広告募集してません(半ギレ)
ヘッドライン
月別アーカイブ  [ 2012年06月 ] 

≪ 前月 |  2012年06月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

女「おっぱい大きくしたい」男「え?」

3 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/29(日) 22:59:26 ID:rsyOb6vg
女「だから、おっぱいを大きくしたいの」

男「なんでまたいきなり」

女「手伝って」

男「手伝うっていっても……」

女「男しか頼める人いないの。お願い!」

男「やれやれ……わかったよ。まずはきちんとした食生活とトレーニングからだ」

女「ありがとう男! 大好き!」

男「よせやい」テレッ

――――数ヶ月後

男「完璧だな」ウンウン

女「Oh……」ムキムキッ


こんな感じですか




引用元
女「おっぱい大きくしたい」男「え?」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1327835534/
[ 2012/06/30 23:20 ] 男女SS | TB(0) | CM(0)

男「好きだ。」 ツンデレ女「えっ!?」 男「好きだ。」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/26(木) 21:35:54 ID:5Vvubnwk
女「こら、男!もう朝よ!起きなさいよ!」ゆっさゆっさ

男「ん~・・・・・・むにゃむにゃ・・・・・・・・」

女「起きなさいってばっ!」ゆっさゆっさ

男「んー!」がしっ

女「ちょ、ちょっと何すんのよあんた!」

ずりずり

女「ふ、布団に引きずり込むなぁっ!(お、男の人ってすごい力!逃げられない!)」ジタバタ

男「ん~」ぎゅぅ~

女「あっ、えっ、えっ・・・・ちょ、ちょっと起きなさいってば・・・・あんた、何で私に抱きついてんのよ!コラ!」




引用元
男「好きだ。」 ツンデレ女「えっ!?」 男「好きだ。」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1327581354/
[ 2012/06/29 19:00 ] 男女SS | TB(0) | CM(1)

面接官「嫌いなものは?」幼女「トマトです!」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/12(木) 16:14:51 ID:4WJuo1Zg
ここ、幼女保護育成所では、日本中から集められた幼女が集っていた。

理由は簡単だ。ロリコンによる盗撮、誘拐・・・・・幼女にとっては非常に住みにくい世界となった。

国会はそれに対し、特別措置案「日本幼女育成保護法案」、通称「幼女法案」を提出、
健全な幼女たちを育成所にて成人まで保護することとなった。

これが今から20年前の出来事である。

俺は、中学校の教師を目指していたが、知り合いの教授から「幼女育成所に行ってみないか?」と頼まれた。

別に教師にこだわりはなかった。それに知り合いの教授からの推薦。確実な内定だ。
俺は幼女育成所に入った。




引用元
面接官「嫌いなものは?」幼女「トマトです!」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1326352491/
[ 2012/06/28 22:20 ] 幼女SS | TB(0) | CM(0)

ドジっ娘ロリメイド「はわわ~ん!牛乳をこぼしてしまいました~!」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/25(月) 15:16:42.87 ID:B9vWXdcE0

ドジっ娘ロリメイド「ふぇぇ~~~ん!」



2:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/25(月) 15:17:58.80 ID:ECjFbgxp0

ぶち殺すぞ



引用元
ドジっ娘ロリメイド「はわわ~ん!牛乳をこぼしてしまいました~!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340605002/
[ 2012/06/28 17:00 ] ハーレムSS | TB(0) | CM(1)

北極「気持ち、痩せてきた」CO2「ごめんなさい」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/12(木) 11:23:19 ID:4WJuo1Zg
北極「なんか最近、体がが細くなってきてるんだよね。」

CO2「・・・・・・・・」

北極「なぁ、CO2お前なんか知らない?」

CO2「ご、ごめんなさい・・・・・私のせいかも・・・・・・ひぐっ・・・・・///」

北極「?」

CO2「ま、また・・・人間が・・・・私を出してるのっ・・・・・はぅっ!」




引用元
北極「気持ち、痩せてきた」CO2「ごめんなさい」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1326334999/
[ 2012/06/27 18:40 ] その他SS | TB(0) | CM(0)

女「あなたをいじめたい」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/24(日) 14:10:55.96 ID:gV+L5ArN0

男「えっ」

女「信じがたいようだけど嘘はついてないわ」

男「なら正直に理由を話してほしいんだけど。怒らないから」

女「本当ね?」

男「嘘は嫌いだからね……」

女「なら言うわ。あなたのことが好き」



引用元
女「あなたをいじめたい」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340514655/
[ 2012/06/26 21:00 ] 男女SS | TB(0) | CM(0)

魔王(89歳)「ま、待っておったぞ・・・・」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/12(木) 14:15:30 ID:4WJuo1Zg
勇者「や、やっと・・・魔王のぉ部屋に着いたのかのぉ・・・・・」キィー・・・バタン

魔王「はぁはぁ・・・・よ、よぉくもまぁ・・・・遠くから来られたもので・・・・。」

魔王「まぁ、お茶でもいっぱいぃ」ぷるぷるぷるぷる

勇者「ダンジョンが広すぎてのぉ・・・迷ってしもぉたんじゃぁ・・・・・。」

勇者「こ、腰がいとぉていとぉて・・・・・よっこらしょっ・・・・」




引用元
魔王(89歳)「ま、待っておったぞ・・・・」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1326345330/
[ 2012/06/25 18:30 ] 魔王勇者SS | TB(0) | CM(0)

無口な彼女「大丈夫?」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/12(木) 00:44:02 ID:4WJuo1Zg
俺は生まれながらに心臓に大きな持病を持っていた。
ガキの頃にでかい手術をして、なんとか持ちこたえたらしいが
当時の記憶はほとんど無い。

だが、大学受験を控え、毎日深夜まで受験勉強をしていたストレスからか
急に持病が再発した。

床に倒れ、動けなくなってしまった俺は床を力いっぱい殴りつけ、
両親に助けを求めた。

すぐ、地元の大学病院へ救急車で運ばれ、緊急手術をされた。


長時間の手術の結果、一命は取り留めたが入院することになった。




引用元
無口な彼女「大丈夫?」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1326296642/
[ 2012/06/24 14:00 ] 男女SS | TB(0) | CM(0)

兄「10年ぶりに再会したら妹が巨乳になっていた」

7 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 21:22:06 ID:XTBP7C2o
兄「な、なぁ・・・・妹・・・・・・・。」

妹「どうしたんですか、兄さま?」

兄「お前さ、胸でかくなりすぎじゃね?」

妹「えっ・・・・ちょっと、兄さま何言ってるんですか・・・・・・////」

兄「だって、俺のこれが核爆発しちまったんだぜ?」

妹「(ま、まるで地下核実験直後みたいな膨らみ方・・・・・///)」




引用元
兄「10年ぶりに再会したら妹が巨乳になっていた」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1326278785/
[ 2012/06/24 12:00 ] 兄弟姉妹SS | TB(0) | CM(0)

メイド「好きだよ、女ちゃん」

2: ◆a/kVfvST9o:2012/06/19(火) 22:00:38.12 ID:Ci7f9Ftg0

女「…ただいま」

執事「お帰りなさいませ」

メイド「あっ、お帰りなさいませーー!」トテテ

メイド「お疲れでしょう、お風呂はもう沸かしてありますよ」

女「うん、ありがと」

執事「お荷物、お持ちします」サッ

女「お願い」

執事「では」ササッ

女「…そうだ」

メイド「どうかしましたか?」

女「私の背中、流してくれない?」ニヤ

メイド「その邪悪な笑みはなんですかっ!?」

女「あら、ご主人様を邪悪扱いするのね?」

メイド「前科をお持ちのくせに何を今更っ!!」

女「人聞き悪いこと言わないでよ? あれはただ貴方の体を洗ってあげただけじゃない」

メイド「程遠いですよっ!!」



引用元
メイド「好きだよ、女ちゃん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1340110786/
[ 2012/06/23 21:45 ] その他SS | TB(0) | CM(0)

姉「はやく寝なさい」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/01/11(水) 01:22:59 ID:rXCU4Saw
弟「はいはい」

姉「ちょっと、聞いているの?」

弟「聞こえてるよー」

姉「もう…!」




引用元
姉「はやく寝なさい」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1326212579/
[ 2012/06/23 16:30 ] 兄弟姉妹SS | TB(0) | CM(0)

女武術家「たのもうっ!」格闘家「道場破りか!?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 19:20:44.44 ID:onPxiyLK0

<格闘道場>

「先生さようなら~!」 「さよなら~!」 「じゃあね~!」

格闘家「気をつけてな!」

友人「……しっかし、未来ある若き格闘家が日々子守とは哀しいねぇ」

格闘家「アイツらも俺の立派な弟子だ。バカにすると怒るぞ」

友人「おっと、悪かったよ」

友人「でもさ、本当はお前だって刺激を求めてるんだろ?
   例えば……道場破りとかさ」

格闘家「バカいえ、平和が一番だ」

格闘家「かつて偉大な武道家はいっていた。
    敵を倒すのではなく、敵と仲良くなる技こそが最強だと──」

友人「あ~分かった分かった、悪かったよ!
   まあ今時道場破りをやってるヤツなんていやしないしな」



引用元
女武術家「たのもうっ!」格闘家「道場破りか!?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340274044/
[ 2012/06/22 23:00 ] その他SS | TB(0) | CM(0)

妹「精液を定期的に飲まなきゃ死ぬほどの激痛が走る奇病?」

23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/21(木) 09:13:38.20 ID:qe4hxDyc0

「うーー!うーーーっ!!うぅーーーっっ!!!!」

深夜、壁一枚隔てた隣の部屋からうめき声が聞こえる。
中学生の妹の声だ。
俺と妹の部屋の壁はテレビの音や通常の電話の会話程度なら聞こえないぐらいの防音は効いている。
深夜とはいえこれだけの声が聞こえるのはそれだけ妹のうめき声の大きさ……
ひいては今感じている苦痛の大きさを物語っていた。

これだけ苦しそうな声を聞かされてはいろんな意味で眠れるわけがない。
俺は布団から起き上がると部屋を出て妹の部屋のドアをノックした。
……何度か叩いても中からの返事は無い。
無視をされているわけではなく、苦痛が大きすぎて聞こえていないか、あるいは返事をする余裕もないのかもしれない。



引用元
妹「精液を定期的に飲まなきゃ死ぬほどの激痛が走る奇病?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340224163/
[ 2012/06/21 22:00 ] 兄弟姉妹SS | TB(0) | CM(0)

ああああ「なっ、何だこの名前は!」 僧侶「どうしました?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/20(水) 17:10:18.90 ID:yoZ+K6MG0

ああああ「い、いや……」

僧侶「? どうかされましたか?」

ああああ「いや、俺の名前が……」

僧侶「名前?」

ああああ「変じゃないか?」

僧侶「いえ、特には」

ああああ「そ、そうか……」

戦士「ああああ! ああああ!」

ああああ「!?」

戦士「おお、こんなとこにいたのかああああ」

ああああ「!?  !!?」

僧侶「ああああさん、そろそろ出発しましょうか」

戦士「よし、行こうかああああ」

ああああ「ちょ、ちょっとタンマ」



引用元
ああああ「なっ、何だこの名前は!」 僧侶「どうしました?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340179818/
[ 2012/06/20 21:00 ] 魔王勇者SS | TB(0) | CM(0)

ツン幼馴染「はぁ?」男「いや、だから…」

1 :以下、名無しが深夜にお送りします 2012/06/10(日) 23:50:50 ID:AVUjmvTk
ツン幼「ちょっと!変な勘違いしないでよねっ!」

ツン幼「おばさんに頼まれて、しかたなくなんだからねっ!」フン

男「わかってるから…」

男「そんなに睨まないでよ、怖いなぁ」

男(ちょっとお礼言ったくらいで…)

男(そんなに罵倒しなくても…)ハァ




引用元
ツン幼馴染「はぁ?」男「いや、だから…」
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/internet/14562/1339339850/
[ 2012/06/20 20:00 ] 男女SS | TB(0) | CM(0)

少女剣士「ミルクは最高だね、おっさん!」剣士「ちゃんと口拭けよ」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/06(水) 18:38:07.88 ID:8x2N02I30

ある町の酒場──

ワイワイ…… ガヤガヤ……

少女剣士「──っぷはぁっ! ミルクは最高だね、おっさん!」

剣士「ちゃんと口拭けよ、白いヒゲになってるぞ」

少女剣士「おっと」フキフキ

少女剣士「おっさんは何飲んでるの?」

剣士「酒場なんだから、酒に決まってんだろ」

少女剣士「ふ~ん、あたしにもちょっと飲ませてよ」

剣士「ダメだ。いったろ、おまえはミルクで我慢しろって」

少女剣士「ケチッ!」

剣士「ケチでけっこう」



引用元
少女剣士「ミルクは最高だね、おっさん!」剣士「ちゃんと口拭けよ」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1338975487/
[ 2012/06/20 18:00 ] その他SS | TB(0) | CM(0)

妹「お、おに……おにい……うぅぅ……クソ兄貴!!!」

1: ◆oWvZ7JfuwU:2011/09/08(木) 23:12:25.77 ID:r40W0FSx0

「ただいま、妹ちゃん。事情があってね、今日からこの子がお兄ちゃんになるからな。仲良くしてやってくれ」

兄「こ、こんにちは……あの……兄って言います……よ、よろしくね」

私が幼稚園生の時、突然に増えた家族。血の繋がりのない兄。
まだまだ幼かった私にはただただ嬉しかっただけなのかも知れない。
2歳年上の彼もまだ幼く、新しい環境になれることに必死だった。

その日から私と両親の3人の食卓にもう1セットの食器が増えた。
友達と遊んだ後にも、退屈でない日々が始まった
──
──
兄「おい妹ー、とっとと起きないと遅刻するぞー」

ノックの音と、兄の私を起こす声が重なる

妹「もう起きてるよ……着替えてるんだから入って来ないで」

兄「分かったよ……朝飯できてるから早く着替えてこいよ?」

ドア越しの兄の声がそう言い残して足音と共に遠ざかる

こんな朝の日常風景、幼稚園からの変わらぬ朝



引用元
妹「お、おに……おにい……うぅぅ……クソ兄貴!!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1315491145/
[ 2012/06/18 22:00 ] 兄弟姉妹SS | TB(0) | CM(0)

男「目標は、全国射精大会優勝」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/16(土) 19:48:34.87 ID:pg3hfwgk0

~包茎高校入学式~

ワイワイ ガヤガヤ

女「ネーネー!みんなこの高校に入学したってことは、アレが目当てなんでしょ!?」

女2「あたりまえじゃない!ここに入学した女の子は全員そうよ!」

女3「あぁ・・・私も早く見たくてウズウズしちゃう~!」

女4「全国大会9回優勝、どんな女も惚れてしまう、包茎高校射精部!!」

女5「マネージャーになるのは私よ!」

女6「だめー!私ー!」

男「・・・・」スタスタスタ



引用元
男「目標は、全国射精大会優勝」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339843714/
[ 2012/06/17 19:45 ] その他SS | TB(0) | CM(0)

女「好きだ」男「俺はそうでもない」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/15(金) 23:11:21.03 ID:WvUXj5oG0

女「そうか、ふふ。ならば特別に付き合っt・・・え?」

男「え?」

女「・・・すまない、もう一度言ってくれないか?」

男「『え?』」

女「違う!ベタな真似をするな!もうひとつ前!」

男「『俺はそうでもない』」

女「ガッデム!!!」 



引用元
女「好きだ」男「俺はそうでもない」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339769481/
[ 2012/06/17 02:10 ] 男女SS | TB(0) | CM(0)

ビッチ「付き合って欲しいんだけどぉ。」 非リア「ぼぼ、僕と?」

2: ◆51UnYd7yHM:2012/06/12(火) 23:56:59.88 ID:Cawnoj9AO

私立Vip高校 体育館裏

ビッチA「付き合ってぇ・・・欲しいんだけどぉ。」

非リア「ぼぼ、僕と?」オドオド

ビッチA「うん。」

非リア「えっ? ななな、なん、何で?」オドオド

ビッチA「え~・・・何つうかぁ、一目惚れぇ? みたいなぁ。運命じゃん? みたいなぁ。」

非リア「・・・・・・い、良いの? 僕で・・・」オドオド

ビッチA「良いよ、ってかぁ・・・アンタじゃなきゃぁ、嫌だぁ・・・みたいな。」

非リア「は、はぁ・・・」

ビッチA「・・・好きです。」ボソッ

非リア「!!」ドキッ



引用元
ビッチ「付き合って欲しいんだけどぉ。」 非リア「ぼぼ、僕と?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1339512965/
[ 2012/06/15 21:40 ] 男女SS | TB(0) | CM(1)

戦士「魔王倒したし道場でも開くか」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2012/05/28(月) 18:24:45.89 ID:XLe0AQzBo

戦士「番号!」

帽子の少年「いーち」

赤毛の少年「に……」

戦士「……」

帽子「なんだよ」

戦士「いや。まさか門下生が二人だけとは思わなくて……それだけ」

帽子「またそれかよ」

戦士「ごめん」




引用元
戦士「魔王倒したし道場でも開くか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1338197085/
[ 2012/06/14 22:30 ] その他SS | TB(0) | CM(0)

幼女「おかあさーん! まおうひろったー!」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(関西地方):2012/05/07(月) 15:54:36.68 ID:II1aNViC0

幼女「かっていい?」


おかん「魔王って……あらやだ、ずいぶん綺麗な魔王ねぇ……」


魔王「それでいいのか」








引用元
幼女「おかあさーん! まおうひろったー!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1336373676/
[ 2012/06/13 21:00 ] 幼女SS | TB(0) | CM(0)

姉「弟って犬みたいだよな」弟「……はっ?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/12(火) 18:03:00.32 ID:z62EsSIS0

姉「ソックリだな」

弟(また変な事言い出したな……)……ふーん、そう」

姉「ちょっと“ワン”って言ってみろ」

弟「嫌です」

姉「“クゥーン”でもいいぞ?ほら、悲しげに鳴いてみろ」

弟「絶対に嫌です」

姉「なんでだよー!」ジタバタ

弟「いや、普通に恥ずかしいし、僕に何の特があるの?」

姉「…………鳴いてくれたら、ナデナデしてあげるぞ?」

弟「…………ハンッ」

姉「おい、鼻で笑うなシバくぞ弟」



引用元
姉「弟って犬みたいだよな」弟「……はっ?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1339491780/
[ 2012/06/12 21:00 ] 兄弟姉妹SS | TB(0) | CM(0)

勇者「お前が勇者をやってみろ」 魔王「どうしてそうなる?」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(不明なsoftbank):2012/03/28(水) 00:36:39.89 ID:wqn4CCQG0

勇者「どうしてだと? お前のような自己中がいるせいで一番迷惑している人間が俺だからだ」

魔王「ほう・・・・・・」

勇者「モンスターを人間の住む村や町に送り人を殺せば、棺桶屋だけじゃなく俺の仕事が増える。
   これくらい言う権利はあるだろう」

魔王「権利はあるだろうが、それがなぜ我が勇者をやらねばならん事と直結するのだ」

勇者「理由はいろいろあるが、極論を言えば・・・・・・いいかげん疲れたからだよ」

魔王「疲れただと? 貴様、それでも人類の希望を背負った勇者か?」

勇者「そこだよ、問題は」

魔王「何?」

勇者「歴代の勇者がどうだったかは知らないが、俺は神様だか精霊だかの勝手なお告げのおかげで
   ある日突然勇者に抜擢されたんだ。 剣も、槍でさえもったことのない俺がな。
   翌日からは修行修行また修行。 青春を感じる暇もなくモンスター退治の日々だ」

魔王「そういう事なら我にだって言い分はあるぞ。 歴代魔王がどうであったかは知らぬが、
   先代が勇者に破れて以来、モンスター達は大人しく暮らしていた。
   それを貴様ら人間が残党狩りよろしく異形だからと、相容れないからという理由で殺しまくったから、
   別にそんな気もなかった我が無理やり担ぎ出されたのだ」

勇者「各国の宝剣、宝玉、宝石に太古の文献や装飾品を片っ端から奪い去っていく癖に、そんな気はなかっただと?」

魔王「そんな気がなかろうと、それらしい所を見せておかねば周りが納得せんのだ。 これでも我は魔界の統治者だからな」

勇者「私情は一切ないと?」

魔王「言うなれば、それが唯一の私情だ。 我は欲しいと思ったものは必ず手に入れる」



引用元
勇者「お前が勇者をやってみろ」 魔王「どうしてそうなる?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1332862594/
[ 2012/06/12 12:10 ] 魔王勇者SS | TB(0) | CM(0)

男「友と幼馴染が付き合った」

1:名無し:2012/04/17(火) 00:01:56.48 ID:Ww7acCbS0

「いいか?どっちが幼と付き合っても、恨みっこ無しだぞ」

友「わかってる。負けないからな!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

幼「私ね、友君とつきあうんだ~」

男「えっ・・・・・・・」

幼「私がね、友君に告白したの。そしたら友君も、俺も好きだっ!て」

男「そっそうなんだ」

幼「でねっ、明日遊園地にデート行くんだ~」

男「…」

幼「じゃあ、切るね。明日早起きしないと」

男「…ああ、じゃあな…」

幼「じゃあね~。お休み」


男「…なんだよ、あいつら、両思いかよ…」グス






引用元
男「友と幼馴染が付き合った」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1334588516/
[ 2012/06/11 19:30 ] 幼馴染SS | TB(0) | CM(0)

友「あ、あのね…ボクね…実はね…///」 男「…(クッ…もう潮時か…)」

1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(東京都):2012/04/20(金) 02:31:27.96 ID:FLA0skWa0

―男宅――男自室

友「男はやっぱりゲームが上手いね、また負けちゃった」テヘ

男「たまたま調子が良いだけだよ」ヘヘ

友「あ、あのね…」モジモジ

男「ん?」

友「…お、男…聞いてほしい事があるんだ…///」モジモジ

男「お、おう…なんだよ?」アセアセ

――友とはネット経由で知り合った友達だ…――

友「あ、あのね…ボクね…実はね…///」モジモジ

男「……」

友「えーっとね…///」カアアアア

男「…(クッ…もう潮時か…)」

――腹をくくるしかない…何を言われようと――



引用元
友「あ、あのね…ボクね…実はね…///」 男「…(クッ…もう潮時か…)」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1334856687/
[ 2012/06/10 19:00 ] 男女SS | TB(0) | CM(1)

男「幼馴染みが毒舌すぎてヤバイ」

3: ◆QQAE4HzHYo:2012/05/11(金) 23:50:02.70 ID:1KTZortO0

男「いってきまーす」ガチャッ

幼馴染み「……遅いわよ」

男「すまん」

幼「かれこれ十分以上も待ったのだけど、『すまん』の一言で済ますつもり?」

男「申し訳ない」

幼「あなたは昔から鈍感で鈍臭くて鈍いのね。呆れ返るわ」

男「それ全部同じ意味じゃね?」

幼「……あ、それとおはよう」

男「おう。おはよ」



引用元
男「幼馴染みが毒舌すぎてヤバイ」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1336747656/
[ 2012/06/09 19:00 ] 幼馴染SS | TB(0) | CM(0)

少年賢者「ボクのアソコがムクムクしてきちゃうの」女賢者「えっ?」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/05(火) 19:38:57.88 ID:phr4Au0g0

<女賢者の家>

女賢者(あの子を家に下宿させてから、今日で一週間か……)

女賢者(いつも気だるそうに、少しは慣れてくれたかな?)

女賢者(さてと私もそろそろ寝ようかな……)

コンコン

女賢者「?」

女賢者(さっき寝室に行ったはずなのに……)

女賢者「どうぞ」

少年賢者「夜遅くにごめんなさい、お姉さん」ガチャ…



引用元
少年賢者「ボクのアソコがムクムクしてきちゃうの」女賢者「えっ?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1338892737/
[ 2012/06/08 17:00 ] 男女SS | TB(0) | CM(1)

王子「女騎士!早く早く」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/06(水) 00:03:11.62 ID:5Ftl70Id0

女騎士「お待ちください!王子様」

王子「早くしないと置いて行っちゃうよー!」

女騎士「そんなに急がれたら転んでしまいますよ」

王子「へいきへいき…ってうわっ!」

女騎士「王子様っ!」

王子「いてて…」

女騎士「おっ、お怪我はありませんか?」

王子「うん、ちょっとすりむいただけ」

女騎士「良かった…」



引用元
王子「女騎士!早く早く」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1338908591/
[ 2012/06/07 22:10 ] その他SS | TB(0) | CM(0)

社長「今年はボーナスの代わりにボーイズラブを給付する」

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/05(火) 09:51:50.81 ID:hHuwyPeJ0

社員「は?」

社長「いやうちも不景気でね」

社員「おっしゃってる意味がよく分からないのですが」

社長「まあまあ。はいこれ君の分」

社員「」



引用元
社長「今年はボーナスの代わりにボーイズラブを給付する」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1338857510/
[ 2012/06/06 21:00 ] 男男SS | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。