどめたわ)

王妃(側近の努力で…私も毒殺もされずに済んだし…)

王妃(あの日の全力の演技のお陰で…とりあえず私は王様を愛している、
ということにはなってるし)

王妃(この間、隣国の王子に白雪姫の姿を少し、見せる事に成功したわ…)

王妃(そしてお城に手紙が届いたわ…婚約の許可の…)

王妃(隣国の王子の評判はすこぶる良いと聞くし…)

王妃(どうか、このまま上手くいって…)



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:21:18.83 ID:BSNXIY2Q0

『こっちへきなさい!!!』

ブンッ!

(ああ…ああ…)

ポタポタ…


白雪姫「いやあああっ!!」

白雪姫(…まただわ…)

白雪姫(またあの夢を…)

白雪姫(…お母様…)

白雪姫(あんなにやさしかったのに…本当は…)
ポロポロ

白雪姫(お母様、私は貴方が大好きだった…)

白雪姫(私の思い違いだったのね…)
ポロポロ

白雪姫(だけどね、今でも、私のお母様は貴方ただ1人なのよ…)
グスン



47:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:21:54.87 ID:BSNXIY2Q0

白雪姫「…」
フキフキ

女官(あれ、お姫さまよ)

女官(ああ、おいたわしい)

女官(あんなにお美しいのに…)

お手伝い(あの魔女に脅されてるらしいのよ、王様)

メイド(聞いたわ、姫様を殺されたくなかったら、姫様をこちらへよこせと)

女官(最低だわ、あの女、ホント屑!)

お手伝い(でも無理よ…私達じゃ歯向かえない…だって、魔女だもの…)

女官(ホント…悪知恵は働くのね…)

メイド(前王妃様にそっくりに化けて出てきた挙げ句、弱みを握ったそうじゃない)

メイド(あ、しかもね、毎夜鏡に話しかけてるのよ、世界で一番美しいのはだれって)

お手伝い(うわああ)



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:22:26.61 ID:BSNXIY2Q0

王妃「白雪姫!」

白雪姫「はい、お母様」

王妃「まあ!なんて不出来な子!!」

王妃「雑巾がけも出来ないなんて!!」

白雪姫「すみません」

王妃「もう一度!!やり直しなさい!!」

白雪姫「はい…」

王妃「おっと」
ガシャーン

王妃「あら、ごめんあそばせ、雑巾のバケツの水をこぼしちゃったわ」

白雪姫「…」



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:24:08.19 ID:BSNXIY2Q0

召使(おいおい…あたしらより綺麗に磨いてるのに…)

召使(サイッテー!!)

王妃(隣国の王子今日我が国に訪れる…)
コツコツ

王妃(そしてここを通りがかるはず)

王妃(ここで掃除している白雪姫をきっと見るわ)

王妃(王は…私を理由に、結婚を許可させないでしょう)

王妃(だから…少しでも、王子が無理にでも、この子を救い出そうとしてくれれば…)

王妃(この子は…こんな生活からもおさらばになれるわ…)



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:24:44.22 ID:BSNXIY2Q0

白雪姫(…なかなか綺麗にならないわ…)

白雪姫(…こことかに屑ゴミが…)

白雪姫(ああ、なかなか終わらないわ…)

白雪姫(今日は特に機嫌が悪かったみたいね…)

白雪姫(お父様と…喧嘩でもしたのかしら…?)
フキフキ

白雪姫(ふう…あらかた終わったかしら…?)
ピカピカ

コツコツ

白雪姫(あっ、誰か来たわ…お辞儀しないと)

白雪姫「いらっしゃいませ…お父様に御用事ですか?」

王子「君は…あの時の…?」

白雪姫「?」



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:25:26.33 ID:BSNXIY2Q0

王子「あ、はじめまして、隣国の王子です」

白雪姫「ま、まあ、王子様とは知らず、ご無礼を」
アセアセ

王子「い、いや、おきになさらず」

王子「それより、あなたは白雪姫でしょう?どうして…そんなボロを…?」

白雪姫(どうして私の名を知っているのかしら?)

白雪姫「…私掃除が趣味なので…」

王子「変わった趣味ですねえ、はははっ」

白雪姫「そうでしょう、ふふっ」

王子(なんて…健気な子だ…王から聞いていたが…助けを求めもしない)

王子(しかも、笑った顔…こっちが恥ずかしくなるくらい、美しい…)

王子(一刻も早く…この国の王妃の手から救い出したい…)

白雪姫「ではこれで失礼いたします」



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:26:26.34 ID:BSNXIY2Q0

トコトコ

王子「…」




王子「王様、貴方の娘さんを、白雪姫を是非とも僕の妻に迎えさせて下さい」

王「おお、今すぐにでも…と、いいたいところだが、私の妻がね…」

王「あいつが…姫を強制的にこき使っておるのはしっているな?」

王子「はっ、ここに訪れる前、手紙の返事で聞きました」

王「すまない…説得してみるが、あの女はどうしても私を手放したくがないため」

王「白雪姫を人質に取っているのだ」



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:27:00.98 ID:BSNXIY2Q0

王「大切な1人娘、白雪姫の命が惜しければ、白雪姫の世話をみさせろといってな」

王子「…なんてやつだ…」

王「白雪姫に…自分の義理の娘に嫉妬し…彼女に苦しみを与えたい…ということだ」

王「とんでもない…奴だ」

王「…一刻も早く娘を救い出したいのに…自分が不甲斐無い…」
ギュウウウ

王子「…王様…」

王子「私、今から王妃様にあって、説得してまいります!!」
パタパタ

バタン

王(…まさかこんなところであの女の執着が役に立つとはね)

王(…何が妻としてだ…)

王(あの娘を貰うのは私の方だ…)
ニヤニヤ



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:27:51.10 ID:BSNXIY2Q0

王子「王妃様、私に娘を下さい!!」

王妃「すみませんが、王子様、あの子は愚かな子です」

王妃「何も指示したことができませんの」

王妃「お引き取りになって」

王子「いいえ、第一王妃が掃除なんてする必要はありません!」

王妃「はあ…卑しい子をそんなに欲しいのですか?」

王子「卑しいですって…そんなことはないですよ!」

王子「健気な素敵な子ですよ!」

王妃「ふふっ…そう思うなら…」

王妃「無理矢理にでも連れさらってみなさい」

王妃「この魔女と呼ばれる女が相手しますわよ」

王子「…受けて立ちます…」
バタン!!

王妃(…もうそろそろよ…まってて…白雪姫…)



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:28:37.23 ID:BSNXIY2Q0

王子「王様!」

王「おう、王子!結果は!?」

王子「無理矢理連れ去れと。」

王子「あの女…魔女が相手すると」

王「なんだと…」

王子「私、いったん帰国します」

王子「後、1週間の後、この国にまた訪れます!」

王「…そ、そうか」

王子「そして…魔女退治を行います」

王子「王様、貴方様も救ってみせます」

王子「この地にまた足を踏み入れる事をお許しください」

王「許可しよう…」
ワナワナ



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:29:37.58 ID:BSNXIY2Q0

王子「では、本日の所は失礼します」

王「…また会えるのを楽しみにしておるぞ…」

王子「はいっ」
スタスタ



王(…あの女…そう来たか…)

王(くそっ…あのアマ…最初からやっぱりか…)

王(あの時怪我させたのも…全て演技か…)

王(白雪姫を俺の手から引き離す…策略…)

王(くそう…騙されてた…本気で俺のことを好きだと思ったのに…)

王(…何が魔女だ…)



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:30:07.27 ID:BSNXIY2Q0

王(俺は魔女くらい、今まで会ったことはあるわ)

王(本物なら…もっと“気”が違う…)

王(いくら魔女でなくとも無理に救おうでもしたら殺されかねない…)

王(あの女は武芸は並みの兵士よりずっと出来るからな…)

王(だから、今まで仕方なしに白雪姫を渡してやってたのだ)

王(…ふふっ、でももうあの女の陰謀をいとも簡単に壊せるぞ)

王(最初から殺す気がないのだ…)

王「楽勝ではないか…」



59:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:31:41.55 ID:BSNXIY2Q0

狩人「お姫様」

白雪姫「あら、狩人様、何の御用事で?」

狩人「あんたさまの王様から指示があってですだ」

白雪姫「…お父様から?」

狩人「実はですだ…姫様、隣国の王子は知っておられますか?」

白雪姫「ええ」

狩人「彼が…姫様に婚約を求めておりますで…」

白雪姫「まあ…」

狩人「それを…貴方のお母様が妬んで…貴方様を殺そうとしております」

白雪姫「…本当ですの?」

狩人「私の仲間が、貴方様を森へ連れて行き、殺して心臓を取れと命令されたと
聞きました」

狩人「なので、私めは、とある場所にお姫様を極秘で
連れていくように命を下されたのですだ」

白雪姫「…そうなのですか」



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:32:14.76 ID:BSNXIY2Q0

狩人「今は王妃様はいません」

狩人「逃げますぞ、お姫様」

白雪姫「ええ、分かりましたわ」

白雪姫(…本当なの、お母様…)








町人「なんだい?」

商人「そうそう、王妃様の話さ」

町人「王様もとんだ女もらっちまってね~」

商人「それがよ、税金の値上げ、あれの原因がその女らしいんだ!!」



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:33:39.20 ID:BSNXIY2Q0

町人「なに!?」

商人「それだけじゃない。あの女が来た頃から数々の悪法ができたろ?」

町人「…まさか」

商人「ああ。王様の娘…姫様を人質にとってるとか」

商人「しかも散々コキつかってるらしいぜ。」

町人「なんてこった!!」

商人「でもな、隣国の王子さまが姫様をみそめたそうだ」

商人「今度あの王妃…もとい魔女と決闘するらしいぞ」

町人「…是非とも王子様には頑張ってもらいたいな」






王「側近、いるか?」

側近「はい、ここに」

側近(…私に相談なしで…こいつめ…)



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:35:02.84 ID:BSNXIY2Q0

ごめんなさい
側近の最後のセリフミスしました

--------------------------------------------------------------------

王「側近よ、私は王妃に関する情報を国中にまいた」

側近(…私に相談なしで…こいつめ…)

王「側近や、今すぐに王妃…魔女の討伐命令をくだせ」

王「白雪姫が殺された…いまこそ、民の怒りを、そして我が娘の無念を晴らすために…」

王「王妃を…あの魔女を殺せ」
ニヤリ

王「演説のセリフはこれで決まりかねぇ」

側近「王様…」

王「お前の娘…今何歳かな」

王「きっと楽しい未来が待っていることだろう…」
ギロッ



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:36:14.06 ID:BSNXIY2Q0

側近(…クソッ!!)

側近(王妃様…すみません)

側近「…仰せの通りに」
ペコリ

王「よろしい」




ザワザワ、ガヤガヤ

町人「ちょ、押すな馬鹿!」

農民「おい、王様が今から緊急で演説なさるぞ!黙れ!!」

王「勇気ある国民諸君」

王「私は皆に謝らねばならない」
ガバッ



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:37:23.85 ID:BSNXIY2Q0

王「あの女…王妃、いや魔女と結婚したばかり…貴方がたに苦労させてしまった…」

王「本当に申し訳ない…」

ガヤガヤ、ガヤガヤ

王「しかし諸君…時はきた!!」

王「人質にされていた姫…我が娘は殺された!!!」


(なんてこった…ひでえ)
(お姫様が…)
(最低だな、本当に)

王「私はあの魔女を討つ!!!」

王「諸君の苦しみを…娘の無念を晴らすため!!!」

王「諸君にも…苦労をかけるが協力してほしいのだ!!!」

王「この通りだ!!」



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:37:54.78 ID:BSNXIY2Q0

(…王様あんなに…土下座までして…)
(聞いたかい?俺らの救済法を制定したのはあの王様らしいぜ)
(そうそう、魔女の圧力をかいくぐってなんとか制定したそうだ)
(…あんないい王様いねえよ)
(そうだそうだ!)
(王様万歳!!)
(王様万歳!!)

ワーワー!!!

王(…ちょろいもんだ)



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:38:41.57 ID:BSNXIY2Q0

側近「…大変なことになったぞ…」

側近「救済法を制定したのは王妃様なのに…」

側近「民の誤解を解かねば!!」

側近「…いや、もう無理だ」

側近「王妃様の所へなんとか駈けつけ、にがさねば…」

ドサッ!!

側近「…ナイフが壁に…」

側近「そうか…わかったよ」

側近「…私は今夜中に殺されるんだな…」

側近「あの王のことだ…このことを知るもの全員…殺してしまうだろう」

側近(しかし…どうやって伝えようか…)

側近(そうだ…伝書鳩…)

側近(あれを使おう…)



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:39:35.06 ID:BSNXIY2Q0

王妃「…白雪姫の姿が見えないわ…」

王妃「井戸へいったのかしら…」

王妃「あれは伝書鳩…?側近から?」

王妃「なになに…?」

-----王妃様へ----

大変なことになりました

王様が動き出しました。どうもばれかかっているようです

私達の計略が

姫様を森の、あの7人の小人のいる小屋へ連れていったのです

7人の小人とは、王様の若かりし頃の戦友です

彼らは知恵、力共に人間以上です

王様は彼らに姫様をかくまってもらうようです

そして王子には、姫はあなたに殺されたと伝えるようです!!

王子は一週間後にこの国へ再びきます



70:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:40:16.69 ID:BSNXIY2Q0

小人達の小屋は…森の奥に花が咲き乱れてる、泉のある所です

王妃様、小人達は知恵はあるといいましたが
生活リズムはめったなことがなくてはかえません

これは彼らのある意味、弱点なのです

昼は炭鉱で働き、夜に帰ってくるのです
ようするにその間白雪姫は家で1人

一週間のうちに姫様が王子に会えるように手を打たねば、
姫様を救うどころか、貴方様も確実に

王妃「…ここに血が付いている?」

王妃「ここから…字も止まっている…」

王妃「…まさか…側近…」

王妃「…ぐすっ…側近…無事でいてくれ…」

ガタン!ゴトン!!

王妃「!?」



71:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:41:27.42 ID:BSNXIY2Q0

<王妃!いや、魔女!!出てこい!!>
<お前のやったことなどお見通しだ!!>
<白雪姫様を散々いじめて!挙げ句の果てには森で心臓をとってこいなど!!>
<いま、お前を討伐する指示が出たぞ!!>
<堪忍して出てこい!!!>
<おい!!俺らの増税の原因もお前だそうだな!?>

王妃「…そういうことか…計ったな、王」
ギリッ

王妃「随分私の評判を使って散々やってくれたわね…」

王妃「…私が用意してないとでも思ったの?」

王妃「…貴重品をこの隠し扉に隠して…」

王妃「…この城を燃やそう…もう帰っては来れないのだから」

王妃「さて、もってく荷物の確認…」
ガサガサ

王妃「光玉…これで撹乱できるか…な」



72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:43:00.43 ID:BSNXIY2Q0

王妃「…ふっ、本物の剣を持つのは久しぶりだわ…」
ズシッ

王妃「…雑魚兵士ならよいのだけど…」

王妃「…ひさびさに腕がなるわね…」

バタン





白雪姫「わあ、綺麗な場所!」

狩人「でしょう。今からしばらくの間、ここで暮らすのですだよ」

白雪姫「まあ!」

狩人「あの小屋。あそこに王様の戦友の7人の小人がいます」



73:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:43:45.23 ID:BSNXIY2Q0

狩人「あの者達は賢く、また力もあるし、親切ですだ」

狩人「彼らの言うことを聞けば、王妃様を恐れる必要もありますまい」

白雪姫「そう…ね」

狩人「お、丁度、小人達も帰ってきましたぞ」

狩人「では、お姫様、私はここで」

白雪姫「わざわざ、ありがとう」

狩人「なあに、お姫様のためですだ」

狩人「戸締りにはくれぐれも気をつけて」

白雪姫「ええ」



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:44:16.06 ID:BSNXIY2Q0

兵士「おい、狩人」

狩人「へい」

兵士「お前だな!姫様の心臓をとるように命じられた魔女の仲間の狩人とは!!」

狩人「ちがいますだ!王様から…」

兵士「問答無用!!」

狩人「うっ!!」
グサッ!!



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:44:47.81 ID:BSNXIY2Q0

白雪姫「はじめまして、小人さん」

小人「おお、あれの娘か!べっぴんじゃないか!!」

小人1「俺は小人1だ」

小人2「2ですぅ~」

小人3「3だ」



小人7「7だ。しばらくよろしくな」

白雪姫「ええ、よろしくお願いいたします」

小人4「わははっ、だいぶ腰の低いお姫様だ」

小人6「そうだなあ~。あんたの親父は最初の態度はひどいもんだったぞ」

小人5「ちょいちょいちょい、これから日がくれるから、まずは飯を用意しようぜ!!」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:45:27.18 ID:BSNXIY2Q0

小人達「おう」

白雪姫「あの…」

小人達「ん?」

白雪姫「私は作りますよ、料理は得意ですの」

小人達「やったあ!!」

小人1「いや~2の作るスープのだまの多さは以上で嫌だったところだ」

小人2「なんだってぇ~それを言うなら、1だって鳥さばくのへたくそじゃん!」

小人3「お前ら2人とも…料理下手過ぎなんだよ」

小人1、2「ぐうう」

「わははははっ」

白雪姫「ふふふっ…あはははっ…」

白雪姫「…」



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:46:10.09 ID:BSNXIY2Q0

王妃「はあっ…ッ…」

王妃「…相手が弱くて助かった…」

王妃「…一体どうしようか…」

王妃「白雪姫に会って…いっそ真実を述べようか…」

王妃「…いや、ダメだわ…」

王妃「…私にいじめられた…傷はそれだけでイイの」

王妃「血のつながった父親が…まさかそんな人だったなんて…それこそ最大の悲劇よ…」

王妃「何のために悪魔になる決心をしたの…」

王妃「…悪役は最後まで徹底して悪を演じるものよ…」

王妃「…さて、薬草を探しましょう…」
ガサゴソ



78:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:46:52.46 ID:BSNXIY2Q0

小人達「では白雪姫、いってくるよ」

小人達「夕方まで帰ってこないから、誰が来ても扉を開けてはいけないよ」

小人達「じゃあね、くれぐれも、開けちゃダメだよ!」

小人達「あ、今夜は第一の山場の話だから楽しみにしといてね!!」

白雪姫「わかったわ。今夜のお話、楽しみにしてますね」

バタン


白雪姫「お掃除はこれで終わりっと」

白雪姫「編み物でもしようかしら…」

白雪姫「こんな綺麗な服を着せてもらうなんて…何年ぶりかしら…」

白雪姫「…お母様…私は…貴方を今でも慕っております…」

白雪姫「昔…あんなによくして貰ったこと…1日も忘れてません…」

白雪姫「…王宮で1人ぼっちの私に…接してくれたあの日から…」

白雪姫「…お母様が来た直後のあの毎日は…本当に夢のようでした」



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:47:43.92 ID:BSNXIY2Q0

トントン

白雪姫「…」

「誰かいませんかぁ~」

白雪姫(お母様の声ではないわ…)

白雪姫(でも…警戒しないといけないのね…)

白雪姫(無視を決め込もう)

「お暇な貴方に、心ときめく商品を!」

白雪姫(…訪問販売?)

「奥に隠れている可愛いお嬢さん」

「出ていらっしゃいな」

白雪姫(…ばれているの?)

「ふふっ、私はこう見えても販売のプロよ」

「留守か、留守じゃないかくらい、わかるわよ!」

「大丈夫、窓際にいらっしゃい!」



80:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:48:23.98 ID:BSNXIY2Q0

白雪姫(…)
そろそろ

「おやまあ!なんて綺麗なの!!」

白雪姫(…顔は帽子と髪で見えないわ…もしかしたら、お母様かもしれない…)

「貴方には、よい髪飾りをあげましょう」

「あ、櫛もありますわよ」

白雪姫(…手がボロボロ…お母様はこんな手では無かったわ…)

白雪姫(うでも…薄く血がにじんでいる…)

白雪姫(この人はお母様ではないわ…大丈夫ね…)

「そうそう、こうしお座りなさい」



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:49:10.42 ID:BSNXIY2Q0

「まあ、大変綺麗な黒髪ね」

「ちょっととかしてあげるわね」

白雪姫(…)
バタン!!

王妃(…これでしばらくは起きないはず)

王妃(…まさか白雪姫にここまで手を出すとは思っていないでしょう?)

王妃(…あの人から守る…王子にこのことを少しでも広めなくては…)

王妃(ここで私から隠れていることを…)

王妃(…この森が…薬草や毒薬ばっかりでホントによかったわ)

王妃(髪から浸透する気絶薬を作れたから)



82:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:49:58.77 ID:BSNXIY2Q0

小人達「ただいま~」

小人2「ううっ~おかな空いたよ~」

小人4「わははははっ、白雪姫どこだい、」

小人1「どこじゃねえぞ!!倒れてる!!」

小人3「なんだと!?」

小人7「おい、どけ」

小人5「ちょいちょい、看護は俺の担当だぞ、7」

小人7「呪文が入ってるかもれんぞ。呪文系は俺の専門だ」

小人1「とにかく、そばに落ちてるこの櫛が原因っぽいな」

小人2「う~ん…いくつかの薬草の臭いがするよ~」

小人7「…呪文もかかってないな」

小人5「ちょいちょい…心臓は動いてる…気絶…麻酔の効果があるようだな、これ」



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:50:47.51 ID:BSNXIY2Q0

小人5「いくつかの薬草…毒草を混ぜてある」

小人5「人体に影響は無しだろうな…」

小人5「髪を洗えば多分すぐ目を覚ますだろう…」

小人3「…王にこのことを伝える」
がさぞこ

小人1「おう…頼んだぞ」





白雪姫「ごめんなさい、心配掛けてしまって…」
シュン

小人4「わはははっ、大丈夫だよ、でも今度はもっときをつけるんだ」

白雪姫「はい…」

小人3「そうだぞ…誰も入れるな…無視をしろ」



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:51:32.35 ID:BSNXIY2Q0

白雪姫「分かったわ…」

小人5「ちょいちょい、ご飯たべようぜ~」

小人7「そうだな、とりあえず食べようぜ」

みんな「いただきまーす」





王妃「…あの子は目覚めたようね」
コソッ

王妃「やっぱり…あの小人達は…一筋縄ではいかないのね…」

王妃「…極秘の眠り薬…これをのませないといけないようね…」



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:52:16.68 ID:BSNXIY2Q0

王妃「目が覚めない、となったら、お城では大騒ぎになるでしょう」

王妃「そして街中に噂を流すの…」

王妃「白雪姫は本当は生きていると」

王妃「…隣国に手紙を書かなくては…」

王妃「…私はここにいる…ここへ来い…とね」

王妃「王子が1人で来ないように…王様にも、会いたいと書き添えて」




白雪姫「今日も昼は1人ね」

白雪姫「今日は何をしようかしら」

白雪姫「そうだ、この服、繕ってあげようかしら」



86:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:52:52.83 ID:BSNXIY2Q0

白雪姫「その後洗濯しましょう」

ガサッ!!

白雪姫(何!?)

白雪姫(お母様…?)
こっそり

白雪姫(あ…庭に人が倒れている…)

白雪姫(でも…無視を決めこまねば…)

白雪姫(…ダメだわ、やっぱり見捨てられないわ…万が一本当に病人だったら…)

白雪姫(でも…お母様だったら…)

白雪姫(…ああもう…!)
バタン!!

白雪姫「大丈夫ですか!?」

「あ…ああ、み、水を…」



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:53:35.62 ID:BSNXIY2Q0

白雪姫「水ですね!!少し待って下さい!!」
タッタッタ…

白雪姫(汚れがひどくて顔が分からなかったわ…)

白雪姫(しかもボロボロの服…)

白雪姫(森で迷子になったのかもしれないわ…)

白雪姫「さあ、水ですよ!」

「ああ…ああ…ありがとう…」

「お礼に…売り物のリンゴをあげよう…」

白雪姫(…おかしいわ…)

白雪姫(倒れるほど喉が渇いて辛いなら、リンゴを私なら食べるわ…水気も多いし)



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:54:37.07 ID:BSNXIY2Q0

白雪姫(…ここはリンゴだけもらって、家へ帰ろう)

白雪姫「ありがとうございます。それではお気をつけて…」

「まちなさいな、この場で食べていきなさい」
ガシィ!

白雪姫「!?」

白雪姫(なんて…強い力かしら…振り切れない…)

「口にあったらあと2、3個あげますよ」
ニヤァ

白雪姫(…ああ、計略にはまったわ…)

白雪姫(…食べなかったらどうなるのかしら…)

白雪姫(もしかしたら…殺されるかもしれない)

白雪姫(いえ、食べても死ぬわ…どの道、死ぬのね…)

白雪姫(…ああ)



89:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 15:55:10.16 ID:BSNXIY2Q0

白雪姫(…ああ)

白雪姫「…ではお言葉に甘えて」
ガリっ!

ばたり

王妃(ごめんなさいね…私の可愛い娘…こんなに辛い目に合わせて…)




小人1「たいへんだああ!!白雪姫がまた倒れてる!!」

小人6「よく外にでるねぇ~あの子、やっぱあの親父の子どもだわ」

小人3「そんな悠長なこといってる暇はない」

小人7「…昨日に引き続き、呪文はかかっていない」

小人2「ううん…やっぱり薬草と毒草の臭いが酷いよ…」

小人5「ちょいちょい…めんどうだ」



115:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 17:04:18.32 ID:BSNXIY2Q0

小人5「無茶苦茶複雑な配合だ…この感じは見たことはない」

小人5「さらに…原因は身体の中だから…」

小人5「診断しづらい…解毒を作るのに一体どれくらい時間を費やすか…」

小人5「多分…強力な眠り薬…であることしかわからない…」

小人5「昨日のように何か落ちてればいいのだけど…」

小人5「そんなヘマはしてないと…」

小人4「王に…手紙かくよ」

小人1「…笑ってないお前って珍しいな」



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 17:06:15.04 ID:BSNXIY2Q0

王「…予定外の出来事だ…」

王「あの女のことが分からなくなってきたぞ…」

王「本当に白雪姫を殺す気なのか…そうでないか…」

王「側近、狩人を殺したまでは計画通りだった」

王「問題は王妃、まさかあの人数を1人で切り抜けたとは…」

王「しかも、薬草、毒物の配合に長けているとは…かなりの戦闘技術をもってるな」

王「…だいぶ番狂わせだな…」

王「…王妃の国へ、連絡を送ろう…」

王「(貴方の国で一番の医者を連れてきて欲しい。)」

王「(それと貴方の娘…あれをどうにかしてほしい。)」



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 17:06:51.88 ID:BSNXIY2Q0

王「(この国の側に来ないならば…魔女の仲間とみなし、
隣国と魔女討伐連合軍から除外する)」

王「(そしてその連合軍が貴方の国を攻めるだろう。国民を1人残らず殺してやる)」

王「(それがいやなら、条件をのめ。王妃を殺す手伝いをしろ)」

王「…ふふっ、祖国に捨てられる…か、可哀想だねぇ」

王「いや、ここに来た時から捨てられてるか、あはははっ」

王「それと…また噂の訂正と捏造を…」



119:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 17:07:45.51 ID:BSNXIY2Q0

王妃(…顔を木の実の液で色を変えて…)

王妃(まさか…誰も私が王妃とは分かるまい…)

商人「なんだかお城が騒がしいのお」

町人「お姫様が殺されたと聞いたが…」

「いいえ、この噂は違うわ」

「実は、王妃様の先回りをして、森の小人の家に避難しているのよ」

町人「なんだと!?」

「ただ…生きているけれど、睡眠薬で眠らされているのよ」

商人「生きていらっしゃるのはよかったが…誰がそんな…」

「王妃様に決まっているわよ」

町人「くそっ、またあいつか!!」

町人「あいつのせいで、生活が苦しいんだ!」

商人「あの悪魔め…嗅ぎつけるのがはやすぎる」



120:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 17:08:31.89 ID:BSNXIY2Q0

「…早く助けないと…王妃がまた襲いに行ってしまうわ…」

「今度こそ殺されてしまう…」

商人「大変だ!!」

町人「何とかしないと!!」

街娘「あれ、どうしたの?」

商人「かくかくしかじか…」

王妃(よしよし、そのまま広めなさい)




王妃(えっと…手紙手紙…)



121:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 17:09:41.30 ID:BSNXIY2Q0

王妃(…隣国の王子様)

王妃(今週の日曜、日没以降に、小人の家がある森で待つ)

王妃(ゆっくり相手をしますわ…あ、…私の旦那様も連れてきてね…)

王妃(これでよし…鳩の足につけて…隣国へ…)





王「王妃の国からの返事か…」

王「…つまりは、こちらの条件を飲むのだな…」

王「その証拠に…お前は目の前にいる」

王「お前はかの有名な医者じゃないか。あそこの国出身だったのか」



122:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 17:10:18.78 ID:BSNXIY2Q0

王「あと…この軍隊…」

王「よしよし計画通り」




王子(ああ…白雪姫…貴方は本当に死んでしまったのか…)

大臣「王子様、大変にございます!!!」

王子「…何?果たし状!?」

王子「隣国の王妃から!?」

大臣「そうでございます!!」

王子「…隣国の王様と提携しよう」

王子「父上にも事情を説明します」

王子「これは、もう個人の問題ではありません」



123:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 17:12:13.93 ID:BSNXIY2Q0

医者「…これは、我が国の極秘の薬…」

王「おう…わかるか…」

医者「ええ。これは身体の外に薬をだせばすぐに目を覚まします」

小人達「そうですか…」

医者「まあ、解毒剤もあるので体外へ出せなければ城で調合しますよ」

医者「多分、お城に向かっている間に揺れるので、自動的に吐き出すでしょう」

小人達「王様、すまなかった」

王「いやいや…気にすんな。お前たちだからこのレベルですんだんだ」

王「一時的に城に戻すよ。お前たちも付いてきてほしい」

小人達「もちろん!」



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 17:13:17.28 ID:BSNXIY2Q0

王子「王様!」

王「これは、隣国の王子…こんなに軍隊を連れて…」

王子「魔女から果たし状がきたのですよ」

王子「この間王様は魔女退治を宣言なさったでしょう?
それで提携をお願いしようと来たところです」

王子「…白雪姫の無念を晴らすためにも…」

王「あ、その件だが」

王「白雪姫は生存しておるぞ」

王子「本当ですか!!」

王「ここだ…この馬にまたがっている…酷い睡眠薬を飲まされたようだがね」

王「すべては魔女のせいだ…」

王「危うく殺されるところだった」

王子「よかった…」



125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 17:13:52.83 ID:BSNXIY2Q0

白雪姫「zzz…」

王子「…可哀想に…くそっ、諸悪の根源め…」

王子「…貴方を救うと大見えを切ったのに…」

王子「…自分が情けない!」

王子「すまない…」
ガシッ

白雪姫「…げほっ、ごほっ!!」

王「おや…何かが口から…」

白雪姫「あら…ここは…?」

白雪姫「…王子様、な、何を…」

王子「…う、うわっすまない…思わず抱きしめってしまって…」

白雪姫「…おきになさらないで…」
カアアア

王「いやはや、若いっていいですなぁ」

王(…若造が…こいつ、後で殺してやる…)



135:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 18:01:12.94 ID:BSNXIY2Q0

さるでまた規制が…
ごめんなさい

------------------------------------------------------------------

王妃(…あの医者は…私の城一番の医者…)
コソッ

王妃(…私の祖国が…私の敵にまわったのね…)

王妃(きっとあいつのことよ…父上を脅したのね…あの時のように…)

王妃(いいわ…丁度いい…心配事が1つ減ったわ…)

王妃(祖国は…これでしばらくは安泰ね…)

王妃(もう…どうなっても良いわ…)

王妃(結果が…白雪姫が笑える…未来があればいい)



136:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 18:02:50.49 ID:BSNXIY2Q0

王子「今日が約束の日です」

王「そうだな…あの女、どう出るか」

王子「どう出ても変わりはないです。必ず殺す」

王「…息子よ」

王子「!いま…なんと」

王「今日が無事に終わったら…私の娘と結婚式を盛大に挙げさせよう」

王子「…王…いえ父上…」


王(…まあ、今日、お前事故を装って殺す気だけどな。)



137:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 18:03:29.63 ID:BSNXIY2Q0

王妃(…もうそろそろ時間ね…)

王妃(…嫌に静かね…)

『うおおおおおお!!!!!』

王妃(始まったわね…)

王妃(…あきれるわ、女1人に一体何国の軍隊をつれてるのよ…)

王妃(魔女狩り…まあ私は魔女では無いわけではないからいいのか)

王妃(…もともと私の家系は魔法が使えるのよ)

王妃(まあ、長年封印されてたけどね)

王妃(でも、なぜか封印が解けてた)

王妃(…お父様…大臣様…)
ギュ…

王妃(さあ…戦ってあげるわよ)
ザッ!!



138:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 18:04:42.32 ID:BSNXIY2Q0

王子「火の球!?」

王子「魔法だ!!」

王「全軍!ひるむな!!あれは脅しだ!!」

兵士「うわあああ!木が、ツタが!!」

兵士「龍だ!!氷の龍だ!!!」

王(…あいつは魔法が使えるのか?)

王(あの時は気は感じなかったのに今は感じる…一体どうしたんだ!?)

王子「くそっ!!魔女はどこだ!!」

小人「ぶつぶつ…」

小人「はっ」

小人「解除!!」



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 18:05:44.58 ID:BSNXIY2Q0

ガチッ!!

王子「…火や龍が消えた…」

小人「魔法は我々が解除しながら行きます!!」

小人「皆さん、ひるまずにいきましょう!!」

「うおおおおおおおおお!!!」
ドドドドドドド




王妃「…来たな、王子」

王子「おい…散々悪事を働いてくれたな」

王妃「ははっ…わるいかしら?」

王子「…だまれ!!」
チャキ



140:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 18:06:44.08 ID:BSNXIY2Q0

王妃「私が世界の中心なのよ」

王妃「お金も美貌も、何もかも私のもの」

王妃「白雪姫すらいなくなれば、全ては私の思うがまま」

王子「…残す言葉はそれでいいのか」

王妃「ええ。」

王子「行くぞ!!」
ブン!!

兵士長「剣をとれええええ」

王妃「風よ!!」
ゴオオオオ

兵士達「う…前に進めない!!!」

王妃「草木よ!!」
ザワザワ

兵士達「身体がしめられる!!」



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 18:07:42.84 ID:BSNXIY2Q0

王「王妃、覚悟しろ!!」
ジャキン!

王妃「ふん」
さっ、さっ

王妃「雷よ!!」
バリバリ!!

王子「うわっ!!」

王「ぐあっ!!」

王妃「さあて、と…」

王妃「ぶつぶつぶつ」

ゴゴゴゴゴ

王子「この暗雲は…?何が起きるんだ!?」

小人「ま、まずい!!」

小人「最上級呪文だ!!」

小人「…嵐をおこすつもりだ!!」



143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 18:08:47.48 ID:BSNXIY2Q0

王妃(…嵐とツタでこの軍隊の動きを完全に封じて)

王妃(王子と少し戦って、死んだふりをして逃げよう)

小人「えええい!!!うっとうしい、このツタめ!!」
ブチブチ

王妃(!?)

小人「王様、王子様、助太刀します!」

小人「ぶつぶつ」
ドオン

小人「うおおおおおおおお」

ゴゴゴゴゴ…

王妃「…無効の呪文ね…しかも広範囲にわたっての…」

小人「これで魔法は使えまい!!」
ハアッハアッ

王妃(ああ…私はどうやら逃げれないようね)

王妃(…それでもいいわ)

王妃「ふふっ…これで十分だわ」
ジャキン



144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 18:10:10.40 ID:BSNXIY2Q0

王妃「覚悟なさい!!」
ブン

王子「く…女のくせに何でそんな大剣を…」
チキ…

王妃「遅いわよ」
ギン!

王子「うわっ」
ガチッ!!

王「王子!!」
ダダッ

王妃「邪魔よ」
バキィ!!

王「ぐふっ!」



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 18:10:52.34 ID:BSNXIY2Q0

兵士たち「王様!!」

兵士長「お前ら、魔女に矢を放て!!」

王妃(…あの馬鹿兵士長!!今打ってどうすんの!!)

ビュンビュン

王妃(王子に死なれては困るのよ!!)
ザッ!!

王妃(…なんとか体位を変えるのに成功したわ…)

グサグサ

王妃(クウッ…矢が刺さりまくってしまった…)



159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 19:05:58.40 ID:BSNXIY2Q0

すいません…せっかちなのでまたさるをくらいました…

-----------------------------------------------------------------

王子「助太刀すまない!!」

王妃(…私がかばったからよ…あんなの助太刀じゃないわよ…)

王(ちっ…殺す絶好のチャンスだったのに…あの女は邪魔ばかり…)

王(俺が直々にやるか…)
フッ

王「これでも食らえ!!!」
ブン!!

王妃「!?」
スカッ

王子「王様!お陰で魔女が離れました!!」

王妃(あいつ…うすうす感づいてはいたけど王子を殺す気だわ…事故を装って…)

王妃(いま、王子から離れなくてはいけない…)



160:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 19:10:37.16 ID:BSNXIY2Q0

兵士長「いまだ!!矢を準備しろおおお」

王妃(…兵士長もグルなのね…矢を広範囲に当たるように…弓矢隊を配列して…)

王妃(…何が何でも王子を殺してやると…)

王(矢を王子に当てて…あの女と戦っているうちにフラつきでもしたら)

王(我が剣の餌食にしてやる)

王妃(王子を殺させなど、しない)
ガバッ

王妃「王子いいいいい」
ダダダッ

ガチーン

王子「ぐっ…なんて力だ…」
ギリギリギリ

王妃(そりゃ、これくらいなくちゃ城から1人で逃げられないわよ)

兵士長「はなてえええ!!!」

ピュン!

王妃(来た!!)
グワン!!



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 19:16:41.29 ID:BSNXIY2Q0

王子「うわっと…」
ドン

ドスドスドス

王子「ざまあないな、魔女…」

王子「わざわざ敵の盾になるなんてさ」

王妃「ぐっ…」
フラフラ

王妃(…力が…入らないわ…)
グラッ

王(いまだな、もうあの女が王子をかばえるとは思えない)

王「魔女め!!おりゃああああ!!」
ジャキン!

王妃(…あいつめ!!!)

王妃(動いて…私の身体!!)
ググッ

ドスッ!!

王妃「ぐはっ…」
ダラダラ



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 19:21:19.75 ID:BSNXIY2Q0

王(…しぶとい女め…王子を今日殺すのは無理そうだな…)

王(ま、この女、私の剣で串刺しにされたし、すぐに間違いなく死ぬ)

王(それだけでも大収穫だ)

王「堪忍しろ、魔女」

王子「これでとどめだ!!」
ブン!!

「やめて!!!!」

王子「!」

王「ど…どうしてきたんだ!!」

王妃(白雪姫…なぜ)

白雪姫「お母様!!目を覚まして!!」



166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 19:25:53.77 ID:BSNXIY2Q0

白雪姫「私は…貴方が大好きです!!」

白雪姫「今…いじめられても、貴方が私のことを嫌いでも!!」

白雪姫「私が幼いころ、いつも一緒に遊んでくださいました!!」

白雪姫「王宮で1人だった私にとって、どんなに楽しい日々だったか…」

白雪姫「だから…こんなことやめて、お城へ帰りましょう?」
ジッ

王妃(…あんなにいじめたのに、まだ好きと言ってくれるなんてね…)

王妃(よい子ね…私の自慢の娘だわ…)

王妃(今すぐ謝りながら抱きしめられるならどれほど良いかしら…)

王妃(…いけない…いま泣いてはいけない…)

王妃(しっかり…ここが最後の山場よ…)
ブルブル



167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 19:29:57.83 ID:BSNXIY2Q0

王妃「くくくっ、あっはははははっ!!!」
ドカッ!!

王子「うわっ、しまった!!」

グッ!!

王子「!魔女め、白雪姫を放せ!!」

王「おい、いい加減にしろ!!」

白雪姫「お母様…」
ポロポロ

王妃「ほんっとうに馬鹿な娘」
ケセセセッ

兵士「くそ…姫様を人質に…」

小人「うかつに近づけない…!!」

王妃(ごめんなさい…私の力不足で今まで大変苦労をかけさせてしまって…)

王妃(でも、これも最後よ…)

王妃(あなたをいじめるのも…これで…最後よ…)



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 19:33:29.25 ID:BSNXIY2Q0

王妃「王様…」

王「何だ」

王妃「要求があるのです。飲まないのなら、白雪姫を殺します」

王「くそっ…なんだ、いってみろ」

王妃「貴方の欲するものは決して欲してはならないもの!!」

王妃「釣り合う相手に渡しなさい!!」

王妃「さもなくば、あなたに地獄の苦しみを!!」

王「はぁ~」

王(…王子に白雪姫を渡せ…ということか…)

王「…お前の企みくらい、分かってたぞ」

王「…」
ギロッ

王妃「…」
ググッ

白雪姫「くうっ…」



172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 19:38:53.24 ID:BSNXIY2Q0

王「…ふうっ…分かった、要求を飲もう!!」

王妃「…ふっ、あはははははは…」

王妃「…ようやく…終わりました…白雪姫…」
ソッ

白雪姫「へ…?」

王妃(私は貴方の花嫁姿が見たかったけど…無理そうだわ)

王妃(幸せにおなり…白雪姫)
ニコリ

グラッ

バタン!!

白雪姫「お…お母様、」

白雪姫「お母様!!」

王子「…力尽きたのか」



173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 19:41:58.51 ID:BSNXIY2Q0

王「意外とあっけない最後だな」

王子「…こんな人だったが、主よ、彼女にも安らぎを…」

王「…さあ、終わった…皆、城に帰ろう」

白雪姫「…」
グズグズ




町人「あ、魔女討伐から帰ってきた!!」

商人「あれは…王妃の死体!!引きずられている!!」

町人「皆~魔女がしんだぞおおおお!!!」



174:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 19:44:04.04 ID:BSNXIY2Q0

(とうとう…平和が来たんだ…)
(やった…安らかな日々が戻るぞ!!)
(あれが隣国の王子と…姫様)
(なんて美しい2人だ)
(王様…あの方が指揮をとったそうだぞ)
(万歳!王様万歳!!)
(王子様万歳!!)
(万歳!!万歳!!!)
(魔女は死んだ!!万歳!!!)







数週間後

王「さてと…2人の結婚式が終わった…」

王「あのムカつく若造も王になった…」

王「フフフッ、叩き時か」



181:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 20:17:25.59 ID:BSNXIY2Q0

どうやら、10以上連続して投下出来ないようです…

-----------------------------------------------------------------

王「浮かれているうちに、我が国の盗賊団を送り込む…」

王「そして内乱にまで勃発させる」

王「もちろん、我が国の軍も盗賊団を捕まえる、という名目で侵入」

王「隣国を滅茶苦茶にしてやれ」
ニヤリ

王「そして、とどめに全面戦争にまでやってやる」

王「はははははっ!!!」

――――約束を破りましたね

王「!?」

――――舐めてもらっては困ります

王「この声は…王妃!?」



182:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 20:18:36.81 ID:BSNXIY2Q0

王「なぜだ!?あの時は小人が魔法を封印したはず…」

――――私は魔法を使えなくなりました

――――でも“呪い”まで封印してませんよね

王「…お前、黒魔術師か!?」

王「しかし…黒魔術は、老齢の魔術師でも難しいといわれている!」

――――お勉強をちゃんとしていないようですね

――――私の祖国の王家は…死神の血が混じっているのですよ

王「…まさか、…お前の祖国の別名…“死国”と呼ばれている理由がそれなのか!?」

王「伝説では無かったのか!?」

――――だから他国は我が国を恐れて近づかないのです

――――黒魔術なんて、生まれた時からできますよ



183:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 20:19:35.25 ID:BSNXIY2Q0

――――まあ、近年は恐れられすぎたので、魔力は封印されてましたけどね

――――父上は私を娘と思ってくれていたようで、最後に封印を解いてくれたようでした

王「…」
フラフラ

王「…何しに来た」

――――当然、貴方を葬り去りに来ました

王「ぐっ…」

―――――ここまでですよ

―――――私が命と引き換えに貴方にかけた呪い

―――――貴方を死に誘うでしょう

王「ぐふっ…ぐっ…死にたくない…まだ…」
ブチブチ

王「うわああああ!!!いやだああああ身体がああああ」
ピキピキ

王「いだいよおおおおおおお!!!」
ドクドク



185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 20:20:31.76 ID:BSNXIY2Q0

王「死にだくないよおおおおお」
ピシィ、ピキッ

王「ぐああ、ああ、ああああ」

ドサッ

「王様!?」
「王様―!!」

ザワザワ





新王「白雪姫…可哀想に」

白雪姫「…お父様……グスッ」

新王「…ご両親が亡くなるのは大変辛いだろう」

新王「でもこれからは私が、貴方の支えになります」

新王「家族として…夫として」



186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 20:21:15.19 ID:BSNXIY2Q0

新王「だから…気を落とさないで下さい」

新王「王は…貴方の泣き顔よりも笑顔が見たいと思いますから」

白雪姫「はい…」
グスン

新王「貴方の国は、私の国と統合し、新たな国を発足させます」

新王「白雪姫をこれからも守り、貴方の国をよりいっそう、豊かに」

新王「だから…安心して、お眠りください」



187:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 20:21:56.29 ID:BSNXIY2Q0

―――数年後―――

白雪姫「ねえ、…」

新王「どうしたんだい?白雪姫」

白雪姫「お母様が亡くなったのは…だいたいここ辺りかしら」

新王「ああ…ここで、倒れたんだ…」

白雪姫「…実は私…お母様が私をいじめるのは何か深いわけがあると思っていたの」

白雪姫「…今でもそう思うわ…」

白雪姫「実は、お母様が死ぬ直前に呟いた言葉が頭にずっと引っかかってて」

新王「…白雪姫…」

新王(…深い理由か…)

新王(…そういえば、私と組み合っていた時…)

新王(体位を変えていたな…)

新王(あの時は疑問に思わなかったが…おかしい)

新王(わざわざ…矢が当たる方へ…体位を変えていた)



189:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 20:23:27.83 ID:BSNXIY2Q0

新王(私を守るかのように)

新王(…王に向けた最後の言葉も…不可解な内容だった…)

新王(…しかもあの時、負傷者はいたが…死亡者がいなかった)

白雪姫「…あ!!」

白雪姫「…これを…見て下さい」
チャリン

新王「これは…ロケットだ。鎖に2つもついている?」

白雪姫「…ここに落ちていたの…」

白雪姫「お母様はよくこのロケットを見ていたわ」

白雪姫「誰にも中身はみせなかったけれど」

カチャリ

白雪姫「…」

新王「…君の絵だ」

新王「…言葉が彫ってある」



191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 20:24:42.29 ID:BSNXIY2Q0

新王「(今度こそ、わが子を守る)」

新王「…」

白雪姫「…おかあさま…」
ポロポロ

新王「もうひとつは…」

新王「男の人と…王妃…」

新王「(夫を捨て、子どもを殺した自分を私は永遠に恨む)」

新王(王妃に…何があったんだ…白雪姫を憎んでいなかったのか…?)

白雪姫「王様」

白雪姫「私、お母様と暮らしたあの場所へ行きたい…」
ボロボロ

白雪姫「今も残っているでしょう?」

白雪姫「お願い、連れて行って…」

新王「…いいだろう。焼け跡しかないが僕も行こう」

新王「…本当のことが分かるかもしれない」



192:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 20:25:37.33 ID:BSNXIY2Q0

―――焼け跡―――

白雪姫(…お母様…)

白雪姫(…ホントに…私のことが嫌いだったの…?)

白雪姫(実はずっと気になってたの…)

白雪姫(…多分、ここ辺りがお母様の部屋…)

白雪姫(何かあるかもしれない…)
ガサガサ

新王「…」

白雪姫「ダメだわ、やっぱり…なにもない」

新王「だろうね…」
ザクッザクッ

新王「全く…皆魔女を恐れて片づけなかったんだな…」

新王「がれきがそのまま残っている」
バキッ!!

新王「!!、危ないな…ん!?」

新王「…あ、こんな所に隠し扉が!!」
ドンドン



193:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 20:26:09.01 ID:BSNXIY2Q0

新王「あけてみるよ」

白雪姫「ええ」

ガタン

新王「これは…」

白雪姫「…昔私がお母様に作った人形」

白雪姫「お母様に宛てた…手紙?」

新王「…間違いない、王妃は君を憎んではいなかったのだ」

新王「…でも一体どうしてあんな行動を…?」

新王「…白雪姫、何をよんでいるのかい?」

白雪姫「うっ…ぐずっ…うわああああん…」

新王「…えっと…日記?」

新王「…」
ピラピラ



202:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 20:52:33.20 ID:BSNXIY2Q0

―――○月×日

本日をもってこの日記を終わらせる
理由はたった一つ、王様が自分の娘に前王妃を見出したため、
他の男に取られまいと監禁し、我が物にせんとするのを阻止するために

この国に来る前に私は離婚し、子を下ろした

絶望を抱き、この国に来た

私に唯一心を開いてくれたのは、白雪姫

彼女は私の唯一無二の娘

私は赤ちゃんを殺した。赤ちゃんを圧力から守れなかった
今度こそ、自分の子を守って見せる

今度こそ、私は守ってみせる



204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 20:54:31.47 ID:BSNXIY2Q0

新王「…」

白雪姫「うわあああん、お母様、ううっ」
ボロボロ

白雪姫「どうして…言ってくれれば…」
ボロボロ

白雪姫「お母様…私のお母様…」

白雪姫「神様…もう一度お母様にあわせて…」

白雪姫「お礼を…いわせて…神様…」
ガクリ
新王「白雪姫…」

新王(…白雪姫、貴方を王妃から守りきったつもりだった…)

新王(しかし本当に貴方を守っていたのは、あの王妃だったのか…)

新王「…母親は強いものだな…」

新王「でも…どうして、打ち明けて下されば…」

新王「あるいは…」

新王「いえ、打ち明けるわけにはいかなかったのですね…」



205:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 20:55:20.95 ID:BSNXIY2Q0

新王「…く」
ボロボロ

新王「クソッ…」
ボロボロ

新王「…自分は愚かものだ…」

新王「きがつけなかった…何も…何も…」

新王「王妃様…私をお許しください…」
ジャキン

白雪姫「!!やめて!!!王様、ダメ!!」

新王「地獄で…私は裁かれます…」

ゴオッ!!!

――――――貴方は大馬鹿物ですか!?

――――――今、白雪姫も国民も身捨てて自分だけ死ぬつもりですか!?

――――――ああ、こんなことなら私があの時本気を出して
王様共々殺してあげればよかった!!!



206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 20:56:18.11 ID:BSNXIY2Q0

新王「…今の…声は…?」
ピタッ

白雪姫「…何をおっしゃっているのですか」

白雪姫「声なんて聞こえません」

白雪姫「いいから早く剣をしまって下さい!!」

白雪姫「私を1人にするつもりですか!?」

白雪姫「私は1人が嫌いなのです!!」

白雪姫「ですから…お願いですから…」
ポロポロ

新王「…白雪姫…すまなかった…」

新王「こんなことは二度としないから…」
ギュ…

白雪姫「…約束ですよ…」

新王(さっきの声は…王妃様、貴方なのですか…!?)

新王(…答えてください…)



208:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 20:57:40.19 ID:BSNXIY2Q0

新王(…白雪姫に、語りかけてあげてください…)

新王(彼女は…貴方と話したがっているのです…!)

新王(王妃様…!)

新王(あなたは…)

ゴオッ!!!

新王(…)

新王(…気のせいだったのか…?)

新王(…)

新王「白雪姫、行こう」

新王「王妃様の葬られている所へ」

白雪姫「はい…」

サクサクサク



211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 21:00:16.66 ID:BSNXIY2Q0

…………

―――――――――フンッ、ようやくお墓参りに来てくれるのね

―――――――――いくら悪者でも墓くらいきて欲しかったわ!

―――――――――ま、王子が首を切ろうとしてくれたし、良かったことにしましょう

―――――――――ふふっ…なんだかんだ、本当のことを知ってほしかったみたいね、私

―――――――――情けないわ、今までここに残ってしまって

―――――――――…これで、本当に、さようならね


…………



212:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 21:01:13.40 ID:BSNXIY2Q0

「ねえ、あのお話聞かせてよ」

「ん?」

「悪い魔女と白雪姫のお話!」

「ああ、いいよ」

「昔、ある国に王様がいました」

「王様には大層綺麗なお妃さまとお姫様がいました」

「そして同じころ少し北の国に魔女はいました」

「悪い魔女は、ある浅ましい野望があったのです」

「国を思うままに動かし、贅沢を尽くし、一番美しくありたいという…」

「ですからそのようすを見た魔女は妬み、お妃様を殺し、とり替わりました」

「さらにお姫様…美しい白雪姫をいじめました」

「………」



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 21:03:19.94 ID:BSNXIY2Q0

---十数年前---

王妃『ほら、この花はね、こうすると…』

白雪姫『なになに?』
ワクワク

王妃『ピィ~』

白雪姫『わあ』
キラキラ

王妃『草笛よ』
ニコニコ

王妃『白雪姫はお庭に散歩に行ったことは?』

白雪姫『…いつもメイド達が汚れるし、はしたないから行くなって』
ショボン

王妃『ふふっ、まあそうね。』

王妃『ま、私がいるからこれからは思いっきり遊べるわよ』

白雪姫『ホント…?』



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 21:04:17.89 ID:BSNXIY2Q0

王妃『悪い奴はやっつけてやるわ』
ブンブン

白雪姫『かっこいい!わ、私もやりたい!!』
キラキラ

王妃『まあ、そのうち教えてあげるね』
ナデナデ

王妃(…私は赤ちゃんを殺してから…一刻も早く死なねばと思っていたわ)

王妃(いや…今でもそう思うの)

王妃(でも…この子を見ていると…生きる喜びを感じずにはいられないわ…)

王妃(私が一瞬でも息をするのを許されないほど罪深い存在でも)



217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 21:05:12.11 ID:BSNXIY2Q0

王妃(私は生きていてよかったと思える)

王妃(そして神様が生きる事を許してくれなくても、私は生きていたい)

王妃(私は…貴方を会えてよかった)

王妃(本当に、よかった)

王妃『白雪姫』

白雪姫『なに?お母様』

王妃『これからも、一緒にいようね』
ギュ…

白雪姫『うん!』
ニコッ



218:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 21:08:31.35 ID:BSNXIY2Q0

終わりです

前のssがさるをくらいまった挙句、落ちたのがトラウマだったので気をつけた
つもりでしたが、やはりくらいました

なんとか最後までいけて良かったです。保守や支援してくれた方々、最後までお付き合いしてくれた方
本当にありがとうございました



225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 21:10:13.95 ID:O0Q6aYzf0

>>218
乙、良かったよ
もうちょいゆっくりでもいいんだぞ



219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 21:09:05.56 ID:r7A761ry0

乙!!



221:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 21:09:18.00 ID:Y3fB2rDb0


王妃が報われて良かった…



222:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 21:09:18.90 ID:XokenRvo0

GJ



233:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 21:18:31.34 ID:OV7X/MpQ0


泣いたわ酔ってんのかな



238:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/07/02(月) 21:32:29.25 ID:1bA2tQ/4O

よかった



引用元
王妃「早く来なさい、白雪姫」白雪姫「はい…」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1341208131/
[ 2012/07/03 18:00 ] その他SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。