広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

男「さがさないでください」


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/27(水) 23:25:03.10 ID:RWhKz2FU0



「逃げよう」



引用元
男「さがさないでください」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1311776702/

2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/27(水) 23:26:25.05 ID:RWhKz2FU0



俺はもう疲れたんだよ。

真面目な振りをしたり、いい人の振りをするのに…

暫く身を隠そう。

男「どこがいいかな?」






3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/27(水) 23:35:53.37 ID:RWhKz2FU0



今は夏休みだ。

いい機会だから誰も俺を知らないような場所で、

自分に素直に生活してやりたいんだ。

ただし、誰にも迷惑をかけない程度にな。






4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/27(水) 23:47:00.72 ID:RWhKz2FU0



男「いきなり俺がいなくなったら、みんなビックリするよな?」

それって、きっと迷惑だと思う…

よし、親しい奴にだけは連絡しておこう。

メールでいいよな?

──カチャカチャ、ピッピッ。──

──メッセージ『さがさないでください』──

送信だ。

──カチッ──

男「あっ!」

しまった…

50人くらいに送信しちゃった…

どうしよう…






5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/27(水) 23:58:29.49 ID:RWhKz2FU0



──♪ヒュールリーヒュールリーララー──

着信音だ。

マズイなぁ、質問攻めにされそうだ…

でも、仕方ないよな。

ちゃんと対応しないとダメだよな…

──ピッ──

男「はい、男です…」






6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/28(木) 00:20:59.02 ID:mJj8k7JZ0



ふうっ、疲れた…

いきなり大失敗だ。

でも、何だか随分と心配させちゃってるみたいだ…

訂正のメールを送っておこうかな…

男「メールの事は忘れて下さい…」

──カチャカチャ、ピピッ──

男「送信」

──ピッ──

──メッセージ『忘れて下さい』──

これでよし。






7: ◆PZpd4jm4Kw:2011/07/28(木) 06:22:28.79 ID:mJj8k7JZ0



──♪ヒュールリーヒュールリーララー──

またかよ…

男「はい、男です…」

…………

男「えっ !? 違いますよ!」

………………

男「はい、僕は自殺なんかしませんよ…」

…………

男「ふうっ…」

何か、勘違いされてるみたいだ。

どうしてこうなるんだよ…






10: ◆PZpd4jm4Kw:2011/07/28(木) 23:01:44.85 ID:qrwNGODf0



──♪ヒュールリーヒュールリーララー──

男「ハイッ、いえ、大丈夫ですから」

ふうっ…

──♪ヒュールリーヒュールリーララー──

またかよ…

男「はい、すいません。心配かけまして…」

ダメだ、きりがないよ。

それに変な誤解をされてるようだ。

迷惑かけちゃったな…

どうしよう?






11: ◆PZpd4jm4Kw:2011/07/28(木) 23:12:22.10 ID:qrwNGODf0



仕方がない、

これが最後のメールだぞ…

──カチャカチャカチャン、ピッ──

送信だ。

──ピッ──

──メッセージ『すいません、ただの旅行ですよ』──

これでいいよな。

なにをやってるんだろう、

時間のムダだよね…






12: ◆PZpd4jm4Kw:2011/07/28(木) 23:21:11.50 ID:qrwNGODf0



──♪ヒュールリーヒュールリーララー──

なんでだよ!?

今説明したじゃないか?

……

男「はい、男です」

………

男「はい、そうです…」

…………

男「いえ、場所はまだ決めてないんですよ…」

………

男「お土産ですか?」

……

男「はい、わかりました。失礼します」

…………

なんなんだよ…






13: ◆PZpd4jm4Kw:2011/07/29(金) 00:18:30.08 ID:rPgQNPfx0



──♪ヒュールリーヒュールリーララー──

男「はい」

──♪ヒュールリーヒュールリーララー──

男「わかりました」

──♪ヒュールリーヒュールリーララー──

男「はい、それでは…」

………………

男「ハァー」

何だよコイツら…

どういう事だよ。

どうして俺がお土産を買って帰らなきゃならないんだよ…

間違ってメールを送っただけだぞ?

わけがわからないよ…






14: ◆PZpd4jm4Kw:2011/07/29(金) 21:08:11.13 ID:+ddZn+xQ0



マジでもう限界だよな。

このままじゃ、ストレスで胃に穴が開いちまうよ…

もう誰の相手もしてやらねえぞ!

暫くは電話にも出てやらねえからな!






15: ◆PZpd4jm4Kw:2011/07/29(金) 21:11:58.39 ID:+ddZn+xQ0



──♪ヒュールリーヒュールリーララー──

── ピッ ──

男「はい、お土産ですね、分かりました。はい失礼します」

………………

俺はバカなのか?






16: ◆PZpd4jm4Kw:2011/07/29(金) 21:26:16.11 ID:+ddZn+xQ0



もういい、とにかく逃げよう。

行き先なんてどうでもいい…

盗んだバイクで走り出すんだ!

……………………

盗まれた人が困るよな?

…………………

電車にするか…

そうしよう。






17: ◆PZpd4jm4Kw:2011/07/29(金) 21:39:05.48 ID:+ddZn+xQ0



駅に着いたな。

まだ目的地も決めてないのに…

うん?

あの爺さん、切符の買い方も分からないのかよ…

なんで誰も教えてやらねぇんだ…

………

男「切符を買うんですよね?」ニコッ

爺「あっ、はい、よく分からんのですよ…」

男「先にお金を入れてですね……」

爺「えーと……」

男「ここですよ。お札をのせてですね……」

爺「はぁ」

…………

俺は何をしてんだよ……






18: ◆PZpd4jm4Kw:2011/07/31(日) 00:16:50.87 ID:aVCxMr2g0



さてと、どうすっかな?

北か南か、東か西か…

どこでもいいんだけどな。

遠い所ならさ…






19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/31(日) 00:30:35.93 ID:aVCxMr2g0



京都か……

特に興味は感じないけど、

パンフレットが目についたんだよ。

まあ、観光地だしな。

もうそれでいいか…

………………

時間はどの程度かかるんだろう。

…………

四時間くらいか…

京都でいいな。






20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2011/07/31(日) 00:43:41.59 ID:aVCxMr2g0



乗り換えは一回で…

必要なのは、

とりあえず麦茶と…

雑誌二冊くらいかな。

暇そうにしてて、誰かに話しかけられたら面倒だしね。






23: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/01(月) 00:33:07.96 ID:rA+h47ws0



マズイな…

知り合いがいるよ。

少し時間をずらそうかな…

………………

知人「おう、男じゃねぇか」

あーぁ、見つかった…


知人「どうした、旅行かよ?」

男「うん、ちょっとね」

知人「どこに行くんだ?」

男「ちょっと京都を見たくなったんだ…」

知人「京都、女とか連れてんのかよ?」

男「アハハッ、一人旅だよ…」

知人「ダッセェなぁ…」






24: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/01(月) 00:41:27.44 ID:rA+h47ws0



いきなり話しかけてきて、

一方的に質問をしてきて、

「ダッセェなぁ…」は無いと思うけどね…

………………

男「アハハッ、そうだね、カッコ悪いよね…」

適当に話しを合わせる俺がいるんだよな。

ちなみに、コイツは友達じゃない…

ただの知り合い、『知人』で充分な関係だよ…






27: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/02(火) 00:21:53.18 ID:JvsylT150



知人「京都って何だった?」

男「え?」

知人「ほら、えーと、ういろうか?」

お土産の事か…

男「ういろうじゃないと思うよ」

知人「うーん、まあ俺は適当でいいや、ヨロシクな」

男「アハハッ、わかったよ…」

コイツは何様なんだよ。






28: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/02(火) 00:29:51.77 ID:JvsylT150



知人「じゃあな、楽しんでこいや」

男「うん、ありがとう…」

…………………………

疲れた。

非常に幸先の悪いスタートだよ…

……………………

気を付けよう。

また誰かに捕まるのは御免だよ…






29: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/02(火) 00:41:43.06 ID:JvsylT150



悪いヤツでは無いと思うけど…

本当に勝手なヤツだよな。

何を考えて生きてるのか…

……………………

アイツみたいに生きたら、ストレスとは無縁かもな…

正直に言うと多少は羨ましくもあるんだよな。

………………

俺には真似出来ないだろうけどね。

アイツみたいな傍迷惑な生き方は……






30: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/03(水) 00:13:53.06 ID:9bVCvtpH0



ふうっ、災難だったよ。

でもアイツはこれから家に帰るらしい。

同じ電車に乗るのかと思ってヒヤヒヤしたよ…

………………………

もう誰にも出会わないだろうな?

急いでここを離れよう…

考えてみれば、

駅前は危険なエリアだよ。

………………………






31: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/03(水) 00:25:46.10 ID:9bVCvtpH0



早く電車に乗ってしまおう。

遠くへ行く程安全なはずだしな…

……………………

──ピッ、スタ、スタ、スタッ──

ドキドキ…

……………………

一瞬自分が哀れに思えたんだよ…

……………………

俺は自動改札を通り抜けただけでドキドキしてたんだ…






32: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/03(水) 12:09:12.98 ID:9bVCvtpH0



俺は本当に小者だよな…

これじゃあ怯えた小動物だよ。

何も悪さはしていないのに…

早くこの生活から開放されたい。

現実逃避ってのは分かってるけど、

俺にはそれが必要なんだよ。

…………………






33: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/03(水) 13:00:23.93 ID:9bVCvtpH0



階段を使ってホームへ移動する途中で気が付いた事があったんだ…

階段の横の手すりが壊れてやがる。

見た目はあんまり目立たないから始末が悪いよ。

……………………

駅員はなにやってんだよ…

あんなの使ってたら年寄り達が怪我するぞ…






34: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/03(水) 13:03:53.34 ID:9bVCvtpH0



面倒くさいなぁ、

……………………

仕方ねぇよな…

一応駅員に言っておこう。

アイツらあんまり忙しそうにも見えないしな…






35: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/03(水) 13:11:47.71 ID:9bVCvtpH0



男「あのっ、駅員さんスイマセン…」

駅員「……」ジロッ

男「あのですね、階段の手すりが壊れてるんですけど…」

駅員「……」ムスッ

男「あの…」

駅員「……知ってます」

男「……え?」

駅員「……他には?」ジロッ






36: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/03(水) 13:20:16.14 ID:9bVCvtpH0



今の対応は無いだろ?

ふざけてんのかよ。

「知ってます」だと?

それならちゃんと対処しろよ!

応急処置なり、触るな危険って張り紙なりしてさあ…

俺の考えてる事は間違ってるか?






37: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/03(水) 13:25:04.02 ID:9bVCvtpH0



クソッ…

男「そうですか、スイマセン…」

駅員「……はい」フンッ

……………………

ああ、そうだよ。

余計な事した俺が馬鹿なんだよ…

……………………

最悪な気分だ…






38: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/03(水) 13:38:59.09 ID:9bVCvtpH0



気まずいな…

ジュースでも買うふりをしてホームの端の方に移動しよう…

……………………

早く忘れてしまいたいな、

でもやっぱり、腹立たしくてたまらない…

……………………

俺は善人じゃあ無いんだぞ。

ああ言う人間は絶対に許せない…


五回ほど蹴り飛ばしてやろう。


頭の中で…






39: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/03(水) 13:46:53.02 ID:9bVCvtpH0



妄想で少しだけ気分が落ち着いたな…

周りを見る余裕ができたよ。

ホームは結構空いてるみたいだ。

乗り換えの駅までは一時間くらいだけど、

これなら座れると思う。

……………………

電車が到着してドアが開いた。

クーラーが強すぎるんじゃないかな…

節電中のはずじゃなかったのか?

まあ、どうでもいいや…






40: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/03(水) 14:02:50.50 ID:9bVCvtpH0



話しかけられたら迷惑だしな…

特に読みたくもない週刊誌を二冊買っておいたんだ。

本を読んでいれば、比較的に安全だと思う。

静かな時間を過ごしたいんだよ。

……………………


ナデシコジャパンか、

デカデカと掲載されてるな…

正直サッカーには全く興味がない。

自分の意思でサッカーの試合を見た事は一度も無いくらいだから…

……………………

だから、記事を読んでも感動とかはしないよ。

僕がこの記事から得る物は、ただの情報以外の何物でも無いんだ…


でも一応こう思うよ…

おめでとう、お疲れ様ってね…






41: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/03(水) 14:16:20.18 ID:9bVCvtpH0



気が付いたら隣に座っていた女の子が僕の雑誌を覗き見してた。

中学生くらいかな?

……………………

女の子「あっ…」……

……………………

目が合っちゃったよ…

……………………

女の子「…ごめんなさい」アハハ

男「サッカー好きなのかな?」

女の子「にわかです」エヘヘ

男「…正直さんだね」ハハッ






42: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/03(水) 14:31:43.03 ID:9bVCvtpH0



男「暇そうだね、この本あげるよ」

女の子「えっ?そんな、悪いですよ…」

男「僕はもう全部読んじゃったんだよ」(嘘だけどね…)

女の子「そうなんですか?」

男「うん、どうせすぐ捨てようとしてたんだよ」

女の子「…ありがとうございます」エヘッ

……………………

読みたくもない週刊誌だし、雑誌はもう一冊あるからね…

エロい記事とかも無い本だし、女の子にあげても大丈夫だ。

男「僕はこっちを読むから…」

女の子「アハハッ」

女の子が微妙に笑った…






43: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/03(水) 14:52:59.50 ID:9bVCvtpH0



男「あっ…」

運が悪かった。

俺が読むと言った雑誌の表紙では…

ナイスバディな水着のお姉さんが笑ってたんだ。

……………………

内容は真面目な本だし、普段はこんな表紙じゃないんだよ…

……………………

夏のバカヤロー!

つまらねぇサービスさせてんじゃねえよ…






50: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/04(木) 10:18:38.17 ID:O3Uf6qvv0



男「えっと、あの…」

女の子「アハハッ、遠慮なさらずに…」ドウゾ…

女の子の耳が真っ赤になってるよ。

可愛いね…

……………………

いや、違うだろ。

これじゃあ、まるでセクハラ男じゃないか。

ちゃんと説明しとこう…






51: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/04(木) 10:22:11.74 ID:O3Uf6qvv0



誤解はアッサリと解けたよ。

わりとメジャーな雑誌だったから、

女の子も読んだ事があったんだってさ。

……………………

でも、まいったよ。

他にやりようもあったよね…

中学生の女の子に対して、

「これはエロ本じゃないんだよ!」って力説しちゃった…

……………………

黒歴史ものだよ…






54: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/06(土) 13:02:16.52 ID:6jmkHbS60



その後しばらくは雑誌を読む事に集中してたよ。

夏バテ対策の食事が特集されててね。

夏バテに立ち向かう前向きな料理と、

夏バテでも食べられる、いわゆる逃げの料理が…

…………………………

逃げてりゃいいと思ったよ。

そのうち秋が来るんだからさ…






55: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/06(土) 13:20:26.64 ID:6jmkHbS60



雑誌に集中していたから分からなかったけど、

いつの間にか車内が結構混んできてたよ。



スポーツバッグを座席に置く高校生が多いね…

こう言う時はわりと迷惑なんだよね。

そこに座りたい人もいるだろうし、

座りたくても、座りたいって言えない人はかなりいるんだ。



座ってる僕にはもう関係ないんだけど…






56: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/06(土) 13:47:39.66 ID:6jmkHbS60



また暫く雑誌を読んでたよ。

せっかく座れてるんだしね…

……………………

電車は大きめの駅で長めの停車をするらしい…

気が付いたら、目の前にお婆さんが立っていた。

七十歳くらいに見えるな…

男「お婆さん、どうぞ…」

席を譲らなくちゃね。

…………………………

俺は善人じゃないよ。

これは、癖になってるだけだからな…






57: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/06(土) 13:51:11.20 ID:6jmkHbS60



婆「まぁ、ありがとうございます」ニコッ

男「いえ…」ニコッ

上品なお婆さんだな。

婆「お父さん、座って下さい」

爺?「…すいませんなぁ」

……………………

隣りのオッサンが座席に座ったよ。

夫婦だったのかな?

オッサンはどう見ても五十代なんだが…

婆さんより遥かに元気そうだし…






67: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/07(日) 22:34:16.40 ID:JMlfmD330



今一つ納得出来ないけど、

譲った席を他人がどう使おうと俺には関係ないよな。

でも、車内の空気が微妙に悪くなったような気がする。

考え過ぎかもしれないけど…
……………………

俺には左手で吊革の輪を外側から握る癖があるんだ。

女の人が近くにいる場合は、右手で同じ輪の内側にも指を掛ける。

痴漢冤罪への自衛手段だよ。

被害妄想っぽいって言われた事もあったけど…

俺は運の無い男だから、万一に備えてるだけだ。






68: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/07(日) 22:39:17.84 ID:JMlfmD330



女の子「お婆さん、座って下さい」ニコッ

さっき雑誌をあげた女の子だ。

隣に座っていた僕が(結果として)オッサンに座席を譲ったから、

お年寄りの前で座っているのが気まずくなったのかもしれない…

悪い事しちゃったかなと思ったよ。

婆「あら、ありがとうね」

あのお婆さん今度は自分で座ってくれたよ。






71: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/09(火) 21:23:44.18 ID:5Vrwk3GL0



俺は少し申し訳ない気持ちになってたけど、

女の子は俺の横に立って…

女の子「私こう見えても若いんですよ」ニコッ

微妙な冗談で場を和ませてくれたんだ。

………………

男「…へぇ、そうだったんだ」フフッ

一目で分かる事だと思うけどね…

気のせいかも知れないけど、

車内の空気がちょっとだけ良くなったかな。






72: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/09(火) 21:27:50.37 ID:5Vrwk3GL0



それから暫くは窓の外を眺めながらぼーっとしてた。

もう少しで乗り換えの駅に到着するな。

流石にもう知り合いには会わないだろうな…

そんな事を考えてたら、

女の子「えーっと…」ペラッ

隣の女の子が何かのメモを確認して…

女の子「すいません、関西の方に行きたいんですけど…」

俺に話しかけてきたんだ。

女の子「乗り換えって次の駅でいいんでしょうか?」

男「…うん、そうだよ」

この子も関西方面に行くのか…






76: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/12(金) 08:08:34.42 ID:/WDCHPU80



女の子「大阪にお婆ちゃんがいるんですよ」ニコッ

また女の子が笑った。

きっと、お婆ちゃんが大好きなんだろうね。

女の子「あっ、お爺ちゃんもいます。元気なんですよ」アハハッ

……………………

なるほど…

お婆ちゃんが大好きで、

お爺ちゃんにも、ちゃんと気を使える良い子なんだね…






77: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/12(金) 08:12:59.38 ID:/WDCHPU80



男「そっか、大阪にいくんだね」

女の子「はい、電車で行くのは初めてなんですけどね」エヘヘッ

男「偉いね…」

女の子「……え?」

あっ、ちょっと失礼だったかな?

この年頃の女の子なら、子供扱いされるのを嫌がるかもしれない…

………………

でも、少し間があったけど…

女の子「あはっ、ありがとうございます」ニッコリ

女の子は笑顔で答えてくれたよ。

よく笑う子だな。

この子は良い子だね。

俺と違って、本物だと思うよ…






78: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/12(金) 08:22:10.69 ID:/WDCHPU80



うん、特に隠す必要もないな…

俺はこう考えたよ。

俺にしてみれば珍しい行動だったけど、

それが自然だと思ったんだ。

…………………………

俺は、自分の情報を自分の意思で女の子に伝えたんだ…

男「僕は、京都に行くんだ…」

女の子「えっ?…あっ、じゃあ…」

男「うん、同じ関西方面だね…」ニコッ

……………………

女の子は一瞬だけ目を丸くして、その後で満面の笑みを浮かべたよ…

女の子「私もしかして、ラッキーですかね?」ニコッ

男「さあ、どうかな?」ハハッ

ただの気まぐれだよ。

俺は善人じゃないからね…






89: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/16(火) 23:35:12.07 ID:r4OuvJr00



電車が駅に到着した。

乗換のある駅だから降りる人が多いな。

俺達もその部類だよ。

席を譲ってあげたお婆さんが、俺と女の子に会釈をしてくれた…

……………………

なんか報われた気分になったよ。

連れのオッサンは無愛想な顔で本を読んでたけどね…






90: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/16(火) 23:39:56.78 ID:r4OuvJr00



降車グループの後の方に並んで、女の子と一緒にホームへ降りた。

女の子「うわーっ、暑いですね」

女の子の素直な感想の通りに、

車外はかなり暑く感じたよ。

実際に温度も高いんだろうけど…

さっきの車両の冷房がかなり強めだったから、

余計に暑く感じるんだと思うよ。






94: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/21(日) 21:13:08.89 ID:rHA2ETMN0



大きな駅で、人はそれなりに多いみたいだ。

それに夏休み中と言う事もあり子供達が多い。

つまり、ホームはそれなりに喧しい場所になっていた。

……………

女の子「賑やかですね」

男「夏休みだからね」

女の子「そうですよね」

男(夏が終われば…)

女の子「…?」

男「ご飯食べようか?」ニコッ

女の子「はい、そうですね」エヘッ






96: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/21(日) 21:16:33.12 ID:rHA2ETMN0



俺も女の子も、時間には余裕を持っていたから、

駅の中で軽く食事をする事にしたんだ。

いい具合に空いてるお店があったしね…

男「僕は蕎麦にするよ」

女の子「えっと、じゃあ私もお蕎麦で…」

……………

自動販売機で二人分の食券を買った。

ここは当然僕が奢るべき場面だと思ってたけど、

女の子は、かなり本気で遠慮してたよ。

………………

男「そっか、知らないオジサンにご飯を奢ってもらっちゃダメなんだね…」ニコッ

女の子「もう、からかわないで下さいよ。お兄さん」アハッ






98: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/21(日) 21:26:52.68 ID:rHA2ETMN0



無理に奢る必要もないな。

俺は素敵なお兄さんぶる事を諦めて、

女の子から蕎麦の代金を受け取った。

…………

カウンター越しで店員さんに食券を渡すと、すぐにお冷やを出してくれた。

そして、そのお冷やを一口飲んだところで、もう蕎麦を出されていた。

女の子「すごく手際がいいんですね…」

店員「駅の中の店ですから、スピードだけは…」ハハッ

男(スピードだけ…)

店員の台詞としてはどうかと思うけど、少し好感が持てたよ。

……………

店員さんの言ってた通り、特に美味しくも不味くもない普通の蕎麦だったけど…

女の子はとても美味しそうに食べていた。

俺は少し考えたんだ…

どうして俺はこの女の子を観察してるんだろうってね…

………………

女の子「美味しいですね」

男「うん、そうだね…」






101: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/27(土) 23:50:34.81 ID:5lE+Fk/n0



女の子を見ていたら思い出したよ。

普通の食事を美味しく食べる事…

普通の日常を楽しく生きる事…

大事な事を忘れていたのかもね…

…………

この女の子は、周囲を幸せな気持ちにして、

さらに自分も幸せになれるんだろうね…

女の子は本物のいい子だろうから、簡単そうにやってるけど、

偽物の俺には少し難しいかもしれない…

…………………

俺は善人じゃないからね。

善人に生まれてたら、もう少し楽を出来たかもしれないけど…






102: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/27(土) 23:53:41.20 ID:5lE+Fk/n0



食事が終わってから、二人で少し休憩をする事にした。

特に急いでもいないから…

大きな駅だし、休憩に使える場所はいくらでもある。

……………

お土産を売るお店の近くの腰掛けに座って、

女の子との会話を楽しんだ…

………………

女の子「英語が苦手なんです…」

………………

男「僕は大学生だよ…」

………………

女の子「走るの得意なんです」

………………

男「バイトばっかりしてるんだよ…」

………………

女の子「…えっと、観光旅行なんですかね?」

男「…僕は、現実から逃げて来たんだ…」

女の子「…えっ?」

……………………

俺らしくないな…

喋る必要のない事まで話してるよ…






103: ◆PZpd4jm4Kw:2011/08/27(土) 23:57:27.50 ID:5lE+Fk/n0



女の子と少し話し込んだ…

本音を話せてスッキリしたかな。

女の子は、微妙な笑いをしちゃってるけど…

…………

女の子「あの、私って。もしかして邪魔でしたか?」

男「いや、そんな事はないよ。話せて良かったって思ってるよ…」

女の子「本当にですか?」

男「うん、本当にだよ。君はなんとなく、特別だから…」ニコッ

嘘じゃない。女の子には感謝してるよ。

うっかり女子中学生相手に…特別だから…とか言っちゃったけど…

女の子「…良かった」ニコッ

笑顔の似合う女の子だ。

………………

また少し雑談を続けていると、

女の子が照れくさそうにこう言ったんだ。

女の子「えっとですね。メールアドレスを教えて下さい…」

少しは警戒心を持とうね…

君は可愛い女の子なんだから…






108: ◆PZpd4jm4Kw:2011/09/10(土) 01:26:17.12 ID:iz2v214v0



男「うん、いいよ」

とりあえず、女の子にメールアドレスを教えよう。

その後で…

──メッセージ『見ず知らずの男の人を信用するのは危険だよ』──

とでも、送信してやろう…

俺はそんな意地悪を考えていた。

しかし…

…………

女の子「えっと、あともう一つお願いが…」

女の子が申し訳なさそうに言ってきたんだよ。

男「何かな?」

女の子「私、メールの使い方が分からないんです。昨日初めて携帯を買ってもらったので…」

男「えっと…」

女の子「すいません。よろしければ、教えて頂きたいのですが…」アハハ

男「うん、いいよ…」フフッ

面白かったよ。

意地悪はやめてあげよう。






109: ◆PZpd4jm4Kw:2011/09/10(土) 01:27:21.84 ID:iz2v214v0



俺は女の子にメールの使い方を教えてあげた。

やっぱり、若い子は飲み込みが早いね。

母さんにメールの使い方を教えた時の事を思い出したよ。

あの時よりも、かなり楽だった…

……………………

女の子「えっと、テストさせて下さいね」

男「うん、やってみてよ」

女の子に俺の携帯にメールを送ってもらった。

──♪ヒュールリーヒュールリーララー──

無事に着信音が鳴ったよ。

女の子「えっと、演歌ですよね?」

男「あっ、ハハッ…」

バイト先の先輩にイタズラされたままだったんだよ…

まあ、少しだけ気に入ってるんだけどね…

………………

女の子「あのぅ、無事に届いたでしょうか?」

男「うん、大丈夫だよ。おめでとう」

女の子に、携帯の画面を見せてあげた。

──メッセージ『よろしくおねがいします』──

女の子「あはっ、やりました」ニコッ

平仮名ばっかりだったけど、メールは無事に届いたよ。

………………

彼女にとって、初めてのメールか…

俺は馬鹿かな…

このメールは、しばらく削除出来そうにない…






115: ◆PZpd4jm4Kw:2011/09/29(木) 16:56:04.22 ID:Zsp7hzi70



男「もう、覚えたよね?」

女の子「はい。おそらく…」アハッ

女の子が、自信なさげに笑ってる。

大丈夫だよ。

俺の母さんでも使えるんだから…

君に使えないはずがないよ。

女の子「えっと。もう少しだけ練習させて下さいね?」

男「うん。いいよ…」

………………

断る理由は無いと思ったけど。

この女の子は、とても勉強熱心だった…

…………………………

──♪ヒュールリーヒュールリーララー──

──ピッ──

──メッセージ『ありがとうございいます』──

……………

男「ちょっと間違えてるよ…」フフッ

女の子「えっ?あっ!…今のはナシでお願いします…」テヘヘッ…

……………………

──♪ヒュールリーヒュールリーララー──

──ピッ──

──メッセージ『テストです』──

………………

──♪ヒュールリーヒュールリーララー──

──ピッ──

──メッセージ『届きましたか?』──

…………

──♪ヒュールリーヒュールリーララー──

──ピッ──

──メッセージ『漢字が出せましたよ』──

……

可愛らしいよ。

まるで、玩具を手に入れた子供みたいだ。

子供みたい…

ちょっと失礼だったかな?






116: ◆PZpd4jm4Kw:2011/09/29(木) 16:56:58.33 ID:Zsp7hzi70



当初の予定とは違ったけど…

有意義な時間を過ごせたと思う。

現実から逃げるために、

誰も俺を知らない場所に行こうとしてたのに…

気がついたら、可愛い道連れが出来ていた。

……………

俺らしく無かったと思う。

あの女の子は、完全に俺のペースを狂わせてくれたよ。

思えば、すごく久しぶりだった…

新しい知り合いが出来て、素直に喜んだのはね。






117: ◆PZpd4jm4Kw:2011/09/29(木) 16:58:00.96 ID:Zsp7hzi70



携帯いじりの目的は、いつの間にか…

勉強からお遊びに変わっていた。

楽しい時間だったよ。

……………………

男「うん。そろそろ行こうか…」

女の子「はい。ありがとうございました」ニコッ

………………

女の子の目的地は大阪で、俺の目的地は京都。

同じ電車に乗る訳だから…

もう少しだけ一緒にいられる。

……………………

自分探しの旅のつもりは全く無かったけど、

一つ大事な事が分かったよ。

俺はまだ、本物の人間嫌いにはなっていなかったみたいだ…






118: ◆PZpd4jm4Kw:2011/09/29(木) 16:58:56.66 ID:Zsp7hzi70



女の子と一緒に、関西方面に向かう電車に乗った。

車内は適度に空いてたから、問題なく座れたよ。

もう、暇潰しの雑誌は必要が無かった。

のんびりと他愛の無い会話をしていたら、

時間は、いつの間にか過ぎていったから…

………………

犬が好きで、猫も好き…

魚は苦手だけど、残さず食べる。

もっと、気の利いた話も出来たと思うけど…

こんな会話が、何故か楽しかった。

…………

当たり前の事だけど、

時間がたてば、目的地に到着するんだ…

特に何の魅力も感じずに選んだ目的地。

古都、京都が近付いてきた。

………………

京都に恨みは無いけど…

京都がもっと遠くにあればな…

俺は、子供みたいな事を考えてたんだ…






119: ◆PZpd4jm4Kw:2011/09/29(木) 16:59:50.31 ID:Zsp7hzi70



京都まで、後少し…

俺は、正直に寂しいと思ってたよ。

……………

女の子「…もうすぐ、京都に着いちゃいますね」

男「…うん。そうだね」

女の子「えっと。いろいろと、ありがとうございました」ペコリ

男「…いや、こちらこそ。楽しかったよ」

女の子「えっと…」

男「…うん?」

女の子「あのぉ…」

男「どうしたの?」

女の子「…メール、送ってもいいですか?」

男「…うん。楽しみにしてるよ」ニコッ

……………………

これは、俺の本心だよ…

いい人のふりじゃなくて、本心で微笑んでる…

女の子「あはっ、ありがとうございます!」ペコリ

小さなメル友が出来ちゃったよ。

運命の神様って人がいるのなら、少しだけ感謝してやろう…

でも、やっぱり。一言だけ言っておかないとね…






121: ◆PZpd4jm4Kw:2011/09/29(木) 17:00:36.49 ID:Zsp7hzi70



電車のスピードが落ちて来ている…

もうすぐ、京都駅に到着するみたいだ。

これだけは、ちゃんと言っておかないとダメだと思う…

男「えっと、最後に一言だけ言わせてよ…」

女の子「…はい。なんですか?」

別れの挨拶に使う言葉じゃないと思うけど…

男「えーと。初対面の男の人を、あまり信用しちゃダメだよ…」

女の子「…えっ?」キョトン

男「悲しいけど、世の中には悪い人も多いんだよ…」

そう。世間には、俺みたいな悪い人間が沢山いるんだよ…

君は可愛いから、特に気を付けた方がいいと思う。

女の子「アハッ、気を付けます…」

男「うん。気を付けてね…」

うーん。なんか、手応えの無い反応だな…

少し心配になって来たよ。






122: ◆PZpd4jm4Kw:2011/09/29(木) 17:01:08.98 ID:Zsp7hzi70



電車は、もう停車寸前だ。

忘れ物をするほど、荷物は持って来ていないけど…

とりあえず、確認だけはしておこう。

………………

女の子「忘れ物は無いですね?」

男「うん。もちろん…」

女の子「えーと…」

男「……」(…何かな?)

女の子「いい人に出会えて良かったです」ニコッ

男「…えっ?」

女の子「お兄さんは、いい人です…」

男「いい人か…」フフッ

女の子「はい」ニコッ

複雑な気分だなぁ…

俺はいい人じゃ無いって、言ったハズなんだけど…

女の子を騙しちゃった気分だよ。

女の子「私は騙されませんよ。お兄さんは、いい人です!」

男「ふうっ。参ったな…」ハハッ…

なんか、心を読まれたような台詞だね…






123: ◆PZpd4jm4Kw:2011/09/29(木) 17:01:58.74 ID:Zsp7hzi70



うーん。俺が思いつくのは、この台詞だけだな…

男「ありがとう…」

女の子「…それは、私の台詞ですよ」ニコッ

男「…あははっ」…

うん。やっぱり、降参するしかないみたいだ…

女の子「本当に、ありがとうございました」

男「…うん」

何でだろう。何故かこの女の子には、絶対に勝てないような気がするよ…

………………

今日、何回目のありがとうなのかな?

俺と、この女の子は…

かなりの数の、ありがとうを送り合ったと思うよ。

でも、今日はこれで最後かな。

残念ながら、電車は京都に到着してしまったしね…

………………

男「ふうっ、着いちゃったね…」

女の子「はい。着いちゃいましたね…」

男「ありがとう、楽しかったよ。バイバイ…」

女の子「はい。ありがとうございました。それじゃあ、絶対にメールしますからね…」

男「うん。えっと、気を付けてね…」

女の子「はい。大丈夫ですよ。お兄さん…」ニコッ…

……………………

旅先を、大阪か神戸にしておけば良かったかな…

そんな事を考えながら、俺は京都駅のホームで女の子に手を振っていた…

ありがとう。

本当に、ありがとう…






132: ◆PZpd4jm4Kw:2011/11/29(火) 01:34:15.19 ID:69cx8DV5o



俺は京都駅のホームから、女の子の乗った電車を見送った。

不思議な女の子だった。

本物の良心を持った、貴重な女の子だった。

彼女がもし自分と同じ年頃だったら…

いや…

考えるのはやめよう…

……………

男「京都か…」

しばらく京都駅のホームでボーッとしていた。

不思議なもんだよ。俺は独りになりたかったはずなのにな。

人間の性格が、たった数時間で変わるとは思わないけど…

よく分からないけど、少しは汚れきった心の洗濯でも出来たのかも知れないな…

旅行に来て良かったと思ったよ。

もっとも俺の心は、まだまだ薄汚れてるんだけどね。

…………

まあいい。早く気持ちを切り替えよう。

今は旅行を楽しむべきだ。

ここには俺の事を知っている人はいないんだ。

つまり、誰にも気を使わなくていい。

本来の目的はこれだったんだ。寂しがるのは滑稽だ…

さて、自分に素直に動いてやろう…

うん。ここからが、旅行の始まりなんだよ。

きっとね…

…………






133: ◆PZpd4jm4Kw:2011/11/29(火) 01:37:33.44 ID:69cx8DV5o



俺はとりあえず、駅の中を少し歩いた。

かなり大きいけど普通の駅だな…

古都京都ってイメージは、所々に貼ってある観光用のポスターと、

お土産を売っている店からくらいしか感じ取れない。

そうだよな。いくら京都でも、駅まで古風にしてるはずは無いよな……

俺が自分で勝手に抱いていた京都のイメージは、早くも崩れ去ったよ。

………………

男「あっ…」

土産物店を見ていたら、急に嫌な事を思い出したよ。

そう。あちこちから、お土産を要求されてたんだ…

男「気が重くなるな…」

一瞬、お土産の下見だけでもしておこうかと考えたけど、

すぐに、それはマズイって事に気がついた。

……………………

いつものパターンだ。

俺が商品を見ていたら、親切な店員さんに声をかけられて…

店員さんに、丁寧に商品の説明をしてっもらったら、

俺はもう、絶対に断れないんだ…

店員さんに「これ、いかがですか?」ってお土産を勧められて、

俺が「そうですね、それもらいますよ」って答えて終わりだ…

危なかった…

土産物店を見るのは、また後にしよう。

何か対策を考えてからにね…






134: ◆PZpd4jm4Kw:2011/11/29(火) 01:44:05.57 ID:69cx8DV5o



いつまでも駅ビルの中にいてもしょうがないな。

そろそろ駅の外に出てみよう。

でもこう言う所に来ると、自分が案外田舎者なのかなって思うよ。

普段は全くそう思わないのに…

…………

情けない話だけど、俺は使いたい出口を見つけるのに少しだけ苦労したんだ。

馬鹿だったよ。ちょっと駅員さん達に聞けば済む事だったのに、

午前中の事を思い出しちゃってね…

この駅の人達とは、全く関係のない事なのにさ…

………………

少し手間取ったけど、無事に駅の外に出られた。

もっとも、駅で遭難する人はいないよな…

男「京都…」

都会だね。お洒落な人が多いよ。

でも俺が京都をイメージするような物は、また見つからなかった。

そこはかとなく上品な町の感じはするんだけど、

上手く言葉で言えないけど、決め手に欠けてる気がするんだ。

俺の身勝手な感想なんだけどさ…

…………

そんなつまらない事を考えてたら、

近くにいる人が関西の方言っぽい喋り方をしている事に気がついた。

でも俺には、それが京都弁なのか大阪弁なのかもよく分からない。

なんだか京都に来たっていう実感がわいてこないな。

まあもともと、さほど興味のあった場所ではないんだけどね…

……………

さて、これからどうしよう…

今更だけど、俺は京都に興味が無い。

京都で有名なお寺や神社の名前は知ってるけど、

別に行きたいとも思わない…

………………

困った…

せっかく自由を手に入れたのに、何をすればいいのかが分からない。

俺はあんなに自由になりたかったのに、

自由の使い方が分からないなんて…

何だかまた、無性に情けない気分になってきた…






148: ◆PZpd4jm4Kw:2012/01/30(月) 00:19:30.07 ID:JBeiEbJNo



だめだ…

せっかく旅行に来てるのに、これじゃだめだな。

せっかく現実逃避の旅をしてるのにさ…

マイナス思考のループは、俺の悪い癖だ。

とりあえず、なにかしよう。

このさい、別になんでもいいや。

深く考えるな。

頑張れ、俺…

……………………

そしてこの流れで数分後…

俺は、少し大きめの書店に入って、

そのお店の文具コーナーで、文房具を見てた…

………………

おかしな行動だとは自覚してるよ。

わざわざ旅行で京都に来てまで、

本屋さんで文房具を見て楽しむ人は、

おそらく少数派だと思うしね…

……………………

でも、いいんだよ。

俺は文房具を見るのが好きなんだよ。

他人には理解されない嗜好かも知れないけど、

これはこれで楽しいんだ。

俺は、わりと本気でそう思ってる…






149: ◆PZpd4jm4Kw:2012/01/30(月) 00:20:04.33 ID:JBeiEbJNo



なんとなく見つけた本屋さんに、ふらっと入っただけで、

別に本を読みたいとも買いたいとも思っていなかった。

でも、お店に入っておきながら、

そのまま素通りするのも店員さんに悪い気がするし、

何か適当な物を買おうとは思ってた。

安くて、荷物にはならないような物をね。

………………

文房具を見てるのはわりと楽しかったから、

この気分転換は大成功だった。

ただ本屋さんにいるだけだけど、

ここには、地元で買い物をしている時には感じられない、

心地好い安心感があったんだ。

………………

ここではおそらく、知り合いには出会わないだろうって、

ただそれだけの事が、すごく幸せに感じられた。

バカみたいにつまらない事だけど、

俺が求めてたのは、これだったんだ。

知り合いのいない場所で、自分のやりたい事をする。

ただそれだけの事が、俺にとってはこんなに贅沢な時間だったんだ。






154: ◆PZpd4jm4Kw:2012/04/26(木) 01:20:27.85 ID:dqSkwTh0o



…………あの旅行から、しばらく時間が流れた。

俺は相変わらず、つまらない事でストレスを溜めながら生活している。

でも、僅かながらだけど、変わった事もあった。






155: ◆PZpd4jm4Kw:2012/04/26(木) 01:22:07.66 ID:dqSkwTh0o



一つは新しい趣味が出来た事だ。

俺は、折り紙が好きになっていた。

きっかけは、京都で買った千代紙だった。

手ぶらで店を出るのが嫌で、

適当な品物を探してて見つけたんだ。

…………………

ふらっと入った書店で見つけた千代紙を、

旅行のお土産に選んだんだ。

京千代紙だから、京都のお土産にいいと思ったしね。

………………

そして、お土産を配った後、

余った千代紙で遊んでたら、なんとなくね…

子供の遊びだと思ってたけど、そうじゃなかった。

折り紙は、なかなか奥が深い。

折り紙との出会いは、あの旅行で得た大きな収穫だった。






156: ◆PZpd4jm4Kw:2012/04/26(木) 01:28:56.25 ID:dqSkwTh0o



他には、休日の過ごし方も少し変わったかな。

俺は、休日に地元を離れる事が多くなった。

京都ほど遠くまでは行かないけどね。

でも、知り合いに出会う可能性の少ない場所を求めて、

俺はよく旅行に出ている。

少し旅慣れたはしたんだけど…

俺の不器用は相変わらず…

………………

そして、そんな旅行中にはよくこんな事が……






157: ◆PZpd4jm4Kw:2012/04/26(木) 01:30:23.84 ID:dqSkwTh0o



………………

──♪ヒュールリーヒュールリーララー──

──ピッ──

──メッセージ『週末ですね。もしかして、また逃げてますか?』──

………………

──ピッ──

──メッセージ『正解。よく分かったね』──

──カチッ──

………………


──♪ヒュールリーヒュールリーララー──

──ピッ──

──メッセージ『やっぱり…』──

………………

──ピッ──

──メッセージ『探さないでね』──

──カチッ──

………………

──♪ヒュールリーヒュールリーララー──

──ピッ──

──メッセージ『嫌です♪』──

………………


これが俺の、新しい休日の過ごし方…

俺は相変わらず、いろんな物から逃げている。

ちょっとだけ、楽しみながらだけど…






158: ◆PZpd4jm4Kw:2012/04/26(木) 01:31:45.06 ID:dqSkwTh0o



[壁]°д°)ノ オワリ






159: ◆PZpd4jm4Kw:2012/04/26(木) 01:32:50.88 ID:dqSkwTh0o



[壁]=3 アリガトー






160:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/04/26(木) 11:09:14.17 ID:DgTd3TfIO



おつかれー






162:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/04/26(木) 18:13:25.29 ID:xJhwu0zWo



おつおつ
良かったよ



引用元
男「さがさないでください」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1311776702/
[ 2012/04/26 20:00 ] 男女SS | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。